妄想狂の午後 このページをアンテナに追加 RSSフィード

  「化学成分が足りない者の言ってることだというのを忘れちゃいけないよ」 − アンディ・ウォーホル

2004-07-05

marcus-k2004-07-05

[] vermilion::text 187階 シャドウ・レイン 3  vermilion::text 187階 シャドウ・レイン 3を含むブックマーク  vermilion::text 187階 シャドウ・レイン 3のブックマークコメント

-----------------------------------------------------

連載です。

1.シャドウ・レイン1 http://d.hatena.ne.jp/marcus-k/20040520#p1

2.シャドウ・レイン2 http://d.hatena.ne.jp/marcus-k/20040521#p2

-----------------------------------------------------

なんだか水中を漂っているような気分で俺は「HOTEL」を出た。

なぜだろう、ここにいると、過去も未来もなくなり、現在、ただ現在だけが俺の記憶宮に

光を投げかけているような気がする。脳みそが麻痺していくような…。

とりあえず、近くをうろついてみることにする。

俺は水路のそばを、流れとは逆の方向へとあるきだした。水路の両側に隙間なく建つ

切妻屋根の家々は、どれも似た外観で、街灯の薄明かりに照らされて不気味な影

をつくっていた。俺はひどく不安になり、辺りを見回す。じっと耳を澄ます。

どこからか足音が聞こえ、遠ざかっていく。ひそひそ声。水路を、水が流れるひかえめ

鈴の音

「……」

俺は風に向き直って、また歩き出す。

スウィフトは一体どこにいるのか、それから、ここに俺をつれてきたのはなぜか…。

なぜ?…いや、むしろ、俺がどうしたいのかが問題なのじゃないか。

そのとき、俺は音楽を耳に感じた。

ギターだった。それから、歌。流れるような歌。

「 虹を忘れた鳥たちよ

  火の蜥蜴が緑青の鏡をしずかによこぎるとき

  はるかな地下都市で呪いの歌が

  ワタリガラスの黒に呪いの歌が … 」

か細くまっすぐに通る声だった。足を速めて行くと、最初はくらいシルエットとして、

堅く閉じられた扉の前の石段に座る人影が見えてきた。

俺が立ち止まると、彼は歌うのを止めた。白い傷のいくつもついたギターを持った

黒人の青年だった。

邪魔しちゃったかな…」

と俺は言った。

「いいや、気にするな」

彼はまじめくさってそう言い、俺は石段の手すりに体をもたせかけた。

「さっきの、あんたのオリジナル?」

「…だったかな。忘れたよ。」

青年の答えは曖昧で、だが、うそをついているとかごまかしているとか、そういう

響きではなかった。

「おまえ、変わってるな」

と、彼がギターの弦を、まるで愛撫するように一本一本鳴らしてみせながら言った。

「なんで?」

「ほかの誰も俺に話しかけないからさ。…一度もね。」

「…なんで?」

「さあな。」

沈黙があった。ギターの音の余韻の沈黙。俺は言った。

「あの、あんたはどこから来たの?」

青年は、目を上げて、不思議そうに俺を見つめた。

「どこから来たとか、そんなことは、どうでもいいことだと思わないか?」

「…もちろん、そう思うよ。」

「では、なぜ聞くんだ…」

彼は微笑した。「“思うて、思わないすべを教えたまえ”…」

俺はまたあの、とろけるような感覚におそわれ、青年が再び囚われたようにギター

弾き始めたので、会釈じみた動作をしてその場を離れた。

背中を歌が撫でる。

「 異国の少年は朝霧の化身

  時の上を駆ける風の精がかれをつれもどす

  残るも 残らないも

  水とネオンの光が かれを呼ぶことはもうない

  虹をわすれた鳥たちよ … 」

[]新世界シリーズ 新世界シリーズを含むブックマーク 新世界シリーズのブックマークコメント

ロジャー・ゼラズニイの「新世界シリーズ」を復刊投票してきた。

今、交渉中だということで、期待大。

コメントに「コーウィン(;´Д`)ハァハァ」と書こうかと思ったけどやめといたよ。

あ、あの、お前らもよければ投票してください。

↓↓↓

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=3691