Hatena::ブログ(Diary)

雑記/えもじならべあそび このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

様々な文字入力手法を「運指動画」でご覧頂くことが出来ます。
「シャドータイピング50音順式タッチタイピング練習法」、ひっそりと公開中。
Advanced W-ZERO3[es]ctrlswapminiかえで携帯配列(圧縮ポケベル打ち入力)を利用中。
普通のキーボード用にNICOLA(親指シフト)を圧縮?した、「かえであすか」を利用中。
はてスタの色識別性が改善されるまでの間、私ははてスタ捨て場にカラースターを捨てます。

【注意】この日記に出てくる「運指(最適化)」という語はほぼ、タイパーさんが表現するところの
「ワード(最適化)」のことを指し示しています
……表現間違いをなくすために、現在訓練中です。

2011年10月08日 土曜日

『東海道物流新幹線』もとい『東方物流新幹線』を妄想してみるテスト。

 青函トンネルを通すためだけに、こんな列車が走る予定。

 ……で、これを「仙台←→札幌間」に走らせたら、たぶん東京←→札幌間の輸送日差を解消できる。


 もしも仙台貨物ターミナル(宮城県仙台市宮城野区)に新幹線路線を引き込むとなると、現実味はかなり薄くなる……けど、宮城県内にはちょうどいい位置に、ちょうどいい施設がある。それは『新幹線総合車両センター(宮城県利府町)』。

 ここから上り方向には(旅客列車を上げ下げするための)側線があるけど、あのあたりをよく見てみると……下り方向にも(貨物用列車を上げ下げするための)側線を設置したり、高速道路東北本線との接続に向く貨物駅を作りやすい土地が残っていたりする。

 新幹線総合車両センターを境に下り方面の路線容量は余裕があるし、貨物新幹線旅客新幹線より遅いことに対しては『(駅としての機能を持たない)信号所を本線に数箇所整備し、旅客新幹線が貨物新幹線を追い越せるようにする』だけで済む。経済的に見て「低コストで高速貨物路線を整備する」必要性があるならば、既存リソースを活用して比較的早期に『東方貨物新幹線』を実現できることになる。


 東北新幹線って、仙台以降は価値創造が難しいところもある……けど、客貨共用路線という付加価値の活用次第では、この路線の価値が大きく化ける*1かもしれない。

2017年3月18日追記

 今ある仙台貨物ターミナル駅(宮城県仙台市宮城野区宮城野)を、JR貨物仙台総合鉄道部検修庫(宮城県仙台市宮城野区燕沢前塚)に隣接する位置へと移転する計画のようなので、ここで新幹線⇔在来線のコンテナを『のんびりと』(←ここ超重要)積み替えることもできるように設計可能だと思う。

 なので、「仙台←→札幌間」についてはたぶん、専用機関車と専用コンテナ貨車を作って、この区間だけを貨物新幹線運用することになるんだろうなぁ、と思う。

*1:たとえば、『北海道新幹線不要』って話がひっくり返る、とか……高速大容量の貨物輸送って、21世紀らしい創発社会の密度を上げるために、きわめて有効に作用する話だし。22世紀には不要になるかもしれないけど、今世紀中はたぶん役に立つと思う。

2011年10月05日 水曜日

下駄タイピング公開!! | つれづれなるままに -下駄配列でタイピング-……をダウンロードしてみた。

 ドキュメントを見てると、ようするに「受け付ける綴りが決まってる」って話、みたい。

 【対応文字一覧.txt】と【readme.txt】に記述された方法へと綴りを変換できるように組めば、他の入力法/他のエミュレータでも大丈夫っぽい感じ。


 将来的には、たとえば(配列ファイル差し替えたり、課題差し替えたりするのと同じ考え方で)鍵盤表示ファイル差し替えれば、別の配列を使うタイピング初期練習にも使えるような方向に進化したりするのかな……とか、そんな方向性の進化を期待してみたくなる作りだな、と感じました。