Hatena::ブログ(Diary)

Massa’s Eye

2017-05-01 ワールドサイクルベックオンフェスタにお邪魔してきました このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-05-01

4月最後のイベントは、滋賀県東近江市ふれあい運動公園で開催された

「ワールドサイクル ベックオンフェスタ2017」

に、ゲストとしてお手伝いさせていただきました。


と言っても、お手伝いなんて言えることは実際何もしておらず、レースの実況は実業団ロードレースの実況でお馴染みのMCシンジさん、章典やステージイベントはMCアケちゃん、そして大会を盛り上げる平野由香里さんとプレゼンテーターにシクロクロスの竹ノ内悠選手。って、オレ別におらんでもええやん!!ということで・・・

前日の晩に自宅を出発して会場まで自走で行ってきました!

すみません、なんでそういう発想なんだろオレ。

って、別におらなあかん・おらんでええ、はまったく関係ない結論ですが・・・

びわ湖湖西から木之本で余呉湖へ行って余呉湖一周。この時点ではビワイチはしていなくてヨゴイチのみ。

晩の10時半過ぎに家を出て、朝8時過ぎに会場入り。ずっとペダルを漕ぎ続け・・・ホンマ自転車は楽しいですね。楽しすぎてナンボでも漕げますわ。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170501

2017-04-23 中部ブルべではいつでも「おのぼりさん」になってまうわけで・・・

[]2017BRM422中部300 2017BRM422中部300のブックマークコメント


3月の時点で既にSRをクリアーしてしまったものだから、気持ち的には何か解放されてしまってLELまでに何か刺激を与えておかないと気持ちのテンションは下がっていきそうな気持ち。

ということで仕事はそれなりに忙しい状態ではあるけれど、合間を縫って中部のブルべにエントリー。

BRM422中部300 

ダックスランドヌール中部さんのブルべは最近必ずサブタイトルが付くのですが、例えば今年だと

BRM311中部200 「北恵那」

BRM513中部400 「ろめん400」

BRM610中部600 「甲州上州征伐」

なぜこの422だけがサブタイトルがないのだろうか?

きっとあまりの獲得標高に、下手なタイトルを入れちゃうとそれだけでみんなビビッてしまってエントリーしてこないからだろうか?

獲得標高が4,500mほどあることを考えると不人気なブルべになっても驚かないのだが、今回はそれなりの人数が集まったようだ。やっぱサブタイトルなしで、距離だけ見てポチリほいほいだったのか(笑)

スタート/ゴールも江南市のすいとぴあ江南から変わり、駐車場やコンビニなど充実しているからだろうか?

しかし冷静に見ると気分が悪くなるような獲得標高。300kmで4,500m。常人だったらコースプロフィールを見た時点でお腹が痛くなったりすることだろう。

そう、すなわち私のような常人はコース見ただけで腹痛を患ったりするものである・・・

事実中盤からはなぜか腹痛が始まり、痛い!というほどではなく、ずっとドォ〜〜ン!とチクチクとした痛みがあり、トイレに行くか?と思うもののそのまま走行。

きっとそのままトイレに行かず走りきれたのは普段から切磋琢磨して鍛えた結果の「ふくつ(う)」の精神のたまものだな、こりゃ。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170423

2017-04-10 リエゾンフェスタ葉山へ このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-04-10

週末は葉山マリーナにて「リエゾンフェスタ葉山」が開催され、遊びに行ってきました。

ちなみに皆さん、マリーナって入ったことあります??

オレは人生初です。48歳にして初めてマリーナデビューです。ヨットがたくさん停泊していて、正直ロードバイクも趣味性の強いお金のかかる趣味だと思いますが、マリンスポーツはさらにゼロが1個もしくは2個違う印象です。

ロードさらにシクロクロスなんかでは、高給取りのライダーも走っているときに高級感をあまり感じませんが、マリンスポーツをされている方たちは、それだけでポケットから札束が顔をのぞかせているというイメージですね。

マリンスポーツだと加山雄三さんのような、素敵な笑顔でお金持ってそうな印象ですが、自転車ってなだぎ武ディラン・マッケイか・・・あっ、同一人物だった・・・orz

前振り長いですが、要するにサイクリストだとあまり縁のなかったアリーナで自転車をコラボさせたイベントをしようという企画が今回のリエゾンフェスタ葉山。知り合いの紹介でお手伝いさせていただくことになり、ブルべで通過することしかなかった葉山に行ってきました。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170410

2017-03-31 BRM319近畿600、SR取得へ このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-03-31

1月から早々に200km、300kmそして400kmとクリアーし、順当に3月をもって600kmを完走しSRクリアーの手はずだった。ある意味あまりにもあっけなさすぎる。そんな考えをしていた矢先、オダックスジャパン代表の稲垣さん訃報が飛び込んできた。

最初の頃は直接ではないが稲垣さんに自分の活動に対して稲垣さんなりに思うことがあったのかご意見をいただくことがあり、彼の本質が見えなかったために理解しずらい人だという印象が先行していた。

しかし、自分がある程度ブルべを経験していく中で、今度は直接お話しできる機会も増え、稲垣さんの思いを直接お聞きしていくうちに、実はすごく期待されていて、基本ネガティブな気持なんかないということがわかり、それどころかPBPが終わってからも褒めてくれたり喜んでくださった。

お会いするたびに、彼の経験してきたブルベの困難さや回数を誇らしげに言われるたび、実は彼自身も「アスリート」で、タイムは違えど意識されていたということが徐々にわかり、ちょっとお茶目で、だけど筋の通ったアスリートで、話をしていても他の大多数のランドヌールな人よりも話の筋の通り方がスマートで心地よかった。

だから毎回エクストリームなブルべに出かけると稲垣さんとの、ほんの一瞬だが会話できる時間というのは心底楽しみにしていた。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170331

2017-03-27 週末はしまなみ海道、そしてゆめしま海道へ このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-03-27

週末は25日土曜日に毎年恒例となったマツダコラボの三船雅彦ファンライドinしまなみ縦走、そして26日日曜日は三船雅彦サポーターズクラブ「雅組」のライドイベントを開催しました。


往路を自転車しまなみ縦走に参加して復路はマツダの車を試乗。マツダの社員の方からドライビングポジションをレクチャーしてもらい、今治から尾道までドライブしながら戻ってくるというもの。

今回は新型のCX-5ロードスターアクセラ、そして普段使わせてもらっているアテンザ

ロードスター以外はスカイアクティブディーゼルを堪能してもらいました。


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170327

2017-03-12 びわ湖一周ロングライド このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-03-12

今年もびわ湖一周ロングライドにゲストライダーとして参加してきました。

この大会、今年で6回目ですが去年を除く5回に出場と何気にスペシャリストじゃないですか!

それ以前に、ビワイチ(琵琶湖一周)に関してはかなりスペシャリストな部類だと自負しているんだけど・・・例えば現役時代多いときは週3回ビワイチとか、枚方を出発して湖西から敦賀へ。そしてR8から戻って木之本〜関ケ原〜いなべ〜彦根〜R307で信楽から奈良へ抜けて帰宅。これだと350kmほどで、大阪府京都府滋賀県福井県岐阜県三重県奈良県一筆書きで7府県走破!

あまり琵琶湖を見ないので、ビワイチというよりも「シガイチ」ですね。

湖東側は昔、湖岸道路が繋がっていなかったのでR8やK2それに浜街道などを走行。そう考えると今は琵琶湖を感じる時間も増えて楽しいですよね。ってシガイチなオレが言うのもなんですが(;゚Д゚)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170312

2017-03-06 サイクルモードライド大阪2017 このエントリーのブックマークコメント

万博記念公園で開催された

「サイクルモードライド大阪」、アスリートワークショップにて講師をさせていただきました。

『闘うカラダを作る本気トレーニング“三船メソッド”』

という、ちょっと最近「闘う」体とは程遠い、冬の間はミートテック装着されているオレさまなのでタイトルも体重も重かったのですが・・・

しかしこんなコアなタイトルで来る人おるんかい?と思ったら、来るわ来るわでビックリしました。

実はいろいろとあって直前に資料を差し替えさせてもらったのですが、なんとか無事に終了しました。

質疑応答でもたくさん質問をいただき、終了してからもしばらくは皆さんから質問攻め。

ブルべをされている方やしたい方も比率的には多く、またどこかでお会いするかな?

もし一緒に走るときは、体力が底をつくまで牽いてくださいね(笑)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170306