Hatena::ブログ(Diary)

九尾のネコ鞭 RSSフィード

2006-06-24

[]「会話はキャッチボール」の本当の意味 「会話はキャッチボール」の本当の意味を含むブックマーク

「会話はキャッチボールなんだよ」ってのは良く聞くお説教だが、私は今までその意味合いを勘違いしてきたようだ。最近、ようやくそれが判明した。

私はこれまで、この言葉意味を「一方的に話すな」と言う意味として捉えてきた。会話はスピーチじゃないんだから、こちらが喋った後は、相手も喋る。会話が行き交う。つまりキャッチボールなのであると。

だから私は、そんなことは当たり前じゃないか、と思ってきた。私はコミュニケーション不得手ではあるけれど、別に、自分が喋ったら即、耳をふさいで「あーあーあーあー、きこえなーい、きこえなーい、ぜんぜんきこえなーい」とか首を振り振り、叫んでいるわけじゃないのだ。キャッチボールはちゃんとやっている。訳の分からんお説教するな。そう思ってきた。

しかし、この捉え方が、根本的なところで大きく間違っていることが判明した。

ポイントは「キャッチボール」という暗喩である。

良く考えてみれば、「行き交うもの」を例えるために「キャッチボール」である必要はないのだ。なぜ会話を例えるために「キャッチボール」というものが使われているのか。


キャッチボールとは何か。

キャッチボールは体を動かすのだから、一見スポーツっぽい。しかし、キャッチボールはあくまで、何かのスポーツをするための練習や準備体操であって、それ自身はスポーツではない。例えば「全日本実業団対抗キャッチボール大会」なんて聞いたこともないし、「大学時代は毎日キャッチボールに汗を流していました。」と言っても「スポーツマンだなぁ。」とは思われない。


なぜ、キャッチボールスポーツに含まれないのだろうか。それは、この運動に、目標と言うものがないからだ。

スポーツには目標がある。例えばサッカーならボールを相手のゴールに入れることだし、マラソンなら42.195キロをできるだけ早く走ることだ。

しかし、キャッチボールには目標らしい目標がない。しいて言うなら、ダラダラと続けることだけが目標である。


そして会話はキャッチボールなのである。つまりそこに目標などない。ダラダラと続けることが大事なわけであって、間違っても取りにくい球を投げてはいけないのだ。相手が返せるような球を投げあって、ただひたすら時間を潰す。これこそが会話と言う奴なのだ。

私は会話においてキャッチボールなんてほとんどしていなかったように思う。どちらかと言えばドッヂボールに近かったように思う。相手に如何に剛速球を投げるかを考えてきた。

だから、ヘロヘロな球、すなわち、くだらない会話をする奴をアホだと思ってきた。どうしてこんなものを投げることができるのだろうか。どんだけ、頭が足らんのだと。

それは私がミクシィに抱いた感想と同じだった。友人たちの書く、何の面白みもない、つまらない、非建設的記事。何でこんなにつまらないものがブームになるのか、私は不思議だった。


しかし実は、会話の目標はリレーの継続であったのだ。ミクシィにおいて、足跡の付け合い、レスポンスの付け合いが目標であるように。中身なんて別にスッカラカンでも良いのだ。如何にレスポンスをしやすい会話をするか、それに気を使うものこそ、コミュニケーション上手なのだ。

会話は「量」より「質」だと思ってきた。でもそれは違う。

会話において重要なのは「質」よりも「量」なのである。

hazel_plutohazel_pluto 2006/06/24 20:08 はじめまして。
同じようなこと考えていたので、コメントさせてもらいます。

やはり、「質」よりも「量」が重要ってのが世間の常識なんでしょうか。
これはどの程度の人達が共有している感覚なんでしょうね。

私は「量」より「質」が大事だろと主張していきたいです。

鬼太郎鬼太郎 2006/06/24 21:31 はじめまして。
ぼくはそもそも、野球のキャッチボール自体、できませんよ。
怖くてボールが取れないときた。
だからもちろん、40歳を過ぎたいまも童貞です。

hardgayhardgay 2006/06/24 22:03 目と目で通じ合う。
そんな仲になりたいわ。

unknownunknown 2006/06/24 23:46 やることなすこと全てに、意味や価値を求めようとするなっつーことよね。
もちろん、何かを得られたらそれに越したことはないのですが。

あと、一見中身の無いことも、時間経過がつくる重みによって生まれる価値もあるのではないかと。

DD 2006/06/25 00:43 やっと気づいたようだね。

木村木村 2006/06/25 05:58 量より質が大事というのは怠け者の言い訳でしかないのかなぁと思う今日この頃。
やはり優れた「質」を作り上げるのは隠れてなされた努力の「量」であり、「量」が「質」を保証するのでしょう。

春風春風 2006/06/25 16:21 キャッチボールの例えは会話の「ルール」のことだと思う。
「とれるところに投げてね」=「わかる言葉で話してね」

「量」と「質」は
「交わった気持ち」=「質」
「話した時間」=「量」
とするとどっちが大事とかの問題じゃない。
「質」は明らかに大切だが
「量」を主張する人は
「質」はすぐにわからないから
はじめは「量」から入ることはあるよね
ってことにしといた

maroyakasamaroyakasa 2006/06/25 19:55 >hazel_plutoさん
たぶん「質」も大事ではあるんですよ。そして「質」にこだわると言う選択も良いと思います。ただ、一般的には「量」が重要視される傾向があるって話なだけで。
>鬼太郎さん
私も球技は苦手です。
>hardgayさん
ん…色っぽい。
>unknownさん
あと、無意味だからこその価値ってのがあるのかも。
>Dさん
上からの発言ですねぇ。こういう上から投げられたボールは受け取りづらいんですよね。いや、べつにいいけど。
>木村さん
うーん。まぁ、TB先のどれだかに書いてありましたけど、状況とかスキルにもよるんですよね。たぶん。「質」の高い文章とか好きですもの。ただ、会話においては「量」重視の人が多いんじゃないかなぁと思うわけです。
>春風さん
「交わった気持ち」=「質」とすると、これの達成には「量」が必要そうですね。

まめまめ 2006/07/07 11:53 はじめまして。面白かったです。
よく考え出しましたね(笑)。
やっぱり私もドッヂボールに傾きがちなのですが、
スポーツと同じで剛速球投げられる人もいれば、
>ヘロヘロな球、すなわち、くだらない会話
しか出来ない人もいるわけじゃないですか。
まあ仰るとおりそれはアホだと私も思いますが。
特にオンナノコと話しているとそうなので、
剛速球は投げられる人とだけします。

ssssss 2006/08/17 11:22 あああ