Hatena::ブログ(Diary)

雑記/えもじならべあそび このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

様々な文字入力手法を「運指動画」でご覧頂くことが出来ます。
「シャドータイピング50音順式タッチタイピング練習法」、ひっそりと公開中。
Advanced W-ZERO3[es]ctrlswapminiかえで携帯配列(圧縮ポケベル打ち入力)を利用中。
普通のキーボード用にNICOLA(親指シフト)を圧縮?した、「かえであすか」を利用中。
はてスタの色識別性が改善されるまでの間、私ははてスタ捨て場にカラースターを捨てます。

【注意】この日記に出てくる「運指(最適化)」という語はほぼ、タイパーさんが表現するところの
「ワード(最適化)」のことを指し示しています
……表現間違いをなくすために、現在訓練中です。

2005年05月01日 日曜日 なにがげんいんかな。

シフト残りの犯人をぐだぐだと 思考 してみるテスト。

(言及:申し訳ないですがqwertyに戻ります。)


 コメントに収まるまで文字を短縮することができそうにないので、トラバさせていただきます。微妙な内容ですみませんです>quarkさん。

 ついでにトラバ時のタイトルを間違っていましたorz

 このコメントは、「 Commented by 鈴見咲君高 at 2005-05-01 04:36 x」の続きです。

 ユーザーさんが【ち、】と【ちょ】のどちらを打ちたいと思っているのか?を知る方法はあるのだろうか…とか考えていくと、「そもそもそれを誤打無く打ち分ける方法はあるのか?」とか不安になってきます。

 こればかりは、タイムシフトにしても、Uジローさんの仰るキーUp時判定にしても解決しそうな気配すらない気がしますし…いや、解決できるかどうかを検証する方法が解らないだけなのですけれども。


 いやむしろRayさんの「タイプライタ的打鍵=標準打鍵ということエントリをみていると、「拗音節は文字キーを先に、連続シフトシフトキーを先に」押して、(ひゅんQでは同時シフトと連続シフトが同時には効かないことを利用して)打ち分けているのではないだろうか、という仮説を立ててみたくなったりもして。


 で、多分Rayさん自身は打ち分けようという意識は無い(あるいはその挙動を利用しているという意識がない)らしく。

 「拗音節の誤打が無く、シフトの連続で誤打が頻発する」らしいことを知ってしまうと、「単に文字キーを先に打鍵している場合が多い」のであって、もうそれ以外には原因など無いような気がしてくるわけでして。


 もしかすると、そもそも「同時シフトシフトの連続とは、同時に有効にしてはならない」のかも…そうなると、わざわざ鈴見咲さんに「修正」していただいて、綺麗に同時連続シフトが掛かる状態になった事が、かえって原因となってしまったのかもしれません。

 「使っている人が言っている仕様には合致したけど、実はRayさんがやっている仕様には合致していない」なのかも。


 …と、ここまで考えていくと、姫踊子草の挙動は間違っているのではなく、「姫踊子草の挙動は、今と昔のどちらも正しい」のであって、実際には「切り替えスイッチを付けて、ユーザーさんが静的にどちらかを選択する」方が良いのかもしれません。

 本当ならば動的に(自動的に判定して)挙動が変わってくれれば良いのかもしれませんが、どんなキー入力ストリーム(orキー入力タイミング)をもって挙動を切り替えるか?などという点については、まるで上手い手が思いつきませんし…。


 なんというか、飛鳥(を設計しているRayさん)の仕様を、まだハッキリと理解できていない気がするんです。


 もう少し様子見をする必要があるかもしれません。

 #こう考えると、タイプライタ的打鍵方法という絡みは関係なくて、単に打鍵順の問題のような気も…イイノカソレデ^^;

注意

 本日分Uジローさんからのトラックバックを「必ず」参照願います!

飛鳥打鍵のためのメモ。 〜シフト問題編〜

(言及:現状ではなし)

 ひゅんQ及びかつての姫踊子草では、こんな感じの動作に。


  • 「ちょう」をスムーズに打鍵するとなると、「c←,d」と打鍵すれば原理的にシフトミスは発生しません(シフトが一文字目にしか効きませんので、ロールオーバー的に打鍵してもなお問題なし)。一方で「←c,d」ではシフトミスが発生するおそれがあります(シフトが全てに効くため…但し、シフトキーを離しきってから次を打鍵すれば問題はない…つまりロールオーバーは厳禁ということ)。

  • 「あります。」をスムーズに打鍵するとなると、「←dflk.」と打鍵すれば原理的にシフトミスは発生しません(シフトが全ての文字に効きます)。一方で「d←flk.」ではシフトミスが発生するおそれがあります(シフトが全てに効くため…姫踊子草の最新版では、同時シフトと連続シフトが両方同時に機能するので問題なし)。

 見方を変えると、旧ひゅんQと旧姫踊子草を使う場合は、「文字キーを先に、シフトキーをあとから押す場合が多い」場合は、拗音節が打鍵ミス無しで、シフトの連続が打鍵ミスの可能性をはらむこととなる。打鍵順が逆ならば結果も逆


 一方で、現在の姫踊子草では、同時打鍵と連続シフトが両方同時に効くので、打鍵順にかかわらずシフトの連続が打鍵ミス無しで、拗音節が打鍵ミスの可能性をはらむこととなる。打鍵順が逆でも結果は同じ。


 結局自動で判定する方法は、未だ思い浮かばず。

注意

 本日分Uジローさんからのトラックバックを「必ず」参照願います!

もっとも欲しかったデータの一つ。

(言及:飛鳥ネタをひとつ)

 massangeanaさんの計算による「飛鳥のキー使用頻度表」に関して。

 jisx6004さんが、最近の飛鳥(開発版21c291)における計算結果を追加した表を公開されました。


 うーん…この表(と言うかスクリプト)に足りていない評価基準はなんでしょうか。

 私が見て気づく範囲では、たぶん【2指の連続】表において

  • 同手同段(異指)連
    • アルペジオ打鍵…ですよね。これを定義すれば、ACTの拗音で使うY音(同手同段中指か薬指という仕様)についても正しく評価できるはず。ただし人差し指連打(gfhjなど)は除く。
  • 同手非跳躍(異段異指)連(準アルペジオとして見ることができる)
    • 例えば月の「いう」やQwertyローマ字の「じ(ji)」など。ただし人差し指連打(grやhuなど)は除く。
  • ホームポジション
    • asdfjkl;の8キー領域内での連打のみをカウントする。飛鳥についてはシフトを無視して算出すると異様に高く出る可能性があるので、「シフト変移を含む連続(同じシフト面内に限った連続)」などと表記して、明確に区別する必要がある(もしくは、より低い数字が出る「同じシフト面内に限った連続」のみを評価する方が良いかも)。

さえあれば、飛鳥(だけではなく、多くの新配列系)に高い評価を与えることが可能になると思われます。

 たとえば…一番頻度の大きい「い・う」の連なりを打つ場合、JISは同指異鍵と左手縦連(「う」の打鍵位置を中指にした場合。これはホームポジション位置をどう取るかで異なりますね)、新JISは同手同段とホームポジション連、Qwertyローマ字Dvorakローマ字は同手同段、月は同手非跳躍、飛鳥とNICOLAホームポジション連…としてカウントされますよね。

 こんな感じの評価基準を足すと、飛鳥についても割と正しく(少なくとも他の配列表と同列に混ぜ込んでも問題なく)評価できるのではないでしょうか。

 もう一つ気になっている点は…やはり

  • 中指と中指伸、小指と小指伸は別々に合算されるべき

ではないかとも。

 飛鳥を使っていると、何となくそう思ったりするわけです。


 しかし、見事に飛鳥の特徴が出てますよね…個人的には

とゆー感じで気に掛かっていたのですが、案外にも頻度が高いですね…D段10〜11って。

 そうそう、massangeanaさんが書かれていた

人差指を伸ばさずに打てるのが飛鳥のいいところだそうですが, そのために人差指の打鍵数が中指はおろか薬指よりも少くなっています。もうちょっとバランスを考えた方がいいのではないかと思います。

というところなのですが、これは微妙かな…とも思います。

 NICOLAキーボードで小指と人差し指の両方に凸があるのを見つつこの表を見て思ったのですが、飛鳥の場合は…何となく、「人差し指と小指で手の平を支えつつ、中指と薬指で文字キーを打鍵する」という雰囲気を持っているような気がします。

 中指と薬指が動いても、人差し指と小指がそのままの位置にあればホームポジションへの復帰は(速度的にも、精度的にも)容易です。また、こういうキー使用頻度の配列ですと、打鍵していないときのホームポジション保持を(中指と人差し指はよく上下動させるのでどうしてもキー面から浮かせる方が都合が良く、結果として)人差し指と小指の2本でまかなう方が都合がよいので、結果としては「打鍵のためにはあまり働いていない人差し指と、打鍵のためにはほとんど働いていない人差し指は、結局ホームポジション保持という別目的のために働いている」のかな…などと思ったりもしました。

 もちろん、いつも通りの「気のせい」なのかもしれませんけれども。


 …などといいながら、二つの差については言及を避けてみるわけです(苦笑)。

注意

 下記トラバの「打鍵感の良さをどうやってはかればいいのだろう」は是非ともご覧下さい。

 イヤ、思いっきり考慮忘れがあったことをバッチリ指摘していただいていますので…

jisx6004jisx6004 2005/05/01 23:21 確かにもっといろんな評価基準も反映出来るスクリプトがほしいところですね。僕も自分でやりたいと思ってRubyを勉強(しようと本を買ったりは)したりもしたんですがなかなか。技術力のある人、ぱぱぱっとやっちゃわないですか? PerlやRubyのスクリプトでは、追試するのにもある程度環境を整える必要があるので、出来れば専用の(かつ、自由度の高い)アプリで(笑。いつもながら他力本願です。推し進めれば自動で最適な配列を作ってくれるアプリも出来るかも。

maple_magicianmaple_magician 2005/05/02 20:06  配列を好みに応じて作ってくれる…それ、かなり欲しいですね。
 将棋や囲碁と同じく、答えはなかなかに見つかりにくいものなのかもしれませんが、それでも条件を付けるなりして探せるとなれば、今までとは違った配列配置も生まれてくるかもしれません。
 ああ、もちろん飛鳥理論…じゃなかった、エルゴノミクス考慮をしていただきたいので、手の動きに関する制限も考慮したスクリプトになっているとなお嬉しいかもしれません。
 私も手が出せないので、他力本願モードですかね。
 うーん、今の希望としては「親指2〜3シフト方式・連続シフト対応・ストレートシフト率極小・ロールオーバー適性を考慮・エミュレータ性能に非依存・運指範囲は3段10列程度」ですかね…そういうのとかが調べられると良いのですが、そもそもどういうものかすら思い浮かびません(^^;)。

Connection: close