彩の国ライフ in Urawa このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-11 マツザカヤカードの女性が気になる〜 このエントリーを含むブックマーク

f:id:masa-en:20090408191833j:image

いったい、この女性は誰なんだろう。

たまたまポスターで見かけた時から、

興味を惹かれています。

デパート(百貨店)のビジュアルには、

あまり。タレントは使わないものです。

いくら知名度が高くても、その人の個性が強すぎて、

一部に嫌いな人も、必ずいるからです。

(知られていればいるほど、

嫌われる可能性もあると言うことでしょうか?)

そんなことから、できるだけ

「普通」な感じのモデルが使われます。

(あるいは、外人モデルも多いですね。)

でも、このマツザカヤの女性は、

とても光る物があります。

(とても可愛いです。)

何だかすごく気になってしまいます。

いったい、彼女は誰なんだろう。

うぇwwうぇっうぇwwwwwwwうぇwwうぇっうぇwwwwwww 2009/07/30 00:32
ドーユーリメンバー?私アルパカに似てるタケシねwwwwwww
んぉふーww 雑誌に載ってたのやってみたらコスプレ姫の魔法のフィラチオにハマっちゃって思考回路がフィラチオ中心になってるぉwwwwww
てか気持ちよくしてもらってんのに何で5万貰えんの? カオスwwwww

http://netoge.bolar.net/4dB9s6N/

俺の銃が火を噴くぜwwww俺の銃が火を噴くぜwwww 2009/08/09 18:13
始めた途端に誘いの嵐だったからちょっとパニクったわwww
とりま玩具プ レ イ好きのビ ッ チを選んで楽勝で即 ハ メ〜(^-^)v
ハ メ て 5 万 貰 え るとかカルチャーショックだったけど、
これやらないやつはただのバカだろwwwwwwwww

http://ene.creampie2.net/107jQqR/

えふwwえふwwえふwwwえふwwえふwwえふwww 2009/08/13 04:26
ケイジの奴・・ネットやっててコレ知らないって何なのwwwwww
金に困ってるみたいだから教えてやったらソッコーでヤりやがったしww
てかあいつキモデブなのに何でいきなり8 万貰えてんの???
わけわかんねぇしwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/1mVEWfV/

よーちよちよちよち!!!!よーちよちよちよち!!!! 2009/08/25 08:13
最近ここの女におしゃぶり咥えさせてガラガラ持たせて
パッコンパッコンしてやったんだが、反応がハンパネェっすwwwwwwww

「気持ちいいですぅーん!!はあっぁぁああ!!!」

こんな萌えボイスで叫ばれたら余計に興 奮するっての!!!!!!

仕方ないからずぶずぶ奥まで挿れてあげたら
ずっと潮ピュルーって飛ばして痙攣しまくりー(・∀・)ぐっふふ

http://okane.d-viking.com/48GFDpI/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20090411

2008-08-26 加護亜依ちゃん、「処女裁判」とは? このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-08-26

今日(8/25)のスポーツ新聞に、

とてもショッキングな見出しが躍っていました。

処女裁判」なんて、なんか時代がかった印象です。

本人(加護亜依)にとってみれば、

とても大切な、「こだわり」のあるものなのでしょうね。

でも、何でも話題にして、売り込みの種にしていこうという、

「商魂」も、その裏には垣間見れます。

純粋な気持ちと、その他の思惑とかが、入り交じって、

何だか、訳がわからない感じがします。

個人的には、加護亜依ちゃん、応援しています。

だからこそ、こんなにもプライバシーの部分ばかり、

取り上げなくてもいいような気もします。

いつも思うのですが、人それぞれの生き方があるし、

価値観も多様化しています。

その中で一番大事なのは、お互いがお互いの個性を尊重し、

人間性に配慮をすることではないでしょうか。

「人のいやがる部分に触れない」という、

暗黙のルールも、あるはずだと感じます。

芸能界は特殊だと言いますが、

基本的な根源の部分に、違いはないと思うのですが。

2008-08-18 えっ、日本経済新聞社が風俗専門誌〜? このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-08-18

本屋さんで見つけて、ビックリしました。

あの、日経日本経済新聞社)さんがですよ。

本が売れない時代だから、何でもやるのか、

なんて考えたりもしました。

雑誌の名前は、「日経ヘルス」です。

結局は、後で僕の思い違いだといういことが、わかったのですが。

札幌すすきので、「ヘルス」と言ったら

「ファッション・ヘルス」を指すことに、間違いないんです。

道産子の常識です。)

写真の女性も、なんか艶っぽいし、

てっきり、あの関係の専門誌だと、勝手に思ってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080818

2008-05-31 広末涼子さん このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-05-31

かつては奇妙な言動で知られたヒロスエですが、

最近は、すっかり綺麗になった感じがします。

(「バブルへGO!」は、まさに、はまり役でした。)

いい女に磨かれてきたという雰囲気です。

母親になったし、いろいろ苦労もしたのでしょうか?

(芸能人は、離婚も栄養にしちゃうのかな。)

これからの、益々の活躍に期待したい所です。

そして、又、幸福な家庭を持って欲しいとも思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080531

2008-05-23 キリン「氷結」の新CMは深田恭子ちゃん このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-05-23

松田聖子の「青い珊瑚礁」が流れるCMが、

最近とても気になります。

ジョッキを持ち、真ん中で踊っているのが誰だろうと

思っていたら、なんと深田恭子ちゃんでした。

前の倖田來未さんもよかったですが、

今回のCMも、実に素晴らしいと思います。

(「氷結」は好きな飲み物の一つです。)

(ガンバレという気持ちになります。)

フカキョンは、結構、ベテランの女優さんかと思っていたら、

とても初々しくて、好印象です。

可愛くて、本当に「ゴホウビ」だなと思ってしまいました。

これから夏に向かって、

益々、缶チューハイが美味しい季節ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080523

2008-04-20 田中あさみちゃん このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-04-20

最近、駅貼りのポスターが気になります。

DENON(昔の「デンオン」です)のヘッドホンです。

誰なんだろうと思って調べたら

「セブンティーン」専属モデルの、

田中あさみという女の子でした。

とってもピュアな印象で

かわいいなぁと思います。

完成度の高いビジュアルです。

それで、年齢を見たら、

なんと14才でした。

(もっと大人だと思ったのに〜。)

これじゃあ、

自分が「ロリータ趣味」丸出しだと

苦笑してしまいました。

弁解をしますと、

別にこの子とどうしたいというのではなく、

単純に映像が美しいと感じた訳でして〜。

(「児童ポルノ」には反対します!)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080420

2008-04-07 加護亜依ちゃん このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-04-07

アイボンが久々にTVに登場しました。

女優としての、芸能界復帰会見です。

彼女のこれまでの人生では、

いろんなことが起きすぎたと思います。

まるで、生き急いでしまったような気がします。

せっかく立ち止まって、自分を見つめ直す時間ができたのですから、

これからは、じっくりと自分の足で踏みしめながら、

人生を歩んで欲しいと思います。

たしかに「喫煙事件」が日本中の青少年に与えた影響は、

甚大だったと思います。

でも、「犯罪」を犯した訳ではないし、

世間は彼女に、あまりに辛い仕打ちをしたと思います。

(ついつい、擁護に走っているのでしょうか?)

(彼女も自分のしたことを、十分反省したみたいですし。)

一皮剥けて、芸能人(タレント)としての質がどうなったのか

まだ判断するには時期尚早と言えますが、

これからは、是非、焦らずに生きて欲しいと、

心から願うばかりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080407

2008-02-23 府中(京王線)に行きました このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-02-23

春一番」が吹く中、府中に行ってました。

府中は以前、住んでいた所なので、

土地勘があります。

とても懐かしい場所の一つです。

府中は、旧甲州街道沿いにあり、

歴史や伝統を感じさせる、風情のある街と言えます。

駅前の「フォーリス」では、

地元J1チーム「FC東京」の写真展を開催していました。

府中と言うと、競馬場があることでも有名です。

ユーミンの歌にも出てきます。)

「大国魂神社」というのがあり、毎年5月に行われる

「くらやみ祭」は、とても賑やかなお祭りとして有名です。

社会人ラグビーの強豪チームである、

サントリー」と「東芝府中」の本拠地でもあります。

府中刑務所も有名ではないでしょうか?

とてもいい街なので、できることなら、

もう少し長く住んでいてもよかったかなと思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080223

2008-02-20 吉田類って何者? このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-02-20

BS-i(TBS系)の番組で「酒場放浪記」というのがあります。

(15分間の、とてもコンパクトな番組です。)

(なぜか、たまたま観る機会が多いのです。)

これに出演しているのが吉田類さんという方です。

番組では、ちょっとお洒落な帽子を被り、

下町の酒場をレポートしています。

飲むのは、だいたい日本酒ホッピーです。

登場するのは、B級ではありますが、

家庭的で、心暖まる「飲み屋」さんです。

立ち飲み」のような店も行きます。

酒場の雰囲気を楽しみながら、美味しそうにお酒を飲む。

そこには、人間の原点があるような気がします。

吉田さんの肩書きは「酒場詩人」とか「イラストレーター

だそうですが、本業での活躍ぶりはよくわかりません。

(実は、「酒場評論家」の方が正しいのかもしれません。)

僕にとっては、単なる「酒飲みのおじさん」です。

結構、気になる人です。

番組で取り上げる店に行くと、

そこでは、吉田さんが飲んでいるような気がします。

もし会ったら、ちょっと声をかけてみたいと

つい思ってしまいます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080220

2008-02-04 大宮の「藤店(ふじだな)うどん」 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-02-04

大宮では、有名な「うどん屋」さんです。

(前から行きたかったお店の一つでしたが、

今回出かけてきました。)

駅から離れた場所にあるのですが、

その分、店の前が広い駐車場になっています。

(それでも、満車状態でした。)

冷たいうどんを熱々のつけ汁で食べる

「肉汁うどん」が名物です。

店内はとても混んでいて、活気が溢れています。

さすが、人気店です。

店員さんの数も多く、とてもキビキビした人ばかりです。

つけ汁に入っている具(豚バラ肉)の量が

とにかく半端ではありません。

(つゆの表面に見えるのは、具ばっかりです。)

つゆは、ダシがしっかりとってあり、

キレがあり深みのある、とてもいい味です。

短く切った葱と油揚げも、たっぷりと入っています。

すごいボリューム感・満足感でした。

うどんの方も、今回「中(800円)」を頼みましたが、

すごい量が盛られていました。

(1,000円の「大」を頼まないでよかったーという感じです。)

うどんのシコシコ感が、又、とても素晴らしいです。

追加で、天ぷらをいくつか頼みましたが、

これもメチャメチャ安くて、更にビックリでした。

(しかも、カラッと揚がっています。)

エビ天は一本150円、野菜天盛合わせ(3個入)は200円です。

(実にいいお店で、繁盛しているのももっともだと思いました。)

口コミで来るお客さんが多いようです。)

(営業時間が午後3時迄なので、要注意です。)

すっかりお腹一杯になり、豊かな気持ちで店を出ることができました。

(お土産用に生うどん二人前と「ちくわ天」を一本買いました。)

藤店うどん

さいたま市西区三橋6−14−7

TEL (048)624-2509

営業時間

10:00〜15:00

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080204

2008-01-26 「池之端かめや」さん(2) このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-26

前回食べたのは、神田東口店でした。

今回は、同じ「かめや」さんの神田西口店に行って来ました。

注文したのは「元祖天玉せいろ(400円)」です。

「かめや」さんの不思議な所は、店毎に値段が若干違うことです。

たしか、神田東口店で「元祖天玉せいろ」を頼むと、

410円だったかと思います。

西口店は駅から少し離れているので

値段がちょっとだけ安いのでしょうか?

だけど、西口店の方には椅子があって、

座って食べることができます。

(職人さんの手際の良さは、どちらも共通です。)

暖かいそばもいいのですが、せいろも

実に実に美味しかったです。

かき揚げのサクサク感がたまりません。

せいろの場合だけなのか、

かき揚に包丁を入れてくれるので、とても食べやすかったです。

麺やつゆに充分すぎる程、気配りがされていて、

とても嬉しく感じました。

(「立ち食い」の域を超えています。)

本当に「池之端かめや」さんは

最高だなぁ〜と思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080126

2008-01-22 「池之端かめや」さん このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-22

「池之端かめや」さんは、立ち食いそばのお店です。

池之端にある日本料理屋さん(「かめや」)が展開しています。

今日(1/22)、神田のお店に行ってきました。

看板メニュー「元祖天玉そば(410円)」を頼みましたが、

実に実に美味しかったです。

お店の「こだわり」が充分伝わってきたと言えます。

麺の旨味は、まさにさすがです。

とてもモッチリして、実にいい食感でした。

そして、つゆも最高でした。

(とても香ばしかったです。)

更には、大きな「かき揚げ」、

これも素晴らしい味でした。

温泉玉子もよかったです。

「立ち食いそば」の中でも、「ひと味違う」と感じるのは、

僕だけではないと確信します。

(事実、とても混み合っていました。)

「立ち食いそば」のレベルを超えた味だと思います。

(本当です。)

気配りも充分で、完成度が抜群でした。

(とてもいいと思います。)

今度は「冷やし」も食べてみたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080122

2008-01-19 ガソリン税(揮発油税)について このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-19

通常国会というのが始まりました。

今回の焦点は、何と言っても「ガソリン税問題」だそうです。

1リットル当り25円課されている

暫定処置としての税金を継続するかどうかという問題です。

ここにきて、自民党は「環境保護」を

前面に出し始めました。

「これはおかしい」と思わずにいられません。

ガゾリン税と環境問題は、

全く別の問題として扱われるべきだと考えるからです。

(そもそも、この暫定処置は「環境保護」を

目的にした物ではありませんでした。)

自民党は次のように言っています。

ガソリンをどうぞたくさん使って下さい、

というようなガソリン値下げには反対です。」

これこそ、国民をバカにした発言ではないでしょうか?

ガソリンが高かろうと安かろうと、

無駄に使いたくないというのは当たり前の話です。

(安いから、どんどん、無駄に使ってやろうと

考えるものでしょうか?)

環境保護」の問題は、そもそも次元の違う話であって、

ガソリン税とは全く無縁の話です。

(まさに「問題のすりかえ」と言わざるをえません。)

「環境」に関心を持つ人達にとって、

こうした論法は「あきれた話」の一つでしかありません。

税金を課すことよって、「環境保護」につなげたいなら、

自動車は冷暖房器機に重税を課してもいいはずです。

いたずらにガソリンの価格を上げて、

環境を保護しようなんて、まさに「稚拙」そのものの政策です。

こんなに憤りを感じたのは、久しぶりのことです。

本心から、とても悲しくなりました。

自民党さん、本当にこれじゃ

「貧すりゃ鈍す」なんじゃないの?

(「本末転倒」・「問題点のすりかえ」の最たる物です。)

(表現が悪ければ、ごめんなさい。)

(謝ります。)

それにしても、つくづく納得がいかないなぁ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080119

2008-01-16 「BS11」が気になっています このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-16

まだ生まれたばかりのデジタル放送局「BS11」に

結構注目しています。

(「新し物好き」の血が騒ぎます。)

「BS11」の正式名は、日本BS放送株式会社と言うそうです。

番組内容が、既成のTV局とは全く違い、

手作り感一杯なのが最大の特徴点です。

(今の所ですが)

(そこに注目しています。)

そういう意味では、とても身近な

一種のコミュティ指向型放送局だと思います。

独自のフィルターで番組を編成しているので、

非常に画期的なTV局だと感じます。

(まさに既成の概念にこだわらない「革命児」という感じです。)

そして、そこには、

「放送の原点」のようなものがあると思います。

(ちょっと大げさかな?)

(本当に肩の力を抜いた番組作りです。)

(でも、あまりのお手軽さに、大丈夫なのかと

かえって心配してしまう面もあります。)

まだ、出来たばかりのTV局で、営業面がやや弱いのか

企業等のCMが極端に少なく、所謂「番宣」がやたら目立ちます。

当然のことながら、再放送も多いです。

(他局に較べ、コンテンツが著しく少ないなと感じざるを得ません。)

でも、おもしろい番組もいくつかあります。

一つは「大人の自由時間」です。

この間は、浅草キッズがハプニング登場して

事前の打ち合わせがまるでないままで、トークを行っていました。

もう一つは「いしゅういんのばんぐみ」です。

これも、笑いを狙ってやろうというよりも

楽しみながら番組を進行しているだけ、というスタイルです。

こういう気楽さが、「放送の原点」と思わせるのかもしれません。

そもそも、マスコミとは言っても、

社会的使命を強く意識する時代ではなくなってきていると思います。

視聴者側かたくさんの選択肢の中から、

好きなコンテンツを選ぶ時代に入りました。

だから、「異端」も大歓迎です。

要は、顧客(視聴者)のニーズをいかにつかみ、対応するかです。

「BS11」には、新しい方向性が見え隠れするようです。

けして「時代の徒花(あだばな)」ではなく、

こうした革命的なTV局が、今後も個性を活かして欲しいと

願って止みません。

がんばれ、日本BS放送株式会社(BS11)です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080116

2008-01-13 浦和レッドダイヤモンズ 2007世界への挑戦 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-13

浦和パルコ9F(コムナーレ)で

浦和レッズに関する展示会が開催されています。

(1/5〜1/14の期間です。)

浦和パルコは、8Fが市営の図書館になっていて、

9Fは市民の為のイベントに使われるホールなのです。)

(「ありがとうサポーター、ありがとうレッズ」という

サブタイトルが付いていました。)

我が愛するレッズの展示会ということで、

早速出かけてきました。

連休の中日ということもあり、

会場内はとても混み合っていました。

浦和レッズにとって、2006年を国内制覇の年とするなら、

2007年はまさに、「世界挑戦の年」だっと思います。

これら2007年シーズンの闘いの軌跡を紹介する展示会です。

何と言っても、11月にアジアチャンピオンを獲ったことは、

世界を目指す上でのとても重要な出来事でした。

(日本のクラブチームでは初の快挙です。)

そして、12月には、世界ナンバーワンを決定する

トヨタ・カップにも進出しました。

結果としては第3位でしたが、

「世界」という舞台を考えれば、すごいことだと思います。

ヨーロッパ南米の選手のサッカー技術はズバ抜けています。)

(流石、サッカー先進国と言っていいでしょう。)

この展示会では、お馴染みのユニフォーム(ホーム用。ビジター用)や、

アジア杯・トヨタ杯、それぞれのトロフィー等が展示されています。

2007年の試合を振り返る、各選手の写真パネルもあって、

レッズ・サポーターならずとも楽しめる内容でした。

浦和住民にとっては、更に更にワクワクすることは、

間違いありません。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080113

2008-01-06 横浜元祖「札幌や」でみそラーメン このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-06

たまたま横浜駅に行く機会があったので、

懐かしい「札幌や」に寄ってきました。

昔から同じ場所で営業していて、地元では結構有名なお店です。

(場所はジョイナスのB1Fです。)

かつて、札幌ラーメンの専門店というのは、珍しかったと言えます。

(僕も昔から好きで、

よくここのラーメンを食べていました。)

今回、久々に食べましたが、

コクのある「みそ味」で、とても美味しかったです。

(ちょっと甘めのみそが特徴点です。)

変わらない美味しさに、心から嬉しくなりました。

「好きな味」が残っていてくれたんだなぁという感じです。

感動して、拍手を送りたくなった程です。

みそラーメンは700円です。)

(玉子をトッピングしたので、プラス80円でした。)

この味を愛する人が多いのか

本当にたくさんのお客さんが、次々と来店しています。

常に満席状態です。

でも、その分、なんか落ち着かなくて、

客でありながら「食べさせてもらっている」気分になります。

(なぜか、店員の方もお客さんの対応に追われて、

客扱いについて、ちょっとぞんざいな印象を与えているようです。)

(私見ですが)

(でも、それはそれで、

店と客とのコミュニケーションは成立しているのです。)

忙しい店(繁盛店)だから仕方ないか、という気持ちもあります。

阿吽の呼吸という奴でしょうか?)

(この雰囲気は昔からです。)

(益々、懐かしく感じました。)

今度、横浜に行ったら

また是非食べたいと思います。

(「浜ッ子」にとって、

愛着のある大事な店の一つなのですから)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080106

2008-01-04 「神田明神」に初詣 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2008-01-04

1/4(金)が2008年の初出勤でした。

この日は、早め(午後5時頃)に職場を出て

会社の人達と「神田明神」に行ってきました。

さすが東京の中心にある神社と言うか、

こんな夕刻の時間帯でもたくさんの参拝客で賑わっています。

しかも、殆どがスーツ姿のサラリーマンばっかりです。

女性も殆どがOLという感じで、

家族連れとかは全く見られません。

商売の神様でもあるようなので、

会社ぐるみでの参拝が多いのでしょう。

あまりに寒かったので、山門を出てすぐの所にある

臨時の居酒屋で熱燗とおでんを食べました。

(勘定は上司のおごりです。)

テント張の店で、ここもサラリーマン

大変混み合っています。

紙コップの熱燗は、飲んでいる内に「冷や酒」に変わりました。

(もともと「ヌル燗」だったのです。)

実は、地元の神社(「調神社」)には、

昨日1/3(木)、初詣を済ませました。

今年は、せっかく2ヵ所も初詣したのだから、

何とか、いい年になっていただけないかと思います。

(「調神社」では破魔矢も購入し、玄関に立てかけててあります。)

結果としては、単なる「神頼み」でしかありませんが、

今年の運勢には、心から期待しています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20080104

2007-12-17 ギャル曽根がプロレス参戦 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2007-12-17

かつては、ただの可愛い、

でも「ちょっと大食」のお姉ちゃん

という感じでしたが、最近は活動の幅を更に広げているようです。

まるで「女芸人」にでも、なってしまったかのようです。

(芸は身を助けるということでしょうか?)

本人は、アイドル志願なのかなぁ〜。

(たぶん、コメディアンとは思っていないでしょう。)

いずれにしても、新しいタイプのエンターテイナーです。

屈強な男が束になってかかってもかなわない

あの「大喰いっぷり」には、

爽快さを感じ、心から拍手を送りたくなります。

あいぼあいぼ 2007/12/17 10:05 ご無沙汰してます。

凄い食べ方(量が)ですが、ちゃんと体内で消化されてるって言うのが凄いですよね。

今(時代的に)は、色々幅を広げないと生き残れないのかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20071217

2007-10-27 おしりかじり虫 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2007-10-27

最近見かける変なキャラクターです。

なぜ、おしりをかじるのかよくわかりません。

(ナンセンスさがいいのでしょうか?)

NHKみんなのうた」のキャラクターの一つだそうです。)

なんとなく憎めないような可愛さがあります。

子供達には大人気です。

かつて流行った「だんご三兄弟」みたいなものなのかな?

(その昔は「泳げタイヤキ君」があったっけ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20071027

2007-09-23 福田康夫さんが新総裁に選出 このエントリーを含むブックマーク

masa-en2007-09-23

自民党総裁選の結果は

前評判通りというか、筋書き通りに福田康夫さんが勝ちました。

実は、これだけは絶対やってはいけないと思っていました。

自民党にとっては、まさに致命傷です。

派閥のバランス・談合だけが印象づけられた、今回の選挙結果です。

せっかく小泉さん新しい自民党への移行を図ったのに、

今回の一連の動きは時代に逆行していると思います。

もう、自民党には期待できないと、国民の誰もが感じたことでしょう。

派閥の内、8派閥が連合して

何が公正な選挙だと言えるのでしょう。

実にナンセンスなことです。

おそらく民主党は、この結果にほくそえんでいることでしょう。

お父さんが首相になった時代以上に、今は情報化社会だし

本当に、あの高齢で首相が務まるのでしょうか?

僕自身の心の中では、もう引退した人だと思っていました。

まずは「お手並み拝見」といった風な余裕のある時代ではありません。

解決すべき課題が山積する中、

本当に日本の政治でリーダーシップをとっていくのは、この人でいいの?

と思うわけですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masa-en/20070923