Hatena::ブログ(Diary)

雑記/えもじならべあそび このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

様々な文字入力手法を「運指動画」でご覧頂くことが出来ます。
「シャドータイピング50音順式タッチタイピング練習法」、ひっそりと公開中。
Advanced W-ZERO3[es]ctrlswapminiかえで携帯配列(圧縮ポケベル打ち入力)を利用中。
普通のキーボード用にNICOLA(親指シフト)を圧縮?した、「かえであすか」を利用中。
はてスタの色識別性が改善されるまでの間、私ははてスタ捨て場にカラースターを捨てます。

【注意】この日記に出てくる「運指(最適化)」という語はほぼ、タイパーさんが表現するところの
「ワード(最適化)」のことを指し示しています
……表現間違いをなくすために、現在訓練中です。

2008年04月12日 土曜日

けん盤配列スレッドメモ。

 「よろしければ〜」スレッドにて、Dvorakを覚えかけて(システムトラブル起因で)頓挫したという方が、新たな入力法を探していらっしゃる様子。

 「Dvorakを途中まで習得」していて、条件は「導入が簡単」で「疲れにくい」こと……となると、個人的には、まずは【満月(月配列2-263)】からお試しいただくほうがよいのかも?と感じていたり。月配列系は新JIS経由で「Dvorak風味つながり」なところがあるし、導入コストや初期練習コストはそう大きくないし、拡張ロマかなの省打鍵機能をフルに使うのと同程度の効率を叩きだせるから「疲れにくさ」も確保できると思うので。

 いちど満月を使ってみて、もしも不満なところがあるとなれば、その不満を列挙する……と、スレッドに常駐されている方が「他に向いていそうな配列」を提示してくださるのではないかな、と。


 これが仮に「試用するだけ・本番環境に導入する予定なし・単純に評価打鍵するだけ」というのであれば、「かえでにこら」なり「かえであすか」なりを提示する、という方向もあり得る気がする(仮に酷評される恐れがあるのならば、既存のほかの配列について酷評されるよりは、私がいじった配列について酷評されるほうが、全体にとっては遥かにマシだし、私としては酷評されても仕方がないと思っている)のだけれど、かえで○○配列族は本気モードの方のために作ったわけではないので、こういう場面では、かえで○○配列族をお勧めするわけには行かないよなぁ。

 #もっとも、人様向けには「テスト専用」って言ってるような配列を、いまだに使い続けてる私はどーかしている気もするけれども。


 いずれにせよ、「よろしければ〜」スレッドにいらっしゃる方々がしっかり案内してくださると思うので、私があれこれと日記に書く意味はないのかも。

 454さんが、なるべく早くに「ご自身にとって、しっくり来る入力法に出会える」時が来るようにと、いまはそう祈りたいところです。

(TitleOnly)仕事とは何か。

 2008年4月13日19:12:49追記──リスト中に【すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)】と【できる!をのばす行動と学習の支援―応用行動分析によるポジティブ思考の特別支援教育】を追加しました。

(会社)組織とは。

パーキンソンの法則 (至誠堂選書)

パーキンソンの法則 (至誠堂選書)

上位2割の人をどうやってさらに伸ばすべきか。

2分以内で仕事は決断しなさい

2分以内で仕事は決断しなさい

「残業ゼロ」の仕事力

「残業ゼロ」の仕事力

頭のいい段取りの技術

頭のいい段取りの技術

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣

下位8割の人をどうやって伸ばすべきか。

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~

「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~

トヨタ プロダクションシステム―その理論と体系

トヨタ プロダクションシステム―その理論と体系

トヨタ生産方式――脱規模の経営をめざして

トヨタ生産方式――脱規模の経営をめざして

大野耐一の現場経営

大野耐一の現場経営

ふたつに共通することは何か。

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み

ねばちっこい経営 粘り強い「人と組織」をつくる技術

ねばちっこい経営 粘り強い「人と組織」をつくる技術

現場力を鍛える 「強い現場」をつくる7つの条件

現場力を鍛える 「強い現場」をつくる7つの条件

最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術

ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)

ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)

なぜ人は特定の考え方だけを受け入れて満足してしまうのか。

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

メモ

  • 何のために本を読むのか。
    • 自らの主観だけではどうにもならない「他者の視点」を知るため。
      • 自身が持つ考えを肯定してくれる筆者を探すため。
      • 自身が持つ考えを否定してくれる筆者を探すため。
  • その本は読む必要があるのか。
    • 知らないことを恐れるのならば、読むほうがよい。
    • 知らないことを恐れないのならば、読む必要などない。
      • 読むことだけが憂鬱なのならば、誰かに読ませて感想を聞けばよい。そうすれば、読んだ人のフィルタを通して語られるだろう。
  • 組織とは何か。
    • 所属者の行動を、何らかの価値へと変換する関数
      • 上位2割は、この関数ブラックボックスのままでも使いこなせる。
      • そうでない人には、この関数を解析してから提供する必要がある。
  • ここにあげた本の考え方は、矛盾しないのか。
    • 矛盾するように組み合わせれば、当然矛盾する。
    • 矛盾しないように組み合わせることは、おそらく可能である。
      • 「(労働者にとっては)最悪な組み合わせ」を組み立てるほうが容易であろう。
      • 「(労使ともに)最良の組み合わせ」を組み立てることも、おそらく可能であろう。
        • 小規模な会社であるほど、「(労使ともに)最良の組み合わせ」を組み立てられる可能性は高いであろう。
        • 大規模な会社であるほど、「(労使ともに)最良の組み合わせ」を組み立てられる可能性は低いであろう。
  • 過去と現在の「常識」は、未来にも通用するのか。
    • 世間様が持つ「常識」は、そのまま未来にも通用するでしょう。
    • 特定世代が持つ「常識」は、そのまま世代交代とともに消え行くでしょう。
      • 私たちが知っている「常識」がどちらなのかは、私たちではなく未来の世代が決めるはず。私たちが「常識」を押し付けても、未来の世代が受け入れるとは限らない。