Hatena::ブログ(Diary)

日々の糧としての写真 A LIFE LIVED IN FEAR IS A LIFE HALF LIVED

HIRANOYA 平野屋 コンピューティング
  人生最高の日(平成の労働争議)   平野屋一周年  僕の人生 僕のイジメ原体験 うるおい療法
娘がリレンザで異常行動を起こした。 
糖質制限+血糖自己測定+先人の勇気で血糖値をコントロール
But in the world according to Garp, we are all terminal case.
糖質制限 シーズン1
水泳はいい影響を与える
日々の記録カード
『糖尿病学宣言』
血糖値プロファイラーβ

死に至る病の記録【糖質制限で糖尿病と共に生きる】in 新発田.新潟 <=毎日更新中

2013-10-04

国体のお仕事 システムは『人』である。

ScorDogTOMという国体ゴルフ競技の集計システムの運用を始めて今回で5大会である。

今回は9/26〜10/2まで一週間出張であった。

皆には「楽しいだろうね」と言われるが、この仕事は6月くらいから始まり、8月の抽選会があり、開催期間は猛烈なプレッシャーである。

僕は何でも楽しむから確かに楽しいと言えば楽しいのではあるのだが........



ようやく、何が重要か分かって来た。


3つのゴルフ場で同時に競技が進行->集->賞状を印刷->閉会式を迎える。

当然の事であるが、各ゴルフ場で仕事をするのは市の職員の人たちである。


最初は集計のシステムが重要と考えていた。しっかりとしたシステムを作り使ってもらえばいいと思っていた。

しかしそれ以上に重要なことが有る事を実感している。

多くの場合「誰でも使えて、簡単に入力、出力が出来て、同じ結果が出る」システムを求められる。

しかしこれは大きな間違い(当たり前の事であって)である。というか、それだけでは充分ではないのだ。

システムにおいては、「人」が重要である。

誰が、どんな状況で使うのかという事が重要!!!

国体の記録室業務は、複雑で、多くの外部とのインターフェースが必要になる。そして全員が始めてである。

この全員が始めてという所が大問題である。


開発側(私)と運用側(市役所の職員の方々)で『いかに信頼関係を確立するか』という事である。一般化すれば「いかにシステムを導入するか」と言い直すことができる。


運用は何かあった時に、全ての責任を負わせられる。

作ったのが開発なのに、フェアではない。だから、僕が運用の全ての責任を負う事を最初に明言する。


一体のチームとなれた時、必ず成功する。


時間で仕事をするのではなく、結果で仕事をするのである。


『7000行以上perljavascript』(プログラム)+『100近くのレイアウト&大量のCSS』からなる構成されている。そして、このシステムには確実にバグが有る。これだけの規模のシステムでありながら、5年の運用と行ってもまだ5×2=10日の実稼動日しか無いのである。おまけに、数年毎にルール改正にともなう変更が発生する(これは思ってもいなかった事である)。考えれば考えるほど、凄まじいものである。

しかし必ず乗り越えなければならない。


国体ゴルフ競技の賞状をだすシステムは特別な困難さがある。最後の一人がホールアウトするまで順位が決まらないのである。トーナメントである多くの競技は前日までに順位が確定している。予選をおこなう事で絞る様な競技もある。大量の参加選手(141+141+84=366)が一気に競技して順位を出すなどというのは正気の沙汰ではない。国体ではクレー射撃とかウエイトリフティングなどが同じ様である。



スコアが記録本部に上がってくる。入力して成績を確定する。

確定後に競技委員長にサインをもらう、賞状を印刷して式典係に渡して、速やかな表彰式を行うのである。

賞状は団体8×5=40 個人8×1=8が最低必要になる。枚数は流動的である(例えば8位と同スコアの県が5つの場合は12×5=60枚になる)

TOMはこれを15分でこなす。



大事な事は、各会場で仕事をする市職員のチームが自分たちで判断して動ける様になる事なのだ。

僕の役割は、最初の講習会で初めて会った職員の人たちとチームなる事なのだ。

そして彼らには、複雑で多岐にわたる業務を伝え、自分たちにエンジンを持たせて進む様になってもらう事である。

毎年始めてであった人たちと一つのチームになる。この最初の講習会が一番大事である。

アウエイでの試合の様なプレッシャーがある(笑)。どこのどいつが講習するんだという感じで市の職員の人たちが待ち受けている。

僕のテンションも最高に高くなっているのである。

2013/9/27実施された講習会の様子はこちら。

D


講習会が終わった頃にはしっかりと一つのチームになっている。

八王子大会のマニュアルはこちら

今回のマニュアルは時間(一週間位)かかった。毎年状況は変わるので毎年作り直す。

今年は、手集計と言うゴルフで使われる昔からの集計方法を市側で行った。(例年は県の連盟側で行ってもらっていた。)


信頼関係を築くにはマニュアルがしっかりしている事が一番重要なのだ。

見てもらえば分かりますが、システムの画面の機能など大して書かれてない(画面を開けば分る)。

システムはこちらから御覧下さい。

『どこと、どういう関係にあるのか』、『いつ何が起こるのか』『その時何をすれば良いのか』が記載されています。

運用の不安を解消するのが大事なのです。運用スタッフの心をシュミレーションして作るのです。

業務の中でのシステムの役割を明確にするのがマニュアルなのです。(これは僕の信念)




      【長い出張がここから始まる】

講習会   「直前講習会」 始めて現場に入る職員と顔合わせ

      この日が一番きつい!!

予備日   会場になるゴルフ場を回りロケーションの確認

      少し時間的な余裕があるが、心理的には何も余裕が無い日である。

監督会議  マシン搬入、選手変更締切->データ確定などの重要なイベントがある。


      【この後の3日間各会場午前中にまわる】

          徹底したシュミレーションを行うのである。

公式練習日 手集計、賞状印刷の練習、入力の練習を行う

競技1日目 全体の流れの通した練習

      今回はこの日にデータが一回クラッシュした。

競技2日目 賞状をだして、無事終了となる

      毎年、皆と記念写真を撮る、もう2度と会えない事を僕は知っている。

      そして彼らは忘れられない戦友となる。皆でエア乾杯をした(笑)。

      賞状の印刷が始まる頃には放心状態である。




考えてみれば、毎年システムの導入を行っていることになる。

システムはユーザーと一体になって始めて機能するのである。

いかに使われるシステムを作るのかという問題に対しての答えでもある。


エンジニアの経験として大変勉強になる。毎年の国体は僕にとっての学びの場である。

そして僕はこの仕事が大好き。


5年前に始めた時はこんなになるとは思いもしなかった。

ずーっと続けたい。

記念のピンバッチが増えた。

f:id:masaya50:20131005154301j:image:w640


371790

国体のお仕事 八王子大好き (4) 。

このバックが素晴らしかった。

即決で買ってしまった

ぱた*八王子生活館さんのものである

f:id:masaya50:20131004181959j:image:w640

f:id:masaya50:20131004181958j:image:w640

f:id:masaya50:20131004181957j:image:w640

大きさも丁度良く、暖かみがあり、頑丈である。


木馬工房さんで買った「月と鳥」で遊んだ。

白無垢の木だったのでワックスをかけた。

f:id:masaya50:20131004181955j:image:w640

f:id:masaya50:20131004181954j:image:w640

f:id:masaya50:20131004181953j:image:w640

f:id:masaya50:20131004181949j:image:w640


やっと長い国体のお仕事が終わった。

プール行って、ビール飲んで寝よう。

明日からまた仕事である。

372063

国体のお仕事 八王子大好き (3) 「木馬工房さん」、「ぱた*八王子生活館さん」

9/27の直前講習会の始まる前に、早めにお昼を食べた。

その時、売店で、少し素敵なバッグを見たので、もっと種類が無いか聞いた。

市役所のすぐ横に売っている所があると聞いた。

行ってみて驚いた。

カラフルで、鮮やかで、素敵なのである。

手織りの布でしっかりしたバッグが売られていた。

すぐにバックを買う事に決めた。7500円だった。

残念なことにカメラを忘れたので、このときギャラリーの展示は撮れなかった。

ぱた*八王子生活館さん


木馬工房さんという木工品を取り扱っているお店(隣接している)でまた驚いた。

素晴らしい絵が展示してあった。

木工細工が素晴らしかったので買った。

「可愛いものと小さな芸術祭」というイベントが青梅で開催中であった。

そのパンフレットの中にすげえ絵があってビックリした。

f:id:masaya50:20131004195339j:image

テーブルに書き込まれた絵と同じ「阿山隆之さん」が書いたものだった。

こちらのブログからご覧になれます。



競技の2日目が終わり、翌日、新発田に帰る日、どうしても館長さんとお話したくって、もう一度行って木馬工房さんの写真を撮らせてもらった。

新発田にも、障害者施設は有るが、アート(自分の内面を他者に伝えることを意図する)としての表現は無い。

どうしたら、こんなに凄い物が表現出来るのか知りたかった。

館長の相良美恵子さんから色々なお話を聞いた。阿山隆之さんにお茶頂いてうれしかった。

素晴らしいお話を聞けた。

阿山さんは絵が好きで、月一回教えにきてくれている東京造形大学の松尾多英先生(じゃりの会)に習い続けたそうだ。

そしてこんな力強い作品を書く様になった。

人は「自分の中にある何か」を誰かに伝えたいと言う渇望を持つ。

皮膚の外側に出る事の出来ない孤独は、アートと出会った瞬間に癒される。

その点において障害者と僕らの間には何も違いは無い。

新発田でも、そんなチャンスを皆で共有出来ないかなあと思った。

その土地に生きる人が、皆互いに尊敬しあい生きることができれば良いのにと思う。

これは素晴らしい事だ。

僕の街はこうなれるだろうか?

僕自身が一歩を進まなければならない。

f:id:masaya50:20131004210743j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185557j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185548j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185549j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185547j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185545j:image:w640

f:id:masaya50:20131004185546j:image:w640

ぱたさんにいけなかったのが残念。

いつかまた八王子に行って阿山さんに会いたい、彼の絵が見たい。


あんなに疲れていなかったら青梅に行って「可愛いものと小さな芸術祭」体験して来たのに.....返す返すも残念であった。



372091

国体のお仕事 八王子大好き (2) 。

うまそうなラーメン屋さん、お休みだった。

f:id:masaya50:20131004175434j:image:w640

この古本屋さん最高であった。

ちょっと覗いたら、昔から欲しかった本が有って310円で驚き、7冊ほど買ってしまった。

街に古本屋さんが残っているという事は文化が有るのだ。

f:id:masaya50:20131004175435j:image:w640

町中の神社(子安神社)

f:id:masaya50:20131004175433j:image:w640

f:id:masaya50:20131004175432j:image:w640


結構有名な寿司屋さん。

4月に見つけていたのである。

f:id:masaya50:20131004175431j:image:w640

f:id:masaya50:20131004175430j:image:w640

f:id:masaya50:20131004175428j:image:w640

f:id:masaya50:20131004175429j:image:w640



町中の商店も結構生き残っていて興味深かった。

大手のスーパーなどと住み分けが出来ているのだろうか。

も少しいて調査したかったなあ。


371988

国体のお仕事 八王子大好き (1) 。

今年の国体東京大会だった。

ゴルフ競技は八王子市が会場になった。

今回の宿は町中だったから、飲み屋に行けて嬉しかった。


新潟焼き鳥屋さんが美味しくない。

東京からUターンして一番に感じた事である。

無論例外的に旨い店も有るが、ほとんどは駄目である。

京王八王子駅のすぐ横に焼き鳥屋さんがあった。

道に迷って、店構えに惚れた。

4:30から突撃した。立ち飲み屋のテイストのあるお店。旨い!!!

f:id:masaya50:20131004172056j:image:w640

ホッピーを頼んで「中だけ」を2杯いった。

この中だけというのも新潟には無い。

ホッピー新潟では売っていない銘柄で旨かった。

f:id:masaya50:20131004172057j:image:w640

f:id:masaya50:20131004172058j:image:w640

焼き肉「るぱん」

外見や店構えはあまり期待出来るものではないのだが......

僕の長い焼き肉人生でもトップ10に入る。

余りに美味しくて写真が少ない。

ホルモンが柔らかくて旨い。これはビックリである。どう処理するとこうなるのだろうか。

ハラミが霜降りで旨い。

f:id:masaya50:20131004172055j:image:w640

f:id:masaya50:20131004172054j:image:w640

死ぬまでにもう一度行きたいお店である。

みんみんラーメン本店

2日目の講習会が昼にずれ込んだので、移動時間にラーメン屋さんに行った。

市のスタッフの人に教えて貰った。


外見からして、最高である。11時開店の時に僕を入れて10人が並んでいた。

f:id:masaya50:20131004172053j:image:w640

これが「八王子ラーメン」タマネギが入っているのが特徴だと言うが、スープ自身が旨い。

麺が旨い、チャーシュウが旨い、値段が安い!

f:id:masaya50:20131004172051j:image:w640

しっかりスープをとっている。

f:id:masaya50:20131004172052j:image:w640

京王八王子の駅から少し行った所の「うら田」さん

泊まったホテルの真裏だった。

f:id:masaya50:20131004172050j:image:w640


おでんがすごい!

コンニャクが柔らかい。八王子コンニャクと言うものが有るそうである。

牛すじも大根も絶品であった。

f:id:masaya50:20131004172049j:image:w640


「生白魚」というのは初めて食べた。

後で聞いたら八王子の人はよく食べるそうだ。

僕はここ以外では食べた事が無い。この起源が知りたいものだ。

f:id:masaya50:20131004172059j:image:w640



昨年の岐阜大会の時のお話 その1

昨年の岐阜大会の時のお話 その2

その前の山口大会の時

やっぱ、僕はこの仕事を楽しんでいるなあ。

371988