ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

3日坊主のメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-16

[] Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!  Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!を含むブックマーク  Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!のブックマークコメント

今期開始第1弾。この展開は好みかもしれない。

原作未読。今まで中途半端にぬるい展開があって思い出すようにシリアス展開だったので、色々欲求不満なアニメだったけど第一話から一気にシリアスにならざるを得ない状況に叩き込んだのは悪くない。たまにギャグが入るくらいがちょうどいいんだよ。うん。もうちょっと戦闘シーンはガチでやばい感じにしてくれるとうれしいんだけど。

とはいえ、結局のところはロリ萌え7割の作品だからそこは期待してはいかんのかもなあ。

[] ラブライブ!サンシャイン!!  ラブライブ!サンシャイン!!を含むブックマーク  ラブライブ!サンシャイン!!のブックマークコメント

今期開始第2弾。どうあがいても二匹目のドジョウ。

おそらく無印の成功は、放送開始当初想定していた人気をはるかに超えていたのだろう。最初は1クールのつもりがあわてて2クールにして、その結果2クール目の品質はあまり良いものにはならなかった。ただキャラ人気がものすごかったので、劇場版を含めてお金を稼ぐことはできた。なので今度は最初から「ちゃんと儲かるコンテンツ」として、声優丸ごと差し替えて改めて作り直した「ラブライブ!改」というものだろうな、と思っている。

で、実際にそんな内容だった。キャラデザも背景の色合いもラブライブ!無印時代をそのまま引き継いでいるので、新鮮味という意味ではまったくといっていいほどない。で、それを意識してか無印よりもさらにエキセントリックはキャラを連続投入・・・これはさらにキャラ人気だけに搾って金を取ろうという戦略なのかもしれないなあ。

[] クオリディア・コード  クオリディア・コードを含むブックマーク  クオリディア・コードのブックマークコメント

今期開始第3弾。「境界線上のホライゾン」の廉価版(または劣化コピー)。

人気作家三人を担いで共同原作を売りにした本作・・・だけど、実際にアニメを見た感想としては、「意気込だけで息切れたか」という印象。動画作画とも、色々売りにしてる作品なのにかなり品質は低いといわざるを得ない。かつ、わざわざ作家を分けて三勢力を作ったのに、どれも数多あるラノベテンプレートキャラクターばかりで独自色が出ているわけでもない。そしてこれは本作にとってはもらい事故みたいなものだけども、まったく同じような作品ではるかに品質の高い「境界線上のホライゾン」が存在していたこと。

ということで企画的に面白いことになるかもなあ・・・と思っていたけど、どうも駄目っぽい。とりあえず数回見るけどそのまま切るかもしれない。

[] レガリア The Three Sacred Stars  レガリア The Three Sacred Starsを含むブックマーク  レガリア The Three Sacred Starsのブックマークコメント

今期開始第4弾。ロボット物のようで、実質超能力バトルか。

クオリディア・コードよりかは品質高そうだったけど、ロリ百合で超能力ロボ戦は想定外だった。そして残念ながら期待していた内容でもなかった。劇中曲OPはそんなに悪くないけどね・・・シンフォギア並みにぶっ飛んでくれるなら面白くなるかもしれないけども、たぶんそうはいかないだろうし、第一話の見せ方からしても「物語で驚かすのではなく、キャラで押すタイプのアニメ」であることも明白だし。(分かりきっているとはいえ、女王陛下ネタは最後でちゃんと驚かせてくれないと駄目でしょ・・・)

制作会社アクタスだからガルパンつながりで応援したいところではあるけども、現時点では何ともいえないなあ。

[] あまんちゅ!  あまんちゅ!を含むブックマーク  あまんちゅ!のブックマークコメント

今期開始第5弾。今期の癒し枠ではあるけども・・・

原作未読。もともとARIAの流れだし、佐藤順一監督ならこういう空気の作品は得意だろうからそういう意味では心配はしていない・・・んだけど、結局ARIA作風やら物語の構図とかが同じなんだよね・・・。ロングタイトスカートとかマスコット動物とかそのまんまだし。まあこういう世界感こそが原作者の作風なので当たり前なのだろうけども、やっぱり色々作品を見ていると「新鮮なもの」を見たいのが本当のところ。しかしまあ、顔のSDデフォルト率の高さはARIAよりずっと派手か・・・というかそういうレベルで間違い探しをやらんといかんのかw

見続けるとは思うけど、癒しというよりも「睡眠導入剤」になってしまうかもなあ。

[] ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン  ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンを含むブックマーク  ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンのブックマークコメント

今期開始第6弾。あれ、ミリタリー色強め?

軍服っぽい服と岸田教団OPで「Gateのフォロワー」の予想を立てつつも、タイトルの[ねじ巻き精霊戦記」の文字にかなり怪しい雰囲気を感じていた。けど、どうやらそれは良い意味で裏切られたのかもしれない。自衛隊夢想のようなことはないのだろうけど、空軍がまだ気球のみで「新兵器扱い」であれば、軍事レベルは第一次世界大戦直前くらいのと見る。理不尽な空の暴力がない分、純粋な地上戦が楽しめるのかもしれない。まあ第一話から「気球戦力が集団で動いて爆撃」はすでに実施されている感じだから、対抗戦力を開発するか、地上軍無双で進むのか。ここは脚本家のさじ加減か(Mark I相当の戦車は出るのかしらん)。塹壕戦がメインだとさほど盛り上がりはなさそうだけど、その辺はどうなのかな。

ともあれ、はずれが多い今期においては少し期待は出来そうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160716

2016-07-11

[] 参院選終了。  参院選終了。を含むブックマーク  参院選終了。のブックマークコメント

山田太郎候補29万票で比例落選。

まあ新党改革の集票力を考えると落選は仕方がないとは言える(当選して欲しかったけど)。とはいえ、「表現規制反対」を前面に押し出して、比例得票数でトップクラスの29万票をかき集めたというのは、昭和以降の日本憲政では極めて珍しい・・・というより初めてのこと。このことは十分価値がある。

で最初に皆さんに伝えることは「このことは忘れないでほしい。ときどき思い出して欲しい」こと。それだけ。

  • なぜ山田太郎候補がここまで票を集められたのか

ニコ生議員自身が言っていたとおり「ここまで集まるとは思わなかった」につきる。勿論、これすべてが「表現規制反対」票ではないことは事実。彼自身、「スギ花粉対策(杉から広葉樹への植え替え推進)」「児童擁護政策」「障碍児政策」「中小企業振興策」にも多く携わっていて、そちらからの支援があったのも事実。

しかし何より、飽きっぽく移り気なオタクたちを含めてこの票数を集められたのは、何よりも参議院議員としての明確な実績によるといえる。いわゆる「反対だけ叫んで何も成果を残せない野党」ではなく、確実に成果を挙げるために、時として名を捨て実を取る作戦で「法案を無力化」するなど目に見える成果を残していたことこそが、応援する大きな理由になった。(いわゆる”戦争法案”反対派にとって「転向した議員」と取られていたらしいが、私に言わせれば「あえて賛成するが、その代わり強力な付帯決議をねじ込むことで実質無力化した」からこそ、本当の意味で反対の立場で抑止を入れることが出来た。むしろ反対しか言わずに何もやらなかった野党こそが「利敵行為」に奔走したようにしか見えない)。

  • 他の党からの比例ならば当選

数の上から言えば確かにその通り。しかしこの参院選で言えばそれは無理だったろう。ニコ生での発言を聞く限りでは、どやら色々な政党から声はかけてもらっていたらしい。しかしその条件として「彼の政治信条を捨てる」(まあ間違いなく「表現規制反対」の看板を下ろすことだろう)ことを要請しているところばかりだったようで、当然山田議員はそれを拒否。最終的に新党改革の代表が拾ってくれた、というのが真実のようだ。故に「他の政党なら」という仮定はもともと成り立っていない。政治信条を変えても、この29万票は山田議員に投票するかといえば、ほとんどが否であろうし。ただ、今回の件で(たとえ個人に付いた票とはいえ)やり方しだいで「表現規制反対は全国で29万票の票田となりうる」ことが証明されたわけなので、次回以降(があれば)それを武器に強く出ることもできるはずだ。

  • 29万票の使い方

山田太郎議員参院議員の任期は7/25まで。それ以降は一般人になる。一応ニコ生「さんちゃんねる」も7/20最終回とするようだ。当初は政界から足を洗う予定だったらしいが、今回の得票を見て身の振り方を改めて考えるという。まあそれでもしばらくは休憩でしょうが

で、一番の問題は山田太郎議員に投票した我々だ。国会議員あくま国民の声を反映した存在だ。故に「山田太郎がやめるなら表現規制反対は終わり」ではなく、「今後も彼やその他の表現規制反対派を応援する」という声をつなぐことが我々の使命になる。そして、次の選挙までにそれをつないで成果にする。他人任せでは駄目なわけで、そこを勘違いしてはいけない。条例時代もそうだったが、個人の議員に任せるのではなく、そのような動きをしてくれる議員さんを底まで応援できるのかが本当の意味での「表現規制反対」の戦い。それこそ、議員をスピーカー代わりにして、私たちの意見や意思を伝えてもらう、それが大事。でもその動き方は結構ストレスと手間がかかる。だから、その第一歩が「忘れないでおく」ということ。それだけでも全然違う。少なくとも都条例以降に自分なりに動いていた経験からそう思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160711

2016-07-10

[] 参院選  参院選を含むブックマーク  参院選のブックマークコメント

できるだけ「富裕層と組織票」以外の民意を反映させたい場合、投票率を上げるしか手はないので、投票所に足を運ぼう。

★全国比例選挙の投票方法★

勘違いしがちですが、比例区「個人名」でも投票できます。参院選は「名簿に順番がない」ので、党名だと党側が任意で選びますが、個人名なら得票数が最優先されるというシステムになっています。なので、比例区で個人を応援したいなら「名前を書く」しかありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160710

2016-07-08

[]メカクシティアクターズ メカクシティアクターズを含むブックマーク メカクシティアクターズのブックマークコメント

「メカクシティアクターズ」公式サイト

過去作消化。ここまで純度の高い厨二病も珍しい。

原作?未読。普通どんな作品でも現実的な常識や世界にある程度はリンクしているものなんだが、この作品はそれを徹底的に排除している。いや、正確に言えば「リンクさせるべき世界そのものを知らない」といったほうが正しいのかもしれない。とにかく衒学的な話「だけ」で、キャラクターの万能感とエヴァ以降の世界に対する倦怠感を、一人の脳内の世界だけで成立させている、そんな感じがする作品。それゆえに、物語自体には正直殆ど感想らしきものはない。非現実感と自身の万能感だけで作られた夢物語なんて、事実上中身なんて空っぽも同然だからだ。

おそらくシャフト制作というのも、新房監督のエキセントリックな映像演出が欲しかっただけであり、監督自身の技量を求めてのことではなかったのではないだろうか。それゆえに「総監督」であり「監督」は別の方がやっていたと感じる。

まあ自分がオタクになった頃、それこそ厨二病どころかオタクの言葉もないはるか昔の自分であれば、もしかしたらそういうのを抜きに嵌っていたかもしれないけれども。流石にいい年した中年オタクが疑問もなく遊べる世界ではないだろうな。

[] 風雲維新ダイ☆ショーグン  風雲維新ダイ☆ショーグンを含むブックマーク  風雲維新ダイ☆ショーグンのブックマークコメント

アニメ「風雲維新ダイショーグン」公式サイト

過去作消化。エロギャグアニメなのに案外と見れた。

無駄に映像品質が高いなあというのが第一印象だったが、意外とキャラクターの機微も描かれていて(まあ童貞ベースにした好いた腫れたばかりだけど)当初の想定よりはマシだった。CGもゴリゴリ動いて現在の視点から見ても問題も見えず、意外に力が入っていたんだなあと。だけどエンディングからは二期の方向性も提示されていたけどまったく音沙汰がないということは、思うほどメディアが売れなかったんだろうなあ。まあ積極的にこれを購入する理由がないというのも弱点だったかもしれないけども。

[]げんしけん 20(二代目の十一) げんしけん 20(二代目の十一)を含むブックマーク げんしけん 20(二代目の十一)のブックマークコメント

今度こそ斑目ハーレム決着か・・・と思いきやこのつなぎ。というか、まさか一冊丸ごと斑目ハーレムデート編で固まっているとは思わなかった。これ本誌で読んでいたらイライラしたろうなあ。・・・まあこれまでの展開からすれば次の巻でも結局誰か一人を選べなかった、という落ちが待っている気がするけども。おそらく斑目ハーレムと波戸くんの問題が解決したら、今度こそげんしけんという物語に幕が下りるだろうし。

そして個人的予想。波戸くんは矢島さんと、斑目はスーがええんじゃないのかな、と。バランスバランス。

[] バーナード嬢曰く。  バーナード嬢曰く。を含むブックマーク  バーナード嬢曰く。のブックマークコメント

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)

ずいぶん前から気にはなっていたけど機会に恵まれなかった本。ボーナスという名の寸志が出た直後に本屋に行ったら目に入ってきたのでとりあえずそのまま購入。絵柄はいわゆるヘタウマ系だけど、ねたの入れ方があるあるでそういう意味で面白いと感じる。まあそういっている自分も、ここで記載されている多くの本は未読なんだけどね・・・。作中のキャラが言うように「いつか読む本」リストに留まっている常態か(幸いに、まだ「どうでもいい本」枠には移っていないけど)。でもまあ、おかげさまで「うん、今度こそ読まなくては」という気持ちにさせられただけでも買った価値はあったかもしれない。調べると第2巻もあるようなので、また機会があったら買ってみるか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160708

2016-07-02

[] 期日前投票に行ってきた  期日前投票に行ってきたを含むブックマーク  期日前投票に行ってきたのブックマークコメント

7/10は大洗に行きたいことと、珍しく早々に投票したい候補が決まったこともあり、期日前投票に。正直ガラガラの会場を想像していたんだが、役所スタッフがごっそりいるし、選挙民もひっきりなしに訪れていたりとずいぶんイメージと違っていた。会場の中はいつもの投票所なので特に混乱もなくあっさり終了。

比例区は「山田太郎でもちろん投票。山田太郎候補の名前が探しにくいというコメントをネットで見たことがあったけど、比例区新党改革候補者指名の一番最後に書いてあるのをあっさり発見。端っこに書いてあるのでむしろ見つけやすいかもしれない。

参議院議員 山田太郎

表現の自由を守る党

[] しまむらに行ってきた  しまむらに行ってきたを含むブックマーク  しまむらに行ってきたのブックマークコメント

投票後に、しまむら+セガガルパンコラボを思い出す。自宅の近所にはしまむらがないのでスルーしていたが、期日前投票所が自宅からは離れていたこともあって改めて検索をかけると、歩いて20-30分のところにテンポがあることを確認。歩いて行ってみた。

まあ、お目当てのは影も形もなかったんだけど、商品の品質とお値段を見て「これ、ユニクロ行くよりこっちの方が良いんじゃ…」と。そりゃまあ、いくらしまむらとはいえ、結構よさげな品質と思った服はお値段も他より高いわけだけど、でもユニクロで同じ品質の服の値段を考えるとやっぱり安い。逆に同一デザイン大量生産のユニクロと比較すると、安定在庫という点では弱いかな。この二つが隣通しに並んでいたら、買う方としてはその時々によって行く店を変えられるから便利だろうけどなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160702