Landscape and portrait RSSフィード

2008-04-26

シュメールの人たちと60進法

| 00:36 |

シュメールの人たちが、考えてみれば面倒な60進法を取り入れたのは幾通りにも割り切れる便利さのせいだと言われています。60という数字は、2、3、4、5、6、10、12、15、20、30で割り切れます。楔形文字には 1 から 59 に対応する数字があって、これは内部に10進法を含み、横の楔 (<) が 10 を、縦の楔 (V) が 1 を表していますが、0 を表す記号はなく、空白で表したため、完全な位取り記数法ではないとのこと。彼らはこれを角度にも利用し、1度を60分に、1分を60秒に区分しました。


f:id:masatomo-s:20080426234210j:image


ちなみに時計の走りは地面に突き刺した棒で、これはギリシア語の“知る”という“ノモン”と呼ばれました。1日の時刻に関する知識を与えるからだそうです。太陽の光がこのノモンに当たって、影を落とす場所を測って時刻を知ったのですが、日の出の影と日の入りの影の間は12に分割されました。この12という数も、2、3、4、6で割り切れます。もともとシュメールの人たち、分数を扱うのに適切な体系を思いついていなかったので、小さく分割しても端数が残る可能性が最も少ない数を選んだようです。で、1日を12分割したそれぞれの部分は、“1日の時刻”を意味する“アワー”と呼ばれました。


もともと時間を測る0点は日の出だったので、第1時は日の出から1時間経った後、第2時は2時間後、第11時は日の出から11時間後、つまり日没である第12時の1時間前、ということになります。ちなみに、今で言う正午の“ヌーン”というのは、9というギリシア語がなまったもののようで、第9時を意味していますが、これは昼間が4分の3だけ終わったことを意味しています。つまり午後の中頃を意味していたのですが、これは食事時間と密接に関係しているようで、後に1日の主要な食事が正午に移った時、食事との結びつきは9との結びつきより強く、“ヌーン”は正午……つまり第6時になりました……こうした理由から『午前(フォアヌーン)』『午後(アフタヌーン)』と言われ、ラテン語では『antemeridian(A.M.)』『postmeridian(P.M.)となりました……A.M. 、P.M. はもちろん今でも生活に根付いた用語となっています。


f:id:masatomo-s:20080427002223j:image


昼の12分割は、当然夜にも適用されます。“時計”の0点を日の出に設定している以上、季節によって日の出の時間が変わりますし、昼間の時間が変わるのもご存知の通り。つまりアワーもヌーンも一定にしたいというわけですが、今では当たり前すぎて考えもしないことを、その当時の人たちは考えなくてはならなかったのです。


それをどういうふうに作ったかはまた別の機会に譲ることにして、1日を昼の12時間と夜の12時間を足して24時間としたほうがよほど楽です。これは太陽が子午線を通過し、次に通過するまでにかかる時間のことです。しかしながら、それぞれ12時間の2つの周期という古い古い習慣は余りにも根強くて、我々はそれを完全に振り捨てることが出来ず、今でもわたくしたちは午前1時から正午の12時までを数え、また始めに戻って、午後1時から真夜中の12時までを数える、という具合です。


f:id:masatomo-s:20080427002506j:image


う〜ん、ここら辺りが本日のスペースの限界ですかねえ……

時間と時計……余りにも生活に密着しすぎて、いろんな文献をひも解くと、かえって理解が難しいことが多いですねえ……これは本腰入れて取り組まないと、歴史と知識の中に埋もれてしまいそうです。。。

マツマツ 2008/04/27 12:16 いつも感心するけど
良く知ってんなぁ〜。


古代ネタも好きなんでヨロシク(^o~)/


帰省は辞めました(汗;

masatomo-smasatomo-s 2008/04/27 13:02 >マツどの!

本を読むといろいろと面白いネタに当たるので、それをじっくり読んで調べて書くだけだよ。
出来るだけ間違えのないようにするだけで精いっぱいです、、、

帰省、中止?
今年は連続で休めないからなあ……

あれ?
チミ、明日休み?

いいねえ……

エ・ビ・スエ・ビ・ス 2008/04/28 11:34 シュメール人の60進法の話を振ってしまった責任を多少感じつつ、どうしてそうなったか?ということについては「そうなんや」というぐらいの感想です。すんません。

そういえば、人類最初に文字をつくったのもシュメール人で、作った理由は、穀物倉庫の在庫管理のための数字と記号だったって知ってた?記録がないと誤魔化す奴がいるからというのが、その理由。しかも最初は床に直接書いていたんだけど、簡単に消せるので、粘土板を使い始めた。これがけっこう大量に残ってるんですね。
何が書いてあるのか?そっちのほうが気になる。

masatomo-smasatomo-s 2008/04/28 22:17 >エ・ビ・スさま!

60進法の話は興味深く調べさせていただきましたよ。
出来るだけ調べたいなと思う性分でして、、、

シュメールの文字のお話、あの気の利いたバーでお聞きしましたね。
とても興味深いです。
やはりまず実用ありきだったんですねえ……

いつだったかNHKのBSなんかで、シュメールの文字の特集をやってたような、、、
どんな内容だったのか覚えてないのがつらいところなんですが、、、

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masatomo-s/20080426/1209224210