Hatena::ブログ(Diary)

海の見聞記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-05

[]魔法つかいプリキュア! 第43話『いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ』 00:02 魔法つかいプリキュア! 第43話『いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ』を含むブックマーク 魔法つかいプリキュア! 第43話『いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ』のブックマークコメント

妖精の里へやってきたみらいたちは、そこでプリキュアの事を知らされた、というお話。

物語は核心へと近づきまして、本当に終幕が迫ってきているのだなぁ、と。

もっとも例年であれば敵勢力との戦いが激しくなっている頃なのに、本作はまだそういった雰囲気ではなく、そこが少し物足りないかなぁ。

残りのエピソードでその辺がどう転ぶのか期待しております。

[]機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #35『目覚めし厄祭』 00:03 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #35『目覚めし厄祭』を含むブックマーク 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #35『目覚めし厄祭』のブックマークコメント

禁断のモビルアーマーのお話。

AI搭載の殺戮兵器ですか、どの勢力がそれを手にするかで人々の運命は大きく変わりそうですが、人の思惑を超えて不幸を撒き散らすのかもしれませんね。

取り敢えず「仁義なき戦い」開始(笑)

最終的にタマ取った人間の勝ちなのかもしれませんが、利で動く人間は利に破れ、恨みで動く人間は恨みで身を滅ぼしそう。鉄華団の団結力が維持できれば生き残れそうな気もしますが、弱い立場の組織が割を食うのがこの戦いの王道でございます。

みんなもっと素直になれればいいのでしょうけどね。

[][]3月のライオン 第8話『Chapter.15 将棋教えて(承前)/Chapter.16 面影/Chapter.17 遠雷1』 00:03 3月のライオン 第8話『Chapter.15 将棋教えて(承前)/Chapter.16 面影/Chapter.17 遠雷1』を含むブックマーク 3月のライオン 第8話『Chapter.15 将棋教えて(承前)/Chapter.16 面影/Chapter.17 遠雷1』のブックマークコメント

二海堂による川本家将棋教室開催、そんな彼の心からの忠告に心をかき乱される零の前に姉の香子が現れて、というお話。

前半は穏やかな日常が描かれておりましたが、そういう温かさと無縁な生活を送ってきた零にとっては居心地の悪さを感じてしまうという落差が表現されておりました。

もっとも勝負の世界に生きている零にとって温かさは禁物と考えてしまいましたが、メリハリがなければ肝心の勝負に勝ち続ける事は難しいのかもしれませんで、う〜ん。

後半は香子登場。

原作を読んでいた時は重要な登場人物になるのだろうと考えておりましたし、実際しばらくはその通りだったのですが途中から次第に影が薄くなり、最近ではとんとお目にかかる機会も減ってしまいましてねぇ。

羽海野チカさんとしては彼女の役割は必要ないと考えてしまったのでしょうか? その辺のことがしりたいものでございますが、…たぶん無理でしょうねぇ(笑)

と云う事で順位戦。次の相手は引退間近の牢棋士のようで、引導を渡すのは辛い役目でございます。

[][]WWW.WORKING!! 第10話『明日に向かって吼えろ』 00:04 WWW.WORKING!! 第10話『明日に向かって吼えろ』を含むブックマーク WWW.WORKING!! 第10話『明日に向かって吼えろ』のブックマークコメント

鎌倉と進藤のお話。

東田と宮越の付き合っていたも好きあっていないという、何だそりゃな関係(笑)から鎌倉と進藤のお話に自然と流れていきましたが、この作品の恋愛は全部何だそりゃのようでございますね。

SがMでMがSとお互いの立場はクルクルと変化して、当の進藤くんもどうしてよいやら(笑)

鎌倉さんは斎藤くんともいい雰囲気なので、そちらに乗り換えるのもアリ、と申しますかその方が幸せのような気がしてしまうのでした(笑)

[][]Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- Site 09『きっと世界は終わるね』 00:04 Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- Site 09『きっと世界は終わるね』を含むブックマーク Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- Site 09『きっと世界は終わるね』のブックマークコメント

見える幽霊と見えない幽霊が居ることが語られましたが、死んでいることに違いはないようなので、根本的な事件の解決には結びつくのかどうか。

そんな中、森塚と日下部の会話で未来から戻る方法云々が交わされておりまして、となると事件の発端以前に戻ることも出来るのかな?

もしかするとそこが本作の最終地点になりそうですが、どのみち悠太が立ち上がらなければ話は前に進みそうもございませんね。

さて、りょーたすは何を知っているのか、それが最後の鍵になりそうでございます。

[][]ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢高校 第9話『バレー馬鹿たち』 00:05 ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢高校 第9話『バレー馬鹿たち』を含むブックマーク ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢高校 第9話『バレー馬鹿たち』のブックマークコメント

マッチポイントを握られた烏野に月島が帰ってきて、というお話。

デュースが繰り返され死闘が展開。創作と言えどこの緊張感を見せる構成力は見事です。

ネットを挟んでコートに勃っている双方の選手だけでなく、ベンチの部員に監督やコーチにマネージャー、全ての登場人物たちが「ベレー馬鹿」であると描かれておりまして、それがこの試合をさらに熱く盛り上げてくれております。

一進一退の攻防もそろそろ終りが近づいているようで、…そこで終わるか!(笑)

鳥養コーチ役が江川央生さんに交代。

全く違う声でも問題はないと考えるのですが、なるべく雰囲気を変えないよう演技しているようで、その努力に拍手。

次回が最終回ですか、次があっても当分先のことになりそうですね。

[][]亜人 #22『邪魔してるのはあんたの方だろ』 00:05 亜人 #22『邪魔してるのはあんたの方だろ』を含むブックマーク 亜人 #22『邪魔してるのはあんたの方だろ』のブックマークコメント

佐藤捕獲作戦は大失敗の巻。

圭の作戦実行の有能な手駒でもあり、時として精神的支えになっていてくれた平沢以下おっさん軍団が倒れてしまい、さすがの圭もショック状態に。

と申しますか彼があんなに取り乱したのははじめてでございまして、その一事からも心の傷の深さが推し量れるというものでございます。

ただこうした彼の変化が幽霊に対してどう影響してくるのかはこの時点では未確定。人間らしさを取り戻すにはまだ早いのかも。

一方の佐藤さんは着々とゲームを進行させておりまして、…あれは生物兵器なのかなぁ。もうやりたい放題ですね。

戸崎も後戻りの出来ない行動をしてしまいまして、打つ手はほとんど残されていないように見えました。佐藤によって日本が大混乱してもらった方が彼らにとっては良いのかもしれません。

ところでカイの再登場はあるのでしょうか?

[][]ガーリッシュナンバー #09『焦燥千歳と疾走ルーキー00:05 ガーリッシュナンバー #09『焦燥千歳と疾走ルーキー』を含むブックマーク ガーリッシュナンバー #09『焦燥千歳と疾走ルーキー』のブックマークコメント

千歳、新人の桜ヶ丘七海に居場所を奪われ始めるの巻。

千歳は運にだけは恵まれておりましたが、その運を生かすも殺すもその後の本人の努力次第。永遠に続く確変(笑)なんてものはありはしないと気が付くべきでしたね。

しかも七海ちゃんは作品に対して前向きだし、スタッフとのコミュニケーションも取れる優れものでございまして、どちらを選ぶと聞かれれば誰でも七海ちゃんと答えるでしょうしね。

結局お仕事なんてものは人間関係の延長にあるわけで、それを蔑ろにしている千歳に未来はないでしょう。

とは言え、此処で彼女に心を入れ替えられても本作の面白さは半減してしまいますので、彼女には無責任男のように飄々と世間を渡って欲しいのですが、さすがに難しいか。

さてこの事態に彼女はどう対処するのか。次回が見ものでございます。

2016-12-04

[][]クラシカロイド ♪09『闇、その向こう』 00:12 クラシカロイド ♪09『闇、その向こう』を含むブックマーク クラシカロイド ♪09『闇、その向こう』のブックマークコメント

ベトさん回。

そう言えばベートーヴェンは耳が聞こえなくなったと小学校の音楽の時間で習い、どうやって作曲したのか不思議がったことを思い出しました。

普段はあんな性格の彼にも深い悩みが存在していたし、それを乗り越えて名声を勝ち取ったようですね、…この作品のベトさんにはその面影はございませんが(笑)

作曲家として未来を見定めたベトさんでございましたが、…作品上で何か変化はあるのでしょうか? 

…次回は何事もなかったように通常のクラシカロイドになっているのに1000ペリカ!(笑)

[][]うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター Op.9『NEXT DOOR』 00:13 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター Op.9『NEXT DOOR』を含むブックマーク うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター Op.9『NEXT DOOR』のブックマークコメント

デュエットプロジェクト第5弾は一十木音也と鳳瑛一。そして珍しく前後編でございました。

音也闇落ち。

しかしこれは瑛一が望んでそうしたのか、結果的にそうなったのかで意味合いは全然違ってくるのですが、やはり前者と考えるのが妥当でしょうか?

自分探しをして彼とは真逆の場所へ至ってしまった音也くんでしたが、さてST☆RISHと春ちゃんは救い出せるのか、以下次回でございます。

[][]Lostorage incited WIXOSS Episode09『真実/終わりと始まり』 00:13 Lostorage incited WIXOSS Episode09『真実/終わりと始まり』を含むブックマーク Lostorage incited WIXOSS Episode09『真実/終わりと始まり』のブックマークコメント

人間思い出さない方が幸せなこともあるというお話。

そう考えますと、このゲームは勝っても敗けても良いことが何もないわけで、本当に販促アニメになっていない作品ですなぁ(笑)

出口のない地獄にはまり込んでしまい、救いの扉を探そうとしてもどの扉も次の地獄への入り口でしかない、と。

魔法少女計画」は勝ち残れば生きていられるけれど、生き残っても救われないという時点で今期の鬱王座は本作の方でございますね。

前作のキャラもチラホラと登場しておりましたが、「ブレイブウォリアーズ」と違い全然嬉しくないのも本作らしいかもしれません。

…う〜ん、何故私はこの作品を視聴しているのでしょうか?(笑)

2016-12-03

[][]響け!ユーフォニアム2 第九回『ひびけ!ユーフォニアム01:02 響け!ユーフォニアム2 第九回『ひびけ!ユーフォニアム』を含むブックマーク 響け!ユーフォニアム2 第九回『ひびけ!ユーフォニアム』のブックマークコメント

あすか先輩のお話。

彼女の事情につきましては視聴していてある程度予想が出来ましたし、そこから大きく外れてはおりませんでしたが、こうやって描かれても簡単に解決するようなお話でないところがなんとも。

思考が単純化するとカチッと割り切れる問題にしか爽快感が得られなくなってしまいますが、人が生きるということはそんな簡単な問題に出くわす方が珍しいですしね。

河原に響く美しいユーフォの音色。

あすかの中では結論は出たようですが、それがどちらの意味なのかは感受性のない私には理解出来す(笑)

次回になれば目に見える形になっていると考え、待機することに致します。

[][]競女!!!!!!!! 第9話『ジャングルジムの覇者!!!!』 01:02 競女!!!!!!!! 第9話『ジャングルジムの覇者!!!!』を含むブックマーク 競女!!!!!!!! 第9話『ジャングルジムの覇者!!!!』のブックマークコメント

東西対抗第一試合、七瀬奈美と戦う宮田には敗けられない理由があった!というお話。

無駄に熱い!

もっともこの「熱さ」がなければ単なる変態作品でしかございませんね(笑)

でも熱さが全てを受け入れてくれると気付いたのは作者さんのお手柄でございますし、やはりこの人は只者ではなさそうです。

と云う事で第一試合は瀬戸内勝利でございましたが、駿河にしてみればまだ先鋒。熱さはさらに加速しそうでございます。

[]舟を編む 第8話『編む』 01:02 舟を編む 第8話『編む』を含むブックマーク 舟を編む 第8話『編む』のブックマークコメント

13年経過、辞書編集部に岸辺みどりという女性がファッション誌の編集部から転属してきて、というお話。

馬締の左手の薬指に結婚指輪が大写しになっておりまして、冒頭の香具矢との2ショットと併せて「ああ、目出度く結婚したんだなぁ」と。

この間様々な出来事があったでしょうし、そこを詳細に描くことも可能だったでしょうけど、この物語の本筋は「辞書を作る」ことですから、割愛するとしたらここしかございませんでしょうね。

わずか2カットで二人の青春期を語ってみせたのは流石でございました。

香具矢さんだけ老け顔になったのは苦笑。

西岡くんもそれなりにおじさん然としておりましたが、20代から40代くらいの変化はアニメでは(実写でもそうか)難しい部分ですね。

それにしても13年間新人が配属されないなんてどんだけ邪魔者扱いされている部署なんだ(笑)

でも待った結果最高の人材を手に入れたようでして、「右」の説明が馬締と同じだったシーンで胸が熱くなりました。

辞書用の紙も開発中。完成はまだまだ先のことのようですね。

[][]終末のイゼッタ 第9話『ゼルン回廊、燃ゆ』 01:03 終末のイゼッタ 第9話『ゼルン回廊、燃ゆ』を含むブックマーク 終末のイゼッタ 第9話『ゼルン回廊、燃ゆ』のブックマークコメント

ゲールが予想外のゼルン回廊から侵攻、イゼッタは急遽出撃するが、というお話。

本物の白き魔女ゾフィー登場、そしてイゼッタは捕まりエールシュタットも陥落、と。

予想もしていなかった急展開でございまして、まさに「転」に相応しいエピソードでございました。

うん、あのおとぎ話が真実であればゾフィーが恨んでいても不思議はございませんで、しかもイゼッタのご先祖様(?)とすれば能力も彼女より上でしょうし、…絶体絶命ですね。

首都は陥落したようですが、姫様が捕まった描写はありませんでしたので逃げおおせたのかもしれません。そこが一縷の望みかな?

美しい風景を背に血なまぐさい物語が展開しておりまして、そこがこの物語の悲しさを強調しております。

う〜ん、最終的に誰も生き残らない未来しか見えませんが、どうなりますやら。

2016-12-02

[][]ステラのまほう #9『スキルアップその2』 00:01 ステラのまほう #9『スキルアップその2』を含むブックマーク ステラのまほう #9『スキルアップその2』のブックマークコメント

水葉の描いた絵を見てショックを受けた珠輝のお話。

絵は才能によるところが大きいと思いますが、同時に描き続ける根気と申しますか執念のようなものも大切で、多分その原動力は「好き」というところに行き着くかと。

上手くならない自分に諦めてしまい投げ出してしまえばそこでお終い、上達なんてものは永遠に訪れない…、うん、書いていて辛くなってきた(笑)

目の前に同じものに取り組んでいる「仲間」が居るってのは、挫けそうな心を奮い立たせてくれますし、ともに歩んでも行ける。なんだ、珠輝は良い友達が出来たじゃないですか。

と云う事でスキルアップの過程。多分それは終わらない旅の始まりで、でもとても楽しい旅の途中でございますね。

皆幸せになれそうな中、過去の黒歴史を隠せなくなった関先輩だけが不幸へと旅立ったようでございます(笑)

[][]装神少女まとい #09『ありがとう』 00:01 装神少女まとい #09『ありがとう』を含むブックマーク 装神少女まとい #09『ありがとう』のブックマークコメント

退魔ガールズ(笑)としての活動にも慣れてきたまといたちの前に新たな敵が現れて、というお話。

よかった、パパさん死なないですみました(笑)

根底には重い物語が流れているのですが、あまりそういうものに重きをおいておらず、むしろそうならないよう注意深く進行させているのがこの作品の良いところでございます。

セトというラスボスが登場しそうで、今シリーズはそろそろ終幕のようでございますが、う〜ん、此処で終わらせるには惜しい作品でございます。

2016-12-01

[][]マジきゅんっ!ルネッサンス #9『奇跡と魔法のフェスタ』 00:08 マジきゅんっ!ルネッサンス #9『奇跡と魔法のフェスタ』を含むブックマーク マジきゅんっ!ルネッサンス #9『奇跡と魔法のフェスタ』のブックマークコメント

星フェスで小花たち委員会全員でアートセッションしたお話。

これといってドラマティックな展開にはなりませんでしたが、小花のハーレムも完成しましたし、キングも兄たちと和解してメデタシメデタシでおとぎ話としてはこれくらいが丁度いいのかもしれません。

とは言え不吉の前兆も描かれておりましたので、ここから先もうひと波乱ありそうでして、それが何かは次回のお楽しみでございます。

[][]うどんの国の金色毛鞠 第7話『栗林公園00:08 うどんの国の金色毛鞠 第7話『栗林公園』を含むブックマーク うどんの国の金色毛鞠 第7話『栗林公園』のブックマークコメント

宗太が香川に戻ったお話。

と云う事で宗太の子育て日記編(笑)が始まりまして、今回は栗林公園へ。一度は行ってみたいところなのですが、この歳になりますと今生では無理かなぁ。

子供のやることは自分もしてきたはずなのにすっかり忘れてしまっているというところに親子の不幸があるのでしょうね。

もしそのことを覚えていたのなら、子供に対する接し方も違ったものになるでしょうし、それはお互いにとって幸せでございますから。

ポコの行為を見て自分の子供時代を思い出し、その時の親の気持ちを知ることになる。遅いのかもしれませんが、気が付かないままよりはずっとマシ。

それにしてもうどん屋さんの再開はなさそうですが、それで良いのかなぁ。

[][]SHOW BY ROCK!!# track-09『絆エターナル00:09 SHOW BY ROCK!!# track-09『絆エターナル』を含むブックマーク SHOW BY ROCK!!# track-09『絆エターナル』のブックマークコメント

アイレーンの闇に閉ざされたメロディシアンをプラズマジカの音楽が浄化したお話。

案外簡単に浄化してしまいましたが、残り話数を考えますとここで大幅に尺を割くわけにもまいりませんので、サクッと進行させるのもアリかと。

今回はバッドヴァージンロジックプラズマジカのミューモンヴァージョンの演奏シーンが拝見できて幸せ、もう少し長めだともっと嬉しいのですが、どうやらダガーとの戦いに人員を割いているようですのでこれも仕方ないと諦めます。

と云う事で次回は中ボスのダガーとの決戦。CG班頑張れ!

2016-11-30

[][]魔法少女育成計画 09『ルール変更のお知らせ』 00:04 魔法少女育成計画 09『ルール変更のお知らせ』を含むブックマーク 魔法少女育成計画 09『ルール変更のお知らせ』のブックマークコメント

今週の退場者はカラミティ・メアリとトップスピード、そしてシスターナナ。規定の人数に達したがさらなるルール変更が告げられた、というお話。

てっきり精神崩壊して「狂乱のシスターナナ」が拝見できるのではないかと期待したのですが、それほど精神的に強くなかったようで、自ら死を選んでしまいました。う〜ん、こんな終わり方は芸がなさすぎる。

そして妊婦だったトップスピードも退場。スイムスイムも良い壊れっぷりでございました。

戦闘力が高くないスノーホワイトが此処まで生き残っているのは意外なのですが、「守らずにはいられない能力」が彼女の隠し魔力なのかもしれませんね。

そしてルール変更。

まさに蠱毒の作り方のようでございまして、これは最後の一人まで殺し合いをさせるつもりなのかもしれません。

次回の犠牲者候補はハードコアアリスとミナエルと予想しておきます。

[][]ブレイブウィッチーズ 第7話『聖なる夜に』 00:04 ブレイブウィッチーズ 第7話『聖なる夜に』を含むブックマーク ブレイブウィッチーズ 第7話『聖なる夜に』のブックマークコメント

過労から風を引いてしまったひかりを元気付けしようと、ニパはサトゥルヌス祭を開催しようとするが、というお話。

エイラとサーニャ特別出演。

ひかりにサプライズを用意するお話と見せかけて、視聴者を驚かさるエピソードだったようでございます。

世界は広いと言っても同じ敵と戦うウィッチですから、こういった特別出演はこれからもありそうですが、でも本作は「502」の物語なのであまり多く登場させてしまうと焦点がぼやけてしまうのか、その辺の匙加減は難しそうですね。

ひかりも皆から気遣われる存在になりまして、この団結力こそウィッチ最後の希望なのかもしれません。

[][]フリップフラッパーズ 第8話『ピュアブレーカー00:04 フリップフラッパーズ 第8話『ピュアブレーカー』を含むブックマーク フリップフラッパーズ 第8話『ピュアブレーカー』のブックマークコメント

ちっちゃいオッサンの作った街を破壊する巨大メカから守るためにココナとパピカ、それにヤヤカがロボに乗って戦うお話。

ロボット物でもあり、日曜朝の特撮ヒーローものでもあり、…いつものように好き放題なアニメでございます(笑)

どんな世界を描こうとそこは総て「ピュアイリュージョン」であるわけで、良い世界を構築したものでございますね。

そんな中、ヤヤカの心境に変化が見られまして、それは彼女にとってプラスなのかマイナスなのか。

そしてパピカの「ミミ」発言。それは何を意味するのか。摩訶不思議な世界で物語は混沌としてまいりました。

[][][]レガリア The Three Sacred Stars #13『家族』 00:04 レガリア The Three Sacred Stars #13『家族』を含むブックマーク レガリア The Three Sacred Stars #13『家族』のブックマークコメント

作画に関しては途中中断という、会社の信用を損なったであろう対処を厭わなかったのは評価。再開後はそれほど乱れることもなかったのであの判断は間違いではなかったかと。

ただそこまで作画の品質に気を遣うのであれば、物語の方にも配慮が欲しかったかなぁ、と。

結局何を訴えたかったのかが最後まで理解できず。…まあこれは私の理解力が足りなかったで説明は出来るのですが(笑)

繋がれていく人の生き方が永遠へと昇華して行く。人はそうやって時間を歩んできたしこれからもそう。あるいはヨハンの孤独を救うための物語だったのか。

多分色々なものを詰め込んでしまったために、全てが消化不良になって語りたかったものが不鮮明になったのではないかと邪推。

でもこの作品から何かしらのメッセージを受け止められた方もおられるでようから、あくまで私の個人的見解でございます。

可愛い女の子たちが登場した物語が悲惨な結末を迎えなかったのは幸いでございまして、この一点だけでもこの作品は評価しております(笑)

やはり女の子は愛でてこそでございまして、その子達が幸せな未来を迎えて終幕してくれただけで私は満足でございます。

2016-11-29

[][]ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第35話『アナザーワン バイツァ・ダスト その1』 00:00 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第35話『アナザーワン バイツァ・ダスト その1』を含むブックマーク ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第35話『アナザーワン バイツァ・ダスト その1』のブックマークコメント

吉良包囲網が狭まる中、吉良は新しいスタンド能力を手に入れた!というお話。

まだよく理解しておりませんが、吉良のことを調べようと早人くんに近づくと相手を爆死させてその前に戻ってくるスタンドでいいなかな?

…えっ、てことは露伴はあれで退場になってしまうのでしょうか、驚愕。

しかしこんなスタンドだと力押しは無意味でしょうし、これならまだDIOの方が戦いやすかったですね。

もちろんこんなスタンドでも最終的には仗助が勝つのでしょうけど、その方法が全く読めません。そして次週までこの状態で待機と。

焦らしも上手い荒木先生アニメスタッフに殺意を覚えつつ(笑)、おとなしく待つことに致します。

[][]DAYS 21st day『面白ぇよな サッカーは』 00:01 DAYS 21st day『面白ぇよな サッカーは』を含むブックマーク DAYS 21st day『面白ぇよな サッカーは』のブックマークコメント

京王河原との準決勝、主力を欠く聖蹟だったが君下のフリーキックで先制点を奪うが、というお話。

このレベルまで来てしまいますと力の差なんてものは殆ど無いでしょうから、勝敗を分けるものは勝負にかける執念かもしれません。

そうしたものが描かれておりまして面白いのですが、やはりサッカーは映像には向いていない競技だなぁと。

野球であれば投手と打者の勝負だけを描いても成立するでしょうし、バレーならポイント毎に各選手の心理状態を描いても試合の流れは途切れませんが、サッカーの試合は止まらないので諸々描こうと致しますと細切れ感が強くなってしまいますからねぇ。

かといって淡々と試合だけを描いてもドラマとして面白くはなりませんし。

漫画であれば時間の停止は「コマ」という特殊空間に閉じ込めることが可能なので気にならないのですが、映像では難しい、と申しますかこれが上手く描けている映像作品を見たことがございません。

試合。

先制するも内容は互角。試合慣れしていない一年生組の焦りが聖蹟を窮地に追い込んでまいりました。

[][]ユーリ!!! on ICE 第8滑走『勇利VSユーリ!おそロシア!!ロシア大会SP』 00:01 ユーリ!!! on ICE 第8滑走『勇利VSユーリ!おそロシア!!ロシア大会SP』を含むブックマーク ユーリ!!! on ICE 第8滑走『勇利VSユーリ!おそロシア!!ロシア大会SP』のブックマークコメント

勇利のグランプリファイナル出場を賭けたモスクワ大会SPのお話。

今回は仲の良い選手があまりいなかったようで、勇利は終始落ち着かないようでしたが、グランプリファイナルへの道も残り試合がないのでそちらの緊張感かな?

とは言え登場してくるスケーターは皆オモシロ人間ばかりでございまして、良いキャラ立ちでございます(笑)

皆背負っているものがあり、…シスコンとかナルシストとかはどうなんでしょうねぇ(笑)

SPは好位置に付けた勇利でございましたが、マッカチンに一大事で勇利も一大事と。犬の前に食べ物を置いてはいけないというのが今回の教訓でしたね(違う!)

ヴィクトル抜きでFS。精神的支柱を欠いた状態で勇利は大丈夫なのか、…「巣立ち」の時を描くのかもしれませんね。

[][]ブブキ・ブランキ 星の巨人 第二十一話『白鳥の歌00:01 ブブキ・ブランキ 星の巨人 第二十一話『白鳥の歌』を含むブックマーク ブブキ・ブランキ 星の巨人 第二十一話『白鳥の歌』のブックマークコメント

ブブキ使いの原理とギーの考えなど。

レティシア死す。

う〜ん、もう少しドラマティックな最期を用意してもと考えてしまいまして、この作品は総じてそういう傾向が強いですね。

意識してそうしたものを排除しているのでしょうけど、見方によっては盛り上がりに欠けるともとれますし、愁嘆場ってのはそれなりに必要のようですね。

ついでに(?)汀も死亡。…彼女の場合は本当に死んだのか怪しいのですが、あれで生きていたらその方が不自然ですから、死んだということに(笑)

さて全体像は明らかになりまして、後は彗星が何を意味しているのかだけになりました。

にも関わらず熱量は低く感じられまして、う〜ん。