ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

3日坊主のメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-20

[] Windows10アップデートしてみた(Bootcamp編)  Windows10にアップデートしてみた(Bootcamp編)を含むブックマーク  Windows10にアップデートしてみた(Bootcamp編)のブックマークコメント

ネットでも会社でも「Win10に勝手にアップデートされた!」「起動しなくなった」「よく使うソフトハードデバイスドライバを丁寧に壊しやがった」などなど話題になり、無償アップデートも残り1ヶ月程度となった。ので、まあ一度流行ってみるかと、家にあるPCのうちMacBookAirでBootcamp動作しているWindows7アップデートを試みてみた。

結論から言うと失敗。理由は「自分のMacBook Airが古すぎて、Win10アップデートに対応してなかった」から。

状況的にはシンプルで、普通にWin10アップデートDLしてアップデート開始。途中までは上手く進めていたのだけど、窓アイコンが出てしばらくすると、その画面がフェードアウトして終了。何回か強制起動したり、そこで表示された画面(従来のブルースクリーンに該当・・・するのだろう)で修復を試みてみたがだめ。幸い、何回かもがいていると勝手にWin7に戻してくれてアップデートプログラムも削除されていた。

念のためMacOS側を起動してみたが、こちらは何の問題ない。くっつけている外部デバイスマウスだけなので外す機材もなく、せいぜいWinOS側でDaemon ToolDVD再生ソフトについていた仮想ドライブマウントを一回全部はしてみたけどこちらも駄目。で、断念。ドライバの問題かなあ・・・とGoogleからAppleサイトに飛んで色々調べて、そこでようやく分かったのが、「俺のMac古すぎた」だった(苦笑)。いやー、それじゃあ仕方ないねえ。

無駄な時間をすごしてしまったが、まあ色々見えたこともあるのでよしとしよう。あとは俺のメインマシンアップデートするかどうか・・・だな。こちらはソフト的にもハード的にも仕込みすぎているので、どう考えてもきれいにいくはずがないわけで。うーむ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160520

2016-05-19

[] ラブライブ!(2クール)  ラブライブ!(2クール)を含むブックマーク  ラブライブ!(2クール)のブックマークコメント

過去作消化。焦点がぼけたかな。

第一期視聴済み。第一期の頃の少し3Dモーションがぎこちなかったのも取れ、普通の女子高生アイドルアニメになった。ただ廃校という目標があった第一期と比較すると、第二期を推進する物語としてのモチベーションが不足していたのはあちこちに見て取れた。幸いにキャラ人気があったから、物語的な問題点はファン層からすればあまり問題にはなっていなかったのだろう(だからこそ劇場版とか作れたのだろうし)。とはいえ、「ラブライブに出た!勝った」というのは規定路線であることは容易に想像がついていたので、キャラ人気とは違う面で物語を展開して欲しかったというのは事実だ。

この作品の意義としては、「サンライズアイドルアニメを作った」「(当時)アイマスに続いて3Dモーションでアイドルを動かすアニメが出来た」「アニメ前からの下地もあってか、とても人気が出た」というところだろうか。

結局のところ、通しで見たときに自分にとっての推しキャラは作れなかった。個別にいいなあと思える子はいるけども、この子が一番、と思えるところまでは誰も行き着かなかった(あえて言えばみんな可愛い・・・くらいか)。

[] 僕らはみんな河合荘  僕らはみんな河合荘を含むブックマーク  僕らはみんな河合荘のブックマークコメント

過去作消化。当初思い描いていたより良かった。

原作既読。最初はこのびいどろ細工のような硬質な絵作りにはかなり疑問を持っていたんだけど、物語を進めるにつれて、ヒロインの律っちゃんの「いつか壊れそうなはかなさ」「強気だけど繊細」という雰囲気を前面に押し出した絵であると理解できて、後半はむしろとても雰囲気にあっていると思うようになった。まあでも、律っちゃんはいいよねえ。主人公君にはぜひ頑張ってもらって最後はくっついて欲しいもんだ(原作で)。道を歩きながら読書は、かつての「読子・リードマン」を髣髴とさせるけど、実際街中ではああいうことできないからねえ(といいつつ、歩きスマホは普通にやっている人が居るわけで)。実はずいぶん昔にためしに一回やったことがあるけど、あっという間に本の世界に没頭しすぎて、「これは危険すぎる」とそれきりやめた(苦笑)。歩きスマホの大半は、SNSソシャゲで、あくまで片手間でできるからこそなんだろうけど、本はそうはいかいからねえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160519

2016-05-08

[] ゴールデンウィーク2016、終了  ゴールデンウィーク2016、終了を含むブックマーク  ゴールデンウィーク2016、終了のブックマークコメント

ここ10年以上なかった大連休だったけど、なんかあっさりと終わってしまった…。前半はあちこち行って回ったけど、後半は軍資金の問題から主に引きこもり生活に集中。やりたいことの…6割は実現できた感じだけど、当初頭のなかで考えていた予定からすると全然物足りない感じもする。あと一週間、同じ生活を続けたいなあ…とか思ってしまう自分がやばい。

[] 艦これ〜春イベ  艦これ〜春イベを含むブックマーク  艦これ〜春イベのブックマークコメント

E-2乙攻略中。ラストダンスまでは届いたけど、ボスを潰す方策が見つからない。あまりここで戦力をつぎ込みたくはないけども、あまりにパンチが足りない場合は戦艦を持っていくしか無いかなあ。集積地姫、一回だけ軽巡ワンパンでゲージの4.5割を持って行ったことがあって「これは楽かも!」(by秋津洲)とか感じたこともあったけど、気のせいだったらしい。なんとかE-2を突破してGWを終わりにしたい。

しかし5/30までとはいえ、今の私の生活パターンだと平日はほとんどプレイができない。通勤中にリモートPCで、とも思ったけど通信状態が良くなくしょっちゅう切れてしまうので、遠征はともかくイベント消化は危険すぎて無理。困ったもんだ。

[] Wargaming Japan  Wargaming Japanを含むブックマーク  Wargaming Japanのブックマークコメント

このGWは、"World of Tanks"と"World of Warships"をかなり集中してプレイした。共に期間限定のイベントがあるのが理由だけど、正直うまいとはとても言えない実力なので、現時点でも達成はかなり困難。

WoWSはアルペジオコラボ。基本的に地道にプレイしていけばゲットできるたぐいのものなのだけど、とにかくそのハードルが高すぎてとても届かない。なんとか「500回当てる」はクリアしたものの、ここで手に入った艦長は「アルペジオ艦にしか載せられない」と知り、じゃあその艦の入手方法はといえば次のハードルリボン2000個」。最初は余裕かなと思ったけど、実際にプレイし始めると全然たまらない。これが5/9までのキャンペーンなので、今のペースではどう考えても無理…ということで断念。

WoTは「久々復帰」キャンペーンみたいなもので「和製Tiger」をゲットできるチャンス…なんだけど、戦闘ごとに上位5位以内に入らなくてはいけなくて、それを30回達成というもので、こちらもかなり難しい。元々Tigerを使うようなステージだと虎の装甲をあっさり貫く(あるいは和製Tigerが紙装甲?)敵ばかりで、果敢に攻めれば瞬殺、遠距離射撃だとダメージは入るけど撃破は他の方、というパターンが続く。ただWoWSをしばらくプレイし続けた影響なのか、戦車の立ち振舞方が以前より良くなっている気がする。こっちは今月いっぱいまでなので、なんとか頑張りたいけども。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160508

2016-05-07

[] 艦これ〜春イベ  艦これ〜春イベを含むブックマーク  艦これ〜春イベのブックマークコメント

3日ほど前からぼちぼちスタート。ひとまずE-1くらいは甲で行くべと進め、あとワンパンでクリアの段階で、ボス前マスの門番に何度も殴り倒されて撤退を繰り返し中。すでにバケツは50、資材も5000近く溶けている状態。E-1の消費量ではないわな…。

もともと戦力層は厚くないので、後に備えてどうしても二線級で序盤を戦わざるをえないのは致し方ないけど、そこで大破を二隻以上発生して、司令部施設でもカバーできずに終了というパターンがハマりすぎて困惑。支援艦隊もほぼ全力で、気分は最終面である。アイオアどころか神風すらどうだろうか、という流れ。GW中にE-4には到達するつもりだったんだがなあ。

(追記)なんとか突破。レベルが低いためか、キラ付けしたら突破できた。とりあえず、E-2に行く前に少し資材を補給しよう。

[]ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!〜 ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!〜を含むブックマーク ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!〜のブックマークコメント

ゴシックは魔法乙女?さっさと契約しなさい!?

おそらく、ここ数ヶ月で一番プレイしているスマホゲー。10代の頃からヘタレシューターだったけど、「やっぱ俺って2D STG好きなんだなあ」と再認識させてくれた一本。同時に、「スマホスペックをきっちりと求められる」という根本的なハードルの高さが過大であることも気がつく。はるか昔、PCゲー全盛期の頃に「OSは対応してるけど、PCスペックが不足していて楽しめないorそもそもプレイできる状態にない」という状況が平成スマホで再現されているのか、と遠い目になったりして。

正直プレイするまでは「スマホシューティング?とても期待できるような内容ではないだろうなあ…ただCave&池田氏なので少しだけやってみるか…なにこの必要容量は…」だったんだが、見た目と裏腹にお手軽ガチ2Dシューティングだったので、個人的お祭り状態になった。

個人的稼ぎ方メモ

1. とにかくコンボをつなぐことを再優先。敵の切れ目でコンボが切れる面があるなら、色違いでもいいから「自動コンボ繋ぎ」技能を持つ乙女をサブに入れることを再優先にするレベル。

2. 当然だけど「当たらないこと」。これは死ぬから…ではなく、コンボが強制的に0になってしまうため。

3. 見敵必殺早回しが基本。とにかく画面の上半分にいて、どんどん潰してコンボを稼いでスターをかき集める。

3-1. ただしこれによって「総量としてのスター排出量」が減ることもあるので、ある程度点数稼ぎの上限が見えた面については、適切な稼ぎポイントを見定めて、あえて「スターの稼ぎプレイ」を狙う。

3-2. スターを大量に算出するなら「サンダー系」が有効?

3-3. あくまスター稼ぎは「普通のプレイでは上限が見えてしまった」場合のみ。実力不足でこれをやってしまうと、たいていろくな事にはならない。

余談だけど、カトレアお気に入り

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160507

2016-05-03

[]ばくおん! ばくおん!を含むブックマーク ばくおん!のブックマークコメント

今期開始第10弾。もうちょっと真面目な作品と思ってた。

原作未読。国内バイク関連メーカーが総掛かりで後援していると聴いてたので、ここまでギャグ寄りとは考えもしなかった。というか、こういう作品でも後援しておかないと宣伝すら苦しい状況と読み替えたほうが正しいのだろうなあ。正直、バイクに関してはミーハーを更に薄めた程度の知識しかないし、バイク漫画も詳しいわけではないので、おそらく作中に散りばめられているネタの多くを救い取れていないのは個人的には残念。でもまあ「スズキ乗りが変態」「スズキはなぜかディスられる」というのはなぜか知っていた(苦笑)。音は実車から録音したということで、聞いていてとても耳心地はいい。その影響かどうかはわからないけど、背景美術がやたら手抜きとか、バイクシーンの多くがCGじゃなくて手描きとか気になる部分はあったけども。第4話の大洗は…ガルパンファンとしては「資料見て書き直し」と言いたくなったし(まあそれは主題ではないけど)。キャラ配置は…なんというか「けいおん!」かな。主人公姉妹が「けいおん!」のそれと配置がそっくりだったのは流石に笑った。

まあ悪くない作品ではあると思うので、のんびり最後まで見ると思う。

[]ハンドレット ハンドレットを含むブックマーク ハンドレットのブックマークコメント

今期開始第11弾。…え、これISやん。

原作未読。最初にシーンこそ「学園艦かいw」と笑えたけど、その後のシーンがことごとくISと同じで、かつ私自身がISという作品があまり好きではない(美少女アニメというのはいいんだけど、吐気がするほどテンプレしか無いというのがダメ)ということもあいまって、正直「勘弁して欲しい」部類。ここまで嫌な気分になるのは個人的には珍しいんだけど、それだけ駄目だったんだと思うしか無い。とりあえず録画はしているけど、正直早回しで飛ばし見してそのままゴミ箱に突っ込むことになると思う。

[] 極上爆音上映〜ガールズ&パンツァー劇場版  極上爆音上映〜ガールズ&パンツァー劇場版を含むブックマーク  極上爆音上映〜ガールズ&パンツァー劇場版のブックマークコメント

通算…何回目だっけ。少なくとも20回は超えているのは確か。立川を中心に、バルト9・サンシャインシネマ・4DXULTIMA等で見て回って、「劇場映画を見る楽しみ」というのを正しく理解させてくれた作品。そして新aスタ設備でもう一度は聞きたかった!ということで友人とともに視聴。一回聴いていたせいなのか、あの時の衝撃はなかったけどやっぱりコレは凄い。そして未だに新発見がある作品であることに自分でも驚き。まあ、この実力を過剰に体験したいなら、やはり「MADMAX〜怒りのデスロード」が正しいことは確認できた。

今月末にBD発売だけども、それまでに1-2回は見に行ってそうだなあ、自分。立川ガルパンaスタの通常公演を復活してくれたし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20160503