ひがきの日記

2012-08-03

第55回 Ruby/Rails勉強会@関西でも ust してみた

前回同様、第55回 Ruby/Rails勉強会@関西にて無人 ust を敢行。

前日の夜に手順のおさらいをすると、LiveShell のファームウェアが自動更新された。
これでダッシュボードとの同期ができるようになったみたい!
やったね。

これで勝つる!!

ところが、今回はネットワーク回線の問題で失敗したみたい。

f:id:mas-higa:20120803213729p:image

Wi-Fi ルータには docomo の BF-01B を使ってる。*1
以前は e-mobile 使ってたけど、たまに電波の入らないことがあって買い替えた。

最初は調子良かったのが、だんだん回線品質が低下してきて、ついにはダッシュボードの同期もあやしくなってきた。

まだ半年ほど縛りはあるけど Xi とかに機種変更するか。


しかし冷静に考えてみると、docomo 3G の問題なのか、Wi-Fi の問題なのか、はっきりしない。

APが干渉なしで選べるチャネルのパターンでは、最大三つのAPしか置けないことが分かります([1、6、11]や、[2、7、12]、[3、8、13]、[4、9、14](日本のみ)のパターンしかありえない)。
無線LAN同士の干渉を考える ―― 無線にゃん

やはり Wi-Fi が問題なのかも?*2


そこでひらめいた!

BF-01B から有線でネットに接続できなかったっけ?
つまり、Internet ―― docomo ―(3G)― BF-01B ―(有線)― LiveShell という構成にすれば、どんなに Wi-Fi が干渉しても無問題 (ぉぃ

次回は BF-01B からの有線でチャレンジしたい。

*1:SP モードとか使わないから問題ない (よね?)

*2:この前、別の勉強会に参加した時も、参加者の数と Wi-Fi ルータの数が近似していた。

2012-05-30

第54回 Ruby/Rails勉強会@関西で ust してみた

f:id:mas-higa:20120530204546j:image

勉強会Ustream 中継するのが面倒で、なんとかならんもんかと思っていた。

  • Webカメラの画質が悪い
  • PC (or Mac) を占有される
    • タイプ音をひろっちゃったり
    • 自分が発表したりすると PC が足りない

そこで LiveShell ですよ。

【LiveShell】 PC不要で簡単、高画質なUstream/独自RTMPサーバ(H.263)対応

【LiveShell】 PC不要で簡単、高画質なUstream/独自RTMPサーバ(H.263)対応

これを使えば有線/無線LAN経由で ust できるっぽい。

手持ちのカメラではコンポジット出力すると、液晶に何も映らなくなって操作できないのでビデオカメラも購入した。*1

初期設定が済めば、電源入れるだけで ust 中継が始まる。

配信停止とか録画とかは、ダッシュボード(専用のサイト) から行うのだが、これがなかなか言うこと聞いてくれない。

LiveShellは ust すると同時に自身のステータスを cerevo のサーバに送ってる (たぶん)

ダッシュボードと LiveShell の間には cerevo のサーバがあって、そこを経由して指令を出したり、ステータスを見たりできる (たぶん)

ところが、この経路のどこかで通信が途絶えてる。

どこが問題なのか?

どうすれば問題を切り分けられるのか?

さっぱり分からん。

ustチャネルでは中継が見えているのに、ダッシュボードでは LiveShell がオフライン状態。

本番では録画やミュートなどダッシュボードからの操作は諦めて、たれ流しにした。


前日に練習したときにもステータスが反映されず、本体の電源オフ/オンやダッシュボードのログアウト/ログイン、設定変更など試行錯誤する間にネットワークに繋がらなくなって、初期設定をやりなおしたら本体とダッシュボードの同期が取れた。*2

本当ならダッシュボードからテロップ入れたりできるみたいなんだけど残念。期待してたのに残念。

なお、今回の ust は完全に放置してたんで、途中でピントがずれたり、カメラが横向いたりして、ぐだぐだだったらしい。これは失敗。

*1HDMI から 480p で出力できれば使えるらしい

*2:毎回初期設定が必要な訳ないよね

2011-03-12

第49回 Ruby/Rails勉強会@関西で ust してきた

第49回 Ruby/Rails勉強会@関西ust 係をしてきた。

これまで Ruby関西の ust は、スライドが見えないとか、音声が聞こえないとか、散々文句を言われていた。

そこで機材を揃えるところからやってみた。


理想の構成

  • スライドは VGA を分岐して ust とプロジェクタへ
  • 演者をビデオカメラで撮影してスライドへ PinP
  • 演者のマイク、PCの Line Out、会場の音声をステレオミキサーで ust

機材の調達、中継スキルに問題があり、試行錯誤した結果、今回は以下の構成となった。


カメラ

ビデオカメラではなく、コンパクトデジタルカメラ RICOH CX-4 を使用。

RICOH ACアダプター AC-5B 175570

RICOH ACアダプター AC-5B 175570

RICOH ケーブルスイッチ CA-1 172690

RICOH ケーブルスイッチ CA-1 172690

本体液晶に映る画像をそのままコンポジットで出力できる。音声は出力できない。*1

コンポジットで出力すると、本体液晶には何も映らなくなるので、ピント合わせ、露出補正、ズームなどは画像を入力した先の Mac で画面を見ながら行う。ものすごく面倒。

コンポジット画像は TwinPact100 を使って IEEE1394 で Mac に取り込んだ。*2

マイク

安いコンデンサマイクを買ってみたが Mac では使えなかった。

そこで安い USB audio コンバータを買ってみたが、これも使えなかった。

ちゃんとしたステレオミキサーを買えばよかった。安く済ませようとして失敗した。

気持ちが萎えたので、以前から所有していた USB の Web カメラから音声だけ利用した。


その他

三脚も購入した。

三脚なんてカメラを載せるだけ。簡単に考えていたがあまかった。

カメラを載せるポールが 2本を継いで使うようになっていた。*3

ところが、この継ぎ目のネジがゆるんでいて、ポールをいっぱいまで伸ばすと、ネジが回転してカメラをうまく固定できなかった。*4


まとめ

上の動画を見ると分かるようにスライドが波打っている。

たぶん CMOS カメラ だから。これは CCD カメラの GR シリーズを買えということですね。*5

浪費した割にはうまくゆかなかった。

あきらめて ust から手をひくか、それとももっとお金と時間を注ぎ込むか検討が必要。

*1:たぶん録画した動画なら音声も出力できるはず。

*2:機材のチョイスがおかしいが、それは試行錯誤の結果。

*3:カメラ位置を低くできように。

*4:三脚を使う練習はしていたが、ポール伸ばさなかった。

*5:ちがいます。ビデオカメラを用意しないと。