Hatena::ブログ(Diary)

ふるさと元気風ネット・探訪記ブログ版

2016-02-29

錦江町歴史探訪

錦江町歴史探訪:錦江町の田代・大根占地区の史跡・名所探訪のイベントに参加し、錦江町の自然の美しさと歴史の深さを体感した。

錦江町歴史:縄文時代からの遺跡が町内で発掘されており、この頃から定住があったようである。713年には大隅国が設置され肝坏郡(きもつきぐん)に属したのち大隅郡(1887年に南大隅郡とされる)に属す。平安中期には禰寝院として荘園支配がなされるようになる。江戸時代には外城制(後に郷と称す)が敷かれ、大根占と田代の2郷が置かれた。2005年3月22日、大根占町と田代町が合併して発足した。<ウィキ>

f:id:masarutti2:20160229001247j:image:w360

↑天神下の傘塔婆<傘塔婆は当初追善供養や逆修供養を目的として造られ、この後登場する板碑や現在用いられている角柱墓、大名墓などの原型でもある。

f:id:masarutti2:20160229153459j:image:w360

↑国見城跡<祢寝氏の出城で島津義久が根占巡視の時、国見城に登り感嘆して「天下の名城」であるといわしめるほど絶壁に囲まれた堅牢な城であった。正平7年(1352)南朝方の楡井頼仲、天正2年(1574)肝付兼亮が攻めたときもびくともしなかった。外堀跡や内堀跡も残っていた。

f:id:masarutti2:20160229162259j:image:w360

f:id:masarutti2:20160229175535j:image:w360

↑旗山神社<旧大根占町にあり、創建・由緒は不詳であるが千数百年前の建立といわれ。旗山神社の柴祭りは正月2日から4日にわたって行われ、初日の一月二日は、安水地区の立神神社をめぐって稲作と狩りにかかわる事始めの行事、二日はシシ狩り始めの行事が行われる。道路を隔てた境内には樹齢約800年以上のオオクスが、その威容を誇っている>http://www.osumi.or.jp/sakata/furusatokaze/tanbou2/sibamaturi.html#zinzya

f:id:masarutti2:20160229180208j:image:w360

↑半下石の田の神像<向かって右手にしゃもじ左手にすりこぎを持っている。右足はぞうり、左足は下駄を履いているめずらしい田の神像だ。

f:id:masarutti2:20160229181118j:image:w360

↑お茶亭跡<江戸時代、島津19代光久、24代重年、28代斉彬等が来遊した記録が残る。橋の近くに14個の釜跡が残っている。

f:id:masarutti2:20160229171446j:image:w360

↑扇落としの滝<花瀬バンガロー近くにある2段、3段と階段状に連続する迫力ある渓流瀑である。島津の殿様が雄大な滝の景観に驚いて手に持っている扇を落としてしまったことから「扇落としの滝」名が付けられたという。

/////////

神川大滝→http://www.osumi.or.jp/sakata/furusatokaze/furusatokaze2/hasi/subkamikawa.html

花瀬自然公園→http://www.osumi.or.jp/sakata/furusatokaze/furusatokaze2/hasi/hanase.html

今井より今井より 2017/02/15 02:38 土持堀の深井戸、隼人の史談会の見学会に参加して巡りました。上総掘り?、
「禰寝氏」は鹿児島神宮と所縁のあります。興味深く拝見しています。
最近、更新が無いので案じています。ご壮健でお励み下さいませ。

2013-12-15

宿利原の寒干大根

冬の風物詩 錦江町宿利原の寒干大根

師走に入ると錦江町宿利原特産の寒干大根の生産が最盛期を迎える。大根の寒干し作業は12月初旬から2月初旬まで続けられ、冬の風物詩となっている。収穫された大根は、高さ約7m、長さ約50mの大きな櫓(やぐら)に吊るされ、約2週間ほどかけて乾燥させ、漬物用の大根として農家70戸が約二千トンの出荷を見込む。大根の種類は千里想(ほしりそう)という品名で、普通の大根より細長い形が特徴だ。宿利原の土壌が大根栽培に適しており、錦江湾から吹き上げる冷たく乾いた潮風も、大根の寒干しに好条件だという。今年も、地域活性化事業のひとつとして、地元自治会を中心に寒干大根ライトアップイベントが開催された。

f:id:masarutti2:20131215113321j:image

大根干し準備

f:id:masarutti2:20131215113555j:image

大根干し風景

f:id:masarutti2:20131215113742j:image

大根干しやぐら風景

f:id:masarutti2:20131215113914j:image

やぐら大根風景

f:id:masarutti2:20131215114122j:image

ライトアップやぐら風景

f:id:masarutti2:20131215114247j:image

ライトアップやぐら風景

2012-11-05

紅葉の立山黒部アルペンルートを行く

多彩な乗り物でアルプス超えをする紅葉のベストシーズン「立山黒部アルペンルート」体験記。

立山駅からケーブルカーで一気に標高差約1000mのに美女平へ。美女平駅広場の一角には伝説の巨木杉がそびえ立ち、ブナ等の見事な紅葉風景が広がっていた。美女平から高原バスに乗り換え、雄大な景色と紅葉の車窓風景を楽しみながら室堂へ。室堂は標高2450mの立山黒部アルペンルート内の中心地で立山連峰の主峰、標高3003mの雄山や、3015mの大汝山が間近にせまっていた。鏡のように静かなみくりが池にはこれら周囲の山々を湖面に映し出し神秘的な風情を醸し出していた。室堂からトンネルトロリーバスを使って大観峰へ。

大観峰駅の屋上展望台から眺望する黒部湖や後立山の大パノラマは絶景だった。大観峰からロープウェイで7分ほどの黒部平へ。黒部平庭園からは目の前の雄大な峡谷と紅葉した山々を展望できた。黒部平からケーブルカーで黒部湖へ。黒部ダムの堰堤を歩きながら湖面に映る立山連峰の大パノラマ風景を楽しんだ。

f:id:masarutti2:20121105133734j:image

↑赤く色付いたナナカマドなどの赤と黄のコントラストが鮮やかな七曲一帯の紅葉風景

美女平から室堂へ向かう七曲り一帯は樹種も多く、一段と美しい紅葉風景が広がっていた。 弥陀ヶ原附近はナナカマドの赤にダケカンバやミネカエデの黄が彩を添えて見事なコントラストを描いていた。

旅のメイン、室堂平は標高2450mの立山黒部アルペンルートの中間点にあった。バスが発着する室堂ターミナルは日本最高所の駅だ。駅前の室堂平広場に立つと目の前に立山三山をはじめ、3000m級の山々が間近に迫り迫力ある風景が目の前にあった。室堂散策のハイライト「みくりが池」の湖面には雄大な立山連山が映り、立山連山の山々と湖面とのコントラストが絶景だった。立山連山の美しい景観もさることながらエンマ台から眺める地獄谷も迫力があり、圧倒された。

f:id:masarutti2:20121105135055j:image

↑周囲631m、水深15.3mの火口湖のみくりが池。鏡のような湖面にまわりの山々の姿を映し出すみくりが池は室堂散策のハイライトだった。

標高2316mに位置する大観峰は、室堂からトンネルトロリーバスで16分。コンクリート造りの重厚な大観峰駅は断崖絶壁にせり出すようにして建っていた。54段のきつい階段を登って2333mの雲上の大観峰テラスへ。屋上展望台から一望する黒部湖や後立山連峰の大パノラマは絶景だった。背後には屏風のような険しい断崖が迫っていて、一帯の紅葉が鮮やかだった。

f:id:masarutti2:20121105144942j:image

↑駅の屋上展望台から一望する紅葉した黒部湖一帯や目の前にそびえ立つ後立山連峰の大パノラマは絶景だった。

大観峰からロープウエイで標高1828mの黒部平へ。黒部平庭園に下りると正面に雄大な赤沢岳がそびえたっていた。近くには高山植物観察園があり、一帯の草木や背景の山々が鮮やかに紅葉していた。

f:id:masarutti2:20121105140825j:image

↑ロープウェイゴンドラから眺望する紅葉風景

いよいよ立山黒部アルペンルートの最終地、標高1455mの黒部湖・黒部」ダムへ。日本でもここだけにしかない「前線地下式」のケーブルカーで5分程で黒部湖駅へ。黒部湖ダム堰堤を歩くとダム湖西方には立山連峰、東方に後立山連峰がそそり立ち、迫力ある北アルプスの大パノラマが広がっていた。黒部湖一帯の紅葉した雄大な自然と黒部ダムを後にして、トロリーバスの待つ黒部ダム駅へ向かった。

f:id:masarutti2:20121105141151j:image

↑黒部湖は「くろよん」の愛称で知られる黒部川第四発電所により、御前沢をせきとめてできた人造湖だ。ダム湖西方には立山連峰、東方に後立山連峰がそそり立ち、迫力ある北アルプスの大パノラマが広がっていた。

黒部ダムは高さ186m、堤長492mでアーチ式ダムでは日本一を誇り、世界でもトップクラスのダムとされる。513億円の巨費と7年の歳月をかけ、1000万人を超える人々が携わった世紀の大工事は映画化され、今も記憶に新しい。今回、黒部ダムの名物、大迫力の観光放水を期待したが時期がずれて期待はずれだった。そのぶん、黒部湖・黒部ダム一帯の紅葉風景を堪能することができた。

f:id:masarutti2:20121105150448j:image

↑黒部ダム


  • <・・・more→pc web版 く立山黒部アルペンルート>
  • 2012-10-28

    白川郷合掌造り集落

    世界遺産白川郷合掌造り集落を歩く

    世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、 岐阜県白川村荻町(白川郷)と富山県平村相倉集落、上平村菅沼集落の三つの集落で構成。近年まで「陸の孤島」といわれ、日本有数の豪雪地帯で、山間奥地閉鎖的な地形と水稲に不向きな土地と相まって年貢米を焔硝で上納し、焔硝と生糸生産を中心に生活が営まれていたという。合掌造り集落はこのような時代背景の中で家長制度のもと、合掌造り集落が発達形成された。合掌造り建築法と「結」と呼ばれる相互扶助の精神が後世に守り伝えるべき貴重な文化として評価され、1995年(平成7年)、日本では6件目の世界自然文化遺産に登録された。今回、規模も大きく合掌造り集落代表格とされる白川村荻町(白川郷)を訪ねた。

    f:id:masarutti2:20121028222843j:image

    稲の刈り取り後の白川郷合掌造り集落田園風景

    f:id:masarutti2:20121028230943j:image

    集落内には一般家庭の合掌造りのほかに「長瀬家」「神田家」「和田家」の合掌造り家屋が公開されていた。

    f:id:masarutti2:20121028221025j:image

    ↑合掌造り家屋:白川郷の合掌造りは 屋根に満遍なく日が当たるようにいずれも妻を南北に向け造られていた。合掌造りとは二本の部材を山形に組み合わせてつくるサス構造茅葺きの屋根で掌(てのひら)を合わせたような形になっていることから名付けられた。重い積雪に耐えられるように屋根の勾配が60度に近く、釘と鎹(かすがい)を一切使わず、建築材の接合部には木製のクサビやねそ(マンサク)などが用いられていた。

    f:id:masarutti2:20121028221410j:image

    結いの心が息づく合掌造り:村人総出で行われる屋根の葺き替えは、「結(ゆい)」と呼ばれる相互扶助の精神で行われ、建築物とともに後世に守り伝えるべき貴重な文化として評価され、世界遺産に登録された。

    f:id:masarutti2:20121028221815j:image

    「世界文化遺産白川郷」案内板と土産店が並ぶ合掌造り集落入り口の風景。世界遺産登録により観光客が激増し、駐車場不足、プライバシーの問題等も起きているという。

  • <・・・more→pc web版 く世界遺産「白川郷合掌造り集落」>
  • 2012-09-24

    広島世界遺産「厳島神社」

    広島世界遺産「厳島神社」と「弥山」を探訪する。

    世界遺産「厳島神社」のある宮島は、日本を代表する景勝地で日本三景の一つに数えられる。1996年、厳島神

    社と、背後の弥山原始林が世界遺産に登録され、その面積は島の14%にあたるという。古代より島全体が信仰の対象で6世紀末に神社が創建され12世紀半ば、平の清盛が厳島神社を海に浮かぶ今の姿に再建。今でも平安時代に清盛が伝えた舞楽が奉納されるという。原始林が茂る弥山を背景に、朱塗りの社殿が雅な世界を織り成していた。弥山の山頂一帯にはご神体として崇められ、神が宿るという巨大な巨岩・奇岩や霊火堂があり、厳かで神秘的な空気が漂っていた。弥山山頂に立つと、瀬戸内海に浮かぶ大小の美しい島々が目の前に見渡せ、360度の大パノラマ絶景を楽しんだ。

    f:id:masarutti2:20120924220208j:image

    海に浮かぶ神殿造りの社殿が雅やかな世界を織りなしていた。

    f:id:masarutti2:20120924220919j:image

    海に立つ厳島のシンボル大鳥居

    f:id:masarutti2:20120924221310j:image

    朱色の柱が整然と並ぶ回廊。壁がないので開放的で眺めもよい。

    f:id:masarutti2:20120924221608j:image

    高舞台と本殿。左右対称に17棟の社殿が続いていた。

    厳島神社周辺の名所

    厳島神社の西廻廊を出ると日本三大弁天にひとつ、真言宗の古刹「大願寺」があった。この寺は建仁年間(1201-1233)に再興されたと伝わり、本堂には本尊の薬師如来像(重文)があった。その他、厳島神社周辺には、豊臣秀吉によって建てられた豊国神社(千畳閣)、和洋と唐様が調和した美しい塔「五重塔」、宮島でもっとも古いことで知られる寺院「大本山大聖院」などの名刹や神社などがあった

    f:id:masarutti2:20120924222552j:image

    五重塔

    パワースポット弥山(みせん)山頂を目指す

    弥山(みせん)は厳島神社の背後にそびえ立つ標高535mの宮島の最高峰でその昔、弘法大師・空海が修行した場所だと伝えられる。スタートは神社から徒歩10分の紅葉谷公園からロープウエーで獅子岩展望台にアプローチ。そこからハイキングで山頂を目指した。登山道路の尾根づたいの開けた場所からは瀬戸内海に浮かぶ大小の島々が見渡せ絶景だった。山道一帯の樹林帯はアカマツやツガの巨木が立ち並び、独特の樹林層を形成していた。山頂近くには本堂や霊火堂があり、神秘的な霊気に満ちていた。背丈を軽く超える巨岩・奇岩がずらりと並ぶ山頂一帯の景色は圧巻で、360度のパノラマビューを楽しんだ。

    f:id:masarutti2:20120924222916j:image

    獅子岩展望台。海と山と島が織りなす景色が広がっていた。

    f:id:masarutti2:20120924223242j:image

    途中登山道から眺める風景は絶景だった。

    f:id:masarutti2:20120924223707j:image

    霊火堂。弘法大師が焚いた護摩の火が、約1200年たった今も燃え続けているという。

    f:id:masarutti2:20120924224221j:image

    くぐり岩。山頂手前に現れたくぐり岩。弥山には巨岩・奇岩がごろごろ。

    f:id:masarutti2:20120924224027j:image

    山頂は巨岩で覆われ、360度の大パノラマが開け、絶景のポイントビューだった。

  • <・・・more→pc web版 く広島世界遺産「厳島神社」>