浄土真宗親鸞会 宇治金時にあこがれて

2010-11-23

二千畳座談会で、長者窮子の譬えを学びました

09:17

f:id:masatomo18:20101124091908j:image


 21日(日)は、富山県の親鸞会館で二千畳座談会が行われました。

 参加された皆さんの声を紹介します。

・・・・・・・・・・

・2000畳座談会に参詣しました。親鸞聖人の『一念多念証文』のお言葉を通して、「浄土の方便」について『長者窮子の譬』を教えて頂きました。

 方便は阿弥陀仏が私達をどうしたら十八願まで導くかという弥陀の計らいをいうと聞かせて頂きました。


・今日は、二千畳座談会に参詣して、阿弥陀仏のご方便について、長者窮子の譬え話を通して教えて頂きました。

 私に、六字の名号を与えてやろうと、大変なご苦労で導いて下さっていると知らされ、申し訳なく思いました。


・2000畳座談会に参詣させていただきました。弥陀のご方便がなければ絶対に私達は助からないとお聞きしました。


・2000畳座談会に参詣しました。「一念多念証文」の御文より「浄土の方便」についてお聞かせて頂きました。我々をどうしたら決勝点まで出させる事が出来るのかと言う弥陀のお計らいを「長者窮子の譬」で聞かせて頂き釈迦弥陀のご苦労を感じずにはおられませんでした。