Hatena::ブログ(Diary)

雑記/えもじならべあそび このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

様々な文字入力手法を「運指動画」でご覧頂くことが出来ます。
「シャドータイピング50音順式タッチタイピング練習法」、ひっそりと公開中。
Advanced W-ZERO3[es]ctrlswapminiかえで携帯配列(圧縮ポケベル打ち入力)を利用中。
普通のキーボード用にNICOLA(親指シフト)を圧縮?した、「かえであすか」を利用中。
はてスタの色識別性が改善されるまでの間、私ははてスタ捨て場にカラースターを捨てます。

【注意】この日記に出てくる「運指(最適化)」という語はほぼ、タイパーさんが表現するところの
「ワード(最適化)」のことを指し示しています
……表現間違いをなくすために、現在訓練中です。

2009年08月31日 月曜日

なぜ、親指シフトキーボードは(飛鳥系の配列を使おうとするときに)使いにくいのか……が、まだうまく説明できそうに無い。

  • 親指位置に「シフトキーとして使えるキーが、2つ必要」です。

 「かえで****あすか」では、1つの文字キーに対して最大3つのひらがなを割り当てるため、シフトキーを2つ必要とします。

 有名メーカーデスクトップパソコンもしくはノートパソコンをお使いの方であれば、【左手親指→無変換キー】【右手親指→変換キー】の2つを、「かえで****あすか」専用にしていただくと良いとおもいます。

 親指シフトキーとして2つのキーを捻出できないキーボードをお使いの場合、大変申し訳ありませんが、そのキーボードでは「かえで****あすか」をお使いいただくことは出来ません。

 #「ありふれた」キーボードで使ったときに、特に使いやすくなるようにと調節してきたため、「ありふれた」キーボードを使うことを強くお勧めします。高価であったり、特殊な形であったりするキーボードを使った場合、「かえで****あすか」は使い物にならない可能性があります。


(from http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/pages/37.html )

 以前ここには「親指シフトキーボードとの組み合わせはお勧めしません」みたいな感じで書いていたのだけれど、表現が限定的過ぎてアレなので、すこし変更してみた。

 親指シフトキーボードだと「上段を使いやすくして、下段が使いにくくなるから、上段を活用して下段を活用しないNICOLAにとっては有利に働いても、そういうアシストに期待してない飛鳥では役に立たない」ところがある……のだけれど、これって主観の域をでていないから、説明としてどうなんだろう……と。


 #結局、「理想の論理配列」が存在不可能なのと同じように、「理想の物理鍵盤」も存在できないのだと思う。

2009年08月30日 日曜日

そういえば、今年の夏休みは「新しい配列を作りたくて仕方がない病」にかからずに済んだ……と。

 たしか、「かえで****あすか」が一昨年あたりで、「飛鳥カナ配列」への乗換えをしたのは4年前だったかしら。

 2年周期でくるんだろうなぁ……とか思っていたのだけれど、正直そういう余裕がある状態じゃなかった*1ためか、今年は配列を変えずに年末まで行きそうな予感が。


 というか、こう「これは覚えて使ってみたい!」と心惹かれるような、そういう感情がいまは抜け落ちていて、どうにも乗り換え欲が芽生えないんですよね……。

 かえであすかは、すくなくとも「わたしにとってBestではない」はず*2なのだけれど、「私にとってMore betterだと思えるもの」の姿が見えてこないので、今のところはどうにも行動できずにいたりもするわけで。


 うーん……乗り換えをかねて新配列を作成するなら、今年の後半が勝負かな、とか考えていたりするのだけれど、今はまだネタがない*3から、しばらくは動けそうにないかも。

 すくなくとも、積み残したままになっているような気がする【ヴ】【ぁ】【ぃ】【ぅ】【ぇ】【ぉ】【ぱ】あたりについては、何とかしたいなぁ……って、「それを弄る=そもそもコンセプトをリビルドするしかない」のだけれど。


 #あと、今度こそは「市販の大手メーカー製パソコンについてる、ごくごく普通のキーボード」を、はじめからターゲットにしたいと思う。かえであすかのときみたいに「使ってみたら、まぁ普通に使えた……よかったよかった。」ってのは、個人的に「何か納得がいかない」ので。

*1:いまはちょうど、右手の薬指と小指が「テンキーローマ字入力」のおかげで、微妙にしびれて嫌な感じなんですよね……もーほんとに何とかしなきゃだめかもorz

*2:かえであすかよりも「もっと覚えやすく、もっと忘れにくく、もっと物理配列の振れに寛容で、もっと総運指距離が短く、もっと使いやすく、もっと指に優しい入力法」って、まだ設計可能なはずだと思うんですよね。どこかにそのヒントがきっと転がっているはず……なのだけれど、今はまだ、それを見つけることができていないという状態なんだろうな、と。

*3:一応、今度作るなら「タイムシフト(文字キーを数十ミリ遅延させて、後は普通の小指シフトと同じロジックで動く方法)」で動かすことを大前提にして、ついでに普通の小指シフト方式でもいけるようにした、「同時打鍵ロジックに縛られることなく使える、親指キーシフト方式カナ配列」ってのを作ってみたい気がする。「かえで****あすか」はこの点を徹底できていなかったから、こんどこそは「パソコンを使っているすべての人が、すでに持っているメンタルモデルをそのまま活用できる」方向から、鍵盤配列設計を行ってみたいと思う……ってゆーか、もう4年以上も使っているのに「同時打鍵ロジックって、なんかヤだ」とか言うのもどうかとは思うのだけれど、私は結局「いかにも同時打鍵ロジックに助けられてるぜ!」的な挙動が許せていないのだと思う。

2009年08月26日 水曜日

(memo)かえで式ローマ字記法(ローマ字綴り)メモ。

(未来:(memo)「ひらがなCV+英字(orカタカナ)C」ルールで表現できる、日本人が(超頑張れば)認知できそうな音の組み合わせって……。 - 雑記/えもじならべあそび)

(未来:(memo)人工言語を作ってみたい病が再発するたびに、30秒で「やっぱ無理。」って放り投げてしまう自分が、ここにいるわけで……。 - 雑記/えもじならべあそび)


 基本的に、「かなとローマ字記法の相互変換」が可能なようにしてる……つもり。

 通用するかどうか、という点はまったく考慮していない点に注意。

 ※このルールが通用しない場面でこのつづりを使うことは、激しく非推奨。*1

aiueoiaiuieiouauiueuo(na)(ni)(nu)(ne)(no)
*AIUEOYaYuYeYoWaWiWeWo
KKaKiKuKeKoKyaKyuKyeKyoKwaKwiKweKwo
GGaGiGuGeGoGyaGyuGyeGyoGwaGwiGweGwo(nGa)(nGi)(nGu)(nGe)(nGo)
SSaSiSuSeSoSyaSyuSyeSyoSwaSwiSweSwo
ZZaZiZuZeZoZyaZyuZyeZyoZwaZwiZweZwo
TTaTiTuTeToTyaTyuTyeTyoTwaTwiTweTwo
DDaDiDuDeDoDyaDyuDyeDyoDwaDwiDweDwo
NNaNiNuNeNoNyaNyuNyeNyoNwaNwiNweNwo
HHaHiHuHeHoHyaHyuHyeHyoHwaHwiHweHwo
BBaBiBuBeBoByaByuByeByoBwaBwiBweBwo
PPaPiPuPePoPyaPyuPyePyoPwaPwiPwePwo
MMaMiMuMeMoMyaMyuMyeMyoMwaMwiMweMwo
RRaRiRuReRoRyaRyuRyeRyoRwaRwiRweRwo
  • 大文字と小文字の関係は、常にこのとおりとする。*2
  • 「C*」「F*」「J*」「L*」「Q*」「V*」「X*」は、意味や使われ方に関係なく常に「Ky*」「Hw*」「Zy*」「Rw*」「Kw*」「Bw*」「Sw*」に変換してから扱う*3
  • 「*aa」「*ai」「*au」「*ae」「*ao」「*ia」「*ii」「*iu」「*ie」「*io」「*ua」「*ui」「*uu」「*ue」「*uo」「*ea」「*ei」「*eu」「*ee」「*eo」「*oa」「*oi」「*ou」「*oe」「*oo」「*an」「*in」「*un」「*en」「*on」「*aan」「*ain」「*aun」「*aen」「*aon」「*ian」「*iin」「*iun」「*ien」「*ion」「*uan」「*uin」「*uun」「*uen」「*uon」「*ean」「*ein」「*eun」「*een」「*eon」「*oan」「*oin」「*oun」「*oen」「*oon」は、意味や使われ方に関係なく常に「*aa」「*ai」「*au」「*ae」「*ao」「*ia」「*ii」「*iu」「*ie」「*io」「*ua」「*ui」「*uu」「*ue」「*uo」「*ea」「*ei」「*eu」「*ee」「*eo」「*oa」「*oi」「*ou」「*oe」「*oo」「*an」「*in」「*un」「*en」「*on」「*aan」「*ain」「*aun」「*aen」「*aon」「*ian」「*iin」「*iun」「*ien」「*ion」「*uan」「*uin」「*uun」「*uen」「*uon」「*ean」「*ein」「*eun」「*een」「*eon」「*oan」「*oin」「*oun」「*oen」「*oon」と書く。*4
  • 「*っ」は、意味や使われ方に関係なく常に「*m」と書く。
  • 「*ー」は、意味や使われ方に関係なく常に「*w」と書く。
  • 「・(中黒)」は、常に「;」と書く。
  • 「、(読点)」は、常に「,」と書く。
  • 「。(句点)」は、常に「.」と書く。
  • 「「(カギかっこ開き)」は、常に「[」と書く。
  • 「」(カギかっこ閉じ)」は、常に「]」と書く。
  • セパレータ(文節区切り)を明示するときは、「:」を用いても良い(ただし、かな文字には対応させない)。
  • この変換ルールで扱えないつづりは、絶対に変換せず、もとのつづりのまま扱う。*5

 以下例示。

  • nihongonyuuryoku → NiHonGoNyuuRyoKu
  • ro-majinyuuryoku → RowMaZiNyuuRyoku
  • mattakukouryositeinai → MamTaKuKouRyoSiTeiNai *6
  • iretatenootya → IReTa:TeNooTya *7
  • ao/kiiro/akagaaru → Ao;KiiRo;Aka:GaaRu *8

 ……使いやすいかどうか、といわれれば「使いにくいでしょ」といわざるを得ない話。

 これに少し似たルールをたまに使う……のだけれど、その整理版として、とりあえずメモしておくことに。

*1:ウザったい問題とかに巻き込まれたりするのは、正直勘弁してほしいところなので……。

*2:「*m→*っ」と「*w→*ー」という変換規則があるため、大文字と小文字の規則性を崩すと、たとえば「tama」(たっあ?たま?)や「kawa」(かーあ?かわ?)のカナ下しを確定できず、ルールとして破綻する……という点に注意。

*3:カナをローマ字つづりへと変換するときには、短縮形を使わない。

*4:「*{a|i|u|e|o}{a|i|u|e|o}」か「*{a|i|u|e|o}{a|i|u|e|o}n」と書くほうがいい……のだろうか。

*5:たとえば、「^」を連母音に展開したり、「-」を長音に変換したり……という文字は、このルールでは未処理のままとする。

*6意味に関係なくつづるため、「SiTeINai」ではなく「SiTeiNai」。どうしても区切りたいときは「SiTe:INai」とすること。

*7:あえて「入れた手のお茶」と区切りたい場合の話……。あと、「ての/おちゃ」を区切りたいときは、 TeNo:OTya とする。

*8:「が/ある」をセパレートするときは、 Ao;KiiRo;Aka:Ga:ARu とする。

2009年08月24日 月曜日

たまに、TRON方式も試してみる……。

 最近超漢字」を立ち上げる機会も少ない……のだけれど、それでもたまに、比較用にと打っていたり。


 超漢字用に作った「かえで****あすか定義だと、

  • 左Shiftキーと、右Shiftキーは、もともと区別可能なので、区別して使っている。
  • 無変換キーと、変換キーとを、その機能キーの機能を「生かしたまま」シフトキーとして使うことは出来ない。
    • ゆえに、「左Shiftキーと無変換キー、変換キーと右Shiftキー」の組み合わせで、キー交換をする必要がある。

という感じで運用しています。

 当然、こうなってるので「Shiftキーを使った、一時的英数モードへの移行機能は使えない」わけで……そのあたりはちょっと面倒*1なのだけれど、英数モードとかなモードで「同じく親指位置シフトが使える」ってのは、解りやすさという意味では良い気もする、と。

 まぁ、多少使い勝手が違っていても【特殊なソフトなしで、ネイティブ環境で使える】ってのは得がたい魅力であって……そういう意味では「超漢字って、こういうのをやるには向いてるよなぁ」と思わされるところがあります。


 同じようなことが、超漢字以外の環境でも、同じようにできるとうれしいんですけどねぇ……。

 「左Shiftキーと無変換キー、変換キーと右Shiftキー」のキー交換って、このままローマ字入力とか英数入力をしていても「これはこれで使いやすそう」な感じだし、副作用が大きいわけでもなさそうなところがあって、そう芯は悪くない気もするのだけれど。

けん盤配列スレッドメモ。

564 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 14:29:32 0

配列が選挙の争点になって、各党がそれぞれマニフェストにどの配列をJIS化するか明記する

時代がすぐそこまで来ている。


565 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 14:30:26 0

よろしければと間違った。まあいいや。


http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/pc/1181565329/564-565

 配列「だけ」で支持政党とか支持対象者を決めるのは危険かも……って気はするけど、話題としてあって欲しい気はします。

 ただ、個人的には「特定の配列をJIS化」って方向だと支持したくは無いところで……「色々な配列を再現できる仕掛けをJIS化!」っていってくれる人が居たら、ココロが揺れてしまいそうですけど^^;。


 配列がらみについては「無用な争いを助長しようとする」人よりも、「無用な争いを根本的に解決しようとする」人を支持したいところなので、このあたりは「ルール系」ではなく「仕組み系」で解決してくださる方の登場を期待したいところですね。


326 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/06(木) 06:44:27 ID:7WxO1g98

親指シフトキーボード FMV-KB613 [希望小売価格30,000円(税別)]


専用キーボードって何でこんなに高いんですか?


もっと安いものないですかね?


327 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/06(木) 14:11:37 ID:7CLFcHuW

ワイヤレスの新製品を1万円くらいでお願いしたい


328 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/06(木) 23:41:12 ID:RvLQXXfG

お前らが一人10個づつ買えば値段下がるよ


329 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 22:05:54 ID:628vShGd

>>328

それぐらいじゃ無理だ


330 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 10:42:06 ID:LzJSBsNT

家庭用のパソコンは、デスクトップよりノートのほうが売れてるみたいだしなあ


331 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 19:24:15 ID:oNrhgaZs

だったら、EraseEaze 搭載ノートPCを広める方が近道なんじゃねーの?


332 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 19:54:49 ID:Pbi8dKVD

右手一列シフトで問題は万事解決した。

リアフォ最高本家高杉イラネ


http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/hard/1178094167/326-332

 うーん……親指シフターさんが「FMV-KB613の売り上げ1本に対して、2万5千円をメーカー寄付する」ってやれば、FMV-KB613の売値は5000円になると思います、いや冗談で言ってるわけじゃなくて。

 モノの売値って「製造コスト(材料確保+機械維持+手順構築+人件費投入)」だけじゃなくて、それを保管する費用もバカにならないですから……大量生産だけを行っても、それをコンスタントに捌けなければ「大量保管」のコストがかかってしまって、さっぱり安くならないんですよね。

 それこそ、「毎月コンスタントに、500本売れる」状態が「数年にわたって継続する」ってゆーのなら、25本/日くらいのペースでサクサクと作っていただけると思う(1人で作れるように製造ラインを工夫すれば、たぶん1万円を割り込む価格で提供できるような)のだけれど、あの価格を見ると「数ヶ月に1回、1000本とかをドカッと作るしかない」状態なのかも。


 パソコンの「デスクトップvsノート比」ってのは、ずいぶん昔にひっくり返って以来、その差がどんどん開いてるみたいです。

 「出荷台数がひっくり返った」のは記憶に新しいところなのですが、最近だと「デスクトップノート=1:3弱」にまで広がっているようで……。

http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2009/index.htm

 台数差と価格差とを見比べていただくと解りやすいのですが、市場は「普通の用途ならノート、豪勢な用途ならデスクトップ」という方向に傾きつつあるらしく、メインストリーム(メールネットあたり)での運用がほぼノートに移行しつつあることが見て取れます。


 EraseEazeの採用は……スペースキーで変換をしたり、英文のスペースを打ったりするときのことを考えると、ちょっと厳しいのかも。

 このあたりは、ユーザーベースで「右手一列シフト」を採用するほうが、現実的だよなぁ……と感じるところです。

 #右手1列シフトをしなくても使える配列を探す、という手はある……のですが、こういうのは配列とキーボードとの「組み合わせ」でどうにでも転んでしまうところなので、絶対的に大丈夫ともいえないところが面倒ですね。


516 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:29:22 0

月配列スレもとまっているようだし

もう配列スレには需要がないようだな


517 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 22:42:25 0

いったん使い始めると、もう配列について書くことってないよな。


518 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 00:17:19 0

安定期に入ったってことだと思う

いいことじゃないか


519 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 08:40:43 0

もう配列の時代は終わり。


520 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 19:13:41 0

>>519

音声入力、最終的には思考入力


521 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 09:52:16 0

ニコラ、月配列、下駄配列、飛鳥配列と渡り歩いてきたけど

結局自分タイピングしやすいのが一番だと結論が出ました


522 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 17:08:48 0

自分タイピングしやすいのを探す旅


523 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 17:09:51 0

>>518

安定しちゃうとニコラみたいに高齢化が進むと思う。


http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/pc/1237645593/516-523

 配列って、「選んだり、評価打鍵したりしてる最中」じゃないと、書けることがほとんど無いんですよね……。

 特定配列を持ち上げたところで、「俺とお前の感じ方は違うんだから意味無いじゃん!」的なアタリマエの意見が、いまでは当たり前に言える*2状態なので……特定配列の推奨が全く意味を成さないことは既に明白ですし。


 ただ、「ユーザー高齢化」に対しては、なんとか抗いたいところではあります。

 「キーボード自体がジジイの使うもの」ってことになると洒落にならんのですが、このあたりはどうやって抗えばいいのか……が難しいところですね。

 せめて、「ケータイよりも使いやすい、そういう可能性を秘めた日本語入力法が、今はたくさんあるんですよ〜」って感じのことがアピールできれば、まだ違うのかもしれませんが、よりにもよって戦う?べき相手が

  • カンタンなのに効率が言うほど悪くない、かなめくり入力
  • かなめくり入力の知識ほぼそのままで使えちゃう、flick。

とかだったりするところが、とっても悩ましいわけで。

 正直、「無理だよなぁ……簡単すぎるのには勝てっこないよ」ということは重々承知しているのですが、キーボード用の日本語入力配列群について「ニッチ需要を満たすもの」としての魅力が伝えられる方法を見つけてみたいところだよなぁ……と。

 で、【ある特定の配列】についてのユーザ高齢化については、気にしても仕方が無いんじゃないかな……とも。「新たな配列とともに、新たなユーザが現れる」ことによって新陳代謝が図られれば、それで十分なんじゃないかという気もします。


 四半世紀後になっても、懲りることなく「配列論争」をやってる……なんて目も当てられない状況は勘弁して欲しいのですが、四半世紀後には「時代の進歩に相応しい、配列探求が行われている」時代が来てくれるとうれしいかも。

 今の時点で、「けん盤で出来そうなシフト方法は、一揃い見つけ出された気もする」のだけれど、その上に乗る配列部分はまだまだ探求のし甲斐があるはずなので、そういう方向での進化に期待したいですね。

 #あとは、(極端な例を出すと)飛鳥カナ配列とかのような配列を「それなりの精度をもって」解析できる方法についても、ですね。

*1:英数キーとひらがなキーを、本来どおりの意味で使わなきゃいけない。

*2:これが「声のデカイ人による限定的な話」じゃなくて、「使った人が普通に感じること」だ……ってゆーのが、とても重要だと思う。

2009年08月22日 土曜日

選挙、投票。

投票による結果。

  • ある人/ある政党に「100点満点」を付ける。
  • 上記以外は全部まとめて「レーテン」を付ける。

投票しないとは、どういうことか。

  • 「世間様」にお任せする、ということ。
  • ある人/ある政党に「お前らは選ばれる価値が無い」とタグ付けすること。
  • ある人/ある政党に「お前らは外される必要が無い」とタグ付けすること。

「票を投じたくない相手」はいるけど、「票を投じたい相手」はいない。そうして「投票棄権」するとどうなるのか。

  • 「世間様」にお任せする、ということだから、当然「世間様と同じ比率で、「票を投じたくない相手」に対しても票を投じている」ことになる。
    • そう思われるのがいやなら、意地でも調べて「一番マシだと思えるもの」を、必ず選ばなきゃいけない。

2009年08月19日 水曜日

レフティ飛鳥カナ配列、ついに始動。

 http://ameblo.jp/asuka-layout/entry-10287328638.html#c10433551680

 この取り組み、俺には協力できそうなことが無い……ってのは悲しいのだけれど、静かに応援させていただきたいと思う。

 束縛の無いけん盤配列には、たぶん「自らのチャレンジを支える力」があると思う……のだけれど、Caneさんがその「成果」を「自らのものとする」コトができる日が、可能な限り速く訪れることを期待したいですね。


 #同時に、「かえでレフティあすか」の配字方針について、ピントがずれていたんだなぁ……と、いまさらになって反省しています。

 #Caneさんによる研究の成果が実った後に、「かえでレフティあすかの配字指針」は手直しを掛けるほうが良いのかも……。

2009年08月16日 日曜日

ウチのノート、ゼロスピンドル化しました。

(過去:「ポチッと」しちゃった。 - 雑記/えもじならべあそび)


 ゼロスピドルノートを買ったのではなくて、今まで使っていたTabletPCHDDを、SSDに変更した……という話。

 以前100GBのハードディスクを導入していたのだけれど、うち20GBはBTRONネイティブインストール領域として使っていた*1し、残りは空き領域を付属ツールでつめれば大丈夫だろう……ってコトで、64GB版を導入。

BUFFALO 2.5インチMLC搭載PATA/USB2.0用内蔵SSD 64GB SHD-NPUM64G

BUFFALO 2.5インチMLC搭載PATA/USB2.0用内蔵SSD 64GB SHD-NPUM64G

 始めは入るかどうかぎりぎりかな……と思っていたものの、処理後のテンボラリファイルとか、途中で放置してた仮想環境とかを消したら、余裕で入ってホッとしたところ。

 #実容量さえおさまるようになっていれば、付属転送ツールで単純に環境移行できる*2のはとても良い感じ。


 安物のSSD*3は、細かなファイルを書き込むときに「プチフリーズ」って現象が出るのだけれど、それについては

http://buffalo.jp/download/driver/hd/turbossd.html

が対策ソフト(Write Bufferらしい)として頒布されていたので、これを導入してオッケー、と。


BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2700(DDR333) 1GB MV-DN333-A1G

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2700(DDR333) 1GB MV-DN333-A1G

 あとはメモリーをフル(2GBしかはいらないけど)まで増設して、これで移行完了……と。

(memo)stax/SR-001mk2

 ……音質に影響が出ると思うのだけれど、手軽さを考えるとこの案は捨てられないかも。

PCUSBUSBDAC
USB Line↓
(Diode)Dropper 5VDC→3.6〜4VDCEIAJ#2→stax/srm-001

 ただ、USBDACのところが問題で……。手元の材料だと、

  • 組み込みDACだと、イミュニティ対策(受けて動作がおかしくなるほう)が出来てないから×。
  • ONKYO/SE-U55Xだと、ACアダプタを1個減らす効果しかない。

ってゆー感じで、結構微妙。まだ悩んでいたり。

*1:その後、仮想環境インストールするときに「領域解放」して、その20GBは放置プレイ中だったんですよね……。

*2:このハードディスクは「PATAモードUSBモードのどちらでも使える」類のものなのだけれど、PATAのオスピンカンタンに曲がって使えなくなるからか、「ソフト環境移行したら、さっさとパソコンに突っ込めよ!」的なことが書いてあったり。SATA-SSDはそういうところがない(せいぜいSATAのオスベロが汚れるとかいう程度の話)ので、ウチではSATA/USB-SSDを高速USBメモリーのように使っていたり。

*3:正確には、IBMSamsung以外のMLCタイプSSDが対象らしい。制御チップの問題で、ハードウェアバッファソフトウェアバッファが無いと「書き込み前消去動作がムダに多発する」ために、動作が極端に遅くなる……ってのが、根本的な原因らしい。

2009年08月14日 金曜日

kakaku.comに、要望を一つ書いてきた。

 ……まぁ、単純に「PCパーツについて、【欲しいものを全部並べたときに、それらをあわせていくらで売っているのか】が解るような、横断検索機能を作ってくれ!」ってゆー、身も蓋も無い話なんですけどね。

 わざわざ検索しまくった挙句「アイボールサーチで店を探す」ってのが、なんだかアホらしくなってきたので。


 #ユーザが求めてるのは、要するに「全部買ったときに、一番安く上がる【店】はどこなのか?」であるはずだとおもう(色々買うなら「単品の最安値」ってあまり関係ない)のだけれど、なぜにそういう視点がなかったのだろうか……情報って「見せ方」というか「視点」で変わるものだけに、いまのやり方はもったいないと思う。

たぶん、「万人が納得する、ひとつの理想の入力法」は見つからない、と思う。

(言及:今こそ統一規格キーボードを: 大石英司の代替空港)

 コメントスパム扱いで遮蔽されてしまったもので、トラックバックにて書かせていただきます

 #この内容がスパムだとお感じになった場合、こちらから打ったトラックバックpingを無視していただいても構いません……。


 個人的には「統一規格キーボード」よりも先に、「統一規格キー入力入れ替えソフト」の登場を望みたいと考えています。


 日本語入力法については、すくなくとも「いま、ローマ字入力orJISかな入力で満足できている」という方の、邪魔をするべきではない……と、私はそう考えています。

 これを意識してアンケートをとってみると、案外と「入力法の追加」について、賛成してくださる方は多いみたいです。

 http://q.hatena.ne.jp/1230565930


 次に「親指シフトキーボードを越えるものを3年で作れ。」の件ですが、こえているかどうかの判定はご覧になる各人にお任せするとして、「違う」ものはたくさん揃い始めていたりします。

 実際の動画ですと……まずベンチマークとして「親指シフト」。

 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=983990

 つぎに、拗音入力を圧縮した「下駄配列」。

 http://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm2422094

 あるいは、手の動きを抑えた「飛鳥カナ配列」。

 http://d.hatena.ne.jp/video/niconico/sm5152804

 ……などなど、こういった「様々な特徴を持つ」新規入力法が、親指シフト以降にも、ここ数年で数十種開発されていたりします。

 http://www4.atwiki.jp/japanese_keyboard_layout/


 ちなみに私、ここ数年の間に「たくさんの日本語入力法」ができていったなかで、それらを作った「作者さん方」と意見のやり取りをたくさんしてきました。

 そういう「作り手」が集まる中で出る結論は、ほとんどが【人間それぞれに運動特性や考え方の違いがあるから、一つの入力法に統一するなんて無理だ!】でした。

 そして私自身、「かえでレフティあすか」と「かえでライティあすか」という、2つの入力法を同時に提案しているような状況でして、ここで既に「入力法の統一」など原理的に無理だな、と考えていたりします。

 http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/pages/37.html


 統一されるべきは、物理的なキーボードの配置(大手メーカーがいま大量生産しているタイプと、NICOLA(親指シフト)に限定して必要となるF型、の計2種くらい)のみでよいのかもしれません。

 キーボードの上に載る、論理的なキーボードの文字配列については、個々人が自由に入力法を入れ替えできる仕掛け(キー入力入れ替えソフト)が公的に整備されれば、俗にQWERTY-nomicsなどと呼ばれる問題は解決すると思われます。


 以上、長文失礼しました。

2009年08月13日 木曜日

http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/を編集。

http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/

 「まずはこちらをご覧ください」の部分がぐちゃぐちゃになっていた……ので、そのあたりを http://www12.atwiki.jp/kaede-asuka-layout/pages/37.html のみへと集約してみた。

 NICOLA(親指シフト)発、飛鳥カナ配列経由、かえであすか行き……の変貌について「何を捨てて、何を得たのか」とか、「どんな欠点を背負って、どんな利点を得たのか」みたいな、配列バランスをうまく表現できればよかった……のだけれど、今回もまた「チカラ及ばず」で終わってしまった予感がorz

 まだまだ「ロマかな使い&JISかな使い」の人にとってのわかりやすさは足りてないと思うので、そのあたりは今後の課題……と。


 #「何が何でも奨めるための解説」にはしたくなかった……ので、あれこれと試行錯誤してみたつもりなのだけれど、そのあたりもうまくいってないッぽくて、ちょっと凹んでいたり。

2009年08月10日 月曜日

STAX インイヤー型イヤースピーカーシステム SR-001MK2とは。

STAX SR-003

STAX SR-003

 納期の関係で↑は遅れそう。

 ……ってコトで、↓だけを購入。


 音質は……というと、きちんと

FOSTEX ヘッドホン T50RP

FOSTEX ヘッドホン T50RP

↑と↓の間になってる……と思う。


 こいつのダメなトコを挙げるとすると、

  • 耳が物理的に痛くなる。
    • ……これは耳栓etcに共通する問題、なので「黄色い低反発ウレタンな耳栓」による簡易パッドが使えることも共通。
  • 発音体が小さいことが災いして「せっかくの全面駆動方式なのに、点音源感が出てしまってる」。
    • 夏場に「蒸れにくい」のを聴きたい、というときには、こういう選択肢にならざるを得ない。
  • トランスACアダプタを使うと「ハムノイズ」が乗ってくる。
    • 公称1.2Vの電池を3直列にしてDC入力に導入してやるといいらしい……って、始めからそういう設計にしてくれよと(以下略)。
  • (フォンジャック入力で、しかも実質8千円のアンプだけに)微細表現に漠然とした不安がある。

ってところが気になる(最後のは言いがかりレベルの話だな……)という感じ。


SR-001MK2って、一体何なの?

 +565Vの静電気と、±282Vの静電気とを使って音を出す、ちょっと変わったヘッドフォンシステムです。

 最大で900V近い電位差を生むような「ヤバい」仕掛けなので、結露状態とか風呂上りとかには絶対に使ってはいけません*1

f:id:maple_magician:20090809165352p:image

 左端が「無音状態」。1.5μmの薄い膜は、どちらにも引っ張られず、真ん中にいます。

 中央が「片方に1.5μmの薄い膜が引き寄せられ切った状態」。1.5μmの薄い膜はプラスに帯電しているので、「プラスに帯電した固定極からは遠ざかろうとして、マイナスに帯電した極には近づこうとする」ので、こうなります。

 右端は、中央の絵とまるっきり逆の状態。

 この3状態を繰り返すことにより、「薄い膜が音楽を奏でる」ことになります。


 +565Vってのは常時固定で、こいつがわずか1.5μmの薄い膜に帯電し続けています。

 ±282Vの静電気ってのは「音楽信号に連動した」もので、2つ作られます。片方は音楽信号を「単純に拡大したもの」であり、もう片方は「波形を鏡絵のように反転させてから、拡大したもの」になります。この2つは、1.5μmの薄い膜を両側から挟む「固定極」を帯電させるために使われます。

 イヤースピーカーの線は、片耳に対して3本の線がありますよね?アレって、「+565Vが一本、±282Vが一本、±282Vを反転させたものが1本」通ってるわけで。

 普通の「ダイナミック方式」ヘッドフォンでは、膜の部分に「ボイスコイル」という「電線を巻いたもの」を貼り付けていて、その外側に置く永久磁石との間にできる磁力を使って「直線的に往復運動をする、モーター」として音を出します。この構造では「発音体と、ボイスコイルとを足した重量を動かして、初めて音が出る」仕様になるので、どうしても「動かすべき質量」を減らすには限界があります*2

 それにたいしてSR-001MK2では、「磁力によるリニアモーター」ではなく「静電気によるリニアモーター」によって音を出すため、発音体は自身を支える強度さえあれば良く、ボイスコイル相当品を支える必要が無いため、発音体自身を「製造技術と、取り扱いの丁寧さに依存する範囲で、極端に薄く作ることができる」ことになります。


 ダイナミック方式とはちがって「力強い音」を出すには向いていない……のですが、SR-001MK2のような静電方式には、「慣性に負けて埋もれてしまうという音が、とても少ない」という特徴があります。

 ドライバユニットを極端に小さくしても、慣性と戦うことはできる……のですが、そっち系ではどうしても「点音源感」が強く出すぎてしまうという問題があります。そういったものとは「違った回答」が、これにはある、と。

 楽曲については「クラシックに向く」とよく表現されていますが、基本的には「アナログ発声をする楽器や、あるいは声楽など」を聴くときに、特に威力を発揮します。

 EtymoticResearch/ER-4Sあたりから人気が出てきた「耳栓型」のような遮音性は無いので、そういう向きで使うには問題がある……のですが、遮音性を要求されない限りは、うまい具合に使えると思います。


SR-001MK2の、正しくない(笑)使い方。

 駆動にはアルカリ電池を使うのが「メーカー推奨」なのだけれど、自分で電池ケースとかを作れる人は「1.2V電池を3直列にした、3.6V出力の電池ユニット」を作って、そいつにEIAJの極性統一プラグをつけてから本機ドライバへと導入するのが吉かも。

 長時間演奏を狙うのならば、3.6V(3本)のを2並列にして「電池6本で3.6V倍容量」とかを作ってもいいんじゃないかと思う。

 家庭で聴く場合は重さが気にならないだろうから、そういう選択肢もありかな、と。


 ヘッドバンドの調整方法は、こんな感じでやること。

  • ヘッドバンドから発音体を外して、耳に付ける。
  • ヘッドバンドを眼前から耳横へと持っていって、「広げるべき間隔」を測る。
  • ヘッドバンドの頭頂部凸側に両親指を掛けるように持って、「両耳の間隔よりも、ほんのわずか狭くなる程度に」ヘッドバンドの間隔を広げる。
  • 発音体をヘッドバンドに付け直してから、実際にヘッドバンドを耳にかけてみて、圧迫感が「わずかに」あれば、それでオーケー
  • 広げすぎたと感じたときには、ヘッドバンドの頭頂部凹側に両親指を掛けるように持って、「両耳の間隔よりも、ほんのわずか狭くなる程度に」ヘッドバンドの間隔を狭める。

 上記ギャップ調整を行ったヘッドバンドの装着時には、以下のようにやること。

  • ドライバの電源を入れる(=メインボリウムを、左に絞りきった状態から、1時間分ほど右に回す)。
  • ヘッドバンドをめいいっぱい伸ばす。
  • ヘッドバンドを真横から見て、「ヘッドバンドと、ケーブルの引き出しとを、一直線に並べ、そこから配線を30度(1時間分)前方に回す」様に、左右それぞれのユニットを回して調節する。
  • その状態で耳に掛ける。
  • 右のユニットを「可能な限り耳へと押し付けずに」軽く回しつつ、「バリ」音がした時点で手を離す。
  • 左のユニットを「可能な限り耳へと押し付けずに」軽く回しつつ、「バリ」音がした時点で手を離す。

 ……と、こんな感じ。

 普通は密閉されたかどうかの確認をするには「外の音が聞こえないかどうか」で確認する……のだけれど、こいつの場合は密閉が成立した時点で「発音体内部の可動極が、気圧差によって固定極に接触し「バリ」音を出す」ので、それが聞こえた時点でドライバを弄るのは止める必要がある……と。

 慣れてくれば、電源が入っていない(=バリ音を出さない)状態でも装着できるようになるはずなので、ここはある程度慣れるしかないかな、と。あんまりバリ音を繰り返すと発音体が破れちゃうので、取り扱いは丁寧に……。


SR-001MK2は、一般的に「使える」のか。

  • 市販の「黄色い低反発ウレタン製の耳栓」を買ってきて、イヤーピース自作する必要があるという点に注意*3……低音は減っちゃうけど、長時間聴取には必須。
  • オンガクが好きで、「イヤフォン+イヤフォンアンプ」に2万円強出せるというひとなら、とりあえず「使える」と思う。
  • 電気(特に静電気)に関する基礎的な知識が無い場合は、取り扱いにわりと慎重にならないとまずい気がする。
  • 30代以降が使ってもSR-001MK2のよさは解る……と思うけど、こいつがホントに対象にしてるのは「10代後半〜20代前半」なんじゃないかと思う*4*5

 ……個人的には「ヘッドフォンにハマり始めちゃったひとが、目を覚ますため」に使って欲しい気もする。

 ヘッドフォン難民をやっていると「たかが2万円」になってしまいがちなのだけれど、「2万円でどういう音を得られるべきか」ってところの、ある種の基準にはなるんじゃないかな……と。

 こいつに限らずSTAX製品は「アンプヘッドフォン自体がセット」で成り立つものだから、ヘッドフォンを評価するうえでやっかいな問題となる「アンプヘッドフォンの関係」を回避できるので、本来はこういうのが基準機器になっていなきゃ変だし。

 #もっとも、ヘッドフォンも「けん盤配列と同じ」に「好き嫌いの問題が多分に絡む」から、人によっては「SR-001MK2が2万円台の基準機器になるわけ無いじゃん」と感じるかもしれないですが……。

*1:もっとも、「高温多湿な環境の日本で」1960年以降50年にわたって商売として成立しているぐらいですから、結露風呂上りを除いた「通常使用」では問題など発生しないわけで、あまり心配する必要はないわけですが。

*2:発音体となるフィルムは「自身が破れずに済む強度を確保する」だけでは不十分で、「ボイスコイルを支える強度を確保する」必要があります。しかも、ボイスコイル自体にも質量があるため、どうしても発音体周辺が重くならざるを得ません。

*3付属のは、LもMもダメだと思う……密閉性は得られても、耳が痛くなるのは同じ

*4:耳の感度が落ちた現在となっては、正直こいつを正当に評価する自信が無いんですよね……以前入手した時点で「鳥小屋試聴記」にレビューを書いて置けばよかったと、激しく後悔しているところで。

*5:鳥小屋では、真面目に書いてなかった( http://www.eurus.dti.ne.jp/~yfi/reviews/review_earphone_inserts.html#STAX/SR-001Mk2 )んですよね……どんだけダメなのかとorz。

2009年08月09日 日曜日

Blu-rayパッケージングした「空と海をこえて」が欲しい!

 ……ってことをキャストしてきた。

http://meister.blu-raydisc.com/jp/vote/wanted/


 ジャンルは「邦画」、作品名は「空と海をこえて」ですな。

 候補理由はこんな感じで書いてみました。

 商用パソコン通信黎明期に放送された、テレビドラマの一つ。

 当時の現実を何一つ無視することなく、それでいて「たくさんの人が、将来どうつながっていくのか」をうまく表現した力作。

 Wikipediaにあらすじが紹介されているので、一度ご覧いただきたく。


 絶対無理だと思う……けど、まぁ言ってみるだけならいいでしょ、と。

2009年08月04日 火曜日

(メモ)そこらへんのキーボードは「落ち着くところに落ち着いた」のかも。

 最近家電店を見てきた……のだけれど、NEC/SONY/富士通ノート機が、「すごく似通ったキーボード物理レイアウト」に落ち着いてきているっぽい。

 以前にRayさんが「デスクトップ物理配列は落ち着いた!」ってなことを書いてたけど、アレはノートPCでも同じ傾向になっているらしく。


 NEC富士通がほぼ同じ「(Non)Convertキーが1.25キー幅、スペースキーが2.5キー幅」でほとんど統一されていて、ソニーが「(Non)Convertキーが1キー幅、スペースキーが3キー幅」でほとんど統一されている……と。

 「同じメーカーパソコンへと乗り換えるのに、物理キーボードの相対位置が異なっている」なんてのは、フツーのユーザは許容しないだろうから……パソコンコモディティ化した今となっては、ある意味当たり前の物理配列に落ち着いたとみなすべきなのかも。

 このくらいのタイプだと、MS-IMEの標準バインドで「キートップの刻印まま」便利に使えるし、そういうのがいらなければ「NonConvertをBackspaceに、ConvertをEnterに」割り振るとかして、ちょうどいい感じで使える……と。


 物理配列が安定することによって、はじめて「論理配列変更」の旨みが活かせる……ってところを考えると、どういう形であれ「物理配列が、ひとつの形に収束してきた」ってのは、割と喜ぶべきことなのだと思う。

 ……ってことは、やっぱり「一番売れてるスタイルの、デスクトップPCキーボード」と、「一番売れてるスタイルの、ノートPCキーボード」の2つで、評価打鍵をしなきゃダメってことなのかなぁ。

 デスクトップキーボードNEC中古品が該当してるから良いけど、ノートPCNEC富士通に買い換えなきゃダメなのかも*1

(メモ)すべての「けん盤配列」は、「嗜好品」である。

(過去:物欲に負けまくり。 - 雑記/えもじならべあそび)


 うーむ、こう言い切ってしまうと、なんかすっきりする。

 効率やら性能やらでは割り切れない「好き好み」の問題が思いっきり絡む……とすると、こういう落としどころもアリかな、と。

 #作者の考え方とか性格とかが、「けん盤配列」には思いっきりにじみ出てくる*2から……よけいにそう感じるのかも。

*1:東芝ノートで極限テストを……ってやるよりも、実際はそっちのほうが重要なのかも。

*2:いわゆる「計算配列」ですら、シフト方針・配字指針・目標負荷などに、そういう要素がしっかり絡んでくるし。それに、シフト方針・配字指針がまったく違っていても「同じ奴が作ると、根っこは似たようになる」ってのは、私自身がたくさん作って、実際頭を抱えているところだし……orz

2009年08月03日 月曜日

物欲に負けまくり。

 最近、居間での簡易リスニング用途に

STAX インイヤー型イヤースピーカーシステム SRS-005A

STAX インイヤー型イヤースピーカーシステム SRS-005A

を頼もうと思った……のだけれど、寝室のSTAXアンプでも使いたくなって

STAX SR-003

STAX SR-003

というふうに分割発注することに。

 SR-001MK2は20代前半にちょっとだけ試聴したことがあって、音質的不安はなく、これで行こうかな、と。


 そういえば、ここ数年来「USB接続DACで共通する、奇妙な音ゆれ」が気になって仕方がないので、ことごとく安価サウンドカードに変えてます。

 音質はあんまり気にならないくせに、最近こういうのが異常に気になってしまって、音楽があまり楽しめなかったんですよね……orz

 原因がわかれば、それの対策がなされたUSB-DACを使ってもいいのですが……あれはなんなのだろう?

 #EDIROL/UA-25でもだめなのだから、結局はONKYO/SE-U55SXとかを使わなきゃいけない?でもあれはロックミスとかの問題があるし……。


 パソコン本体についても、そろそろ自室のAthlonXPパソコン(Pen4のと交換して残ったもの)がダメになってきていて、電源交換もしなきゃいけない……って状況なので、どうするか検討中

 Core i7系が妥当っぽいのだけれど、まだ調べ始めたところなので、どうするか迷ってます。

 グラフィクスボードには、絶対ATIだけは使わないつもり(うちで使うとトラブルばかりで……相性が悪いのだろうか)。


 で、自動車を久しぶりに買おうか……と思ったのだけれど、これはこれで三菱/i-MiEVとか日産/LEAFあたりが気になってしまい、結局計画は一時停止。

 ほんとは化学電池じゃなくて「大容量キャパシタ(コンデンサ)」を使ったものがあれば一番いいのだけれど、ざっくり調べた感じだと、まだ大衆レベルで使える状況じゃないっぽいようで。

 化学電池を使う限りは、日産方式の「カセット電池」タイプが主流になる*1気がして、時間帯によっては「揚げ物屋でたまにある、揚げ時間待ち」みたいな事も起きそうだけれど。

 


 ……あと、ちょっと前から「電子タバコ」に手を出していたり。

 LoongTotem/LT-V10と、BlueCig/BCM401という2つを使っているのだけれど、前者は「すごく煙が出るから、移行用にはなんかいいかも」って段階で、常用するにはきついなぁ、と。実際、最初のうちは使っていたけど、最近はほとんど使っていなかったり*2

 後者は(私の場合はパッドレスで使っているためか)「リキッドの補充が面倒で、しかもアトマイザ(ヒーター)が1週間くらいでダメになる」ってゆー問題を抱えているのだけれど、これと組み合わせるリキッドの「Prototype Flavor」が相性良好で、ほぼこれを常用しているところ。

 喫煙行動って「ニコチン中毒」と「深呼吸行動」の2つに支えられているのだなぁ……と、そんな単純なことに、いまさら気づかされた、ちょっと面白い代替品だと思う。


 ……とまぁ、そんな感じで物欲に負けまくりですorz

*1ユーザースタンドで「充電済みのカセット電池に交換してもらう」ようにして、スタンド側では「回収した空の電池を急速充電し、次の客が来るのに備える」というスタイル。大容量キャパシタを使わず化学変化で電気をためる「電池」を使う限り、急速充電時間そのものはそう早くならない(スタンド側でキャパシタ電気をためておいて「フラッシュ充電」する方法はあると思うけど、まだ実例は聞いたことがない)から、現実解はこうならざるを得ないのかも。

*2電子タバコについても「好き好みの差が激しく出る」んだなぁ……ということを思い知らされたところで。もともと、私の中でのNo.1タバコは、今は亡き【Piece Acoustic】なんですよね……Piece Infinityは「何とか吸える」けど、Piece Acousticを55点とすれば、Piece Infinityは3点とか、そんな感じ(ほかは1点とかだけど)。あと、【BlueCig/BCM401+Prototype Flavor 11mg】は……42点、かなぁ。速攻でニコチンレス化テストをしてみたい(たぶんうまくとおもう)のだけれど、肝心のニコチンレスPrototype Flavorが欠品中らしく、テストできないんですよね……。あと、「電子タバコはいろいろ試したくなる」って話が出てるけど、あれって「けん盤配列」のそれとまったく同じで「ピタリとくるものに出会うまで、延々とリキッド難民/電子タバコ難民を続けてしまう」状態になってるだけの話だと思う(「けん盤配列難民」もまさにそうで……って、けん盤配列も案外と「嗜好品」的な要素があふれているのかも?)。落ち着くところが見つかると、結局はそれを続けるようになるのかも。

2009年08月01日 土曜日

「のどか」に対して「新JISかな」を扱う上で、期待したいこと。

553 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 14:43:14 0

やっぱ新JISだよな!


俺は月使ってるけど。


554 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 16:45:46 0

なんかのどかに要望ないかな。今なら対応してくれそうな気がするんだけど。


555 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 18:35:07 0

月配列的にのどかに要望することってあるのかね?

現状でも実装できると思うけど。


556 名前名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/01(土) 19:50:26 0

JIS的にはどうよ。っても普通に実装するなら今のままで十分だけど。

まあよろしければ向けの話題だが、ネタ振りしてみただけだ。


(from http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/pc/1181565329/553-556 )

 もともと、新JISかなって「特別なハードウェアなしに使える範囲だけを、規格の要求事項として決めた」ところがあるッぽいから、基本的に「今ののどかで実装できない」なんてコトは無いんですよね。

 ただ、新JISかなのばあい、理想状態と比べて2つを規格の要求事項から外してる……ってところは、忘れるべきじゃないのかも。


 その2つっていうのが、

  1. 親指位置に「小指シフトと同じ挙動を示す」シフトキーをおいて、そいつを使ってシフトする、ということ(これはオプション扱いになってる)。
  2. シフトキーはそのまま扱い、文字キーについて数十ミリ秒遅延判定させる、ということ(これは規格には乗らなくて、小指シフト打鍵ミス対策として、文献上で評価結果が書かれていたもの)。

になる……と。

 前者はもちろん、現行ののどかが余裕で再現できる話。


 個人的には、のどか後者の「文字キーの遅延判定」を突っ込んでくれるとうれしいかも……と考えていたり。

 もちろんこれって、まるっきり

f:id:maple_magician:20060808231152p:image

なんですけどね^^;。


 同期打鍵系(同時打鍵かつ非連続的なシフト採用する方法)以外の、ほぼ全ての配列にとって「あまり副作用なく、それなりに便利に」使えるんじゃないかな……と思うのですが、そう考えてしまうのは私が「ずぼら打ち」をしているせいなのかも。