Hatena::ブログ(Diary)

ふるさと元気風ネット・探訪記ブログ版

2013-12-15

宿利原の寒干大根

冬の風物詩 錦江町宿利原の寒干大根

師走に入ると錦江町宿利原特産の寒干大根の生産が最盛期を迎える。大根の寒干し作業は12月初旬から2月初旬まで続けられ、冬の風物詩となっている。収穫された大根は、高さ約7m、長さ約50mの大きな櫓(やぐら)に吊るされ、約2週間ほどかけて乾燥させ、漬物用の大根として農家70戸が約二千トンの出荷を見込む。大根の種類は千里想(ほしりそう)という品名で、普通の大根より細長い形が特徴だ。宿利原の土壌が大根栽培に適しており、錦江湾から吹き上げる冷たく乾いた潮風も、大根の寒干しに好条件だという。今年も、地域活性化事業のひとつとして、地元自治会を中心に寒干大根ライトアップイベントが開催された。

f:id:masarutti2:20131215113321j:image

大根干し準備

f:id:masarutti2:20131215113555j:image

大根干し風景

f:id:masarutti2:20131215113742j:image

大根干しやぐら風景

f:id:masarutti2:20131215113914j:image

やぐら大根風景

f:id:masarutti2:20131215114122j:image

ライトアップやぐら風景

f:id:masarutti2:20131215114247j:image

ライトアップやぐら風景

2013-03-23

荒西山

f:id:masarutti2:20130323221040j:image

↑国道448号線内ノ牧から望む荒西山(あらせやま)

荒西山は、大隅半島南東部の錦江町と肝付町の町境に接する山で、美しい照葉樹林と天狗岩からの展望が楽しめる。国道448号線、田代支所前を経由して、船間、岸良方向へ向かい、新田トンネル200m手前から右の分岐道にはいしばらくして左手に荒西山への道標が立ち、左の林道新田荒西線に入る。天狗岩からの眺望が絶景で天候がよければ稲尾岳、木場岳、六郎館岳など大隅半島南部の山々や錦江湾の彼方に開聞岳がはっきり望める。

f:id:masarutti2:20130323220213j:image

↑照葉樹林内風景。荒西山は、南九州照葉樹特有のシイやタブ、カシ類をはじめ、高くなるにつれて、ミヤマシキミ、ヒメシャラ、アセビ等の高山性植物がが見られるようになる。

f:id:masarutti2:20130323220538j:image

↑照葉樹林帯の中で木肌の白いヒメシャラがひときわ存在感を示す。

f:id:masarutti2:20130323220803j:image

天狗岩制覇、思わず「バンザイ」

2012-04-28

高峠つつじヶ丘公園

高峠つつじヶ丘公園(垂水市)

高峠つつじヶ丘公園は大隅半島のほぼ中央、垂水市の北東に位置する。この峠一体は、100種類,10万本以上のサタツツジが自生し、満開時は峠をピンク一色に染める。春のつつじ開花の時期に合わせ「高峠・春のツツジ祭り」が開催される。2012年度の春祭りは4月28日から30日まで開催され、道の駅入浴券が当たる園内ウォークラリーや特産品が当たるスタンプラリー、青空市などが計画されている。県立自然公園・県民自然レクレーション村にも指定され,ハイキングコース、家族広場,遊歩道,アスレチック等のレクリエーション施設が整備されている。標高722mの山頂には展望所があり、南に高隈連山,北に桜島・霧島連山,西に錦江湾,東に志布志湾の大パノラマを展望できる。

f:id:masarutti2:20120428162455j:image

高峠つつじヶ丘公園のツツジ、園内管理棟と休憩施設

f:id:masarutti2:20120428162805j:image

今年は園入り口駐車場付近の芝桜がきれいに咲き誇っていた。

f:id:masarutti2:20120428163003j:image

高峠登り口から山頂を目指す。

f:id:masarutti2:20120429100603j:image

山頂からは360度の大パノラマが展望できた。山頂から眺望する桜島

f:id:masarutti2:20120428163423j:image

サタツツジを中心に色とりどりの花がさきそろう高峠つつじヶ丘公園

f:id:masarutti2:20120428165004j:image

小輪で紫色の可憐な花がサタツツジの特徴だ。

  • <・・・more→pc web版 く高峠つつじヶ丘公園>
  • 2011-04-08

    刀剣山登山

    花崗岩の奇峰・巨峰が連なる絶景の刀剣山に登る(2011/04/05)

    刀剣山は、垂水市猿ヶ城渓谷からの登山コースが整備され,秘境の大自然を巡る登山コースの人気スポットだ。花崗岩の白い岩肌の岩峰群がひときわ目につき、大自然の神秘的な景観を呈する。切り立った岩峰は、まるで中国の山水画を連想させる。南限とされる自然林のアカマツ、スダジイ等の照葉樹巨木、ドウダンやアケボノつつじ、ヤッコソウ等の希少植物が自生し、植生も豊かである。山全体は1峰から7峰の岩峰群から成り、最高峰は第二刀剣山と称せられる1峰で、685mある。第一刀剣山、第二刀剣山、それぞれの展望所からは桜島、高隈連山、錦江湾、対岸に薩摩半島、眼下に垂水市街地が見渡せ、展望がすばらしい。

    f:id:masarutti2:20110408180622j:image

    刀剣山岩峰群遠景

    f:id:masarutti2:20110408180800j:image

    刀剣山岩峰群近景

    f:id:masarutti2:20110408180957j:image

    第一刀剣山展望所

    f:id:masarutti2:20110408182000j:image

    第二刀剣山展望所

    f:id:masarutti2:20110408181245j:image

    展望所からの眺望風景桜島

    f:id:masarutti2:20110408181452j:image

    あけぼのつつじ開花風景  

  • <・・・more→web版 刀剣山登山記>
  • 2011-01-19

    大隅山風景

    | 22:42

    ふるさと大隅の山々

    ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山は ありがたきかな  石川啄木「一握の砂」より

    高隈山御岳(鹿屋市)

    f:id:masarutti2:20110119221651j:image

    高隈山は、鹿屋市と垂水市との境界付近に横たわり大隅半島中央部に位置する。最高峰の大篦柄岳や御岳などを含む標高1000メートルクラスの七つの山岳群を総称して高隈山と呼ぶ。高隈山は、最高峰の大篦柄岳(おおのがらだけ1237m)をはじめ、小篦柄岳(このがらだけ1149m)、御岳(おんたけ1182m)、妻岳(つまだけ1145m)、横岳(よこだけ1094m)、平岳(ひらだけ1102m)、白岳(しらたけ)といった海抜1000mクラスの七つの峰が連なり、かつては山伏の修験の地として賑わっていた山々である。学術的にも貴重な山で、植物の種類は4000種類以上、動物・昆虫類も多い。日本におけるブナ林の南限地にもなっており「森林生物遺伝資源保存林」に指定され、高隈山単独の森林生態系を形成している。高隈山を初め高峠、大隅湖、猿ヶ城渓谷一帯の景勝地は「高隈山県立自然公園」に指定されている。

    高隈ふれあいの森(鹿屋市)

    f:id:masarutti2:20110120101217j:image

    「たかくまふれあいの森」は鹿屋市下高隅町の谷田バス停近くの林道から入り、1.4kmの地点にある。森林保護・教材用として大隅森林管理署が管理している「水源かん養保安林」である。低地ながら、南日本特有の照葉樹林をつくるアカガシ、シイノキ、タブノキ、イスノキなどの天然広葉樹が原生に近い形で残っており、学術的にも貴重な場所である。森の中のスダジイ(イタジイ)の巨木は、推定樹齢250年、樹高22m、幹周り609cmもあり、林野庁の「森の巨人たち100選」に選ばれている

    国見山(肝付町)

    f:id:masarutti2:20110119221841j:image

    大隅半島南端部に横たわる肝属山地は国見山地とも呼ばれ、北東から南西の方向に約50kmの長さがあり、国見山・黒尊岳・甫与志岳・八山岳・稲尾岳・木場岳等の山々が連なる。国見山(886.5m)は、黒尊岳(908.5m)・甫与志岳(966.9m)と同じ稜線にあり、肝属山地三岳の一つに数えられ、登山ルートが確立していて、三岳縦走も行われる。視界の開けた東方向に目を向けると白砂青松の志布志湾、さらにはダグリ岬、沖に浮かぶビロウ島の美しい風景が飛び込んでくる。近くにはレーダー雨量観測所があり観測所地点からの展望はまさしく360度の大パノラマだ。南西方向には開聞岳がぽっかり浮かぶ。北方向には高隈山地を背景に肝属平野が広がる。背後には黒尊岳・甫与志岳と肝属山地の尾根が続く。

    甫与志岳(肝付町)

    f:id:masarutti2:20110119222037j:image

    甫与志岳(967.9m)は大隅半島の南東部に位置し、国見山(886.5m)、黒尊岳(908.5m)と同じ稜線にあり,国見山系の最高峰である。一帯はアカガシ、スダジイ、ヒメシャラ、ヤブツバキ、アセビ等の常緑広葉樹林に覆われ、山頂部には直径15mほどの花崗岩の露岩があり、360度の大パノラマを眺望できる。山頂や山腹からの眺めは北方向に肝属平野、東方向には内之浦や岸良浜、西から南方向一帯にかけて八山岳・稲尾岳・木場岳等の山々を眺望できる。春はアケボノツツジやミツバツツジ、新緑、秋は紅葉と四季折々の山の風景を楽しむことができる

    権現山(肝付町)

    f:id:masarutti2:20110119222640j:image

    日南海岸国定公園の一部になっている権現山(320m)は、白砂青松の志布志湾を眺める絶景の地にある。山頂付近には、かって樹齢1,000年もあると言われる五葉松の巨木があり、それが三十数年前の落雷で枯れてしまったという。そこで地元の有志が、五葉松の巨木跡地付近に、末代の子孫に残そうと当時の五葉松と同じ種類のヤクタネゴヨウを植えた。そのヤクタネゴヨウが今、元気に育っていた。五葉松再生の碑のある駐車場から山頂の展望所を目指して、シイやカシの茂る登山道を10分ほど進むと山頂へ辿り着く。突然目に飛び込んできたのは眼下の雄大な景色の柏原海岸と志布志湾風景だ。天気・視界も良好、志布志湾の全景が手に取るように見える。眼下の海上には巨大な国家石油備蓄のタンクと少し離れてビロウ島が浮かぶ。その奥の志布志港とダグリ岬もしっかり視界にはいる。視界を北方向にずらすと高隅連山を背景に、大隅の大地に広がる広大な肝属平野を悠々と流れる肝属川が目に入る。

    稲尾岳(錦江町田代)

    f:id:masarutti2:20110119222436j:image

    稲尾岳は、錦江町田代・南大隅町佐多・肝付町内之浦にまたがり、大隅半島南東部に位置する。地質は花崗岩からなり、植生はシイ、タブノキ、イス(ユス)、アカガシ等の照葉樹が中心である。植生が豊かであるだけにタヌキやキツネ、イノシシなどのたくさんの野生動物が見られ、野鳥類、昆虫類にとっても多彩な生息地となっている。かつて、大隅半島の高隈山地、稲尾岳一体を含む肝属山地はわが国を代表する照葉樹林が広く分布していたが現在、固有の照葉樹林が失われつつあるという。稲尾岳・木場岳一帯の森林は、「「稲尾岳自然環境保全地域(1975年指定)」、国の「天然記念物(1967年指定)」、林野庁の「森林生態系保護地域」の指定を受け、貴重な森林の保護や再生を目指し、自然環境保全を学べる場になっている。

    辻岳(南大隅町)

    f:id:masarutti2:20110119223036j:image

    辻岳は標高773m、地元や登山愛好家の人々に身近な登山コースとして人気がある山だ。辻岳登山へのコースは複数あるが林道根占中央線の東口コースからの入山すると山頂までは15分。カシやシイの茂る樹林帯を抜けるといきなり視界が開け、山頂部分にどっしりと腰を据えた辻岳シンボルの巨岩が目に飛び込む。辻観音といわれる馬頭観音像がまつってある巨岩の左横を抜けるとすぐ山頂だ。山頂はなだらかな草地で360度の大パノラマが開け、眼下に鹿児島湾を一望できる絶好の展望場所だ。鹿児島湾沖の雲海上に浮かぶ開聞岳が絶景だった。辻岳近くには展望のよくきくパノラマパーク西原台もあり、登山後の休憩地や展望所として利用されている。

    木場岳(南大隅町)

    f:id:masarutti2:20110119223339j:image

    大隅半島南部の南大隅町にある木場岳(891m)は照葉樹の森、稲尾岳とともに県の自然環境保全地域に指定され、アカガシ、イスノキ、タブノキを主体とした西日本最大規模の照葉樹林(常緑広葉樹)帯が形成されている。登山道や道標がよく整備され、大隅半島南部の山々の中でもよく知られている山のひとつだ。樹林内の登山道には距離の目安を示す番号の書かれた木柱が立ち、樹木には名札が付けられ、照葉樹林に親しみながら自然観察や登山が楽しめるコースとなっている。山頂の自然石展望台からの眺めは雄大で、稲尾岳周辺の山々や太平洋、天気がよければ遠くに佐多岬、種子島・屋久島が眺望できる。木場岳への道のりは錦江町田代の花瀬大橋を経由し、県道563号線沿いの錦江町と南大隅町との町境近くの標高600mの峠にある大鹿倉(おおかぐら)林道から入る。

    白鹿岳(曽於市財部)

    f:id:masarutti2:20110120103149j:image

    白鹿岳(しらがだけ)は、鹿児島県曽於市の北西部に位置し、曽於市内で一番高い山である。標高603.9mの白鹿岳は、山頂一帯が白鹿岳森林公園として整備され、野鳥観察や星座観察、植物観察等を楽しむことができる。天気のよい日には展望所から韓国岳、高千穂峰、桜島、陣ヶ丘、高隈山等の山々や都城の市街地、遠くには志布志港、鹿児島湾(錦江湾)と360度の大パノラマを展望できる。市街地から離れ、空気の澄んだ白鹿岳は、星の観察にも最適で、公園の一角には天体観測デッキと四季星座板が設置されている。有名な百武彗星もここで発見された。展望所近くの森林内には野鳥観察小屋があり、森林浴をしながら探鳥や森林散策を楽しむことができる。雨水や太陽光を利用したエコトイレもうれしい。白鹿岳は山頂まで林道が整備され、登山というより公園としての機能を備えた場所だ。

    ふるさと大隅 山風景WEB版↓

    http://www.osumi.or.jp/sakata/furusatokaze/furusatokaze2/subyama.html