Hatena::ブログ(Diary)

ふるさと元気風ネット・探訪記ブログ版 Twitter

2013-12-05

垂水千本イチョウ

垂水千本イチョウは、国道220号線垂水市役所前交差点を高峠方向に向かう県道71号線の途中にあり(垂水市中央から約3.5km、車で10分)、大隅の観光スポットの一つになっている。このイチョウは、30年ほど前、都会から移り住んできた中馬吉昭さん夫妻が自分の山4.5haの荒れ地を開拓してこの地に植栽したイチョウだ。昭和53年から毎年100本程度植え続け、現在までに1200本程が植えられ、2008年から一般公開されている。イチョウは棚田状の山の斜面に植栽され、上段の高台からは桜島や開聞岳が一望できる景勝の地にある。11月中旬になると深緑の葉が黄色く色づき始め、11月下旬には黄色く染まり、12月になると黄葉のじゅうたん風景が楽しめる。イチョウ園からながめる夕日の景色も風情がある。今年は垂水観光協会が設けた「垂水世間資産制度」の第一号に登録されたこともあり、例年より多くの人出で賑わっていた。千本イチョウ祭りは29日から12月7日まで開催され、期間中の午後6時30分から9時までイチョウ並木がライトアップされる。

f:id:masarutti2:20131205232552j:image

Aブロック千本イチョウ

f:id:masarutti2:20131205232859j:image

Bブロック千本イチョウ

f:id:masarutti2:20131205233007j:image

Cブロック千本イチョウ

備考 垂水千本イチョウの楽しみ方

f:id:masarutti2:20131206090343j:image 

Aブロック:整備された駐車場からすぐイチョウ並木が散策できる。桜島の眺望がすばらしい。

Bブロック:メインの鑑賞スポットでイチョウ本数も一番多い。

Cブロック:駐車場反対側の山手にあるCブロックは山頂に沿って段々のイチョウ並木が続く健脚向きのコースで眺望が良い。