Hatena::ブログ(Diary)

Massa’s Eye

2008-08-03 丸岡にて このエントリーのブックマークコメント

丸岡ロード、いろんなところでニュースを目にされたと思うけれど、他カテゴリーにおいて大変残念な事故が発生した。

心肺停止状態との一報で警察も事故現場に数人来られているような重大事。

主催者の方々は中止と言う判断を下すことに無念な気持であったろう。

結果的には残念だが事故に遭われた方は亡くなられてしまったそうだ。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

レースが中止と移動審判から伝えられ、トップチームのベテラン選手とすぐさま話し合い、ゴール地点で俺が選手を代表させてもらい

「レース中止になったことには同意します。(この時点では事故をされた方の安否は知らされていなかったので)事故をされた方の回復を望みます。是非来年以降もレース続行を望みます」

と言うことを伝えさせてもらった。

たった15分ぐらいの間に俺が仕切りきっちゃって、それがよかったのかどうかはわからないけれど、あの状況で俺の頭じゃそれぐらいしか俺に出来ることが思い浮かばなかった。

急な、ホント一部の選手で決めたこと、と言うかほとんど俺の独断で決めたことにすべての選手が従ってくれたくれたことに、いまさらで申し訳ないんだけど本当に感謝している。

ありがとう。

俺の勝手な判断でしてしまったことなので、迷惑だと思った人たちもいるかもしれない。

一言申す!って人もいるかもしれない。

そういう人は遠慮せず書き込んでもらえるかな。

俺としては丸岡ロードもだし実業団レースのすべてがよくなって欲しいと思っているし、もしここでみんなに意見もらえることで参考にできるなら、よくしていけるためのキーワードがあればって思っている。

あと一つ付け足しだけど、主催者の方や大会役員の方がコメントされるときは、最低限みんなヘルメットとサングラスぐらいは外すようにな。逆だったら失礼だしな。

今後俺じゃなくても他の誰かがこういう状況になったら、選手一同すぐにヘルメットとサングラスとって敬意を表してくれ。それが道理だ。

モアイ小竹モアイ小竹 2008/08/03 22:20 ラジオで訃報を聞きました。残念です。私も遠い九州からご冥福をお祈りいたします。
私も師匠の行動に同意いたします。
ヘルメット、サングラスは外しましょう!奈良車連の先生方に指導を受けていた時にそんな空気は体で学んだもんですよ!
丸岡は公道レースの少ない日本では大事なレース。来年も解されることを祈っています。いつの日か、また走りたいし・・・・。

ヨネチンヨネチン 2008/08/03 23:03 初めてコメントさせていただきます。ヨネチンと申します。
取り返しのつかない事故が発生してしまい、とても残念に思っています。

三船選手のとった行動は正しい事だったと思いますし、来年以降もレースを続けていくべきだと
思います。
ただし、二度と同じ事故が発生しないように、原因追求と対策と講じる必要があると思います。

私も、ロードバイクに乗り、イベントにも参加しているので、とても他人事とは思えず
思わず投稿してしまいました。

最後に、亡くなられたロードレーサの方のご冥福を心よりお祈り致します。

tsunotsuno 2008/08/04 12:40 このような事故は
同じ自転車が好きな仲間としては
何とも言いようがないです

自転車の事故というだけであれば
接触事故程度であれば街中でも見かけることがありますし
先日、確か都内で赤信号無視のスポーツバイクがシティサイクルに衝突し
衝突された女性が亡くなられたというショッキングなニュースも
TVで見かけました
この都内の事故は間違いなく防げた事故でしょうが
今回の丸岡での事故はレースという特殊なシチュエーションで起きたことですが
防ぎようがあるのかないのかは
レースという場に身を置いたことがない私には正直なところ分からないです

レースが中断されたこと自体は正しいのか正しくないのかではなく
人道的にも心情的にも何ら迷うことないことであり
三船さんの判断は人として当たり前のことであったと私個人は思います
だから、選手の皆さんもその判断に従ったのだと思いますし
レース中という一種の興奮状態でもあるような特殊な環境下では
そのとき一瞬は「何で中止やねん」と感じた選手もいるかもしれませんが
そんな選手も落ち着いた後には中止で当然と感じていると信じたいです

自転車が好きな私としては
今後の公道レースが禁止になるようなことを防ぐために
知恵出しに少しでも協力できればと思いますし
他のファンの皆さまも同じだと思います
「○○という問題に対して、何か案はありますか」
みたいな問いかけをどんどんしていただければと思います

aa 2008/08/04 16:03 三船さんのとられた行動に賛同致します。
主催者側のレースを走っていない方が安全面を主張するより、実際に走っている選手の主張の方が強く伝わると思います。
選手としてレースが減ること、今回の事故のようなことが起きる度に機会が奪われてしまっては自転車業界、中心となって運営していた行政としてもデメリットが際立つと思います。
ただ起きてしまって今後の開催を中止にして事故を起こらないように努めるより、今回の原因を選手も含め追究し、改善する必要があると思います。
ただ、昨日から今日にかけて気になったのはトップ選手たちのブログです。
何か報道規制が敷かれ、ブログなどでの個人的な意見を制限されているのかと思いました。
こうやって三船さんが記事を書かれて、ただ触れていないだけ、とわかりました。
なぜトップ選手たちはレースがあり、その後のブログを更新しているのに、様々な方への配慮あるコメントができないのか、と思ってしまいました。
トップ選手たちの一挙手一投足は自転車に携わるすべての方が注目するところです。
その方たちの行動は自転車愛好家の模範となるところでもあるし、自転車に携わらない方が最初に目にするところです。
今回非常に残念に思ってしまいました。
今回のような事故はもう起きてほしくないです。そのためには選手はヘルメットを必ず着用する(トップ選手が被らないと真似する)など、最大限の安全対策でトレーニング、レースに取り組んで欲しいと思います。
三船さんありがとうございました。
今回亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

@小次郎@小次郎 2008/08/05 17:27 お疲れ様でした。

補給要員は確かな情報が届かず、戻った時にはすでに帰る車が多数見受けられる状態でした。ウチにはー2とー1がいましたので気が気ではありませんでした。

最後のコメント感動しました。
そういう方ばかりだとありがたいものです。
まずは人間として・・・ですよね。一流選手がおごらずそういった姿勢を見せていただけると後世に続いていくのだと思います。