Hatena::ブログ(Diary)

Massa’s Eye

2017-06-08 新しいインソール制作 このエントリーのブックマークコメント

シューズのインソールを新しく作りました。

シダスのウェブサイトはこちらへ

今回もシダスの富澤さんに制作していただきました。

2000年からずっと富澤さんに作ってもらっています。多分家族よりも誰よりも、足の裏のことを知っていると思います(笑)

今回はシューズを新しいものにするので、そのタイミングでインソールも新しく。

同じモデル、同じサイズならそのままインソールを使用するのもアリだと思います。

シダスの熱成型で制作するインソールは、普通のサイクリストレベルだったら1シーズン使ったぐらいでは変形してこないので大丈夫ですが、シューズのモデルが変わるとソールの形状やサイズが変わるため、特にソール部分が少しでも大きくなるとインソールとシューズに隙間ができてしまい、大きな力が加わると動いてしまいます。

昔は1年ぐらい本気で使うとアーチ(土踏まず)の部分が、なんとなくテンション弱く感じたものですが、最近はそんなに物が消耗しないです。どちらかというと乗り手(私)が消耗していきますね。乗り手も熱成型してほしいですね・・・(笑)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170608

2017-06-02 試乗会及びスクールのお知らせ

[] 試乗会及びスクールのお知らせ  試乗会及びスクールのお知らせのブックマークコメント

6月17日(土)18日(日)に弊社でコースを管理させていただいています京都府南丹市美山町向山の向山CXコースにて、スペシャライズドジャパンさんと深谷産業さんの試乗会が開催されます。

同じタイミングでスペシャライズドとエディメルクスの試乗ができるのはうれしいですね。

まだ夏も来ていないのに早々とシクロクロスバイクの試乗会

これはなんだか楽しそうです。

是非是非皆さん会場に遊びに来てください。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170602

2017-05-30 SR600四国山脈に挑戦 3 大歩危〜ゴール

[]2017 SR600四国山脈1-3 大歩危〜ゴール 2017 SR600四国山脈1-3 大歩危〜ゴールのブックマークコメント


大歩危からは100kmほど。気持ち的には軽く感じる。が、距離ほどは軽くないのがこのSR600四国山脈

塩塚高原展望所への登り。残り100kmは大きな峠は終わっているはず。しかし何気に県道271号からは標高差800m。前半は緩いが後半は険しい。8kmほどで800m、ということは平均勾配10%か。こんな誰も通らないような道を登らすなよ!と思っていると突然集落が存在する。こんな標高の高い、町から離れたところになんで集落や民家があるんだ!というのが、これまた四国。山村と言う言葉は四国だとなぜか言い得ていると納得してしまう。

少し霧が出てきている。雲の中?少し手前で猿を発見したので、頂上で補給食をリュックから出すのをあきらめる。補給食をリュックから出したところで猿の群れに囲まれた場合、最悪の場合もありうる。これは下るまで我慢か・・・

続きを読む

2017-05-28 久々のロードレース、美山ロード このエントリーのブックマークコメント

週末に開催された美山ロードに出場したんですが、完走果たせずでした。

4周めの九鬼ヶ坂の途中までは誤魔化しながら集団に食らいついていたんですが・・・

集団から離れてからは完走に対して強い意志があるわけでもなく、6周めの九鬼ヶ坂入口で先頭から5分遅れでの足切りに。


今回の美山ロードは、7月に出場するニセコクラシックに向けて「何が足りないのか」「何をするのか」を知りたくて出場。最低限データ収集ができるレベルでレースを走る必要がありました。

出場前は、もしかして1周めの九鬼ヶ坂で千切れるのではないだろうか?と少しビビっていました。

というのも、GW明けにチャレンジしたSR600四国山脈のダメージがいまだ尾を引いていて、というか今までのエクストリームライドを振り返るとダメージが残っているのが当然なんだけど・・・

先週の初めはまだ脚が激しく浮腫んでいて、ソックスを履くと食い込んで苦しくて裸足じゃないと仕事ができない状態。

食べると朝昼晩問わずすぐにトイレへ、晩は集中できずに寝落ちの連続・・・そんな状態だったので美山ロードに出場すると言っても何一つポジティブに向かう要因がなく。その中でいったい何ができるんだろう、と。

一つ言えることは、今までの選手経験でレースに向けての準備の仕方を知っている。そして限られた「資材」での戦い方を知っている。そこは他の「ただ速い」「ただ強い」だけの選手とは違うと言い切れると思います。だからそんな自分で何ができるのか。今の自分からするとある意味「十分」な走りだったのかもしれません。


続きを読む

2017-05-24 SR600四国山脈に挑戦 2 京柱峠~大歩危

masahikomifune22017-05-24

[]2017 SR600四国山脈1-2 京柱峠〜大歩危 2017 SR600四国山脈1-2 京柱峠〜大歩危のブックマークコメント



通過チェック7 「京柱峠」6時55分

ダウンヒル区間は・・・かなりヤバい。さすが酷道の名に恥じない荒れっぷり。おまけに今朝がたまでの嵐のような天気の影響なのか枝葉が散乱していて、「走行不可」の看板があればそうなのだろうと間違いなく信じてしまう。車だったら間違いなく通りたくないし、通れないのではないだろうか・・・

登りも遅かったが下りも遅い。一体このSR600四国山脈はどこで帳尻を合わせたらいいのだろうか。多分登りを淡々とペースを落とさないようにするしかないのだろうか。

調子に乗ってパンクや機材を壊さないように慎重に、しかしスムーズに下ることを考える。

集落のある所まで下ってくると、平日なので前から車が登ってくる。林業に携わる方たちなのだろうか。出勤時間のようだ。向こうもまさか平日早朝から京柱峠を下ってくるサイクリストがいるなんて思っていないので、容赦なく走ってくる。


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170524

2017-05-23 今年2回目の山岳グランフォンドin吉野試走会 このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-05-23

週末は暑かった〜〜!

日曜日は今年2回目の山岳グランフォンドin吉野試走会。吉野の山の中ですら暑かったです。

30名以上の方が全国から集まり、さらに暑さ倍増でした(笑)

そしてそのうち5名が女性でした。ホンマ熱かった、いや暑かった。

先月の今年1回目の試走会と同じコース。足の郷を越えてGF吉野らしい林道満喫してもらおうという趣旨。

個人的には、そして主催者的にも好天すぎて吉野「らしさ」が少ないコンディションでした。って一体主催者は何を望んでいるんだか(笑)

それでも初めて吉野を走る人には十分刺激強めで、今回の試走会でも驚かれている人多数。

しかし!

この前のSR600四国山脈走ってからだと、石や落石で道が凹んでいても、まだ車で通れるって思える範囲なので正直まだまだ「普通」です(笑)

でも、普通と言っても細いタイヤや高圧では無理だけどね。

続きを読む

2017-05-22 TOJ京都ステージアンバサダー このエントリーのブックマークコメント

masahikomifune22017-05-22

日本最大のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンが21日堺ステージで幕を開け、今日22日月曜日は第2ステージ(京都ステージ)が京田辺市でスタートしました。

今年の京都ステージでは、京都ステージアンバサダーに任命されました。

スタートの京田辺市の隣、城陽市出身で京都府南部は庭のようなもの。そして自宅はスタート地点から2.5kmと地元でのレース開催。コースも現役時代のトレーニングコース。そうは言ってもアンバサダーという肩書は早々させてもらえるものではないので、光栄ではあるけれど同じぐらい緊張しました。


スタート地点の京田辺市普賢寺ふれあいの駅ではオープニングセレモニートークショーを担当させていただき、山田京都府知事はじめ石井京田辺市市長、木村精華町長らとご一緒にスタートセレモニーに同席。さすがに緊張しました。

選手に「頑張ってください!」と声をかけさせていただいたものの、きっと選手からしたら「誰やねんこのオッサン。言われんでも頑張るわアホンダラ」とか思われていたと思いますが(笑)最近の若い選手は私のことなどは知らないと思います。目が合って挨拶されたのはブリッツェンの清水監督、シマノの野寺監督、ブリヂストンの水谷監督・・・みんな監督ばかり。そういう世代ということですね(笑)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masahikomifune2/20170522