Hatena::ブログ(Diary)

古書ますく堂のなまけもの日記

2016-12-10 忘年会

今年はこの忘年会いっこ限り。外の風の寒いこと、さぶいこと。
ブに全員で行くも、我、収穫なし。でも広くてたまにチェックしな
きゃと思わせるお店。

2016-12-09

黒柳

徹子さんの本が面白くて止まらない

2016-12-08

パソコン

セキュリティがきれて繋がらなくなったらしい。いたい、出費だ

2016-12-07

パソコン

ネットに繋がらない。

2016-12-06

トットちゃんの万華鏡

f:id:mask94421139:20161206171439j:image:w360
評伝である、誰もが知っているであろう黒柳徹子の。
この本とセットで「小さいときから考えてきたこと」を読むといい。黒柳本は1冊読むと他のも読みたくなってくる。
黒柳徹子の凄さがこの本にびっしりと書かれている。本人が自分で書くと自慢になりがちだが、第三者の目で書かれている本でこれだけすごいのだ。
仕事に対しての取り組み方がとことんなのだ。舞台をやることになったらその時代背景、自分のやる役の人物をもう徹底的に調べ上げる。だから彼女のやる舞台は赤字にならない。ほんのちょっとした事実、ちょっと調べればわかるようなことを調べずに放送してしまうどこぞの局は黒柳さんの爪の垢を煎じて飲むとよいのだ。