Hatena::ブログ(Diary)

九尾のネコ鞭 RSSフィード

2006-02-19

[]体育会系ジョークオタクジョーク、その間にある深い溝 体育会系ジョークとオタクジョーク、その間にある深い溝を含むブックマーク

家電量販店バイトをしていたことがある。そのときの直属の上司がS氏だった。彼は典型的な体育会系、営業タイプであった。

彼と初めて会ったときに、S氏はこんなジョークを言った。

S氏「ねぇねぇ、俺にさ、『血液型は何型ですか?』って聞いてみて?」

私「え…。あ、はい。血液型は何型なんですか?」

S氏「俺?俺はクワガタっ!!」

私は唖然とした。これで笑えというのか。いまどき小学生でも言わないギャグだろう。しかし無表情なのは相手に失礼だ。私はなんとか顔の表情筋を「笑い」の状態にして、その場をやり過ごした。

しばらくして、彼は女子高生を見てこんなことを言った。

S氏「おいおいおい!あの女子高生見てみろよっ!!」

私「え…、あ、はぁ。」

S氏「あの生足!!涎でてくるなっ!あーセックスしてぇ!」

私はずいぶんこの人はゲスな人だと思った。軽い嫌悪が顔に浮かびそうだったが、なんとか押し留め、軽く、はははと笑ってみせた。

その後、S氏とのコミュニケーションは困難を極めた。S氏は私のことを大変嫌ったようで、辞める直前には、S氏に、「お前、つまんねー男だよね。彼女とかいねぇだろ。」とまで言われた。血液型クワガタである男に「つまんねー」と言われる筋合いは無いと思ったが、上司であることもあって、私は適当に反省した素振りをしておいた。もちろん心の中では大罵倒大会開催であったが。

でも、今なら彼の言っていることも分かる。確かに、体育会系ジョークという視点から見れば、私の反応は「つまんねー」ものであったのだ。

体育会系ジョークとは何か。彼らが言うジョークを見てみよう。全部で3種類だ。

  1. 「俺さぁ、こないだ風俗行ったわけ。したら、すげーブスが出てきやがってさぁ…。でも、やった!」
  2. 「俺さぁ、こないだマジ酒飲みまくってさぁ。気がついたら、全裸になってて、マジやばかったよ!」
  3. 「俺さぁ、まじで今日ノーベンなんだけど。やべーよ!」

彼らは、自分がスケベで、酒乱で、馬鹿であることを積極的に表明する。ここで大事なのは、聞き手はそれに対し、「自分はもっとスケベだ」「自分はもっと馬鹿だ」と答えなければならないことだ。そうすることで強い仲間意識が生まれる。これが体育会系コミュニケーションなのだ。

だからS氏は、血液型の話を面白いと思って話しているわけじゃないのだ。彼が言いたいのは、「こんなツマンナイ駄洒落を言う俺って馬鹿だよね!!」ということ。つまりパターン3である。そして、女子高生の生足は、パターン1だったわけだ。

よって彼とコミュニケーションを深めようと思うならば、「全くもう〜。Sさんったら〜」といって爆笑し、さらに、自分もほぼ同様なことを言うべきだったのだ。例えば、

S氏「俺?クワガタっ!!」→私「わははははは。もう!下手なシャレは、やめなシャレ!なーんつって!」

S氏「あーセックスしてぇ!」→私「俺もなんか勃起してきちゃいましたよぉっ!今から風俗いきましょ!風俗!」

これが正しい答えだ。お互いに自分を「馬鹿」だと「スケベ」だと表明することで友情を深めていく。これが体育会系なのだ。

これに対し、オタクジョークは「マニアックなことを言う」ことにある。「お前、ま〜た、そんなマニアックなこと言ってー。誰もわかんねーっつーの!」というタイプジョーク。「誰もわかんねー」といっているが、もちろん本当は聞き手は分かっているからこそ、こう突っこむわけで。「同じこんなにもマニアックな話題に関心があること」によってコミュニケーションが成り立つわけだ。

実際の例を見てみよう。げんしけん1巻から。第1話、主人公笹原が初めてげんしけんの面々に受け入れられるシーン。

笹原、咲ちゃんに殴られて)

笹原「…親父にもぶたれた事無いのに」

咲ちゃん「は?」

斑目「いやあ、やっぱりここはそうだよな!お約束って奴ですか?」

田中「えらい。よく言った!」

斑目「俺なんか思ってても言えなかったよ。いや、普通いえない!」

「親父にもぶたれた事無いのに」という、ガンダムの超有名台詞を状況にあわせて言うというジョーク。こうすることで、笹原は「私も同じようにオタクですよ」と表明するわけだ。*1

これも典型例。

W3C準拠なHTTPパンティ - Engadget Japanese

これがいかにもオタクジョークであるのは、HTTPを使っていることではなく、HTTPという一部の人にしか伝わらないことをジョークとしている点にあるわけ。

オタクコミュニケーションしつつ、いつの間にか自慢大会に変わっていくのは、マニアックなことの言いあいになることが原因だろう。

もちろん、オタクも自身を卑下することで仲間意識を高めるという方法を持たないわけじゃないのだが、そのやり方は「俺はこんなにもマニアック」という卑下の仕方。「最近2ちゃんねる漬けの生活ですよ…。」とか「こんなグッズを買ってしまった…」とか。あと日常会話に2ちゃんねる用語を混ぜるとかもそれ。

でも、これ、とらえようによっちゃ自慢ぽくもあるんだよね。やっぱりこれも、俺のほうがマニアックだぞって言ってるわけで。「2ちゃんねるをやっている」はそれほど自慢にならないから、卑下に使えるわけだけど。

また、「オタク空気が読めない」といわれる所以も説明できる。集団においてオタク空気を読まないのは、そうした周りに分からない、伝わらない行為をすることがオタクコミュニケーションだからなのだ。クラス内で、HTTPパンティで盛り上がっている連中は間違いなく浮く。

それから、一般にオタク体育会系の人を「ゲス」とか「馬鹿」だと軽んじる傾向があるのは、体育会系コミュニケーションをとろうとして、「馬鹿」なことを言うからである。

逆に、体育会系オタクを「根暗」とか「真面目すぎ」とか「変に気取っている」と考えるのは、オタク体育会系コミュニケーションに反応せず、自分の「馬鹿さ」をさらけ出さないから。さらにHTTPがどーたら、なんて類の難しそうな話をニヤニヤしながらしているからだろう。


4月が近づいていることもあって、内定者と交流が増えてきているんだけど、その内定者の多くが、体育会系的側面を多く持っているのよ。それでこんなエントリー。今、内定者とのコミュニケーションに悩んでいるんだよね。

オタク体育会系はお互いのコミュニケーションの違いを知らなすぎるわけ。まぁ、別の文化圏だからな。そりゃ接触無いわ。別にどっちが正しいってわけじゃなく、必要なのは、お互いを知ることなんだけどね…。

まぁ、上司がこの手合いである可能性もあるので、うまく付き合う方法を模索しますよ。


2/24に一部変更。

あまりに人が来るので、私個人の特定を恐れて、微妙に変更しました。こんなに反響があるとは思って無かったのよ…。

*1:ちなみに、第2話で、笹原が本格的にげんしけんに受け入れられるシーンがあって、そこでは笹原が「エロパソゲー」をやりたいと表明する。その後の斑目の笑いがあるから、ジョークとして機能していると言っていいだろう。しかし、これは体育会系ジョークパターン1。ただ「エロパソゲー」に興味あり、というオタクであることの表明とも取れる。読み直していて気づいたのだが、このころの斑目って意外と体育会系のノリなんだよね。だからこそ、この体育会系オタクがハイブリットされたジョークなのかもしれん。

jeffsfiajeffsfia 2006/02/19 13:10 オタクは体育会に対応できるけど、体育会はオタクに対応できない。
体育会はオタクと付き合うことができるけど、オタクは体育会と付き合おうとしない。
っていうのが体育会出の僕の経験論なのですが、どうなんでしょうね。

kekerakekera 2006/02/19 13:34 はじめまして。これでいうと、自転車オタクのコミュニティは見事なハイブリットな気がします。
道具に金をかける体育会系だからかな。

aiai 2006/02/19 14:54 体育会系が皆こんなつまんないこと言うんだとは
思われたくないな。

buisuriebuisurie 2006/02/19 14:54 自分の興味のある分野のジョークにしかついていけないのは当たり前だと思う。体育会系とオタクの問題ではないね。
このエントリーは体育会系の人は押しが強くてオタクの「私」は苦手だということに過ぎない。

makimaki 2006/02/19 15:56 実は体育会系と言われてる人は、そっち系のオタクでしかないんだけどね。
あのしゃべり方も、偏った知識体形も、オタクのそれと同じこと。

オタクだって、世界が違えば会話なんか出来ないし。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/19 16:00 >jeffsfiaさん
そうだと思います。「俺ってこんな馬鹿なんだよね」ってのは、万人に伝わるけれど、マニアックな話はオタクにしか伝わらない。よって、オタクは体育会に対応できるけど、体育会はオタクに対応できない。
また、オタクは気の会う中まで篭るってのがコミュニケーション確立の方法なので、体育会系に向き合わないことが多いんですよね。

>kekeraさん
そういえば、サイクリング部と掛け持ちのオタク仲間が何人かいます。そっか、サイクリングはオタクと親和性が高いからか…。

>aiさん
そうですね。すべての冗談がそうと言う訳ではありませんね。「3つしかない」は言いすぎでした。普通は両方をちょっとづつ、使うものなんだと思うんですが、傾向としてそうなっている、ということです。

>buisurieさん
>makiさん
恐らく近い意見だと思うので、まとめて。
自分の興味のある分野のジョークにしかついていけないのは当然なのですけど、体育会系とオタクの断絶は単なる趣味の違いじゃない気がするんです。実は、体育会系は「セックスオタク」説、ってのは考えたんですよ。でも、それだとうまく説明できないことがいくつかあって。
たとえば、オタクの中で、凄いとされる人って「マニアックな知識がある人」なんですよ。それに対して、体育会系では「馬鹿になれる人」なんです。
念のため言うと、これは体育会系の人が馬鹿だということじゃない。彼らは知識があっても、馬鹿なことをあえて言う。馬鹿を喧伝することが、カッコいいことだから。でもオタクはそうじゃないんですよ。
これは「興味のある分野の違い」では説明できないと思うのです。

domodomo 2006/02/19 19:19 こんにちは。体育会系(っていうかフツーの人)って、それなりに世間(友達、彼女)から存在をか認めてもらえますが、オタクにはそういう機会がないので、つい日常会話で知識をひけらかしたり、ヒネたツッコミ入れて周囲から承認を得ようとするんじゃないでしょうか?
Webに大人買いの写真をUPしたり、Vipperに煽られ(たフリをし)て街中で奇行に走ったり、ブログに(あまりに斬新過ぎて誰も着いていけない)マイ理論を上げてみたり、「スゴイねって言ってください、かまって下さい、神降臨って言ってください」みたいな人多いじゃないですか。
フツーに「バカね」って言われるのは嫌なんですよ。そうでなくったってオタクって日頃からバカ扱いだし…

abab 2006/02/19 20:26 もともとオタクコミュニケーションしかとれなかったのが、就職してまわりが体育会系コミュニケーションばかり。でも慣れたら凄く使いやすいです。飲み会ではとくに。

uranaryuranary 2006/02/20 00:32 はじめまして。注目ブックマークから飛んできました。素晴らしい考察です。言葉にならなかった心の中のモヤモヤの気持ちを見事に言葉にしてもらえました。ありがとうございます!そういうことだったのかー。彼岸の人たちに対して必要以上の感情移入を回避して、それなりにサラリとかわすしなやかさが身につけられそうです。

terasuyterasuy 2006/02/20 01:16 お互いに視野を広げて歩み寄ればどうとでもなる問題だと思っていたりもします。結局は個人個人の問題でしょう。僕はどちらにでも対応できると自負しています。知識の偏執を失くすために、様々な場面でのリテラシーやコミュニケーションの力を磨いていくことが、オタクにも体育会にも必要なことなんだと思います。体育会で主将を務めているオタクのたわ言でした。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/20 02:29 >domoさん
オタクはオタクからしか承認を得られない。だからこそ、会話のすべてを対オタク用のものにする。それがまた、他人からの承認を得られない理由となり…。ぐるぐるぐる。って感じなんじゃないかと思います。
あー確かに、ネットで「馬鹿」やってるのはオタクかも知れませんね。うーん。ネットで話題になるくらい「馬鹿」なことだと、オタクみたいに一方向に突き抜けないと注目されないからかな…。

>abさん
あ、同じ境遇ですね。私も、体育会系とのコミュニケーションをうまく取り込めると楽になれそうなんですよね。ちょっとチャレンジしてみようかと思ってます。

>uranaryさん
お褒めに預かり光栄です。
僕も体育会系の人には苦手意識があったんですが、こういったことを考えてからは、多少うまく付き合えるようになった気がします。

>terasuyさん
そうですね。実は、最近知り合いになった体育会系出身者は、周りに体育会系じゃないオタクが一杯入るらしくて、すごくオタク馴れ(?)していたんですよね。話していても楽なんですよ。
もちろん下ネタを言ったりはするんですが、あくまで自分の性癖暴露だけで、こちらにそれを求めてこない。多少、オタク臭い言動があってもさらりと交わす。まさにコミュニケーションの達人って感じで、感心したんです。ああいうふうになれると、うまく生きていけるんでしょうねぇ。

きょうきょう 2006/02/21 14:51 はじめまして。
こういった考察をする場合、オタクや体育会系という存在を
ある程度ステレオタイプに定義して考えるのは当然だと思います。
現実に個々の場合を取り上げて違うと言うのではなく、思索の一滴の潤滑油として大変興味深く楽しく読ませていただきました。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/21 21:14 >きょうさん
はじめまして。体育会系であるという自負がある人にとっては、非難めいた口調になっていた部分があったので、そのあたりで「ステレオタイプ」と非難されたのかなと思います。反省。

guldeenguldeen 2006/02/22 01:05 ところで体育界系の方々が好むところの「露悪趣味によるコミュニケーションを図る行為」って、ヘタしたらセクハラそのものなんじゃありません?僕は兄弟に妹が居る関係もあってか、小学生の頃から少女漫画作品に慣れ親しんできたので、自分の中に(擬似的かもしれませんが)「乙女ゴコロ」が培われているのを自覚してます。しかし体育界系の人の交友態度というものは、僕の中のそれを見事なまでに蹂躙してくれるせいで、彼らとは話すだけでもドッと疲れが涌いてしまいますね。

微々微々 2006/02/22 11:45 これ体育会系じゃなくて単なる大学の馬鹿サークル系な気がしますが
このアホで豪快な奴=体育会系って世間の認識はどうにかならないもんですかね・・・

CABCAB 2006/02/22 11:50 なんだか体育会系はガテン系の人のコミュニケーションにも類似点があるような・・・。
私自身はオタク趣味で体育会系出身でガテン業界と関わる仕事なんですけどね。一般に人と交流を図るときには共通の話題がないと辛いのですよ。ところがオタクには当初からそれがお互いに完備されている。それ以外の人で話題に出来る題材といえばお天気の話題やペットのこと家族のこと、流行のテレビや映画などでしょうか。若い連中で家族の話なんかが出ることは少なくどうしても自動車がどうのとかエロ系の話題に行くしかない。そういった事情もあるような。

abcdabcd 2006/02/22 19:15 どこが「体育会系」なんかよく分からんのだが。
体育会って上下関係の厳しい官僚的な性格の集団のことじゃないの?

俺のまわりの「体育会系」はみんなマジメだぞ。
ましてや自分をコケ下ろして笑いだか連帯感だかを取ろうとする奴なんかいない。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/23 01:39 >guldeenさん
まぁ、嫌な気分になる人はいますわな。ただ、悪気がないってことが分かると、付き合い方が分かってくるかなと思います。
>微々さん
馬鹿サークル系も結構こんな人が多いですよね。念のため言うと、体育会系には特にアホが多いとは思っていません。馬鹿っぽいことを言ってみせているだけで、賢い人も多いですよ。医者って体育会系なことが多いですし。
>CABさん
ガテン系は結構、体育会系ですよねー。エロ系の話題が多くなるのは、若いとある程度仕方がないってのはその通りだと思います。それをどんな風に会話に盛り込んでコミュニケートするかってところが分かれ目かも。
>abcdさん
うーん。そうですか。まぁ、別にこれはあくまで、今までの経験による私見と推測であって、統計データか何かを取ったものじゃないですからねぇ。

yukki3202yukki3202 2006/02/23 02:40 皆さん書かれてますが、何をもって体育会系というのかですね。
私も自称体育会系(体育大学出身)ですが、自称オタクでもあります。
そういう立場としてはどっちにも下らない奴もいるし、逆にお互いを認めてくれるような人もいます。
確かにそういった傾向があるのは否めないと思いますが、最終的には個人の問題ということかと思います。

wagtailwagtail 2006/02/23 04:22 私はオタクですが、中高から大学1年まで、体育会系の部活に所属していました。
当然周りは体育会系の人ばかりですので、私は部内でも少し浮いた存在だったと思います。
そんな中で私が感じたことは、「彼らと自分(オタク)とは物の考え方からしてまったく違う。男と女並みかそれ以上に違う」ということです。

今回のエントリでは特に「コミュニケーション」に主眼が置かれていますが、私もこれには大いに困らされました。
何せ思考回路からして違う人たちが相手ですから、どのように会話をすればいいか全くわかりません。
しかし、彼らの会話を横から眺めていると、彼らの中でのある種の共通言語が見えてくるんですよね。
(エントリ内でも紹介されているような感じです)
あとはそれを猿真似することで、ひとまずのコミュニケーションは図れます。しかしそれは苦痛の伴う作業なんですよね。
その作業を繰り返しているうち、本来の自分の方を見失いかけているのに気づいて、私は部活をやめました。
(このとき初めて自分はオタクなんだと自覚しました。)
今でも、体育会系の人と関わり合いになることは意識的に避けて生活しています。

ただ、「あの人は体育会系だから」と安易に決め付けて、勝手に色眼鏡で見てしまうのは、何かと悲劇のもとになると思います。
両方のコミュニケーション事情を理解している人もいますし・・・yukki3202さんも言っておられるように、結局は個人の問題と言うことになるのでしょうか。

をの字をの字 2006/02/23 04:36 面白かったです。「体育会系」と「オタク」というキャラクターにあてはめるとコミカルで楽しいですね。どっちもどっちと云う感じで。変なたとえかもしれませんが、このテーマは「ノック」と「合言葉」の関係に似てるかと思います。「ノック」がうまくできる人は「合言葉」は必要ないし、「合言葉」が必要な人は「ノック」されるのがニガテ…と云うような。ちなみに僕は「ノック」するのもされるのもニガテなほうです。(笑)

通りすがり通りすがり 2006/02/23 08:29 私は全国大会にも出るような体育会系であると同時にオタクであると自負しております。両者のコミュニケーションを見た場合に、体育会系の人の中でもマニアックな話、種類は違いますが、その人達の中だけで通じる話で盛り上がることはあります。どこぞの人が言っていますが、笑いというのはマニアックであればマニアックであるほど面白いといいます。これは体育会系でもオタク系でも同じであると思います。また、私のまわりの体育会系の人はabcdさんの言うとおりまじめな人が多い気がします。むしろそういう「バカでスケベで酒乱であることを示そうとする」のはお遊びサークルに所属している人というイメージがあります。

通りすがり通りすがり 2006/02/23 08:34 って米欄よく見ずに投下したんですがなんかちょっとずれてるというか焼き直しなこと言っちゃいましたね。

ガタガタガタガタ 2006/02/23 10:30 体育会系とかは分かりませんがこういう人は確かにいますね。そしてとっても疲れます。
特に
「ねぇねぇ、俺にさ、『血液型は何型ですか?』って聞いてみて?」
ってとこがポイントだと思います。会話の脈絡とか物語性など一切必要なし。
私の場合、血液型の話題の時に「クワガタ」とかいう→そのベタさにつっこむというのは十分アリなんですけど。そうした話題みたいなもの(マニアなものでなくても何でもよい)がないとつっこんだあとどうすればいいか分からないため、怖くてつっこめません。誰か教えて下さい。

77777777777777 2006/02/23 11:44 僕は「あの女かわいーセックスしてー」って言った直後に「のび太の恐竜2006の作画レベルが高い・・・」って話を唐突にする人間なんで、どちらサイドの人間からも浮いてますがそんな生活を楽しんでますよ。
ちなみにアニメ製作側サイドにたつとオタクの感性と体育会系の思考を両方持っていたほうがいいと思います。

310310 2006/02/24 15:05 嫌な冗談を言われた場合、
相手に無理に話を合わせる必要はないと思います。
体育会系というか、冗談を会話に使う人は多くいると思いますが案外、非難されることを前提に話をする場合が多いです。
一番頭にくるのは、冷笑や馬鹿にされたような対応です。
自分は体育会系に入ると思いますが、
意味もない会話をコミュニケーションの道具としてよく使います。無言で過ごすよりはマシ、と思っていますが、、、

通りすがり通りすがり 2006/02/24 16:28 あはは、よく分かります。
両者に共通しているのは、シモネタにしろオタネタにしろ、
積極的に相手の突っ込みを引き出そうとしている点でしょうか?
……中には敢えて「引かれる」ことで面白がっている人もいますが。

R 2006/02/24 21:34 CABさんと310さんがコメントしてらっしゃるように、共通の話題が明白なオタク・コミュニケーションと違い、共通の趣味コミュニティ外の人との一般コミュニケーションには、とにかく「わかりやすい」話題が必要になるんでしょうね。そのひとつが下らない(自分を貶める)ギャグだったり、下ネタだったりするのでしょう。
以前、女性誌の特集で、「職場での女性同士の円滑なコミュニケーションのためには、ドラマやファッションの話題は仕事のうちと考えましょう」と書かれていて衝撃を受けました。不条理にも思えましたが、納得もしました。そういう当たり障りない話題が一般コミュニケーションには不可欠で、それができないと人間関係を築くのが難しいんですね。
オタク・コミュニケーションは自分が興味のある話題だけで通るのでラクですが、意味のない会話やゲスな話題もコミュニケーションツールとして必要不可欠なようです。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/24 21:47 >yukki3202さん
最終的に個人の問題ってのはそのとおりだと思います。体育会系でオタクな人も大勢いるわけですしね。

>wagtailさん
私もこれまで、避けてきてたんですよ。それで最近になって驚いちゃって。
仕事だと(特に上司は)選べませんからねぇ。
まぁ、最近は逆に、彼らに興味が出つつあるので、仲良くなってみるつもりです。

>をの字さん
ノックと合言葉、って例えは絶妙ですね。ノックのほうが多くの人に「あけて」というメッセージが伝わるという点も。

>通りすがりさん
おお。そうですかー。私も実は、それほど深く体育会系と絡んでいるわけではありませんので、真面目な方の多い部活もあるのでしょうね。実は、ちょっと、勇み足だったなぁと今は反省しているんです。

>ガタガタさん
突っ込んだ後、ですか…。うーん。適当に、流れて言っちゃうんじゃないのかな…。

>7777777さん
ドラえもんの歯茎は始めてみました。歯茎あったんですね。まぁそれはともかく。
両方持つのが強いですよ。これは間違いないです。オタクの人もそうでない人もお互いのコミュニケーションのやり口が見えると、付き合いの幅が増えますよね。
>310さん
「冷笑や馬鹿にされたような対応」。そうなんですよね。これをつい、やって件のS氏には嫌われたわけで…。肝に銘じようと思います。
>通りすがりさん
うまく「引く」人っているんですよね。なんというか、「引く」様子がギャグになるというか。あれもうまいコミュニケーション法ですよね。

通りすがり通りすがり 2006/02/24 23:40 >しばらくして、彼は女子高生を見てこんなことを言った。
>S氏「おいおいおい!あの女子高生見てみろよっ!!」
>私「え…、あ、はぁ。」
>S氏「あの生足!!涎でてくるなっ!あーセックスしてぇ!」
当方コンビニバイトですが、確かに体育会系の人は言いますね。
「やべえ、今のねーちゃんかわいくね?あーヤリてえ」とか。

適当に相槌うちますけどね…。

toorisugaritoorisugari 2006/02/25 07:45 コミュニケーションのあり方についての考え方は人それぞれだと思いますが、相手がどんな人であれ、どんな話し方であれ、相手を理解しようとすることがもっとも大切なことだと思います。

ある人を理解しようとするには、その人がどんな人か知り、それを受け入れ、それになじめるようになっていかなければいけませんし、それが出来るようであれば相手も自分のことを理解して会話が出来るようになっていくでしょう。

「この人、苦手だなあ」ですとか、「この人とは話しづらいなあ」と思うのであれば、まず自分から相手の事を理解する余裕を持って、上に上げたような事を念頭に置いた姿勢でコミュニケーションを図る事が、相手を理解し理解されるようになるきっかけになるのでは、と思います。

第一印象が「苦手」で、それがズルズルと続くようなら、「ああ、自分はあの人とはこうだからあわない、だから理解できなくても仕方ない。」と考え、「嫌いだ、苦手だ」と落ち着いてしまうのではなく、「自分のコミュニケーション能力が無いからだ、コミュニケーションを取れるようになるにはどうしたらいいか?」と考えて行く方が、相手のためにも、自分の人間としての価値を高めるためにも、いいことであるとは思いませんか?

風太郎風太郎 2006/02/25 12:41 >「自分のコミュニケーション能力が無いからだ、コミュニケーションを取れるようになるにはどうしたらいいか?」と考えて行く方が、相手のためにも、自分の人間としての価値を高めるためにも、いいことであるとは思いませんか?』

べつに思いませんが。

xxxxxx 2006/02/25 17:38 どっちかってーとオタク系なんだが、どーしても体育会系のコミュニケーション論を習得したくて回ってる漏れでつがどーみてもど真ん中です。ありがとうございました。




















ってこの書き込みもこの法則に従ってる訳だが

ハートグレイブスハートグレイブス 2006/02/26 05:48 米欄ざっと眺めて、オタク寄りの人が言う「体育会の人」が、
要は「オタク以外の人」を指してるように感じられた。
オタク的に、世の中には二種類の人間しかいないのか。
そこら辺がオタクだらけのコミュニティだけで学生生活を経る弊害なのでは。

そういえば、最近2ちゃんねるのVIPってのを(ブログなどで外から)見てると、
まさにこの自分をどれだけバカに見せるかってのを体現している人たちが集まっているように思える。
オタクも変わってきているのかな。
まあVIPの層(多分二次元が好きなだけのオタク)と収集欲・知識欲中心のオタクは別物かもしれないけど。

maroyakasamaroyakasa 2006/02/26 15:36 >通りすがりさん
まぁ、普通は適当に相槌ですよねぇ。

>toorisugariさん
合わない人と無理に接する必要は無いと思いますが、まぁ、たまには食わず嫌いせずに食べてみるのは、いいことかなぁと思っています。また、仕事の場などでは、付き合わざるを得ないことが多く、本当は学生のうちに触れておくべきなんでしょうね。

>風太郎さん
まぁまぁ。

>xxxさん
向上心があって良いことですな。私もがんばって身に着けますよ。

>ハートグレイブスさん
あー。オタク以外とオタクってことですか。うーん。鋭いかも。

今度VIPの話を、これに絡めてやろうかと思っていたんですが、先に言われちゃいましたね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20060219