なるほどそーゆーことですか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-21 クライミング初体験@大田区糀谷

クライミング初体験@大田区糀谷

| 01:55 | クライミング初体験@大田区糀谷を含むブックマーク

連休チャレンジで、生涯初のクライミング(壁登るやつ)を体験。知り合いがクライミングジム大田区糀谷オープンし、チャリ圏内なので、いっちょやってみるか的なノリで行ってまいりました。

住宅地の中のガレージ倉庫を改造した開放感のあるクライミングジム。なかなか見た目カッチョいい。

f:id:masaya84:20090921150313j:image

f:id:masaya84:20090921150327j:image

単純によじ登るだけだと思ってたのですが、パズルのように指定されたルートを順番に辿っていくのが正しい姿、それがスゴく難しい。

そして今回のチャレンジ、贅沢にも意図せず貸し切り、という状況。そして住宅街の中にある&おもいっきオープンエアな空間なので、初体験スパイダーな姿を通行人に無様にも披露してまいりました。。。超ビギナー感想としては↓

  • バランス>パワー」女性の方がうまい、かも
  • 体の固さは致命的、かも。
  • 腕やら指はとりあえず痛くなる。
  • うまい人のを観た方がうまくなる(当たり前。。。)
  • 1度や2度でうまくなるものではない(あ、これも当たり前。。。)

他の施設は行ったことありませんが、この手のクライミング、どうやらプチブームのよう。他のジムだと巧い人に揉まれながら肩身狭く練習しないとダメみたいなので、最初に行ったところが知り合いのいる場所で良かった良かった。ちなみに、黒い壁はここだけだそうな。つぎは友達連れて行かないとな。。。達成感を得なければ。。

大田区クライミングスタジオSUN MOUNTAIN』 → オフィシャルBLOG

東京都大田区西糀谷3-14-3

03-6676-0385

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090921

2009-09-08 ノエルがOASIS脱退(って、ほんまかいな・・・)

ノエルがOASIS脱退(って、ほんまかいな・・・)

| 19:33 | ノエルがOASIS脱退(って、ほんまかいな・・・)を含むブックマーク

ノエルOasis脱退。Oasis兄弟喧嘩って、プロレス予定調和みたいなもんで、マイクパフォーマンスで盛り上がって、殴り合ったうえで結局握手、というのが毎度のパターンではないかと思うのですが、どうも今回こそは違う、らしい。これって、「叶姉妹から恭子が抜ける」とか、「Kinki Kidsから光一が抜ける」なんかと一緒かと思ったら、どちらも血は繋がってないのね。マナカナからマナ(もしくはカナ)が辞めるのと同じダメージ、かね。。。と、冗談っぽく言ってますが、マジではないことを祈ります。誰もノエルがいないOasisなんて望んでませんぜ。LIVE FOREVER, OASIS.

OASIS OFFICIAL SITE : A STATEMENT FROM NOEL (28 August 2009)

"It's with some sadness and great relief to tell you that I quit Oasis tonight. People will write and say what they like, but I simply could not go on working with Liam a day longer.

超訳)俺は今夜限りでOasisをやめる。ちょっとばかし悲しいが、むしろせいせいしてるぜ。みんな好き放題に書きたてたり、言いやがったりするだろうが、俺はリアムと一緒にこれ以上、一日たりとも働けねぇ、それだけだ。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090908

2009-08-29 夏休み大雪山登山

夏休み大雪山登山

| 23:17 | 夏休み大雪山登山を含むブックマーク

本日NHKで大雪山特集をやってるのを観て、ひとりでテンションが上がってしまったので、今年の夏休み@北海道で、大雪山に登った写真を遅ればせながら載せてみる。すごいのよこれが。

お鉢平(カルデラ)→眼下に見える川のあたりは有毒ガス発生しているので立入禁止って、おい・・・

f:id:masaya84:20090809083137j:image

日本最大級の雪渓、だそうです。

f:id:masaya84:20090809094807j:image

f:id:masaya84:20090809124639j:image

雪渓を横切る登山コースもある。NHKによると雪渓にはヒグマが夏の間、涼みによく出没するらしいって、

おい・・・

f:id:masaya84:20090809091748j:image

花と雪渓のコントラスト

f:id:masaya84:20090809134747j:image

登ったコースタイムは、以下のとおり。普通は相当な健脚でない限り、層雲峡から入って、旭岳までは普通行かない。お鉢平一周のみ(↓の旭岳なしパターン)で6:00出発→15:00戻りぐらいの時間目安らしいので、タイムはあまり参考にしないほうがよいです。体力的にもキツいですし。


8/9(日)晴れ  お鉢平一周+旭岳往復

  • 6:00 層雲峡 →ロープウェイ+リフト
  • 6:30 黒岳登山口
  • 7:30 黒岳(1984m)
  • 8:30 お鉢平展望台
  • 9:30 北鎮岳(2244m)
  • 10:15 間宮岳(2185m)
  • 11:05 旭岳(2291m)
  • 11:50 間宮岳 昼食
  • 13:05 北海岳(2149m)
  • 14:20 黒岳(1984m)
  • 15:05 黒岳登山口 リフト+ロープウェイ
  • 15:30 層雲峡

7月のトムラウシ山の遭難事故のせいか、基本的には空いてました。山登り、くれぐれも準備はぬかりなく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090829

2009-07-06 Sorry Pete, I tried to hold him off

Sorry Pete, I tried to hold him off

| 23:51 | Sorry Pete, I tried to hold him offを含むブックマーク

ウィンブルドン決勝、ロジャー・フェデラーに死闘の末に破れたアンディーロディック、試合直後のインタビューでのコメント

Official Tickets and Your Source for Live Entertainment | AXS.com

Q: This seems like a cruel sport, after such a long match for someone to have to lose, how do you feel?

A: "Thank you for cheering for me, Thanks to roger, he deserves everything he gets, he is a true champion, Sorry Pete, I tried to hold him off (laughter from the crowd). It’s an honor to play here in front of these great players too. I still hope one day my name will be up there with theirs as a winner of this tournament."

"Sorry Pete, I tried to hold him off"と言えるのがピカイチ洒落てる。「ごめんよピート、(フェデラーの記録更新を)なんとか食い止めようとしたんだけどね」ぐらいの意味ですかね。4時間以上死力を尽くした後に言える言葉じゃない。ロディックおそるべし。しかし、フェデラーは強い。

個人的には、ロディックネタにされた元・グランドスラム優勝回数記録保持者のピート・サンプラスが、観客席で、めいいっぱい禿げてたのが印象的でした。

決勝、そしてちょっと淋しい: 帰国ゴコロ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090706

2009-06-29 センターマン、いや、仮面ライダーダブル

センターマン、いや、仮面ライダーダブル

| 01:02 | センターマン、いや、仮面ライダーダブルを含むブックマーク

新しい仮面ライダー仮面ライダーダブル)がセンターマン(原田泰造)に見えてしょうがない。電王キバディケイドダブルと、どんどん見た目が劣化してる、と一瞬思ったけどディケイドの仮装大会っぽい風貌には勝ってるかな。出オチ気味だが、がんばれダブル。なんだかこんどはUSBメモリ挿して変身(合体?)するっぽいぞ!!

新・仮面ライダーは“2人で1人”の「仮面ライダーW」

f:id:masaya84:20090630005332p:image

 → google:image:仮面ライダー ディケイド

俳優の桐山漣と菅田将暉が初主演を務めるテレビ朝日新番組仮面ライダーW(ダブル)』の制作発表会見が29日、都内で行われ、2人をはじめキャスト陣らが出席した。同作はダブル主演の2人が演じる探偵が、1人のライダー仮面ライダーWに変身し、謎の組織と戦うという“平成仮面ライダーシリーズ”としては初の試みとなるストーリーが展開。

センターマン(ウンナン編)

D

♪ほーんとーに五分と五分かー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090629

2009-04-21 オラクル+サン ORACLE TO BUY SUN

オラクル+サン ORACLE TO BUY SUN

| 20:47 | オラクル+サン ORACLE TO BUY SUNを含むブックマーク

f:id:masaya84:20090420230728j:image

よく、飲んでいるときに「Sか?Mか?」という定番ネタで盛り上がるけれど、「ジェダイか、ダークサイドか」という分類も自分の中ではアリだと思う。

てなわけで(?)オラクルによる、サン・マイクロシステムズの買収に驚く。サンは、ハードウェアメーカーなのに、JavaとかMySQLとかに手を出して「本当に儲っているの?」とハラハラさせてしまう存在ジェダイダークサイドか、という分類だと、なんとなくジェダイな気がする。帝国マイクロソフトに立ち向かう、か弱き存在、志は高いけど結果が伴わない存在、それがサンのジェダイ立ち位置だったはず。

そこにやってきた、もう一人のジェダイ騎士オラクル。いやー、一緒にマイクロソフトを倒してほしいものです、と思うけど実はオラクルダークサイドでは?という疑念。パルパティーン議長いい人だなぁ、と思ってたら急にシスの暗黒卿になっちゃいました、という急展開もあり得る、というか既にオラクルダークサイド説は有力。サンが、マイクロソフトとかHPへの怒りが原因で、いつの間にか悪の手先・ダースベイダーになってました、みたいなオチじゃないでしょうね。まぁ、もうひとつの帝国IBMの手に落ちるよりもマシだったのかな。でも最近IBMもすっかりダークサイドイメージから脱皮した感もあるからなぁ。。。

スターウォーズもIT業界も無縁の人はなんのこっちゃでしょうが、今日感想でした。

Oracle4月20日米国時間)、Sun Microsystemsを買収することで最終合意に達したことを発表した。1株あたり9.50ドルでの買収交渉に入っており、買収の総額はSun負債などを含めると約74億ドル、実質は56億ドル程度になる見込みと発表している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090421

2009-04-20 24・シーズン7を先駆けて観るのだ「Hulu.com」

24・シーズン7を先駆けて観るのだ「Hulu.com」

| 20:32 | 24・シーズン7を先駆けて観るのだ「Hulu.com」を含むブックマーク

英語勉強は楽しくなくてはいけない、ということで、Hulu.comで24やら、Saturday Night Liveやら、The Simpsonsを観てみようと試みる。このHulu.com、一言で言うとアメリカテレビ局NBC, Fox等)がテレビで流した番組をそのまま流しているYoutubeみたいなサイト日本みたいに「スピンオフネットで」という中途半端テレビ局サイトではなく、本編そのまま、まるごと大放出なのです。画質もかなり良い。

f:id:masaya84:20090420195727j:image

Stream TV and Movies Live and Online | Hulu

http://www.hulu.com

普通に↑にアクセスすると「アメリカ以外からは観れません」というツレないメッセージ英語で出ます。が、↓のVPNツールを入れると日本からでも観れます。

f:id:masaya84:20090420194929g:image:h50

AnchorFree : Hotspot Shield

http://anchorfree.com/downloads/hotspot-shield/

VPNって何?と言われても僕も良く分かってませんが、アクセス偽装してトンネル化して違う場所からアクセスできるツール、なのかな。見るからに怪しげなツールなので、インストール自己責任でヨロシクです。

そんなこんなで、Hulu.comで24・シーズン7を皆さんに先駆けて楽しみ英語力もグングン上昇の兆しを見せております、、、と言いたいところですが、そもそもの回線がショボイため、バッファまくりで全然観れません。あーもう。。。光にしよっかな。

コンテンツ界の大巨人・Disneyも参入を検討するHulu、今年のスーパーボウルでやったCMが結構評判だったようで。「テレビの観過ぎは脳味噌に悪いって?当たり前じゃないか、俺たちは地球制服を目論むエイリアンなんだから(By テレビ中の人)」ぐらいのストレートメッセージ→"An evil plot to destroy the world. Enjoy."。

D

Googleの"Don't be evil"を逆手にとって、直球勝負、まぁ悪くない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090420

2009-04-17 転職とインターネットと英語

転職とインターネットと英語

| 01:47 | 転職とインターネットと英語を含むブックマーク

一度書かなくなると、とことん書かなくなるもの、それがブログ、なのかね。

僕の素性を知ってこのブログを読んでいる人がいるとも思えないけれど、昨年11月に転職しました。前の会社で約7年半勤め、30歳を前に自分にとってはまぁ一大事。

ギョーカイ的には世界経済危機の影響をモロにうける会社(某メーカー)で、会社転職早々とんでもないことになっているのですが、

  1. 日本だけじゃないグローバルマーケット向けの仕事がしたい
  2. WEBマーケティング仕事をやっていきたい

という自分の気持ちに一番フィットしてた仕事転職して良かったなぁと単純に思う。前の会社でできる仕事は突きつめても(2)だけだったので。

今の仕事海外各国が持っている自社ブランドWEBサイト統括。アメリカ本社があるコカコーラ日本ウェブサイトや、中国向けのウェブサイトがあるように、いま勤めている会社にも、各国に1つづつWEBサイトがあり、それぞれを販売に貢献するように、ブランドイメージを崩さないように、作っていく仕事。と言うと格好いいが、平たく言うと「ヨロズWEB屋さんfor北アメリカヨーロッパを除く世界各国(140カ国ぐらい?)」あ、あまり平たく言えてないな。

で、コミュニケーションは基本、英語。特に海外経験もないドメスティック男なので、それだけは慣れないなぁとは思う。が、いまこの時点が、人生において英語が一番理解できてることは間違いない。もちろん海外生活してるほどの進歩はありません残念ながら。

ということで気持ちだけは前向きな感じで、大したオチもなく、今日はこの辺で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20090417

2008-07-22 ファッションブランドの中国生産って

ファッションブランドの中国生産って

| 22:48 | ファッションブランドの中国生産ってを含むブックマーク

ごく最近、某有名外資系ファッションブランド社長の講演を拝聴する機会を得ました。(と、やたらと畏まっているのは、大学の大先輩だから)

なによりも講演でお話しいただいた社長生き様に感銘を受けたのですが、トピックとして興味深かったのは「ファッションブランド中国生産」の話。そもそも僕は高級ファッションブランド中国生産モノがある、という事実自体を知らなかったのですが、まとめると↓のような話。

つまるところ、「中国生産諸刃の剣」といったところなのかな。中国の魅力を「消費マーケット」と捉えるのか、「安価労働力市場」と捉えるのかは、たしかに難しい。僕がお話を聞いたブランドアメリカ系)では中国マーケットを切り捨てられない、という判断から現時点では中国生産は見合わせている、とのこと。なるほどです。

ちなみに「コーチは、最近ものすごい攻めっぷり(いい意味でも、悪い意味でも)」というのも、ファッション関連の方々の共通した意見、でしたよ。ふむ。

-----

しかし、ひさびさの更新。もうちょっと頑張りたいッスね。。。

COACHがGUCCIより売れてるって、本当ですか?

COACHがGUCCIより売れてるって、本当ですか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20080722

2008-04-08 ティファニーで朝食を トルーマン・カポーティ, 村上春樹訳

ティファニーで朝食を トルーマン・カポーティ, 村上春樹訳

| 00:39 | ティファニーで朝食を トルーマン・カポーティ, 村上春樹訳を含むブックマーク

ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を

10年ぐらい前、二十歳の頃に沢木耕太郎的な世界に憧れ「ニュー・ジャーナリズム」がどーたらこーたらとかいう付け焼き刃的知識で『冷血』を読んで敢えなく挫折した経験があります。いわゆる世の中の背伸びした二十歳青年の一般的読書挫折経験。

そんなわけで、僕の中ではずっと「カポーティ冷血=重い」のイメージ。もちろん『ティファニーで朝食を』の著者であることは知ってましたし、むしろ『冷血』がカーポティの中で唯一無二の異色作品であることも理解してはいましたが、なんとなく読む機会がなく、気付くと10年。おそらく村上春樹新訳でなければ、『ティファニーで朝食を』を読む機会もなかったでしょう。世の中の新訳ブームに感謝感謝、といったところ。

あとがき村上春樹自身が、「主人公であるホリー・ゴライトリーに、オードリー・ヘップバーン映画イメージがついてまわるのが(映画そのものには別の魅力があるのは認めつつ)残念」と書いていましたが、僕自身は幸か不幸か映画を観たことがなかったので、すんなり入り込んで読み切れました。

物語の内容としては言わずもがな、なのかもしれませんが、イノセンスさ、自由奔放さが魅力の女性主人公(=ホリー・ゴライトリー)と、どうにも芯の弱い「僕」の関係性の物語。「僕」の不安定さがゆえ、ホリーの魅力がフルスロットル全開で、ホリー自身の会話文を主体にキャラを際立たせていく感じは、すごく面白いし、訳者の力量が故なのか、と感じる。

キャッチャー・イン・ザ・ライ』にしろ、『グレート・ギャツビー』にしろ、「絶対に手に入らないピュアなもの」とか「イノセンス」が近年の村上春樹翻訳作品テーマなのでしょうか。「切なさ」とか「哀しさ」とか「一瞬のきらめき」に一貫した何かを感じ取るわけです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masaya84/20080408
Connection: close