ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

まるのダイアリー

2017-08-14

maru992017-08-14

仕事が一段落した安心感と、夏真っ盛りとは思えないような涼しさとで、窓を締め切ったまま爆睡。正午近くまで寝てしまった。

明日がもう図書館への返却期限で、自宅では読書に集中できそうにないので、迷わずアリオへ。夏休み中の混雑に加えてランチタイムだったので、カフェソラーレもカウンターは空きがなく、近くの小さなテーブル席へ。タコとオクラの明太子パスタを頼んでみた。明太子の風味はあんまり感じなかったなぁ。

岩波文庫「不思議な少年」を開いたものの、またも眠気に襲われてしまい、しばらくはほとんど進まなかったんだけど、30分ほどで睡魔から解放され、その後は物語の世界に入り込むことができた。山下和美さんの同名のコミックスは、マーク・トウェインのこの小説がヒントになったとご自身が語っている。とはいえヒントにしたのは主人公の存在だけで、コミックスのほうは短編集で、少年が時空を超え、様々な時代の様々な世界に現れるのに対し、小説のほうは小さな村でのできごとに限定されている。それでもビジュアルの力は強く、読みながら、少年は常にコミックスのイメージに置き換えられ、それが小説の世界観にもよく合って、より楽しめたような気がする。

上島珈琲店に場所を移して第2ラウンド。めでたく読了。魔女狩りも描かれていて、本当に魔女だなんて思っていないのに周囲を気にして自分も石を投げてしまった男の子に、人間が少数の声高の主張に簡単に迎合してしまう様子を戦争も同じだと語る場面が印象的だった。マーク・トウェインの晩年のペシミズムが反映された作品という解説に納得。

帰宅後、録画しておいたロジャーズ・カップの決勝を見る。でも直前にうっかりネットで結果を見てしまったので、あんまり気が入らなかった。好調を維持していたフェデラーが精彩を欠き、まだ20歳のアレクサンダー・ズベレフが2度めのマスターズ1000制覇。グランドスラム優勝も近いのかなぁ。

そのあとさらに、中居くんが司会のスポーツなんちゃらを録画で見る。卓球のラケットって週に何度も表面のラバーを貼り替えないといけなくて、スポンサーがついていないとラバーの調達も自己負担で、貼り替えはすべて選手が自分でやるというのが驚きだった。後半の野球編では、プロ野球では試合に勝つ毎に報奨金を山分けすることになっていて、その金額が巨人と他のチームでは違うというのにビックリ。

明日は図書の返却に行かないといけないのに、またしても雨の予報。困ったわ〜。

2017-08-13

maru992017-08-13

夕べ日付が変わってからお風呂に入り、なんやかんやでベッドに入ったのは3時すぎだったんだけど、寝付けずにいるうちに5時を回ってしまい、やけに目が冴えて眠れそうにないのでひとまず起きて、コンタクトレンズを入れないままで世界陸上。普段は陸上ってほとんど見ないんだけど、ウサイン・ボルトのラストランが話題になっていたものだから。

男子100メートル×4人のリレーで、すでに大きく報道されたとおり、アンカーのボルトが一気にトップに立つかという追い上げの途中で足に異変が起き、倒れ込むその間に日本チームが3位でゴールして銅メダル。こんなことがあるのねぇ。あの異変さえなければおそらくジャマイカが連覇し、日本は惜しくも4位でメダルを逃すところだった。引退を宣言した最後のレースで、輝かしいウイニングランになるはずがゴールまでたどり着けないという不運。そしてそれを「ボルトらしい」とコメントする織田裕二。う〜ん。モヤモヤ。

やっぱり寝ないとなぁ、と再びベッドへ。今度はスムーズにZZZ。

5時間ほど寝て、ごく軽くお腹に入れて、15時から骨盤筋整ヨガ。お久しぶりのインストラクターさん。同じプログラムでもインストラクターによって進め方が異なり、特に2つのポーズでいつもとは違うやり方を指示されて、ちょっと混乱してしまった。

早々に閉店してしまうこともある吉田パンがまだ開いていたので、いつもどおり野菜サンドにそぼろレンコンをプラス。まだ汗が引かずにタオルで拭いていたら、冷たいお茶を出してくれた。美味しかったぁ♪

帰宅後ひと息ついて、まる子&サザエさんも見終わって、他に特に見るものもないし … と、ようやく仕事をスタート。最後の契約書にとりかかる。ひとつ前がライセンス契約書で、それをベースにしたサブライセンス契約だったので、ライセンス契約の和訳をベースに作業を進めていたら、もとのライセンス契約の和訳にケアレスミスをいくつか見つけてしまった。が〜ん!

それ以外はスムーズで、約4時間で終了。その時点で日付が変わるちょっと前。

さて、どうしようかしらねぇ、と迷いながらお風呂に入り、見直しにもそれほど時間はかからないだろうから、何も明日まで延ばしてわざわざ外でやるほどでもないか … と温まりながらつらつらと考え、お風呂上がりに見直し。その作業も1時間ほどで終わり、修正を終えてから、ライセンス契約のほうのケアレスミスも変更履歴付きで修正し、メールで事情を説明しつつ、2つのファイルを送信。これにてシリーズ案件の作業がすべて完了。納期より10日以上も前倒しできたのは上出来だけど、ミスがなければよかったのにねぇ…。

2017-08-12

maru992017-08-12

図書館で借りた岩波文庫「不思議な少年」を読む時間がなかなか取れずにいて、でも15日が返却期限なので、幸い仕事は順調に進んでいるので、外出の予定がある今日は仕事をちょっとお休みし、早めに家を出てどこかで読書タイムをとることにした。

でもまずは腹ごしらえ、と久しぶりのシタールでスープカレー。店内のテレビに猿之助が出ていて、高橋一生さんとは彼がまだブレイクする前からの親友なんだとか。猿之助は酔うと可愛い、と一生さんが話していた。見てみたいなぁ。

北千住のスタバで読書タイムにしようと、「ホットのラテをマグカップで」と注文したら声が小さかったらしく聞き返されたので、もう一度ハッキリ伝え、レジとは離れたカウンターから出てきたラテがやけに大きくて、「普通のを頼んだんだけど」と言ったら、「ハイ、普通のです!」と元気に言われて、まぁいいか、とそのままテーブルへ。レシートを確認したらやっぱりトールになっていた。「普通の」じゃなく「ショート」と言うべきだったのね。彼女が普通のだと言ったのは多分「デカフェ」じゃないという意味。いろいろめんどくさい (^^ゞ

読書タイムのはずが急に眠気に襲われてしまい、最初のうちはどうにもページが進まなかった。ぼんやりしていた頭がようやくスッキリしてきて、後半では通常のペースで読むことができたものの、まだまだ初めのほう。案の定、トールのラテは飲みきることができず、3分の1ぐらい残して退店。

日比谷線から霞が関で丸ノ内線に乗り換えて四谷へ。四谷まではいろんなルートがある中、今日のルートは初めてで、乗り換えがスムーズだったのでこれからこのルートにしよう。

四谷の駅からすぐの場所にあるジャズ喫茶「いーぐる」にて、林田さんの「横断的クラシック講座」第8回。テーマは「中南米のクラシック音楽 〜 ヴィラ=ロボスを中心に」で、今日から10回分を本にまとめることが決まったとのこと。でも毎回土曜日で、次回は絵の教室と重なってしまう。10回のうち何回出席できるかなぁ。

ヴィラ=ロボスの他にも、ツィポリにチャペス、レブエルタス、バリオス、ヒナステラ、ピアソラ、ジスモンチ、グァスタヴィーノ、ブローウェルとバラエティ豊かで、中でもヴィラ=ロボスが自ら指揮をしたフランス国立放送管弦楽団の「ブラジル風バッハ」は出色で、ごく一部だけならOTTAVAでもかかることがあるのだけれど、全9曲をすべて通して聴いてみたくなり、帰宅後にネットで探してポチ。

15時半から18時半すぎまでの約3時間があっという間。自宅の最寄り駅まで戻り、やよい軒で夕食。冷汁の定食が売り切れだったのでステーキ定食にしてみたら、お肉が固くてイマイチだった。

そのあとコメダで今日2度めの読書タイム。今度は眠気に襲われることなく、半分強まで読み終えた。そのあとツタヤで山下和美さんのコミックス「ランド」の第4巻を買う。第9巻まで出ている「不思議な少年」も大好きなシリーズで、今、図書館で借りて読んでいるのはその原作。「トム・ソーヤー」や「ハックルベリー・フィンの冒険」でおなじみのマーク・トウェインの晩年の作品。

23時近くに帰宅。ひと息ついて、仕事をスタートするかどうか迷い、結局やめてしまった (^^ゞ

2017-08-11

maru992017-08-11

朝までかかって3つめの契約書の和訳を終わらせ、ベッドに入ったもののすぐには寝付けず、結果的に起きる時間が大幅にずれ込み、もう14時をすぎてから、和訳の見直しをするためにコメダ珈琲へ。サラダバゲットとカフェオレで腹ごしらえをしてから、赤ペンを片手に作業をスタート。

写真の右下はドリンクについてくる豆菓子で、袋のデザインが時々変わる。ちょっと前まで夏らしいハワイアンっぽい柄だったのが今は「50周年」バージョン。その50周年記念キャンペーンのスタンプカードにスタンプが7つたまり、ミニシロノワールの小倉バージョンと引き換えできるそうな。シロノワール自体を食べたことがない、とレジでバイトの女の子に言ったら、えええええっ! とのけぞるようなリアクションにこっちがビックリ。シロノワールが好きすぎてコメダでバイトを始めたそうで、「ぜひぜひ食べてみてくださいっ!」と熱烈絶賛オススメされた。すっごいコメダ愛にビックリ。

見直しの最中に林田さんのSaloneが始まってしまうかも、とイヤホン持参で言ったんだけど、18時からのスタートに余裕で間に合う時間に終了。よしよし、と自転車で帰る途中、一緒に生協をやっている下の階の奥様が向かい側から自転車でやって来て、挨拶をしてすれちがおうとしたら呼び止められた。「カットトマト」が4つ届いて、納品表に2つと書いてあったから、2個組だったかな、とそのまま受け取ってしまったのだけれど、そのうち2個は彼女の注文だったらしい。ごめんなさ〜い! 彼女はこれから出かけるところなので、帰りに寄ってくれるとのこと。なので帰宅後、ノースリーブに短パンへの着替えは保留して待機。…と思ったら、ん? あれ? 脱衣所の鏡に映る自分がドすっぴん。ひょ〜っ! 眉も描かずに外出してしまった。前にも6階から下に降りるエレベーターの中の鏡で気がついて戻ったことがあるんだけど、今はあいにくリフォーム中のお宅があるため、エレベーターの中に養生のビニールが貼られていて鏡も隠れているので気づかなかった。でもコメダにいる間に気づいたら落ち着かなかっただろうから、帰るまで気づかなかったのはかえってラッキーかも。

ほどなく玄関のピンポンが鳴り、おわびに袋入りのチェルシーを添えてカットトマトを手渡し。おわびなんてとんでもない、と断られそうになったんだけど、「チェルシー、なつかしい!」と喜んでもらえてよかった♪

Saloneを聴きながら和訳の修正を済ませ、送信。これで残りは短い契約書がひとつだけ。

鶴瓶さんの A-Studio に六角精児さんが出ていて、最後だけ見たらお父様が90代でツイッターをされていると話していらして、のぞいてみたらなかなか含蓄のあるお言葉が並んでいたのでフォローしてみた。この時点でのフォロワー数は680ちょっとだったんだけど、みるみる増えて、あっというまに4,000超え。テレビの力ってすごいのね〜。

2017-08-10

maru992017-08-10

圭くんの試合が終わったのが午前4時頃で、それからお風呂だったから、寝るのがすっかり遅くなってしまい、ひと寝入りして起きたらもう正午近く。仕事が忙しい時なのに、いかんいかん。

こういう時って、本来なら遅れを挽回するためにすぐにでも仕事を始めるべきなのに、なんかこうテンションが下がってしまい、かえってダラダラしてしまったりする。どうにもヤル気が起きないものだから、夕べ中途半端なところで終わってしまった手織をちょっとだけ。

杼に巻いた山吹色の緯糸を使い切ったところで、モスグリーンと合わせて経糸に使っているグリーンがかったベージュのような糸に切り替えてみる。それでしばらく織り進んだところで、こげ茶と合わせたイエローオーカーっぽい経糸が写真のとおり切れる寸前! 少し前に同じ色の経糸が別の部分で切れかかり、つないだ箇所をようやく越えたばかりなのに。く〜っ!

やむなく同じ色の別糸を結びつけ、細い芯の糸を残して上下に分かれてしまったモワモワの部分をそぎ落とし、結び目に筬が引っかからないように気をつけながら織り進み、どうにか結んだ別糸がそのままもってくれそうなのを確認したところで、現実逃避はおしまい (^^ゞ

さて頑張るぞ、と気合を入れて、3つめの契約書の和訳をスタート。始まってすぐに、この契約書で新たに加わった定義の影響で、ひとつめの契約書の定義を変更せざるを得ないことが分かった。これだから、本当は相互に関係する契約書すべてを訳し終えるまで手元においておきたいところなのだけれど、レビューの都合もあるからそうもいかない。

午前1時を回り、今日はここまでにしよう、とお風呂へ。でもホッカホカの状態で、すこし冷えるまで、と続きを始めたら、ひょっとして終わるんじゃ? と思えてきてペースアップ。結局、6時すぎまでかかって最後まで終わらせてしまった。もっと早く始めていれば … ねぇ?

ネットで中村京紫さんの訃報を知る。まだ52歳。3月の国立劇場「伊賀越道中双六」での腰元役が最後の舞台だったという。その時、台詞が言いにくそうで、親知らずを抜いたとか、それとも口内炎がひどいのかしらん、と思っていたのだけれど、まさか舌癌だったなんて。

もう20年以上も前に、先代の雀右衛門丈をお招きしたトークショーの裏方を手伝ったことがあり、真っ白なスーツに金のネックレスをジャラジャラさせて楽屋入りした雀右衛門丈が地味な羽織袴に着替えてしまうのをもったいなく思い、お付でいらした京紫さんの師匠と反対に黒ずくめの私服がこれまたスタイリッシュで、細い指にシルバーの指輪をして、外国製のタバコを静かにくゆらせていたお姿が今も目に残っている。早すぎるご逝去。合掌…。