Hatena::ブログ(Diary)

ほどよいベクレルブックログ

2011-05-05

謎解きはディナーのあとで

17:57

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで

失礼ながらお嬢様、この程度の真相がお分かりになられないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか。

「失礼ながらお嬢様、やはりしばらくの間、引っ込んでいてくださいますか」


おおよそ執事の言動とは思えない毒舌ぶり、恭しく敬語を

使いながらも、この執事には主人を敬う気持ちなんてみじ

んもないのです(笑)



才色兼備の女性刑事である主人公宝生麗子は泣く子も黙る

財閥のひとり娘。そんなセレブな麗子、身分を隠して刑

事をやっているのです。



ここまではよくある設定ですがこの本の美味しい部分は

やっぱり麗子と執事の掛け合いにありますね。行き詰まり

になってしまいそうな難事件に頭を悩ます麗子は捜査中の

案件をこう、ポロッとこの執事に話しちゃうんですね。と

いうかこの時点で守秘義務的にどうよ?とは思いますけ

ど・・・^^;



執事なんて麗子にとっては、執事影山のような口の固そう

な男は話相手として申し分ないわけです、それだけが理由

なので、麗子としては柱に話しかけるがごとく、返事なん

て期待してないわけです。



でまぁ、予想に反し(反するどころか露骨な暴言付きで)

執事はいとも簡単にその「難事件」を解いてしまう。

それも麗子から伝えられた二次情報だけで。

そんな芸当をやってのけドヤ顔どころが紳士に礼儀正しく

「お許しください、お嬢様。わたくし

チャンチャラおかしくて横っ腹が痛うございます」

ときたもんだ。ご主人様の威厳なんてあったものじゃない

ですよ!笑



とまあ、推理以外のところにスパイスが効いている分堅苦

しくなく笑いをそそられる作品になっています。



僕普段、推理小説読まないんですけど、推理小説

頭が凝り固まるような、そんなマイナスイメージを払拭し

てくれるという意味で本作は推理小説の入門書と言えるの

ではないでしょうか。


一つ気になった点としては、物語の構成上全ての推理は

"宝生家の屋敷内にいる"影山脳内の推測によってなされて

います。推理と現場との一時的接触が皆無なのです。この

設定によってたしかに執事影山の万能性は強調されます

が、僕としてはやはり「事件は現場で起こっているん

だ!」って叫びたいわけですね〜笑



僕はこの本は中村佑介さん装画という事で衝動買いしてし

まいまして、いわゆるジャケ買いなんですけど、中身を読

まないで買った割には楽しめた作品なんじゃないかな、と

思います。

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで

ほどよいベクレルブックログ

17:06

ブログを始めてはやめ、始めてはやめ・・。

今度はいつまで続くでしょうか

ところで

放射性物質だってほどよく流せばよい刺激かもしれません、

ああ、早速不謹慎なブログに(汗)


さて皆さん。富岡鉄斎は言いました。

万巻の書を読み千里の道をゆく

爆弾発言ですが、僕は富岡鉄斎さんなんて方

さっきまで知りませんでした(爆) 

ネットから拾ってきました、造作もないことです!

でも本当に心に染み入る名言ですよね。

万巻の書を読み千里の道をゆく 富岡鉄斎

知識は力です。何をさせても不器用で

抜けたことばかり言う、自分に自信がない僕は

せめて本を読もう。

ブックログ始めます!!

Connection: close