Hatena::ブログ(Diary)

ひよこめもりーず2 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-02

一身上の都合により、新生活

身体をこわして、「おとなしくしてろ」と医者に言われたとする。

ところが、こちらとしては、おとなしくしてたら干上がってしまう。

やらなきゃいけないことが俺にはまだまだ沢山あるんだ!

ってことを言ってたら、大勢に突き上げられて今までの苦労を全否定されたので、ついかっとなって部屋きめてきた。

これでやめさせられずにすむのだ。

課程が大事ってのはきれい事ですよ。結局成果がでなけりゃ、こんなありさまだ。親の敵のようにさんざんな言われよう。

「こんなありさま」でも、やるんだよ!という意味は、分からない人の方が多いらしい。

一人で部屋を借りさえすれば、変なところからの干渉もなく、ストレスもたまらない。

まずは、「プログラマとしてのまるくん」という基本に戻って動いていく所存です。

で、越してきてから結構立つのだけれど、この部屋はいつ片付くのだ!

もう当分実家に戻らないように、置いておいてもらうつもりだったハードを なるたけ持ってきた。ゲーム機は箱だけだ!I Love 箱!

アフターバーナークライマックス最高!

DVDソフトは持ってこられる余裕がなかった。アイマスとかを奪還せねば。

ミニコンポ廃品回収にタダで引き取ってもらい、代わりに廉価版5.1chスピーカーを入れた。

わお、大迫力! ただしあまり大音量でやると、近所迷惑なので、まぁそこそこに。

裁断機も来ましたよ。巨大!A3まで切れるらしい。

f:id:marukun700:20100702001326j:image

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

重量は17Kg!運び方を間違えると、腰をおかしくしてしまう!

それでも、いままでカッターでちまちま切ってたのがざっくり行けるのは楽ちんだ。

技術として陳腐になった本はばんばんPDFにするべ!

いまどき、「DOS/V コマンドリファレンス」なんて、ロストテクノロジー

OS/2 プレゼンテーションマネージャ プログラム入門」

なんて、誰が使うんじゃ!(※OS/2=IBM製32bit OSWindows95に負けてなくなりました※厳密には名前を変えて残っているようですが)I

さぁ、物理スペースを空けよう!楽しい(?)自炊ライフの始まりだ!

2010-04-26

古い携帯

昔は随分と携帯アプリを作ったものですが、その頃の機種は今や停波目前だったり、されちゃってたりしてます。

なので残念ですが、再利用することもできず、アンティークとして愛用することもできず、処分するしかありません。

基板のレアメタルやリサイクルのことを考えると、そこらに捨てるわけにもいかず、3キャリアのショップへ行って処分してもらってきました。

そうしたら、どこのキャリアでも、専用の機械で、目の前で破壊してくれてビックリです。携帯専用破壊機があるとは驚きでした。

間違えて現役の端末を出しちゃったら、泣くに泣けませんね……いろんな意味で。

2009-07-23

今回の開発で苦労したことを書いてみる

本当はそういった趣旨の同人誌を作られている動きもあったので、そちらに寄稿できれば良かったのですが、丁度マスター〆切時期と重なってしまい、何も出来なくなってしまいました。

次に何かあったときのために、メモがてらここに書いてみます。

■理想と現実

▼リビジョン管理

IGDA日本SIG-Indie研究会の記事

9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

http://www.inside-games.jp/news/350/35072.html

などでは、

「Subversionなどのリビジョン管理システムを使って情報を共有すると効率が良い」

と言われていますし、実際その通りだと思います。

が、Subversionを使える人は、コンピュータ業界に勤めているようなITリテラシに高い人がほとんどという感触で、一般的なライターさんや絵描きさんには難しすぎる概念かと思います。

自分の周囲では説明してもなかなか理解してもらえないし、

ゲーム業界やIT業界にいて、一般的にスクリプトを書いているような人ならともかく、そうでない人に説明する方が難しかったので、もっと平易な方法で済ませました。

・DropBoxを使う

・制作を管理する人だけがSubversionの操作を一手に引き受け、普通にメールなどでデータのやりとり

・スクリプトの差分は、管理者が慎重に管理してマージ、コミット。マージしたものはスクリプタに迅速に戻す

という事をするしかなかったです。

「何のためのSubversionなんだ」と言われそうですが、技術者とそうでない人の、越えられない壁というものがあって、そこはリーダーが吸収するしかないというのが実感です。

当然、リーダーの負担は飛躍的に増しますが、耐えなければいけません。

▼部室のような場所で、作業者が顔をつきあわせながらリアルタイムで作る

ほとんどの同人制作者が感じていると思いますが、社会人には難しいです。

ある程度の年齢に達して、会社勤めをしているならば、相応に仕事の責任が重いはずです。プライベートな時間で創作活動をするのさえ難しいでしょう。

うちの場合は、本業を止めて(笑)、連絡はSkypeとメッセンジャーを駆使し、リーダーとライターの2人で100%集中してやっと完成したので、そこまでしないとうちには難しいと痛感しました。

本業が慌ただしいスタッフには、オブザーバー的立場に立ってもらい、意見出しとデバッグに徹してもらいました。

もっと効率的に両立できている方々もおられるでしょうが、そういう方は多分天才なのです。

「普通に完成させよう」と思っても、人生を賭けないと完成すらおぼつかないと思いました。

同人ソフトで完成しないのは9割。

大いに納得です。だって、同人って言うと「趣味、遊びの延長で楽しく」というイメージが強いのに、現実には人生賭けないと完成しないのですから……。

よそに役に立つかは分かりませんが、うちのケースを書いてみました。何か参考になれば幸いです。

2009-05-02

オリゲーフェスタ 参加決定!

5月4日に秋葉原の損保会館で「オリゲー☆フェスタ」というイベントが開催されます。同人ソフト即売会っぽいのですが、どちらかというとハード色のほうが強い印象がします。

まぁ、コンピュータ関係で何かデモしたい人が集まる、「なんでもあり」なイベントです。

私の方も「CyberFan」として、「追憶の向こう側」のオートデモを展示することになりました。実機で動くのは多分初お披露目です。

「デモムービー&おまけDISC」も頒布しますので、興味ある人は買いに来てくださいね。

自分はロードブラスターを買いに行きますが。(笑)

で、そこまではあらかじめ予定していたのですが、

同時に「Marukun.com」としても出展し、MZ-700/1500関係のアレとかソレとかついでにiPhoneのゲームをデモすることにしました。

何故かって?

「そういえば作りっぱなしで公開してないのたくさんあるし、どこかでお披露目しないともったいないよな」と思ったからです!

動かない良ゲーより、動くク*ゲーのほうがマシだ!(投げやり)

iPhoneのゲームで高得点を出した人には、追憶のおまけDISCもプレゼントしちゃうよ!(今考えた)

さすが、思いつきでいろいろやらかす男!

最近の行動は衝動的すぎて、どこかがおかしいのかもしれません。

でも、そのほうが楽しいと思うので別にいいです。

出展内容は下記をご参照ください。

http://xps.jp/festa68/of12/cirlist.htm

2009-03-24

舞台観てきました

BQMAP『出雲贋桜伝』

国譲り神話の舞台として

『日本書記』などに

登場する出雲の国。

これは神と、

ヒトと、

神でもヒトでもない

モノたちの、

愛の物語です。

その愛はすべてを焼き尽くす。

という舞台を、日曜に観てきました。

悲しい、でも見終わった後に何か希望のようなものが残る物語。

舞台役者さんの生の演技の迫力というものを、堪能しました。

出演者には声優としてもご活躍の竹内順子さん、前田剛さん、知桐京子さんなどもいらっしゃいましたが、普段演じている「キャラクター」とはそれぞれまったく異なるイメージの役どころの演技。

竹内さんは、とても可憐な、女性的なイメージ。

前田さんは、ギャグキャラとはほど遠い、圧倒的なかっこよさと存在感。男も惚れます!(笑)

知桐さんは、やんちゃでかわいらしい女の子の役どころ。

役者というものは、様々な役どころを、圧倒的な説得力をもって演じるものなんだ……と、身をもって感じることができました。

自称クリエイター(笑)たるものインプットは重要でありますが、このような素敵な舞台で刺激を受けられる環境にあるのは幸せなことだと思いました。

辛いこともいっぱいだけど、また明日からがんばれる!

知桐さんには「追憶の向こう側」でも、主人公を演じていただきました。

D

アニメーション「人造昆虫カブトボーグV×V」でも熱血小学生主人公を演じています。その斬新な演出と予想外の展開は、一見の価値ありですよ!

現在CS局のアニマックスで絶賛再放送中ですので、是非是非ご覧下さい。