いしうらまさゆき の『愛すべき音楽よ』(ブログ〜CD&レコードレビュー)

2018-06-21 神崎みゆき / ファースト・アルバム

markrock2018-06-21

[] 神崎みゆき / ファースト・アルバム(KING / 1973) 22:04

f:id:markrock:20180621213254j:image

ちょっと中性的なお名前ですが、70年代前半に2枚のアルバムを残している男性シンガー・ソングライター。特にこのファーストは、「加藤ヒロシとそのグループ」がバッキングを務めたニュー・ロック隠れ名盤。牧歌的なフォーキーも、バッキング如何によってはここまでロックできる、という好サンプル。加藤ヒロシといえば加賀テツヤがボーカルを務めたGSザ・リンド&リンダースギタリスト。個人的にはザ・フォーク・クルセダーズの「戦争は知らない」(寺山修司作詞)の作曲者として印象深い(坂本スミ子が初演だったと思いますが)。で、「加藤ヒロシとそのグループ」に参加しているのが近田春夫その人。ハルヲフォンを率いる俊英が縦横無尽でバンドを盛り上げている。そして加藤ヒロシのエレキの音が何ともエグい。冒頭の「ゆう子のグライダー」からゴキゲン過ぎる演奏。神崎みゆきの歌声は忌野清志郎とケメを足して2で割ったようで。「放課後」とか「花束をもって歩こう」なんてカッコよすぎるだろ、とツッコミたくなる。岡田冨美子が作詞し、加藤ヒロシが曲を書いた「おばあちゃんお元気ですか」も収録。こちらは人懐っこいメロディが最高!

f:id:markrock:20180621213306j:image

f:id:markrock:20180621213319j:image