Massa’s Eye

2016-12-17 石榑峠アゲイン そしてシクロクロススクールへ 滋賀三昧 このエントリーのブックマークコメント

今日は充実?した一日。というか、単純に早起きして早く行動しただけなんですが(笑)

朝いちばんにまず石榑峠へ。

この前も行ったんだけど、面白すぎて・・・

今日は酷道にさらに磨きがかかっていました。なんといっても

凍結

英語で言うところの

アイスバーン

ってやつです。

登りなので多少滑っても大丈夫ですが・・・それでも空気圧を4気圧から3.8気圧ぐらいに落として。でも結局下りで更に落として3.5気圧ぐらいでしたが。

滑るのか滑らないのかは、関西人としては重要。きっと俺は大丈夫、だって一人で運転しているときの自分のギャグがおもしろすぎて、笑い転げて運転してますから!!でも自転車では転げませんけど。


そして石榑峠を走り終えて蔵王ダムへ行ってダムカードゲット。もちろんダム湖は周回。

と、そんな寄り道を繰り広げていたので、メインディッシュの関西シクロクロススクールinマイアミの会場へ。遅れるかと思ったわwww

シクロクロスで面倒を見ているちゃりん娘の秋山華奈さんのコーチングをスクール前にコーチング

関西シクロクロスでも女子を盛り上げようということで、彼女にも協力してもらっています。シクロクロスのずぶの素人の彼女が、頑張ってレベルアップしうてくれれば他の女子ライダーにもいい刺激を与えられると思いますしね。

奮闘の様子はちゃりん娘のフェイスブックページで秋山さんが定期的にレポートを書かれています。


このマイアミと言えば砂が特徴。

他のオフロードと比べると一筋縄でいかないのも砂の特徴。

空気圧、タイヤ、走らせ方・・・

スクールが始まってからも、多くの人が刺さる刺さる!砂地獄に埋もれてました(笑)

スクール始まってすぐに空気圧を下げて、空気圧高いと砂に刺さりますよ〜!!ってレクチャーしてるのに、それでも刺さるんかいッ!

それで嫌になるとか怒りをあらわにしているかっていうと、ほとんどの人が笑ってるか、くっそ〜〜ってまたトライしてるし。

脳みそに砂でも入ってばい菌に侵されているのか??

もうやめなさい、はいストップ〜〜!って言うてるのに走ってるオッサンもおるし・・・ホンマしつこいねん!このアホンダラ!!って心で思っても口にはしません。こう見えても元全日本チャンピオンですから品位は大切です。

しかし、こんなオッサンが大量に発生するからマイアミの砂はダメなんだよ・・・って思っていたら、女子もかいッ!!orz

そんなこんなで40人ぐらいの人がスクールに参加。

さてさて、この中から優勝者はいったい何人出るのだろうか・・・

そういう俺もスタートします。

勝つ・負けるというよりも、砂を走るってどんなもんか見せたろうやないかいッ!

って刺さらないようにしなければ!(;゚Д゚)

f:id:masahikomifune2:20161218221604j:image

石榑トンネル、気温2℃

意外と普通?

と思ったのもつかの間

f:id:masahikomifune2:20161218221603j:image

旧道に入ったらアイスバーンでした

f:id:masahikomifune2:20161218221601j:image

カシオエクシリムFR100でパシャリ。

見ていて心配??大丈夫!関西人は滑らない!!


f:id:masahikomifune2:20161218221552j:image

帰りは石榑トンネル

ある意味凍結の峠より、こっちのほうがコワいかも


f:id:masahikomifune2:20161218221547j:image

今回のタイヤはチャレンジ・ストラーダビアンカのチューブラー

シクロクロスバイクで下っていると、BB高くて不安定だし、その上走っているうちにシクロクロスタイヤで走っているかの錯覚で・・・

f:id:masahikomifune2:20161218221546j:image

車に戻ってホッ


f:id:masahikomifune2:20161218221548j:image

マイアミ浜へ行く前に、大急ぎで蔵王ダム湖周回&ダムカード

ダムのオッサンの親切な対応がグーでした。

それに比べて某愛知県のダムのオッサンは・・・カード押し付けられて喋っても無視だったし


f:id:masahikomifune2:20161218221545j:image

全日本で新しくチャンピオンになった沢田時選手と

彼が高校の頃から知っていて、いろいろとアドバイスしてきた選手なので嬉しいね。

現役選手の中で一番レースの組み立て方、コースの走るラインの組み立て方、そしてコースが荒れた時の修正の仕方は、一番似ているかな。

一番吸収する気満々のときに一緒に何度も走ってきたし当然かな。

f:id:masahikomifune2:20161218221542j:image

秋山さん、しっかり漕いで!!

あれ?、もう降りとるやん(;゚Д゚)

f:id:masahikomifune2:20161218221541j:image

スクールに参加される皆さんと

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20161217