3日坊主のメイドさん このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-06

アベノミクスとは全く無縁なボーナスなしも確定し、週明けから気が重い展開が待っていることもあり、すべてを忘れるために映画日和にした。見たのは「楽園追放」と「フューリー」。

[] フューリー  フューリーを含むブックマーク  フューリーのブックマークコメント

映画『フューリー』公式サイト

ガルパンストパン艦これ」とのコラボで宣伝してたけど、完全にそっち側のイメージ「だけ」で見に行った人はひどい目にあったろうなあ(苦笑)。もしかしたら、昔懐かしい「米軍ひゃっはー」な展開の映画なのかと少し思っていたんだけど、もう冒頭の展開から「あ、これは昨今のハリウッド戦争映画テンプレや」と覚悟完了した。そしてその予想通りの展開で「ハリウッド脚本は一種テンプレート化してしまって、どれも似た様な展開になっている」という弊害論をある意味まざまざと見せられたという感じ。なので、物語としては「とある戦車兵が見た地獄の戦場」以上の何物でもない。

ただ、ある程度内容に予想や覚悟ができているのであれば、それなりに見所はある。一番は昨今非常に少ない「戦車兵の視点」の物語であること。ガルパンで「戦車が一つのチーム、仲間」という見せ方を提示していたけど、その源流がここに見て取れる。狭い空間で5人の兵士が命を共にするわけだから、そりゃ絆も深まるよなあと。もちろん、ハリウッドお得意の「戦闘という狂気の現場」としての見せ方もいつも通りではあった。とはいえ、本物の実写を使った映像や見せ方は非常に興味深かった。ガルパンでもある程度見せてはいたけど、そこは女子高生の体格を前提にした縮尺。今回は普通のおっさんたちが5人車内に乗り込んだらどうなるのか、というのがよく見えた。やはり本当に狭いんだな、と思うとともに、これでもシャーマンは居住性は良いと呼ばれていたことを考えると、他国の戦車の内部はどれだけだったんだと。あとエンディングの戦争実写。あれ、ヨーロッパ戦線だけじゃなくて太平洋戦線の地上戦もまざってたよな?明らかに日本人とか日本戦の映像がまざっていたし。どういうことだろうか。

まあ突っ込みどころも色々あるんだろう。自分はそれほどディープな知識はないので細かくは言えないけど、「スターウォーズみたいな派手かつ乱舞しすぎる曳光弾はどうにかならなかったのか」とか「パンツァーファウストたくさん持っていたのにほとんど役に立たないってどーゆーこと」とか「幾ら何でもその多勢に無勢での無双状態はハリウッド的展開とはいえ作風にあまり合ってないのでは」とかは気になった。

[][] 楽園追放  楽園追放を含むブックマーク  楽園追放のブックマークコメント

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

以前からの予告編で期待してたんだけど、いろいろあって見ることができなかった。今日ようやく劇場に足を運んだけど、上映四週目なのにこの混雑具合は一体何よ…。会社の後輩も絶賛してたけど、それだけの出来ってことなのかなと思いつつじっくりと見た。そして帰宅して速攻でBD予約した。

うん、これはとても面白い。あと数回劇場スクリーンで見たい(というか、明日にでもまた行きたいと思っている自分)。まだSFが楽しく元気であった時代物語を堪能させてもらった気分だ。SF的なギミックといい、メカロボの見せ方や見せ場といい、女性キャラおっさんの組み合わせといい、自分の好みに素晴らしくマッチしていた。最終決戦も「時間制限付き防衛戦」というよくあるシチュエーションながら、映像が素晴らしく興奮した。本当にいいものを見た。ただ終演後の周りのコメントを聞いていると、想像以上にSF用語やSF的ギミックが「一回見ただけではわからない」という声が多くて驚いた。私にとってはこれだけ分かりやすいSFギミックは親切だなあ、と思っていたくらいなので、むしろ周囲のこの反応は驚いたし、想像以上に「SF的な文法やギミックが知られていない」が残念だった。もっともこれはSFファンが周囲のライトファンを含めて排除し続けた結果と言えるのだから自業自得とも言えるけど。

そして最後の最後のアレ。どれだけの観客が気がついたか知らないけど、「安全万能と信じて、管理されることに気がつかず、あるいはその状態を是して疑わない人々」「新しい可能性が提示されても、現状の満足ゆえにただの一人もその提案に乗ろうとしなかったこと」というテーマ。これは、保守的かつ全体管理主義に飼いならされたディストピア的エンディングを示しているけど、これは同時に現代日本人に対する痛烈な皮肉にもなっているようにしか思えなかった。果たして、今のネット社会にすっかり慣れ親しんでしまった保守的なアニメファンは、あの新天地に向かう船に乗り込もうとする人がいるのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20141206

2014-12-03

毎回ロケット打ち上げは、興奮よりも心配が先に来てしまう。

[]探査機はやぶさ2 探査機はやぶさ2を含むブックマーク 探査機はやぶさ2のブックマークコメント

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」

リアルタイムで打ち上げを見ることができなかったのは残念だったけど、H2Aにもかなり厳しい運用をさせたとはいえ綺麗な打ち上げだったようで本当に良かった。1年後に地球スイングバイ、4年後に小惑星到達かあ。とりあえずはやぶさ2の広報を追いかける楽しみが増えた。大洗磯前神社に願掛けしたおかげもあったなあ。今度行った時にはお礼をしておかないと。とにかく無事な航行を祈る。

[]現代萌衛星図鑑 第2集 現代萌衛星図鑑 第2集を含むブックマーク 現代萌衛星図鑑 第2集のブックマークコメント

はやぶさ関連のツイートを追っていてすでに発売していたことを知って慌てて購入。前回は発売日を心待ちにしていた感じだったのでこれはある意味自分の失態でもある。ちょっと悔しい。

で、買ったそばから我慢できずに帰りの電車で表紙を開いて1ページ目。冒頭の漫画最初のページで一旦速攻で本を閉じる。もうこのシーンを見た瞬間に目頭が熱くなって喉が締め付けられてしまって落ち着かせる必要があった(苦笑)。いやあ、周りが混んでなくてよかったよかった。そのあと、色々と我慢をしながら夢中で読み進める。

はやぶさ2とかぐや物語は前回途中で終わっていたこともあってとにかく読みたかった一節。あの頃を思い出しながら「そうだよなあ、そうだよなあ」とうなづきながら読み進めた。「だいち」はその功績から案外世界に知られているというのは聞いていたけど、まさかあそこまでの重装備衛星とは思わなかった(擬人化だいちのホットパンツが可愛すぎる)。その上で、今回一番グッときたのがHTVの章の一節「金ぴかの宇宙船がやってきた!」のところ。もちろん、これまでのHTVとそのスタッフの苦労と努力が報われた瞬間だというのもその理由だけど、それ以上にISSスタッフにとってみれば、こまでISSからの色って離着陸する宇宙船の色は大体白か黒、窓から見える地球は青か緑、あとは漆黒宇宙ばかりでそれ以外に色彩という点においては単調な場所に違いない。それゆえに、ISS居住の宇宙飛行士たちがHTVを観て「金ぴかの宇宙船だ!」と叫んだのは、「初めて見たド派手なアメ車に感動する」ような子供っぽい一面が出ていたシーンだったのではないだろうか。その時のドキドキワクワクを想像するだけでも楽しすぎる。最高のおもちゃをプレゼントされた気分だったのかもしれない。

今回も締めははやぶさ。ということは、第3集の発売はまた6年待たないといかんのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20141203

2014-11-30

11月最後の1日がこんな気分で終わるとは。嫌でつらい12月になりそうだ。

[]RDG レッドデータガール RDG レッドデータガールを含むブックマーク RDG レッドデータガールのブックマークコメント

アニメRDG公式サイト

過去作消費。純東洋魔術系アニメとは思わなんだ。

原作未読。P.A.Worksなので田舎育ちの巫女さんが少し不思議な体験を…系の話と思って見はじめてたので、途中で陰陽師と山伏バトルが始まった時は心底驚いた。ついでに神道系の術も色々あればより楽しかったけれども、でもまあ「舞」が「神への奉納」につながり土地神との絆になっている点はまさに神道か。そう考えれば…うん、希望どおりか。まあそれをおいても、昨今の魔術アニメ西洋系ばかりだったから、むしろこの展開は楽しかった。こちらも西洋魔道に負けず劣らず色々複雑かつ楽しいのになんでこっち系の話が少ないのかねえ(絵的に地味なのは認める)。でまあ、そんな魔道バトル物語をきっちりとボーイミーツガールに乗っけてきたのが、なんというか見ていて照れ臭くなるな(苦笑)。そしてその観点では思い切りしり切れとんぼになっているという悲劇

もともとはラノベではない普通のジュブナイルファンタジー小説らしいので、機会があればこれの続きを読んでみるかな。まあ調べる限りだと最終回の後は原作1冊分で完結しているっぽいけど。

[] 探査機はやぶさ2  探査機はやぶさ2を含むブックマーク  探査機はやぶさ2のブックマークコメント

再延期で12/3打ち上げか。宇宙開発においては打ち上げ日の変更なんてよくあることなのでそこはなんとも思わないけど、今日の昼にリアルタイムで観ていたかった身としては残念でもある。でも、今回はロケット本体にも過去にない長時間噴射を強いるミッションらしいし、全く油断はできない。ネットメディアではちゃんとそのことを書いている記事もいくつか散見されるけど、ニュースではほとんどそのこと言及してないからなあ。まあ、とにかくうまくいってほしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20141130

2014-11-24

楽しいはずの連休なのに風邪でぶっ倒れて台無し。解熱剤に頼らないと熱も下がらんというのに…。明日の出勤も悩むレベルだけど、完全に仕事が止まるからダメだ。

[] Gのレコンギスタ  Gのレコンギスタを含むブックマーク  Gのレコンギスタのブックマークコメント

今期開始分。ひとまず3話まで一気見。

「過去のガンダムに引きずられた人向けではなく、今の子供達のために将来を考えた内容にした」とあったけど、友人と見た感想は「このセリフの言い回しとか、予備知識なしの専門用語連発とか、どう考えても従来のガンオタにターゲットを絞っているようにしか見えないんだけど」で一致。今の子供は、これと「妖怪ウォッチ」「スマホゲー」と比較してどちらを見るかといえば、明らかに後者だし、放映時間的にも同様。なんというか、富野御大もさすがに寄る年波には勝てない感じか。

内容としてはいろいろ細かいギミックはあるけど、話をシンプルにするとあまり残っている部分は少ない印象はある。とはいえ、明らかに昨今流行りのアニメとは空気がまるで違っているので、それだけでも見る価値はあると思う。

[]World of Tanksガールズ&パンツァー TGS スペシャルパック(改)」 World of Tanks「ガールズ&パンツァー TGS スペシャルパック(改)」を含むブックマーク World of Tanks「ガールズ&パンツァー TGS スペシャルパック(改)」のブックマークコメント

全開の配布で紆余曲折あったコレの改バージョンがリリース。というか、全開のアレは本当に「配布するファイルをミスっだったのかもしれん」と思えるほどの内容の代わり具合。

ということで導入してみた。ガルパン関連の車両があればもれなくガルパン仕様に変わっていて、音声もキャラでのクロスオーバーができているので非常に楽しい…楽しかったのだが…。いかんせんデータがあまりに重すぎる。自分のPCはも2世代ほど前とはいえ、スペック的にはまだまだ準一線級の戦力はあるはずなんだけど、フルで導入したらゲーム開始直後にフリーズ(苦笑)。操作も一切受け付けないまま立ち往生して矯正中止。再起動して戻っても状況が変わらず、結果的に「まったく戦闘に参加しなかったのでペナルティ」まで食らって終了。何回か試してみたけど多少ましになったりならなかったり。まあ明らかにグラフィック回りだろうなあと予想がついたのでmodフォルダの戦車関連のフォルダ(Vichleだっけかな?)をさっくりと削除。すると問題なくプレイできるようになった。まあ残念ではあるが、まったくプレイできないよりははるかにいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20141124

2014-11-14

急に寒くなって布団の中で凍死するかと思うた。気分が鬱々とする話ばかりで心の支えが今度の「あんこう祭り」だけという状態はどうなんだろうね、自分。

[]水星探査機ロゼッタ、着陸成功 水星探査機ロゼッタ、着陸成功を含むブックマーク 水星探査機ロゼッタ、着陸成功のブックマークコメント

久々に宇宙関連での大きなニュース。かつて海外の宇宙天文ファンがはやぶさニュースを日本語の中から一生懸命探したというけど、その逆を追体験している感じな自分。着陸艇?のフィラエは無事に彗星表面に到達したけど、「表面でバウンドしたらしく、予定ポイントからずれた」「足が一本宙に浮いていて固定が不安」「太陽光発電の出力が想定より低い」とまあ、宇宙開発関連ではよくある問題がいつものようにつらつらと。

とはいえ、twitterで海外の天文ライターや専門家のコメントを翻訳しながら読む限りだと、「電力は低いけど、少なくとも数ヶ月はどーにかなりそう」ともあるのでいきなりミッション終了ということはなさそう。フィラエ自身にも簡単な移動装置(それこそダンパーで跳ね上げる感じらしいけど)があって、それを動かしてもう少しましなところに行こうとも考えているようだけど、下手にやるともっとひどくなるので決断ができないらしい。まあ、すでに彗星表面の写真もいろいろ届いているし、のんびりやってくれればいいと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/marinba/20141114