Hatena::ブログ(Diary)

Massa’s Eye

2017-03-01 3月25日26日のイベントのお知らせ

masahikomifune22017-03-01

[]3月25日三船雅彦xMAZDAしまなみライド」] 26日「三船雅彦x雅組」サポーターズライドinしまなみ]のお知らせ 3月25日「三船雅彦xMAZDAしまなみライド」] 26日「三船雅彦x雅組」サポーターズライドinしまなみ]のお知らせのブックマークコメント



3月25日、26日に恒例の三船雅彦サポーターズクラブ「雅組」のライドイベントを行います。

ただし、今年は25日はいつも活動を支えていただいていますマツダさんとのコラボでサポーターズクラブのみの参加ではなく、誰でも参加可能としました。

もちろん雅組の方も参加できますし、マツダファンだ!って人ももちろんOK。そして将来エディメルクス購入検討中とかマツダ車購入検討中っていうのでもアリです。試乗車の都合で12名ですので、こちらは検討されたらササっとエントリーされたほうがいいかもしれません。

往路は一緒に走り、復路はマツダスカイアクティブ搭載車を試乗していただき、マツダの良さを体感してもらえればと思います。

ちなみにサイクルモードなどで使用するイメージ映像を、今回撮影予定ですが、どうしても顔出しNGの人はご遠慮ください(笑)

例年通りしまなみ縦走でスタンプラリーを楽しみながら、全員で無事に完走して完走証及び記念品ゲットとしたく思います。


そして26日は雅組のみのライドイベント。

こちらは例年しまなみ縦走に絡めて行っていますが、今回は完全に別コース予定で私の独断と偏見で探検ライドとなります。

ある意味サプライズライドになりますが(一応参加者には事前にどのあたりに行くかはご案内します)、あくまでも楽しくというスタンスなので、とんでもなく速いとかとんでもなく距離が長いというわけではありません。が、最長70kmぐらいは走るかな〜と考えています。

申込は下記にリンクしていますので、ぜひ3月末の気持ちいい春のしまなみを一緒に楽しみましょう!


3月25日(土) 「三船雅彦xMAZDAしまなみライド」

3月26日(日)「三船雅彦x雅組」サポーターズライドinしまなみ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170301

2017-02-26 シーズンオフにシクロクロススクールこれ如何に このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-02-26

シクロクロスのプライベートスクールをくろんど池界隈の、オレ様の庭で開催しました。

そうです。違和感を覚えた人、貴方は正しい。なぜシーズンを終了してシクロクロススクールなのか・・・

既に来季に向けてトレーニングを開始して、十分すぎるほどのマージンをもってのトレーニング開始なのか?

いや、おさらいトレーニングということだそうです・・・

で、そのおさらいはいつどこで出すんだろう・・・(笑)


友人の紹介で集まった有志10数人でのスクール。ある程度レース経験もある

C1からC4、そしてマスターズの選手まで幅広かったです。そしてレースに使える基本テクニックを徐々に・・・意外と早くつまづきました。ボテゴケ祭りでした。

シクロクロスはバランス感覚も必要。なんとなくオフロードを進もうとしてもうまくいかない人が多いのかなと思います。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170226

2017-02-25 福岡で講演会でした

masahikomifune22017-02-25

[]2017 三船さんが九州にやってくる!」 2017 三船さんが九州にやってくる!」のブックマークコメント


先週は元チームマッサで面倒を見ていた伊藤翔吾くんが尾道でのイベントでお手伝いさせてくれ、今週は佐藤信哉くんが福岡でのイベントに呼んでくれました。


人のつながり、お金で買えないもの。

彼らが社会的に少しずつ成長してつながりを作っていた時に、彼らと作ってきたつながりが活かされる。本当に素晴らしいことです。

スポンサーとしてつながることとは違うつながり。

チームで面倒を見る、選手として応援するということは、チャンピオンスポーツで覚悟をもって取り組むということ。それは結果が出せないということは「終わり」が待ち受ける厳しい世界。ずっと永遠に同じ組織でできるはずはなく、いろいろな理由でバラバラになりチームも活動を停止。しかしそこで得たつながりというものは永遠の可能性を秘めている。

この2週間はそんなつながりを強く感じました。VC福岡の代表としてチームを運営して支え、そしてチーム活動を通じて福岡での、しいては九州でのスポーツサイクルを盛りあがようとする佐藤くんからシクロクロスの講演とメーカーさんから試乗車を借りて体験会そしてブルべの講演依頼をいただきました。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170225

2017-02-19 しまなみ魅力発見clubロングライドの心得 講師でした

masahikomifune22017-02-19

[] 2017 しまなみ魅力発見club 第5回魅力発見ライド〜ロングライドの心得  2017 しまなみ魅力発見club 第5回魅力発見ライド〜ロングライドの心得のブックマークコメント


尾道を中心に自転車を通じてしまなみ海道の魅力を伝えようと活動されている

しまなみ魅力発見club」さんで「第5回魅力発見ライド〜ロングライドの心得」に呼んでいただきました。

元チームマッサで走ってくれていた伊藤翔吾くんがこのイベントを手伝っており、彼がコーディネートしてくれました。

いつのまにやら彼からお仕事いただくなんて(笑)

自転車を通じて得た知識などを、地元でちゃんと伝えようとする活動は本当に素晴らしいと思います。

これこそが地域密着の基本かな、と。

彼のやろうとしていることに地域の人たちがちゃんと繋がっていって育もうとしている。本当に素晴らしいなと思いました。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170219

2017-02-13 BRM211岡山400 岡山ブルべで簡単なわけがないw

masahikomifune22017-02-13

[]2017 BRM211岡山400 2017 BRM211岡山400のブックマークコメント


そう、今回の岡山で開催された「BRM211岡山400」は、この時期らしい??比較的温暖な瀬戸内を走る400kmのブルべで、個人的には1月2月に山間部に入って雪中行軍するような気持ちが楽しくないブルべはやめてほしいと個人的に常々思っているので、今回のように2月に瀬戸内を走るブルべは理想的だ。

そういえば以前岡山主催で2月に「生命保険の受け取りは岡山代表ですか!!」っていうような山間部で参加者ほとんど撤退したなんてあったような・・・さすが澤田代表、日本の他の団体から一目置かれる妖怪・・・いや、個性的キャラ・・・

そんな妖怪、じゃなくて澤田代表が瀬戸内ブルべなんて、これはきっとバレンタインのプレゼントだ!そうに違いない!

そう思ったあなた、・・・甘いな。チョコのほうが苦いよ。

続きを読む

長井長井 2017/02/15 00:54 あっという間に視界から消えて行かれ、折り返し地点のはるか手前で対向車線を通り過ぎて行かれた三船さん、はじめまして。当ブルベは私の慢心と経験不足から居眠り落車してDNFとなり(身体は擦り傷程度でした)、これからしっかり課題対策してリベンジを図りたいと思います。ところで、AJ岡山での参加は今回で2度目で、まだよく理解できていないのですが、澤田さんの言われる平地とは、勾配12%以下の事だと思っておけば宜しいのでしょうか?

AJ岡山ファンAJ岡山ファン 2017/02/15 08:00 私も今年に入ってからの岡山ブルべ、1回も代表・副代表が一緒に走ってくれてないので、マジで心配してます。「みんな無事に元気に帰って来てくるか、待ってる方がストレス貯まるわ〜 一緒に走った方がよっぽど気が楽!!」っていってましたけど。

三船雅彦三船雅彦 2017/02/20 00:35 長井さん 大怪我じゃなさそうでよかったです。
寒いときはどうしてもカロリー不足がちなのか、こんな寒いときには寝られない!と思っていても、走行中に睡魔に襲われますよね。私も復路の虫明付近と宇野駅付近は意識が不安定でした。
糖質補給、暖かい食べ物や飲み物・・・これだけでも睡魔やカロリー不足から一時的に抜けられます。
澤田さんの「たいしたことない」は、何がどう大したことなのか私にもよくわかりません(笑)

三船雅彦三船雅彦 2017/02/20 00:38 AJ岡山ファンさん あの二人が走らない、待っているというのは超プレッシャーでした(笑)
ちなみに私のゴール時、代表はコンビニイートインで起きて待機、副代表はコンビニ駐車場で爆睡でした(笑)
ゴールの普通の事務作業が岡山では新鮮でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170213

2017-01-30 ランドヌ東京さんのブルべ2連発 このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-01-30

週末はブルべ三昧でした。

今回はランドヌ東京さんの主催するブルべ2つに参加。

「BRM128東京300」

「BRM129東京200」

です。

BRM128東京300は等々力横浜逗子小田原熱海伊豆高原往復。

BRM129東京200は等々力青梅飯能〜花園往復。

どちらもコースプロフィール的に言えば難易度は高くないですが、なんといってもアーバンブルべ!

クリスタルキングじゃないけど大都会ですから!!(当社比

信号が多いのなんのって・・・信号の多いところは事故に注意して慎重に。そしてがむしゃらに走っても信号を通過できない可能性もあるので常に歩行者信号の点滅度合いを確認しながら。

但し、たまに歩車分離信号という罠もありますが・・・

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170130

2017-01-23 くろんど池CX

masahikomifune22017-01-23

[]2017くろんど池CX 2017くろんど池CXのブックマークコメント

くろんど池CX、朝からこの時期にしては温かいなって感じる日差しの晴れ間、雨降るの?っていう曇り空からの小雨、そして突然の雷に雹に雪・・・

そんな荒天の締めくくりはきれいな夕焼け・・・


昨年よりも参加者が増えて各カテゴリーともに盛り上がり、去年よりも面白かったという声をたくさんもらいました。

無事に大会が終了できたのは、参加者の方々はもちろんのこと、松美荘さん、くろんど荘さん、くろんど池水利組合さんのご協力、関西シクロクロスを支えるスタッフの方たち、そしてマサヒコミフネドットコムサイクリングクラブのメンバーの協力などなど。

本当に多くの方の支えで2回目の大会運営となったくろんど池CXは終了しました。


最近暖冬の影響か暖かいシクロクロスが多く、以前と比べて万全の態勢でレースに挑む、観戦に挑む方が減っているように感じます。

自分たちが現役の頃も、例えば雪解け水の中を走り回るUCIレースだった野洲川アイスバーンになって会場入りが一番大変だったのでは?と語り草になっている福知山三段池公園、雪中行軍な下りも担ぎばかりだったるり渓などなど。

そんな走るのも見るのも過酷シクロクロスを、長靴もないホッカイロもない、保温性・吸湿性の高いインナーウェアも用意せずにレース会場に参戦観戦に来るなんてなめているよねって以前のシクロクロスを彷彿させるような最近の関西シクロクロスシリーズ。このくろんど池もそんな素晴らしい冬の寒さを満喫できる大会になったけれど、防寒をしっかりとされていた方はそれなりに楽しまれたようですが、走ったら、仲間が走っらすぐに会場をあとにした方はちょっと「元を取っていない」かなと感じました。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170123