Hatena::ブログ(Diary)

雑記/えもじならべあそび このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

様々な文字入力手法を「運指動画」でご覧頂くことが出来ます。
「シャドータイピング50音順式タッチタイピング練習法」、ひっそりと公開中。
Advanced W-ZERO3[es]ctrlswapminiかえで携帯配列(圧縮ポケベル打ち入力)を利用中。
普通のキーボード用にNICOLA(親指シフト)を圧縮?した、「かえであすか」を利用中。
はてスタの色識別性が改善されるまでの間、私ははてスタ捨て場にカラースターを捨てます。

【注意】この日記に出てくる「運指(最適化)」という語はほぼ、タイパーさんが表現するところの
「ワード(最適化)」のことを指し示しています
……表現間違いをなくすために、現在訓練中です。

2007年01月02日 火曜日

【指に宿る記憶】かえで携帯配列、懲りることなく表現テスト。

(参考:(copy)かえで携帯配列 (カエデケイタイハイレツ) - 関心空間 - 雑記/えもじならべあそび)

(参考:携帯入力関連2題についての質問)

(過去:ctrlswapmini用「かえで携帯配列」の入力モード「増設」案……とりあえず改1版RC1(後に発行)。)

(過去:ポケベル入力を習得するためには何が必要なのか。)

(キーマップ頒布委託先:ctrlswapminiキーマップ集 - かえで氏作、オリジナル配列)

2010年1月5日2:48:43追記──入力時の印象は、キーサポートが付いていると、大体こんな感じ。

f:id:maple_magician:20091124005435j:image

(from http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20091124/1258992327 )


 W-ZERO3[es]にctrlswapminiを乗せることで利用可能な「かえで携帯配列」は、以下のように入力法を表現しています。

 打鍵目は遠目に、二打鍵目は近目に見てください。


 ポケベル入力とは異なり「英数字を別モードで」入力します……より一般的な「かなめくり入力」と同じになります。

 和文が続く限りは「モードを変更せず、例外なく1文字を2キーで入力」します。

 英数字についてはお好みの方法で入力してください。


(例:「じゃんぷ」と入力するためには、37→86→56→98の順でボタンを押します。)

1:【あ】 2:【か】 3:【さ】
←2回同じキーを押すと、
 灰色の文字が出ます。
 その他のボタンも同様。
        
4:【た】 5:【な】 6:【は】
 使用頻度が第3位の
←【ん】は、押しやすい
 「56」の手順に割り
          当ててみました。
7:【ま】 8:【や】 9:【ら】
←【空】は空白文字(Space)
        
0:【わ】
        ←【い】は普段使いません。
        ←【え】は普段使いません。
        ←【゛】は普段使いません。
           ←【゜】は普段使いません。

 2010年1月5日18:03:42追記──なんでこんな配字になったの?という理由は、以下に示してみました。

 【この文字は絶対、ここに置かなきゃダメじゃん!】というのを繰り返しつつ、けっこう強烈な?意図を持って作っています。

2007年1月18日6:54:16追記。

 【VSモード】(Internet Explorerでの閲覧を推奨)にて、「かなめくり入力」と「かえで携帯配列」の比較が出来るようにしました。

 「ローマ字とJISかな」「NICOLAと飛鳥」のあとに「かなめくり入力とかえで携帯配列」を配置しています……「かなめくり入力とかえで携帯配列」が出るまでにしばらく時間が掛かりますので、お暇なときにでもご覧いただければ……と。

 

2009年11月26日0:37:45追記。

 「キーが12個あるんなら、12個使うほうが効率よくなるよね?」とか考えてる人がいると思うので、一応解説しとかなきゃ……。


 かなめくり入力(ふつーの携帯入力)をやっていると、たぶん「゛(濁点)」を打つときくらいしか感じないと思うのだけれど、ケータイというのは【本体重心よりも、かなり離れたところにまでボタンを配置した、あまり重心バランスのよくないデバイス】なんです。

 一番下のボタンを押そうとするとき、手に妙な力がかかったりしませんか?その原因が「重心バランスの悪さ」にあります。


 ……ところが、ほとんどのケータイ構造は「画面とテンキー」というデザインを標準としているので、どうやっても「重心をキー位置にする」ことができません*1

 あくまでも、親指以外の「ケータイ本体自身を支える指」が、「電話をするときに」重心の下にないといけないので、「1画面方式のまま」親指位置を優先してテンキーデザインするのは無理があるわけで。


 そこで、かえで携帯配列では、重心の関係で打ちにくくなりがちなところを、とにかく使わない方向で行くことにしました……具体的には「上から3段目(7〜9がある段)をなるべく使わない」&「上から4段目(*・0・#がある段)は徹底的に使わない」ようにしました。

 というか、重心バランスが悪すぎる【W-ZERO3[es]】でも、がんばればテンキーを使えるように、という目標で調節したので、そうせざるを得なかったわけですが。

 ……結果的には、こういう方針は間違っていなかったらしく、Advanced W-ZERO3あたりでは「十分に無理なく」使えるようになっていました。


 文字入力法というと、ただ単純に「打鍵数が少なければ例外なく優秀」とか「運指距離が短ければ例外なく優秀」とか言ってしまいがち……なのですが、世の中そんなに単純じゃないです。

 チャリンコに乗る練習と同じで、文字入力法も運動記憶らしく「体で覚える」ものだけに、結局は「(使ってみて、指に痛みがこないかどうかを確かめる、という意味で)指に訊く」しかないのだと、私はそう考えています。


 ケータイ用の入力法について「端末の重心」と「手の持ち位置」の関係について考えて作ったものが、いくつくらいあるのか……というのはわかりませんが、すくなくとも「かえで携帯配列」では、それに対応するための評価打鍵を行ってきました。

 効率はよくするけど無理をせず、入力ルールも圧縮/複雑化しすぎず、単純なキーガイドの画面表示で処理できて、いったん覚えたら忘れにくく……などと、かなり贅沢な要求を突っ込んで作った割には、「うまくまとまったな」と思っています。

 #これが「完全自作入力法」だったら、まずほめることはないんですけど……配列段階から色々と意見をもらって作ってきたので、「自作入力法」と言うには、ちょっと違うよな、というところが。

*1:たぶん、「フリップ方式のキーカバーがついている、特殊なストレート携帯」の形態でしか、中央重心&中央テンキーの両立は無理ッぽいと思う。

中野中野 2013/02/05 18:36 順配列片手キーボードというのがあります。
16個のキーを使います。参考にしてください。
http://ab.auone-net.jp/~keyboard/index.html
文字配列がきちんとしていて、ローマ字入力方式
に近い入力方式です。慣れれば速く打てます。

maple_magicianmaple_magician 2013/02/05 20:07 こんにちは。
 http://www.ab.auone-net.jp/~keyboard/index.html を拝見しましたところ、これらは現時点で「提案」ということでいいんですよね?
 実際に使える(=評価打鍵できる)状態にしないと厳しいと思います……拝見したところ、
 ?.<濁点使用の仮名入力方式>
 ?.<両押し方式のキーボード>
については、既存の『キー入力入れ替えソフト』(たとえば、姫踊子草とか、やまぶきとか……)で定義可能な形になりそうな気もしますので、こういったものと普通のJISキーボードを使って「評価打鍵できる状態」にしていただくと良いかも、と思います。

 http://www4.atwiki.jp/japanese_keyboard_layout/pages/21.html から辿れるようにリンクを設定しました。
 ご紹介いただきありがとうございます。