3日坊主のメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-07-05

アイマスLiveビューイング、チケット取れた。

[] 戦姫絶唱シンフォギアGX  戦姫絶唱シンフォギアGXを含むブックマーク  戦姫絶唱シンフォギアGXのブックマークコメント

TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」公式サイト

今期開始第二弾。ちょっと雰囲気変わった?

第一期、二期とも視聴済みで大ファン。とりあえず第一話の感想は「さらに予算が増えてる!」「相変わらず第一話コンサートシーンの力の入れ具合すげえ」「モブに厳しいシンフォギア」「・・・あれ、開幕絶唱顔は?」だったり。特に第一期「主人公死亡?」、第二期「絶唱即死」という死の匂いがぷんぷん立ったのに比べると、この第一話はインパクトが弱い。だってねえ・・・ビッキーがあの程度の攻撃でやられる、と思っている視聴者(というか適合者)はほとんどゼロでしょ?そう考えると初めて「平和(いや、バトルしまくってるけど)な第一話」になった感じ。

あと気になるのは、今まで歌と聖遺物をめぐる絶唱バトルだったのが、魔法少女バトルに移行するような雰囲気があることと、サービスショットは多いけど、過去二作よりも第一話の盛り上がり方が少し足りないこと。いや、まあ相変わらずのぶっ飛び具合ではあるわけで見慣れてしまっているせいもあるかもしれないけども。とはいえ、ここのスタッフはまだ信じられる。いい意味で裏切ってほしい。

というかですね、さらにキャラを三人増やしてどーすんのよ(苦笑)。一応この三人は歌う雰囲気はまだないけど、これこのままコンサートやるとしたらどうなるのよ・・・というかやるんだよね?またチケット大戦争なんだよね?

[]うしおととら うしおととらを含むブックマーク うしおととらのブックマークコメント

TVアニメ「うしおととら」公式サイト

今期開始第三弾。ちゃんと絵作りしてるなあ。

原作未読だけど作品は知ってる。少年漫画系は子供の頃からあまり読んでこなかった(読める環境ではなかった)ので、自分にとってはジョジョと同じく「知ってるけどしらない名作」のひとつ。なぜこの時代アニメ化することになったのか・・・ということを考え始めると業界の闇のようなものまで行きそうなので考えないようにする*1

OPが筋肉少女隊というのはちょっと驚いたけど、原作者の傾向である大バトルもので行くならこの選択肢も悪くない。絵作りはいまどき太い線で一枚絵でもしっかり見れるように作るのは久しぶりではあるが新鮮。いかにも少年漫画という感じであるのも悪くない。楽しみにしたい。

[] WORKING!!!  WORKING!!!を含むブックマーク  WORKING!!!のブックマークコメント

TVアニメーション「WORKING!!!」

今期開始第四弾。うむ、変わってない。

原作未読、アニメは視聴済み。前回で小鳥遊と伊波の件に(一応)決着ついたし、男性恐怖症も低減してきた感じだったから続きがあるとは思わなかった。まあいわゆる日常系作品だから続けようと思えばずっと続けられるのだろうけど。本作については「変わらぬ日常」を期待してみることになるのでまあいいんですけどね。

*1:昨今の原作焼畑農法に限界線があからさまに見えてきて、売り上げもやばいので、「ちょうど漫画で育った大人たちにとって人気があった過去作で、アニメ化されてないものを作ればいいんじゃね?とか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20150705

2015-07-04

今更アイマス10周年ライブ、見たくなってきた。ライブビューイング申し込んでみるかなあ。

[]GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりを含むブックマーク GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりのブックマークコメント

TVアニメ『 GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 』公式サイト

今期開始第一弾。なるほど、こういう方針でいくわけね。

原作既読。本編は外伝を抜きにしてもずいぶん長いので、この1クールでどこまでやるつもりなのか(というより最後までやるつもりがあるのか)怪しいところなので、ひとまず1クール(あるいは2クール目の作業も見切りでやってるかもしれんけど)放送して様子を見るってところだろうか。第一話を見る限り、本編準拠というよりは本編の流れを維持しつつも「隙間を埋める」感じで作っていく方針と見た。まあ…笹尾さんの漫画をそのままアニメには出来んだろうし(あっちは戦闘や殺戮描写が凄いからな)、テレビ表現規制(殺人関係とか)とかもあるだろうから、物語を深堀りする方向は間違ってない。この後の展開(ある種のカタルシス)を見せるなら、新橋攻防戦の描写はもっと悲惨にしたほうが良かった気もするけど…。人死描写どころか、「民間人が大勢死んだ」というイメージが献花台程度しかないので、状況の割には大した損害や被害は出ていない印象が残ってしまったので。

ミリタリー描写は良く出来てた。スタッフ見たら鈴木貴昭・金子賢一ら専門の定番メンバーがいるし、銃器/兵器作画担当を置いているのでちゃんとその辺りもやりますよ、という覚悟が見て取れる。何より大好きな74式が大挙して描写されているのは嬉しかった。あのコロコロしたデザインがカワイイんだよねえ…いや、今回は明らかに「殺るぜ殺るぜ、俺は殺るぜ」状態でしたが。キャラデザは…正直言うと笹尾さんの絵のほうが好みだった。特地組の絵がちょいとロリすぎるでしょー。ロウリィ猊下のゴスロリスカートがミニになったのは「ロングフリルスカートだと動画担当が死ぬから」なんだろうけど。あの格好で戦うしな。

ところで公式HP見に行ったら鯖が落ちている感じ。ぶっちゃけ、鯖が落ちるほどの人気になるとは思えないので自衛隊嫌いな人や団体系からアタックでも食らってんじゃないのだろうか。

[] Twitterにて人気イラストレイター同人作家垢BANがあったらしい  Twitterにて人気イラストレイターや同人作家の垢BANがあったらしいを含むブックマーク  Twitterにて人気イラストレイターや同人作家の垢BANがあったらしいのブックマークコメント

この件で「表現規制」に興味をもった若い人がいたら、まずはその意識を持ち続けて欲しい。選挙権が18歳まで下がった意味も合わせて。

twitterのTL眺めていたら「大槍さんのtwitterアカウントがBANされたらしい」「他にも一斉にだめになった同人作家もいるらしい」とあって調べてみたら確かにその通り(大槍さんのブログ)だった。ちょっと前には「児童ポルノやそれを助長するような垢は警告なしに削除するという方針がtwitter社に出来た」というTLもあったので、その影響だろうなと思う。

とはいえtwitter社自身が地道にそれを見て確認するはずがないので、規制派団体が一斉に通報して潰したというのが正しいのだろう。twitter社の方針には2014年に「Twitter Help Center | Child sexual exploitation policy」が掲載されているので、原因としては個々が一番近いのだけど、ねとらぼの記事( Twitterで一体何が……? 一部の美少女イラスト作家が続々とアカウント凍結へ 人気作家やアダルトゲームメーカーも - ねとらぼ)を見る限り、twitter上での投稿だけで見ると「必ずしもロリエロ二次元の投稿がひどい」という基準ではないみたいだし、twitter社もコメントを拒否しているようなので、やはり規制団体による「一斉告発」が原因として見るのが妥当なのだろう。

ここまでの対応をしている以上、おそらく焼かれたアカウントの復旧は無いと思う。一企業がそう判断した以上、かつてのamazonでの成人向け雑誌の掲載拒否のときと同じくどうしようもない。都条例より以前から表現規制がらみで動いている作家・編集の鳥山仁さんもつぶやいているけど、

でもあったりする。だからといって諦めたらそこで終わりなんだけど。表現規制の戦いは「めったに勝ちが拾えない超長期戦」だし。

とはいえtwitter社の方針を読んで分かるけど、やっぱり「児童ポルノ」という単語はどうにかしないといけないと感じる。あまりに曖昧すぎて「都合の良い武器」にしかなっていない。実際問題、国によってこの言葉の定義は異なるし、規制派がいう「二次元でも犯罪が増える!」というなら、ガチガチに規制されている欧米各国と虹エロあふれている日本の「児童虐待犯罪」の発生件数の差はどう説明するのか…。まあこれもはるか前から言っているけど規制側は「都合の悪いことは微塵も聞こえない」上に、政治家にもそう説いているので厄介極まりない。個人的には、規制推進側は「児童を救いたいのではなく、自分が見たくないものを児童を餌にして潰したいだけ」と思っているのだけど。本当に児童虐待犯罪から救っている人は、「そんな仮想世界をネタにして政治で遊んでいる暇があったら、ちょっとはこっち来て手伝えよ」「児童虐待犯罪の多くは、家族によるものという現実を知っているのかしらん」という方が多かったし。その活動も極めて地味だったし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20150704

2015-07-01

夕方から急にのどの調子がおかしくなり全身に倦怠感が走る。ただでさえ首がやばいってのに・・・。

[]てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルンシャルムと遊ぼう! てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルンシャルムと遊ぼう!を含むブックマーク てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルンシャルムと遊ぼう!のブックマークコメント

てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう|日本テレビ

今期終了第3弾。失速?

まあいつものノリのいつもの内容だったけど、ラスト二回の息切れ感はなんだったんだろうか。スタッフ間の認識の相違で途中で監督が降板?交代?したとか色々場外の話もうわさで流れていたけどその影響だったんだろうか。でもまあ、そこまでは「まあいつものてさぐれ!だよなあ」という感じでほとんどラジオノリで楽しませてもらった。特にすみぺのキャラ(+BGM)がなんか意味もなくツボにはまってしまった。あと「ロケ」なあ(笑)。事前録画に3Dキャラをつけていくなら、こういう方法論もあるのか、という新しいものを見ることができた。それだけでも価値はあったかもしれない。

同じノリで4期があってもいいとは思うけど、さすがにここまでgdgdになってしまうと今回で打ち止めかな。

[] 響け!ユーフォニアム  響け!ユーフォニアムを含むブックマーク  響け!ユーフォニアムのブックマークコメント

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト

今期終了第4弾。京アニさん、第二期決定のCMを忘れてますよ。

原作未読。この作品については京都アニメーションの今の演出技術を惜しげもなくつぎ込んですばらしい絵作りとかキャラを見せてもらったのは最高だった・・・けど、かつて小中高とブラバン漬けだった自分にとっては、作品を見ながら買う手の自分を追加意見させてもらっているかのような作品だった(大会の成績は最高で県大会どまりだったけどさ!)。だからなんというか、作品やキャラを語るよりも先に、まず自分のブラバン活動のことを思い出し、それをこの作品に当てはめようとしてしまうので、なんというか・・・素直に作品を語れない(苦笑)。もちろん、そう思わせるだけの品質を保っているこそだからだけど。

もちろん、アニメーションの出来としてもすばらしい。これだけソリッドな輪郭を重視した絵作りをしているのに、だからといって作品全体に硬質感が漂っているかといえば差にあらず。むしろそれがスパイスとなってキャラたちの関係や行動が浮き上がって見えてくる。その映像がまた美しいのなんの。

にしても・・・グランドフィナーレで流れたOP吹奏楽アレンジ。譜面が発売されたら来年当たりあちこちの中学か高校吹奏楽部演奏されそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20150701

2015-06-28

色々考えてしまう一日。

[][] ストライクウィッチーズ OVA 大感謝祭 みんなの笑顔でデキたこと!  ストライクウィッチーズ OVA 大感謝祭 みんなの笑顔でデキたこと!を含むブックマーク  ストライクウィッチーズ OVA 大感謝祭 みんなの笑顔でデキたこと!のブックマークコメント

ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow

開催に気がついた頃にはすでに一般販売が始まっていたのでダメもとで申し込んでみたらあっさりと取れた。その時点で多少疑問がわいていたんだけど、実際に会場に入っていると「ストライクウィッチーズ」というコンテンツの将来について少し不安が出てきた。いや、イベント自体は楽しかったよ。まあほとんどコンサートで終わってたけど。

通常アニメゲームのこの手のイベントは「宣伝活動」だ。今後の展開のために人を集めて「これからこういうことするからよろしくね!グッズも買ってね!」というものだ。しかしストライクウィッチーズの「みんデキ」系はほとんど将来の展開についてコメントしない。今回も「生演奏でのライブコンサート」というとても楽しいものではあったんだけど、秋ごろから始まるであろうTV新作の件については「一切の告知がない」という異常事態。OVA第三弾のラストでも宣伝していたんだから普通に出てもいいと思うんだけど・・・と思ったんだけど、会場の様子を見て少し考えは変わった。

というのも、会場で声優が「第一部に参加した人〜」と確認したときに、自分の視界内の実に6〜7割が手を上げたためだ。普通に考えれば「熱心なファンだなあ」ですむんだけど、冷静に考えれば「これだけ多くの人が第一部・第二部ともにチケットが取れた」ということなので、ひっくり返せば「それだけコアな人しか残っていない」という事実が現れている。これだけ息の長いコンテンツを生き残らせるためには、ある程度のファンの新陳代謝も必要になる。でないとただの先細りになって、作品に予算もつかなくなるからだ。ゆえにマルチ展開をすることでファンの裾野を広げてコンテンツの寿命を延ばしていく。確かにこの手のイベントはかなりコアな人でないと訪れることは少ない・・・少ないのだが、ここまでコア層に頼っていることが如実になるってことは、そのファンが離れるとコンテンツが一瞬で死ぬことも明白だ。

つまり・・・ストライクウィッチーズにとって「みんデキ」はファン決起集会であると同時に、メーカー側にとっても「現在の作品のファン層がどの程度かを確認して、今後展開を続けるべきか否かの判断材料」にする場であるということだ。将来どうなるかを見るために現状を探る目的ならば、わざわざ今後の展開を発表する必要もない(そんなコンテンツを作る予算をかける必要もない)。

それを前提にして改めて「第一部・第二部に参加した人の多くが同じ人」という状況ということは・・・正直ストライクウィッチーズというコンテンツにとってはあまりよくない傾向なのかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20150628

2015-06-27

いろいろどたばた。

[] TORQUE G02予約  TORQUE G02予約を含むブックマーク  TORQUE G02予約のブックマークコメント

TORQUE G02 | 京セラ

G01のときは通信技術に確信がなかったので「この機能のままでいいからCAとか対応してくれればなー」と思っていたら、まさにそのものが出てきたので機種変決定。これで自分の長きに渡るau G'zone歴史に終止符が打たれることになる。まあ、コンセプトはほとんど同じどころかG'z系のスタッフが混じっているんじゃないかとまでうわさされているから、異母兄弟って感じかも知れんけど。

予約のときに「うちの店ではお客様が一人目です」とか言われて、やっぱマニア向け機体だねえと納得。店員さんもまったく同じ感想で「でも、そうなので入荷次第にすぐ連絡できますよ」とお墨付きを。まあ、これはこれでよしとしよう。

ついでにスマートバリューについて確認し、今のままではダメだけど一部契約を変更すればいけることも確認。その足でJ:COMショップに行って手続きまで完了。付け替え手数料は実質無料で、かつ月額が少し安くなるしでこちらも良しとしよう。まあ・・・電話回線テレビアンテナから持っていくという説明を聞いて「・・・うち、すでに分配器がいっぱいなんだが・・・」とか思ったが、まあそのときはそのときだ。

[]境界線上のホライゾンVIII(中) 境界線上のホライゾンVIII(中)を含むブックマーク 境界線上のホライゾンVIII(中)のブックマークコメント

ようやく聖譜記述自体に疑問が行くようになったか。この物語始まって以来、ずっと根幹であるこのシステム自体に疑問を持っていたので、ようやくそのことに言及してくれたかと、個人的に今まで胸の中に残っていたもやもやがかなり晴れた気分だ。そして夏コミ・・・じゃない、全国絶倫漫画交流会の描写がそっくりすぎて楽しすぎる。まあこれは作者本人も毎回参加しているし手馴れたもんやね。

にしても、子作りの話とか本能寺の変への具体的な話とかいろいろ出てきて、本当に物語が終盤なんだなあと実感。IXで終わることはないだろうけど、ちょうどXで閉幕してしまう気がする。それは楽しみでもあり、さびしくもあり。・・・でもそこが確定したらアニメ第三期以降も動き始めてくれるのかなあ、サンライズさん。

[]リボンの武者(2) リボンの武者(2)を含むブックマーク リボンの武者(2)のブックマークコメント

野上さん、ノッているなあ(笑)。しかも想像以上にオフィシャルキャラクターを放り込んでくるわ*1、弱小高校も地味に入れてくるわ(アウンさんって、アウン・サンだよねえ)楽しい楽しい。やっぱりスピンオフ作品であれば、本編をなぞるんじゃなくて、その舞台を使って別の楽しみを作ってくれたほうが世界が広がって楽しいよねえ。ストライクウィッチーズ並みにいろいろ広がってくれるとうれしい。

*1:最後のアレは本気で驚いた・・・もっとも、あそこ軽戦車なんかおらんぞ?・・・あ、はっきゅ(Bang!)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20150627