武蔵野片隅猫日記 〜 にゃふにゃふ☆モペット 〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

     
このブログのトップに戻りますCattery Moppetのネコさんたちの話題です もうひとつの趣味、バラやガーデニングの話題です月別、話題別(別ウィンドウが開きます)わが家のネコさんたちのプロフィールです

2012-07-08

[ネコ] パソコンが壊れてしまいました

ずっと更新していなくて申し訳ございませんでした。

パソコンが壊れてしまい、当分復旧に時間がかかりそうです。

治りましたら、こちらにご報告いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2011-12-03 『パフェちっく』のアーロン、超カッコいい〜〜 (^_^)!

[]2012年こねこカレンダーに掲載されました

今年も残すところ、1ヶ月となりました。

みなさま、そろそろ来年度のカレンダーをお探しになられているのではないかと存じます。


実は、誠文堂新光社発行、井川俊彦氏撮影の2012年の『こねこカレンダー』に

今年の1月マリンちゃんから生まれた最後のリッターのこねこちゃんたちの写真が掲載されました。


http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=3199

(写真が見られる誠文堂新光社さんのHPです。)



書店にてもお求めいただけますので、来年みなさまのお家で使っていただければ、とても嬉しく存じます !!


表紙と8月がアラン君、5月が3兄弟全員集合で左からエミリーちゃん、ミーナちゃん、アラン君、

11月がエミリーちゃん、2013年部分(2008年12月に生まれた5兄弟の一人クララちゃん)となっています。

(そういえばクララちゃんは、元祖「猫めくり 2012」にも載っているとオーナー様からご連絡いただきました 。どこにいるか探してみてくださいね(^_^)♪)

井川さんのほっこりやさしいテイストのお写真が 心を和ませてくださいます(o⌒∇⌒o)

どうか、みなさま、よろしくお願い致します〜〜☆

2011-11-20 タンタンの冒険、原作も面白い〜〜

[]タンタンの冒険・シリーズ

昨日、映画館で「三銃士」を観てきました。

映画は、原作とは全く違うものでしたが、子どもも一緒に楽しめる作りで、これはこれで別のものとして、とても楽しかったです。

12月にはスピルバーグ「タンタンの冒険」も控えていますね〜〜 (^_^)!

ドキドキする波瀾万丈の物語は大好きです。

映画「タンタンの冒険」は『なぞのユニコーン号』と『レッドラッカムの宝』『金のはさみのカニ』の三冊から作られたお話だそうですが、映画公開までまだ時間もあるので、漫画なので軽く読めるし、あたってみるのもよいのかもしれませんね♪

私自身が読んだのは、タンタンは、『オトカル王の杖』『ファラオの葉巻』等の方なのですが。

20世紀初頭に生まれたバンド・デシネなので、一部少し古い価値観のままの部分があったりしますが、こどもたちを、考古学的なものへの興味や、諸外国へのあこがれに誘ってくれます。

客船やクラシックカー、飛行機の類いもお洒落に、上手に冒険小説の醍醐味として生かされています。

タンタンと愛犬スノーウィーの魅力が、何より一番惹き付けられる部分ではあるのですが (*´∀`*)。

それは、ジュール・ベルヌのようなわくわく感と、推理小説のような部分が入り交じったような感じとでも言うのでしょうか?

本作は、フランスのエスプリあふれ、風刺の効いているバンド・デシネの感じとはまたひと味ちがうのですが、これがベルギー風というものなのかな〜と、不思議な味わいを感じました。

ペーパーバックで700円台と読みやすいバージョンも出ているようなので、オススメです♪



2011-11-16

[]お久しぶりでございます


みなさまお久しぶりでございますm(_ _)m。

メールなどで励ましのお言葉をかけてくださった方々、誠にありがとうございます。嬉しかったです。

また、いただいた卒業生の子ネコちゃんたちの成長したお写真の数々には、本当に心癒されました (^_^)。

おかげさまで、元気を取り戻すことができておりましたが、ただ、今度は、8月後半から人間の息子の発作が頻発してきて、ちょっとブログの方は手を付けられずにおり、ごぶさたしてしまっておりました 。

現在、人間息子は新薬で調整中で、今後2〜3ヶ月もまだお薬の調整に時間がかかるらしいのですが、それでも快方へ向かいつつあります ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪

そこでちょっとホッとして、一息ついてこの文章を書かせていただいている次第です。


我が家のネコたちも相変わらず元気です♬

このこたちのふにゃっとした、まるっこくて温かくて優しい感触と体温が、随分私たちを支えてくれておりました。ありがとうね、みんな (^_^)!!

ヘンノ君は、随分大人っぽくなって昔に比べ私から親離れしてしまって、ちょっと寂しいですが、それでもちょっと私が隣の部屋に行くと一応すぐ様子を見に来てくれます。

ココちゃんは、最近部屋の(外開き型の)扉の取っ手に三日月型に飛びついて、100発100中開けられるようになり、女の子たちの中で人気があがっております・・・コンピューター部屋と寝室にみんなで暴れ込むので、ひえぇぇぇ〜〜〜です (≧∇≦)。

マリンちゃんは、5.15kg、すのちゃんは5.35kgで、ふたり仲良くダイエット中で一番長い運動時間をもらっていますが、コレが全然減りません ポリ…σ(; ^ω^)。

リオンくんも時々一階で遊んでいきます。今年から、シニアフードなので感慨深いです。長生きしてね (o⌒∇⌒o)。


まだ、うちのほうはバタバタしているので、急に更新してみたり、しばらくお休みになったり不定期になるかとは存じますが、みなさま、どうぞ温かく見守ってやってくださいませ (^_^)。

まれ〜にfacebookの方には(ネコに関係ない海外ドラマのことなども多いですが)ちょっとつぶやいたり、写真をUPしたりはしています^^。

良かったら、お友達登録してやってくださいね〜。

2011-06-25

[]その後のお知らせです

一時は、ボクちゃんの体重もほぼ倍まで成長して、喜んだのもつかの間、今度はいくら飲ませてあげても

体重が横ばいでのびなくなってしまいました。

普通、この時期のコネコちゃんは、朝に晩にと目覚ましい勢いでむくむくと成長していきます。

大きさの違いですら、目で、そして支えている手でも実感できるほどなのです。

普通、赤ちゃんには1週間目までを3時間毎にミルクを足し飲みをさせ、後は徐々に成長をみながら

時間の間隔を開けていくものなのですが、今回は、早産だったこともあり、

ココちゃんのおっぱいは出てあげているものの、1週間目以降も私が3時間毎の完全哺乳することを

違えることなく、きちんきちんと続けていました。

でもでも、増えないのです。

ミルクとおしっこのお世話の後には、少しでも、元気になるように、刺激になるようにと、

やさしく背中や手足などをマッサージしてあげもしました。

消化が少しでも楽になるように濃度も調節し、1回量が少なくても摂取できるようにと、

2時間おきの哺乳にも切り替えました。

・・・6月22日の夜中、ボクちゃんは天に召されていきました。

おしっこの粒が一滴だけ、きらりと光っていました。

最後に体全体を清潔に拭いて、撫でてあげていたら、ぶわっと涙が出てきました。




本当は、いろいろな話を楽しくお知らせしながら書きたかったです。

ココちゃんの産室を作った時、マリンが自分が妊娠しているのに気づかなかったかと誤解して、

大慌てで焦っていた笑い話、ココがマリンの最後の育児を一生懸命思い出しながら

不器用ながらもお母さんらしく振る舞おうと頑張って努めていたこと、

すのが、ココに哺乳後はたとえ私が拭いていてもコネコちゃんのお顔のきれいに舐めてあげることを

教えていたこと、等々・・・。

残念でなりません・・・。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村