マシュマログ6 このページをアンテナに追加 RSSフィード


マシュマログについて

マシュマログにはメインテーマ毎に6つに分かれています。
名称とメインテーマの関係は次の通りです。

名称メインテーマ
マシュマログコラム・下記以外のネタ
マシュマログ2シリコンオーディオ・ヘッドフォン
マシュマログ3ポータブルゲーム機(ハード・ソフト)
マシュマログ4−2スマートフォン・携帯電話
マシュマログ5デジカメ
マシュマログ6PC・PDA・スマートフォン・携帯電話
シリコンオーディオ・ヘッドフォン


福岡デジタルデバイスミーティング
マシュマログとは関係ありませんが宣伝です。
博多駅界隈で毎月開催しているデジタルデバイス関連のオフ会です。
興味を持たれた方はミーティングのサイトから、お気軽にお問い合わせください。

August 10, 2007 Windows VistaとWindows MobileをBluetoothで接続(Nokiaもネ)

Toshibaスタックはダメ?

| Toshibaスタックはダメ? - マシュマログ6 を含むブックマーク Toshibaスタックはダメ? - マシュマログ6 のブックマークコメント

W-ZERO3[es]用に買って使えなかったBluetooth USBアダプタ「BT-MiniEDR」(プラネックスコミュニケーションズ製)をこのたび購入したパソコンに挿してみた。

このUSBアダプタはToshibaスタックを使用するのですが、どうもWindows Vistaとの相性が悪いのかペアリングを行うときにActiveSyncが設定できないのである。ノートPCにもおそらく同じドライバを使っていただろうと思われるが、OSWindowsXP Professionalであるためか、簡単にではないが使えていたので相性なのかなという思いです。

そこで、Nokia PC SuiteのBluetoothスタックToshibaの他にMicrosoftスタックがあったのを思い出し、だったらと以前から考えていたWireless Entertainment Desktop 7000を導入してみた。Bluetoothを使うのでもちろんBluetooth USBアダプタが付属する。さっそく背面のUSBポートの挿してみた。キーボードマウスはすでに設定されていて何もすることなくつながった。これは当たり前のことだし今回知りたいことではないので軽く流しておこう。さて、問題なのはWindows Mobileとの接続を試みた。すると、何ともあっさりと接続することができるではありませんか。(そりゃそうでしょうよ。全部がMicrosoft一社によるものですからネ。)高価すぎて導入に躊躇していたものでしたが、少なからずも快適が増したのでよかったかな。もちろん、NOKIA携帯電話も問題なくつながったのは言うまでもない。

July 23, 2007 Advanced/W-ZERO3[es]4日目

gsgetfile.dllの不具合

| gsgetfile.dllの不具合 - マシュマログ6 を含むブックマーク gsgetfile.dllの不具合 - マシュマログ6 のブックマークコメント

Advanced/W-ZERO3[es]でgsgetfile.dllを使うとソフトキーメニューが表示されないという不具合がある。しかし、それもアドエスリンク - 伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)によって解決へと導かれた。

最新のGSPlayerに同梱のものを使うといいというのでさっそく試してみた。しかし、私にはGSPlayerは必要ないのでパッケージファイルからgsgetfile.dllだけを抜き出して導入することとした。以下は、その手順の覚え書きです。

まず、「403 Forbidden」から「gsp226wm5.zip」をダウンロードしてきます。

gsp226wm5.zipからgsplayer_wm5.cabを取り出し、さらにgsplayer_wm5.cabからgsgetfile.003を取り出す。

このgsgetfile.003をgsgetfile.dllリネームしてできあがりです。

July 21, 2007 潤沢に供給されているのか売れていないのか

Advanced/W-ZERO3[es]購入

| Advanced/W-ZERO3[es]購入 - マシュマログ6 を含むブックマーク Advanced/W-ZERO3[es]購入 - マシュマログ6 のブックマークコメント

予約していたAdvanced/W-ZERO3[es]を発売日初日のおととい購入してきました。

予約するときに機種変更処理のタイミングとして、朝一で処理し受取に行くだけという方法と、来店時に処理する方法のどちらかを選べました。主にメール端末として使っているので使えない時間帯ができるのを嫌って後者を選択したのですが、機種変更の処理に1時間以上かかってしまいちょっと後悔してしまいました。

ファーストインプレッションとして画面がきれい。横長(縦長)画面はemoneで慣れてますが画面の大きさが違うだけでまた違った印象を受けます。画素密度の関係でしょうかどちらもSHARP製なので液晶の違いに興味があります。

それとWindowsMobile6とOSが違うというのも関係してるんでしょうか。グラフィックが3Dをイメージするような感じになっていますので見た目の良さには貢献していると思います。

さて、ファーストインプレッションはこのぐらいにして実際に使ってみてということでみてみましょう。まず、真っ先に確認したいのはこれまで使っていたソフトがそのまま使えるか。使えないとすれば対応バージョンが出ているか。そのあたりを確認しながらよく使うソフトからインストールしていきました。結果からいうと今のところ不具合には遭遇していません。今まで慣れ親しんだ環境を構築することができました。

続いて、気になっていたのがサイズが小さくなったのでソフトキーが無くなったことですが、これはWindowsキーとOKキーを切替えて使うことができ、本来のWindowsキーとOKキーとして使うときは長押しすればいいということなので、さっそく設定を変更して使っている。慣れの問題かもしれないがソフトキーがあった方が使いやすい。キーボードをスライドしたときも「Fn」キーとの組合せであるがソフトキーが使えるようになったのもうれしいところだ。

キーボードの話が出たのでスライドキーボードに話を移すが、W-ZERO3W-ZERO3[es]と比較して真っ先に目に付くのが数字キーの列が無くなり4列となったこと。さらに形状がHTCのHermesっぽくなってます。

他にキーボードで変わった点といえば、「半角/全角」キー、WiFi切替キー、前述したソフトキー等の追加があげられる。さすがに初代W-ZERO3発売から1年半経過し、使い勝手は確実によくなってきている。

これだけ使うよくなってくると料金プランをどうするか迷ってしまいます。最近はW=ZERO3[es]をメール専用として使っていたのでデータ定額オプションをはずしていたが、復活しようかと悩んでいる。emoneを購入したこともあり、そちらとの絡みも考えじっくりと検討したいと思う。