ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

まるのダイアリー

2017-11-16

maru992017-11-16

しっかり寝て、9時前に起床。モスバーガーで腹ごしらえをしてから半蔵門の国立劇場へ。向かう途中の車内で、修正加筆の案件が保留中のクライアントから、別の書類を英訳してほしいと。あらま。大急ぎじゃないそうなので、受注。

正午開演なので食事の調整が難しく、劇場内でお弁当を売っているものの、それを丸々ひとつ食べるほどじゃないからなぁ、とコンビニでおにぎりでも買うつもりでいたのだけれど、半蔵門の駅構内にあったコンビニも、駅前にあった別のコンビニも閉店してしまっていた。あらまぁ。

今月の国立劇場は「坂崎出羽守」と「沓掛時次郎」の2本。前者は大阪城の落城を前に救出された千姫をめぐる物語で、先月の歌舞伎座で観たばかりの「沓手鳥孤城落月」の続きを観ているかのよう。坂崎は救出の際に顔にやけどを負い、千姫は坂崎を疎んじて帰途の船中で本多平八郎を見染め、助けたら嫁にやるという家康の約束が反故にされ、鬱憤を募らせた末、本多のもとへ嫁ぐ千姫の行列に斬りかかり、家臣に留められ無念の思いで立ち尽くすところで幕が下りる。史実ではこのあと坂崎家は改易されている。実際の千姫事件では経緯に諸説あるものの、山本有三の戯曲をもとにした今回の作品では、坂崎はもともと先陣争いに加われなかったことを悔やんでいて、千姫救出は絶好の機会と勇んで飛び出そうとするところへ、家康が例の約束を口にする。もともと助けに行く気満々だったのだから、そんな余計なことを言わなければよかったのに。千姫も、史実はどうあれ今作では、大阪城から命からがら逃げ落ちてきたのに、自分を助けるためにやけどを負った坂崎を疎んじ、平八郎を見染めて嫁いでいくのも身勝手に思えるし、でも坂崎もそもそも功名心から助けに行ったのだから、そんなに姫に執着しなくてもいいのに、とも思うし…とあれこれ考えてしまうぐらいにリアルだった。鬱々として最後に爆発する役が松緑にピッタリで、彼の近年の役の中ではピカイチなんじゃないかなぁ。梅枝の千姫、梅玉の家康。左團次さんが僧宗伝として、孫の男寅さんも松平の使者としてご出演♪

「沓掛時次郎」では、梅玉が家康からぐっと若返ってタイトルロールを演じる。旅の渡世人で、一宿一飯の恩義から争いごとの助っ人に立ち、やむなく相手の男を斬ってしまう。この早々に殺されてしまうのが松緑で、遺された身重の妻と息子まで殺そうとする男たちから二人を守り、以後、やくざな渡世から足を洗ってまっとうに行きていこうとするという、長谷川伸のお得意の世界。二人目の出産で命を落としてしまう妻を魁春。息子の太郎吉は松緑の息子の左近が演じていて、もうこんなに大きくなっちゃったのかぁ。とビックリ。あとあとまで時次郎を付け狙う二人組がてんで弱っちいのが面白かった。

ひさしぶりにアンケートを書いて提出したら、粗品としてチケットホルダーをもらった。重宝しそう。

結局おにぎりは食べなかったので、「おかめ」に寄り、あったか〜い味噌うどん。でもせっかくの甘味処なので、できたてホヤホヤであったかいおはぎをテイクアウト。

帰宅後、英訳をスタート。幸い、添付されていた参考書類のファイルがとても役立ち、それをベースに上書きしていくことで順調に進んだ。3時間ほどの作業で見直しも修正も終わり、メールも書き終え、ファイルを添付しようとしたら、あれ? あれれ? ファイルがない???

あるべきフォルダーにないだけでなく、他のフォルダーにもゴミ箱にもなく、ワードの「最近使ったもの」にも、パソコン全体の「最近使った項目」にも出てこない。印刷もして上書き保存をしてファイルを閉じたのに、どうしてワードでまったく作業をしなかったことになってるの??

最悪の場合は印刷したハードコピーをもとに作業をやり直すしかないかぁ … でもあきらめきれなくて、あれこれ調べているうち、小1時間かかってようやくファイルを発見! ファイル名が不完全だったみたいで、プログラムフォルダーのへんなところに保存されていた。それにしたって、作業はワードでしたんだから、その痕跡すら消されてしまっているのは納得がいかないわぁ。

そんなこんなで、送信したのは1時すぎ。日付が変わる前に納品できるはずだったのにぃ。

… これでやっと、実際に昨日の日付のところまで追いついたぁ (^^)

2017-11-15

maru992017-11-15

今日には修正加筆の案件をスタートできるはずだったんだけど、もう少しホールドさせてほしいと連絡が来て、今日も手が空いたままになってしまった。てことは、忙しくて無理かなぁ、とあきらめていたイベントに行けちゃう?

また別の案件が飛び込んで来ないうちに、と身支度をして、六本木ヒルズアリーナへ。ほぼ日の「生活のたのしみ展」。2回めの開催で、1回めはなんやかんやで時間が取れず、残念に思っていたのと、ほぼ日のサイトでも販売されているルームシューズが気になっていて、でも履物は試してからじゃないとなぁ、と購入を控えていたので、ぜひ試してみたかったものだから。

ヒルズは広いし、あちこちでイベントが開催されているのでアリーナの場所が分かりにくいかも、とサイトに書かれていたのだけれど、日比谷線の六本木駅から直通でヒルズに着くと、次々に「生活のたのしみ展」とプリントされた袋を下げた人が歩いてくるものだから、その人の流れを逆にたどっていくうち、スムーズにアリーナに到着。まずは上からアリーナを見下ろす形で、すごい人! 思わずスマフォで撮影。

真っ先に向かった「カレーの車」では、残念ながらカレーがもう売り切れで、夜の分までおあずけ。日々、都内のあちこちに出没しているらしい「カレーの車」の出没先と私の行動パターンとがなかなか一致しなくてこれまでずっと機会がなかったから、楽しいにしていた。他にも試食コーナーとか、早くも売り切れ続出の大賑わい。

小さなブースに分かれた店舗をひとつひとつ回りながら、「NAOTの育てる靴」のブースで試し履きをさせてもらっていると、さっきまで「ポンテの靴下」コーナーで熱弁を奮っていらした糸井さんが。スタッフさんたちと同じグレーのオーバーオールに黒い帽子がとってもお似合い。試し履きをさせてもらった靴はとっても素敵だったのだけれど、最近買ったばかりの靴とデザインが似ていたこともあり、ひとまず保留にして、再びお店めぐり。

ルームシューズのお店を発見。普段の靴のサイズを基準に試したサイズ2は大きすぎて、サイズ1に替えてもらったら、まさにジャストフィット。普通のスリッパと違ってパカパカすることなく、まるでもう何年も履き続けているかのように足になじんで、なんだか足が喜んでいるみたい。あまりの気持ちよさに購入決定。ほぼ日のサイトでは4色展開のところ、サイトにない赤が深くていい色合いだったので、普段、赤を身につけることはほとんどないのだけれど、ルームシューズならいいかな、と赤をチョイス。嬉しい♪

そのあと、大阪で生地屋さんをしている伊藤尚美さんのお店で、とっても着心地の良さそうなコクーン型のチュニックというかワンピというか…フレンチスリーブで重ね着タイプ。ひと目惚れしてしまった。

さらにそのあと「世界の楽器」のブースで、ベトナムの「口琴」がカラフルでユニークで、演奏を見せてもらったら楽しい音色だったので、何に使うんだぁ? と思いつつ購入 (^^ゞ

そうこうしているうちに「カレーの車」に列ができ始めたので加わり、後ろに並んだ人とオシャベリしながら順番を待つ。プラムとクローブの組み合わせを選び、ポテトのメルティオイル和えがついて千円ポッキリ。美味しかったぁ♪

並んでいる間にオシャベリしていた人と一緒に食べたんだけど、彼女は私よりずっとたくさん買い物をしていて、すでに大荷物なのにさらに「土楽」の土鍋を受け取って帰るとのこと。履いていたのはNAOTの靴。ほぼ日って、こういうコアなファンが多いのよねぇ。

そろそろ帰ろうとしている頃、糸井さんは「ほぼ日のアースボール」をプレゼン中。ビーチボールのような地球儀で、スマフォをかざすといろんな情報が音と映像で出てくるそうな。子供がいたら即買いしちゃうんだけどなぁ。

2時間以上たっぷり遊び、北千住のスタバでひと休み。ネットで美味しいと評判だったラズベリーチョコレートパイに初トライ。意外にも甘さがごく控えめで、ラズベリーの甘酸っぱさとショコラ生地とガナッシュの相性が良く、下はココアのパイで様々な食感が楽しめる。うん、これ、美味しい!

さらにアリオの無印良品へ。「羽織れる電気ひざ掛け」のダークブラウンを買う。荷物がさらに増えてしまったので、バスで帰宅。ふぅ〜。急ぎの仕事でストレスがたまっていたというわけでもないはずなのに、一気に消費に走ってしまったわぁ。

明日は国立劇場だから、しっかり睡眠をとるために早めに就寝 ☆

2017-11-14

maru992017-11-14

朝まで仕事をして、お風呂はさっと済ませ、倒れ込むようにベッドへ。案件が片付いた安心感からか4時間サイクルでは目が覚めず、たっぷり6時間。その間に、和訳を送った先から、追加してもいいかという問い合わせ。ううむ。大型案件で、私が担当した契約書意外にもたくさん書類がありそうな気配だったから、納期より早く仕上げると追加が来ちゃうかも、と思いつつ送信したのが当たってしまったかぁ。でも追加も来ちゃってるし、16日は国立劇場だし。いきなり同じぐらい大量の書類を大急ぎで、というのは難しい現状をお伝えすると、来週の頭からでもいいから手伝ってほしいと。それならOKと返信をして、こちらの案件はひとやすみ。

さて、次は英訳の修正加筆をば、とスタートしようとして、内容にちょっと疑問があって問い合わせをしたら、内部で再検討したいので少し保留にさせてほしいと。あらま。てことは、あれ? 手が空いちゃった? こんなはずじゃなかったんだけど … と、しばしポカン。

それならば、と今夜のホットヨガに予約を入れる。夕べ転んだ直後はすり傷程度だから大丈夫、と思ったのに、そのすり傷の下の辺りも軽い打ち身になっているようで、よつんばいのポーズが多い骨盤筋整のクラスはしんどそうなので、21時20分からのリラックスヨガ。

それまでの間、箇条書きだけで保留にしていた日記を11月4日分から遡って8日まで。毎日ちゃんとアップしていれば、急に忙しくなったとしても、せいぜい2〜3日のブランクで済んだはずなのにねぇ。いかんいかん。

いつものように早めにスタジオへ行き、先端まで冷え冷えの手足を温めるべくストレッチを始めると、ありゃ、右の脇を伸ばすと痛い。左は大丈夫。でも右足は膝下の打ち身の他に足首にも軽い痛みが…。右手首の痛みもまだ消えていないし。家で普通に動いている分にはそれほど感じなかったのに、結構あちこち痛いわぁ。やぁねぇ。ただ、リラックスヨガはそれほど身体に負荷がかからないので、すべてのポーズをどうにかクリア。

いつもの時間帯は骨盤筋整なのにそれより後のリラックスヨガを受けたせいか、終了後にインストラクターさんから「リラックスヨガがお好きなんですね」と言われたので、実はまた転んじゃって、と説明したら、「もうしばらく自転車に乗らないほうがいいんじゃ?」と言われてしまった。くすん。

日記の続きをアップし、まだ本来の日付には追いついていないものの、今夜は早めにおやすみなさい ☆

2017-11-13

maru992017-11-13

5時まで仕事をしていたので、バスソルトを入れたお風呂でじっくり温まってから就寝したのはもう7時近く。仕事が予定より早いペースで進んでいるから、6時間ぐらい寝ても大丈夫かな、とアラームをセットしておいたんだけど、4時間サイクルでシャッキリ目が覚めてしまい、シャッキリすぎて二度寝はできそうにないのでそのまま起床。

寝ている間に、このところ裁判書類が相次いでいるクライアントから、以前の英訳に修正加筆をして別の書類に仕上げてほしいという依頼。とにかく今の和訳を終わらせないとスタートできないのでその旨を伝えると、1週間ぐらいのうちに納品できれば重初んだと。分量がそれほど多くないので、それなら大丈夫、と返信。

和訳のラストスパート。夜までかかると思っていたら、16時すぎにひととおり終わったので、36ページだったのが英文に和文を併記した結果、倍近くに増えた書類を印刷している間に身支度をして、アリオのカフェソラーレへ。カウンターの一番奥の席に落ち着き、和訳の見直し。

こんなに空いてて大丈夫? と心配になるぐらいの状態の中、3時間ほど作業をし、そろそろお腹も空いてきたことだし、と移動しようとしたら、ありゃ、雨が降ってる。レインコートの準備をしていなかったので、ダウンのフードを被って自転車で発信しようとしたところ、フードで視界が狭くなっていたせいか、はたまた雨で滑ったのか、自転車が横倒しになってしまった。またかぁ。でも6月初めに転んだ時に較べるとずっと軽傷 … のはず。

コメダ珈琲でグラタンとたっぷりカフェオレ。雨で濡れた身体を中からも温め、2時間ほど見直しの続きをして、ラストオーダーをききに来たタイミングでちょうどキリが良かったので、ひとまずここまで。

幸い雨はやんでいて、帰宅後に濡れた服を着替えたら、右膝の下に小さなすり傷。目立つ傷はそこだけ。消毒してから軟膏をすり込み、大型のキズ絆をペタン。

納期に余裕があるから見直しの続きは明日でもいいんだけど、次の依頼も来ちゃってるからなぁ、と迷った末に、見直しを再開。午前3時半近くに終わり、修正に約2時間半。英文に疑問のある箇所等のレビュー時に留意してほしい点をメールに列記し、送信したのが6時半すぎ。ふぅ〜。さすがにヘロヘロ (^^ゞ

2017-11-12

maru992017-11-12

今日からはしばらく外出の予定がないので、家にこもって和訳に専念することができる。納期に指定された16日は国立劇場なので、遅くとも14日までに終わらせれば、翌日の見直しと修正で間に合うはず。

でも17日にはアルパのレッスンなのに、練習する時間がまったく取れそうにないので、先生にメールをして延期して頂いた。その分、延期しただけのことはあるように、仕事が片付いたらみっちり練習しないとね。

さて、和訳。夕べのうちにスタイルを調整し、和訳の入力場所を確保しておいたのが大正解。書式を気にせず、和訳に集中することができる。幸い、英文自体はとてもプレーンだし、内容もそれほど複雑ではないので、思ったより早いペースで進みそう。ただ、ところどころ中国法に特有の用語らしい内容が出てきて、でも中国法上の用語だと明記されていはいないので、勝手に訳注を入れるわけにいかず、他の用語と同じように和文にするためには、その特有の意味を日本語に置き換えないといけなくて、ネットであれこれ調べてみても適訳が見つからず、しばらく考え込んでしまうことも。さんざん悩んだ末に、これならいけるかも、と思える語句がひらめいた時は、ちょっと嬉しかったりする (^^)

そんなこんなの作業をしながら、まる子とサザエさんの時間は夕食をかねてひと休み。東芝の提供が終わるのを機に、サザエさんはもう内容が時代に合わないから打ち切りでもいいんじゃないかという声があるらしいけど、残してほしいなぁ。

零時からは、BSプレミアムシアターで、録画しながら、ザルツブルグ音楽祭の「アイーダ」。だいぶハイペースで進んできたから、チラチラ見ながら、でも一応はBGMとして、和訳は続行。アイーダと言えば凱旋の場での豪華なセットが話題になりがちなんだけど、ごくシンプルな装置が印象的。タイトルロールを演じるのはネトレプコで、ロシア生まれの彼女が顔を褐色にしてエチオピアの王女を熱演。素晴らしかった。

そのあと「ネトレプコ in 東京」と題して、昨年のサントリーホールでのリサイタルを再放送。ユシフ・エイヴァゾフのテノールとの相性も良く、「蝶々夫人」を歌うときには蝶の指輪が輝いていた。まさに今、絶頂期なんだろうなぁ。素晴らしい。

番組の終わりとほぼ同時にきりのいいところまでたどり着いたので、ここまで。すでに午前5時だけど、頑張った甲斐あって、予定よりかなり早く終わるかも!