妄想狂の午後 このページをアンテナに追加 RSSフィード

  「化学成分が足りない者の言ってることだというのを忘れちゃいけないよ」 − アンディ・ウォーホル

2004-05-21

[]王様か乞食 王様か乞食を含むブックマーク 王様か乞食のブックマークコメント

さびしい王様ISBN:4101131244)という本の中で、北杜夫氏が、「子供の頃に、将来は王様か乞食のどちらかになりたいと思っていた」というようなこと(本が手元になくてうろ覚えだが)を言っていた。それを読んだ頃俺は厨房で、意味が分からなかった。「王様は分かるけどなんで乞食になりたいんだよ」と思っていたのだ。しかし今は、意味が分かるような気がしている。俺も本当のことを言うと、似たようなことを考えているのに気づいたからだ。王様と乞食というのは大げさだし時代に合わないけど、俺は、超大金持ちフリーターのどちらかになりたいと思っている(あくまで夢だが)。超大金持ちになれば、おのずと超多忙になるが、欲しいものは何でも買える。例えば俺が急に最高級のピスタチオが食べたくなったとすると、すぐさまそれを注文できる。そして、大勢から敬われ、悪口を言われるだろう。一方フリーター、しかも、仕事がない日もあればある日もある、というようなフリーターになれば、自由時間ができる。うまくいけば、目覚まし時計を枕元に置かなくて済むというような、幸福にありつけるかもしれない。うちの父親のように、毎日仕事について愚痴をこぼし、仕事をやめたいやめたいと言いながら定年を待つしかないだけのサラリーマンを見ていると、その気持ちが強くなる。

[] vermilion::text 187階 シャドウレイン 2  vermilion::text 187階 シャドウ・レイン 2を含むブックマーク  vermilion::text 187階 シャドウ・レイン 2のブックマークコメント

---------------------------------------------------------------

連載です。

1.シャドウレイン1 http://d.hatena.ne.jp/marcus-k/20040520#p1

---------------------------------------------------------------

目を覚ますと、スウィフトはいなかった。たぶん、どこかへ出かけたのだろう。だが、俺には

またもどってくることがわかっている。

「HOTEL」の内装は端的な言い方をすると、アール・ヌーボー調だと言うことができる。

濃い茶に塗られた家具には植物幻想をかたどった装飾がなされ、黄色く光る

卓上ランプには不気味な金属の蝶が貼りついていた。ベッドの傍に置かれたギデオン

聖書には、たっぷりと埃が、それも、かび臭い埃が堆積している。その匂いで俺は何か

子供の頃のことを思い出したような気がしたが、それも一瞬だった。

俺はベッドから起き上がってベランダに出てみた(ここは「HOTEL」の2階だ)。つるつるした

黄色とオレンジタイルが裸足に冷たい。見上げると、空は昨日と同じ、深い夜の色

だった。眠るのも夜、起きるのも夜だ。店々のネオンと夜風は絶えることが無い。

不思議だった。

俺は、シャワーを浴びて一応身なりを整えると、階下に下りた。共同スペースでは、

シルクハットを被った面長の紳士が、ソファに座って新聞を読んでいる。

…俺の記憶が正しければの話だが、この男は俺たちがチェックインしたときにも同じ格好

でそこにいた。

俺は入り口の近くのカウンターで、なにやら帳簿とにらめっこをしているマスター(細長くて

内側にカーブした鼻筋と灰色のあごひげで、やぎみたいにみえる)に、スウィフトのことを

訊いてみると、やはりかれは大分まえに出て行ったという。

夜の湿っぽい空気が淀む中、俺はコーヒートーストをもらい、シルクハットの紳士の横

に座って食べながら、かれに話しかけた。この場所、「バーミリオン」について、スウィフト

曖昧な回答以上に知っておく必要があるからだった。

「わたしも、よくは知らないのです。」

と、紳士は答えた。「どの階に何があるかは人によって変わる、という人もいれば、そもそも

階という概念などない、という人もいます。」

俺は、他の階に行ったことがあるかと尋ねた。

「いいえ、ありません…。わたしはある日突然このホテルの前にスーツケースを持って立って

いたのです、その前に何をしていたかは憶えていません。何か長い間眠っていたような

気がするのですが…。とにかく、それからわたしはずっとここにいるのです。」

俺はますます分からなくなった、だが分からなくてもいいのではないかと思い始めていた。

つまり、俺はここにしばらく留まるのも悪くないと思っているし、それに、ここを出る方法は

スウィフトが知っているのだろう。

[]質問 質問を含むブックマーク 質問のブックマークコメント

右のカレンダーの何年何月のところが右側にずれているんですがこれって仕様ですか?

それとこのページで表示が崩れて見えるところってあります?(ちがう環境から見てどうなのか知りたいので。)

教えてはてなダイアリー

sugiosugio 2004/05/21 18:23 MacOSXのもじら、サファリ、IE5.2で普通に見えます。ああ、div.sidebarがないと思ったらテーブルレイアウトなんですね。お使いのテーマの『div.calendar {text-align: right;}』が原因(“前の○日分”もこれで右寄せに)だと思うので、スタイルシートを『div.texta div.calendar {text-align: left;}』としてみてはいかがでしょうか。

kapibarakapibara 2004/05/22 16:22 先日はコメントありがとうございました。vermillion素敵ですね。初めて知りましたがあの世界観にはものすごくはまりそうな予感がします。昔SSにあった「バロック」というゲームを思い出しました。

jounojouno 2004/05/23 00:18 登録の訂正、やっときました。

marcus-kmarcus-k 2004/05/24 10:06 >sugioさん ご指摘ありがとうございます。小さいほうのカレンダーはそれで左寄せになったのですが、上のカレンダーは左寄せになりません(´・ω・`)またいろいろやってみることにします。ありがとうございました。

marcus-kmarcus-k 2004/05/24 10:20 >kapibaraさん Vermilion、俺も知ったときは「ニューロマンサー」のストレイライトを思い出してすごく惹かれました。

marcus-kmarcus-k 2004/05/24 10:22 >jounoさん ご迷惑をおかけしてすみませんでした。ありがとうございます。

hiromiceciliahiromicecilia 2004/05/24 13:31 コメント有難う御座いました。北杜夫は子供の頃にはまって、読みまくりました。virmilion凄く詩的で素敵な文章ですね。

marcus-kmarcus-k 2004/05/24 15:44 来てくれた上に、Vermilionも読んでくれたんですね〜(喜)北杜夫は、どくとるマンボウが好きでよく読んでましたよ。

sugiosugio 2004/05/25 13:21 あ、別の所でしたか!すみません。カレンダーの中は細かくクラス名が割り当てられているのでそれをセレクタにして指定します。何年何月のところの中揃えでしたら『.calendar-current-month {text-align: center;}』だと思います。