Hatena::ブログ(Diary)

Pちゃんの指輪

2018-05-13

野伏「少し話をしても良いだろうか」

| 13:47

 タイトルは LOTRO JP の頃のお気に入りの野伏台詞。当時、ca-tty氏に電話した時に必ず「少し話をしても良いだろうか」から切り出して野伏電話と化していたのは良い思い出。「こわいものなしだな兄弟」も日常会話で多用してた気がする。

 最近、ゲームはFGOとかデスチャとか、いわゆるソシャゲばっかりをお手軽に遊んでいたわけですが、ゴールデンウィークにバトルカンパニーをプレイしたら中つ国に戻りたい欲求が高まってきたわけです。で、久しぶりに LOTRO でソロで中つ国をぶらぶらしようかなあ、クラスはやはりキャプテンかそれともチャンプかとツイッターでぶつぶつつぶやいていたところ、教官殿から「今はHNT最強時代」と助言あり、knobrond殿も「CPT,BRN→涙目」とおっしゃられており、あんまり積極的に作った事無かったけどハンター作ってみようかなという気になった。

 もともとどんなゲームを遊ぶにしてもイムルイル傭兵団のメンバーと一緒の事が多かったので、自然と自らの性に合った役割分担に落ち着いてしまう傾向があり、マルチのゲームでもイムルイルのみんなとやる可能性があるならとりあえずバッファーとかデバッファーとか寄りについついキャラを作ってしまう。自分の中のイメージとしてはSSS氏が近接アタッカー、POW氏がタンク、ca-tty氏が遠隔アタッカー、ほりふみ氏がデバッファーという感じで、私はアタッカー+バフデバフみたいな中間的なキャラ指向が強く、UOなら不調和メイジディアブロ2だとパラディンLOTRO だとキャプテンというクラスにスポッと嵌ってきたわけです。まあしかし、そうそうみんなで同じ時間に揃って同じゲームをやるのももう難しいし、今までと違った傾向のキャラも楽しそうよねと。

 で、自分がハンターをやるにあたって納得がいく嵌れるキャラ設定が欲しい。ハンターは弓がメインのクラス、中つ国で弓が上手い種族はエルフそしてホビットだけど、やはり性分として人間やりたいなあと。人間で弓と言えば野伏。LOTRO では野伏はセッションプレイで使う事はできますがキャラクターとして作る事はできない、でも野伏にあこがれたり野伏見習いのつもりの人間をロールプレイする事は自由なわけで、これだなと。もとアルノール、アルセダインあたりの出身で先祖は王族に仕えていたが今は国もなく、ハンターとして生計を立ててきた。ある日とある事件に巻き込まれ、窮地をストライダーという野伏に助けられ、自分の中にもわずかとはいえ流れるヌメノールの血を意識し、父の形見の星型の銀のブローチを身につけ、自らもストライダーのような野伏になるために旅立つ、しかし彼は自らを助けたストライダーの正体をまだ知らない。良いじゃないですか。

 名前はやはりヌメノールの血を引いてる風という事でエルフ語で付けるのが良いかなと。クウェンヤで「pí」が「small insect, fly」という意味で以前から名前に使ってみたかったので今回はこれを採用。試しにキャラメイクで「Pi」って名前でいけるか試してみたが使えなかったので、後ろになんか語をつなげる事に。語感優先で「craftsman, smith」を意味する「tan」をつなげると「Pitan」で「ピータン」になるなあという事でこれを採用。なんでしょう、養蜂家とか養蚕家とか、あるいは虫使いみたいなイメージでとらえると生き物大好きラダガストにも通じる感じで良いのではないでしょうか。人間の王族でもなければ上のエルフでもないのにクウェンヤの名前とは畏れ多いかなという事で、一応シンダール語化する事を考えてみると、「tan」はシンダール語でも「tan」なので変わらず、「pí」は語源を同じくする語がシンダール語にないため借用語としてそのまま使われるってのはありかなという事で、シンダール語化しても「Pitan」で良いんじゃないかな(適当な事を言うおじさん)。

 というわけで中つ国に野伏コスプレハンター「Pitan」誕生。久しぶりの操作でESOと混じって右往左往してますが、早速パイ食いチャンピオンの称号取ったりしてます。さあパイ運んだり、郵便配達したりするぞー。いずれ野伏のように強くなれるのかしら、まあのんびりいきましょう。

f:id:masterp:20180513133155j:image

2016-10-10

*初参加

| 23:22

 LOTROプレイヤーつながりのアドラヒアさんGames Workshop の The Lord of the Rings のミニチュアを使ったゲームのキャンペーンを始めるとの事で「やりたい!やりたい!」と手を挙げて参加させていただく事になりました。公式のロード・オブ・ザ・リングストラテジー・バトル・ゲームは何十体ものミニチュアが必要となるような大規模戦闘となっていてなかなか敷居が高いのですが、今回はBattle Companiesという小規模な部隊を扱う簡易ルール的なシステムで、しかもキャンペーンで隊員が成長したり、部隊を増員したり、(もちろん時には隊員が死んでしまう可能性もあったり)といったロールプレイングゲーマー的には入門しやすい内容となっております。楽しそうでしょ!

 で、昨日アドさん宅にお邪魔して、もろもろのミニチュアをお借りして遊んでまいりました。お手合わせいただいたのはベテランミニチュアゲーマー(とお呼びして良いかしら)のRebisさん!こちらはド素人なので恐縮というかやる前からフルボッコされるんじゃないかとガクブルです。第一戦は私が善の勢力アルノールに対してRebisさんが悪の勢力で遠ハラドという実に渋いチョイス!しかも私は借り物の未ペイントのミニチュアに対して、Rebisさんのペイントされた遠ハラドの部隊がまた無茶苦茶カッコイイ!始める前にしばらく目の保養させていただきました。ゲーム展開としては序盤にうちの貴重なアルノールのレンジャーがいきなり一人吹き矢で倒されたり、ハーフトロルの突撃をくらって戦々恐々としてたのですが、意外とアルノールの戦士が高い防御力で善戦してくれたおかげで、辛勝できました。マジ怖かった。

 善悪を入れ替えての第二戦、Rebisさんの善の勢力ミナス・ティリスで、これまたペイントがカッコイイ!対する私は悪の勢力を何にするかギリギリまで悩んでいたのですが、皆さんが選んでない東夷にしようかなあと薄っすら考えていたのですが、第一戦のRebisさんのハーフトロルの洗礼もあり、40ポイントのドル・グルドゥアの城代を使ってみたいという誘惑にかられ、結局ドル・グルドゥアを選択しました。で選んだのは良いですが、ドル・グルドゥアは城代が40ポイントとコスト高なので、後の兵はほぼ自動的にオーク3人のみとなり、しかも人数少ないので城代が生き残っていたとしてもオーク3人が倒されたら終了という実に危なっかしい勢力となっておりまして、実際の展開はドラマチックで面白かったですが、まあ結果的にはフルボッコでした(笑)。ミナス・ティリスの部隊に完全包囲されたドル・グルドゥアの城代が単騎で大立ち回りを演じていると思うと胸アツで、負けたのに楽しかったです。

 対戦後はアドさんに指導していただきながら、人生初のミニチュアペイントに挑戦。私もオタク歴は数十年ですが、立体物に関しては幼少期のロボダッチ以降ノータッチというありさまなので、ほんと手がプルプルしちゃいました。あっという間に2,3時間が経過し、アドさんに細かいところをかなり修正していただいて、何とかドル・グルドゥアの城代ペイントが完成!やはり色塗ってあるとカッコイイですねえ。魂が吹き込まれたような感じ(ドル・グルドゥアの城代は魂無いかもだけど)。機会をみて他の隊員にも魂を吹き込みたいのう。

f:id:masterp:20161010231411j:image

2016-07-12

ダークアンカー

| 20:38

 ESO面白い。特にビジュアルイメージとして、ダークアンカーが好き。普通のクエストのためにうろうろしていたら、遠くの空に穴が開き轟音と共に巨大なアンカーが振ってきて、デイドラがうじゃうじゃ攻めてくる。たまらんカッコ良さ。

f:id:masterp:20160712195032p:image

f:id:masterp:20160712195036p:image

2016-07-08

esoほいっさっさ

| 22:07

 完全にPCがぶっ壊れて全然ゲームをしない生活に慣れてしまっていたわけですが、ca-tty氏に新PCを組んでもらったので、またLOTROを熊人族とかで再開してみようかなどと考えていたところ、「The Elder Scrolls Online」が完全日本語化で声も声優が葺き替えちゃってるよという事で、いてもたってもいられなくなって始めてしまいました。実のところTESのシリーズは全く遊んだ事が無いのですが、逆に思い入れが無いので過度な期待でがっかりするような事も無く、純粋に楽しめております。やはり日本語環境で洋ゲーを遊べるってありがたい。LOTRO JP時代を思い出してうるうるしてしまう。

 ゲーム外のストアでクラウンという通貨を使っていろんなサービスを受けられるのだが、成長スピード早くしてりしても勿体無い気がしてあんまりクラウンの使い道が無いなあと商品を眺めていたところ、ゲーム内で外見を変えられるコスチューム(スキン)で毒医者というペストマスク装着のものがあり、うわあカッコイイと即購入(中二病)。早速、毒医者の格好であたりをうろついてみたところ、敵と勘違いされて攻撃されまくっております。当たらないから良いけど。

 さしあたってダガーフォール同盟でテンプラーとして遊んでいますが、各同盟毎に遊べるクエストが違うので、それぞれにキャラクターを作った方が良さそうな気もする。まあ腱鞘炎と相談しながらぼちぼちやっていきますかね。

料理中の毒医者

f:id:masterp:20160708220437p:image

 

2015-12-07

城主はじめました

| 14:22

 転職して仕事に慣れないのとPCが不調なのと相まって、スマホグラブルとかパズドラとかモンストとかをやっている事が多くなり、LOTROUOはすっかりご無沙汰になっておりました。その間にも、こつこつとUOをプレイし続けていた家内はすごく強くなっていて、何時の間にかボスを狩りに行ったり、城を持つようになっており、さらに今回、もっと立地条件の良い城を見つけたので引っ越すとの事。で、もともと住んでいた城を家内から譲ってもらう事になりました。過疎化が進んだとは言え、UOで城を持つというのはステータスであり、感慨深いものがある。久しぶりにインしたところ、やはりマウスでの移動がおぼつかないので、しばらくは歩き方のリハビリになりそう。後は引っ越しの荷物整理をしないと、どこに何がしまってあるかもわからない状況。廃物利用も兼ねて生産キャラをちゃんと育てるべきだろうなあ。現状で不調和神秘メイジ、武士盾バンパイアパラディン、ブレードウィーバー、バードテイマーメイジガーゴイルエルフの生産キャラと6キャラが育成途中で放置になっているので、それぞれ完成を目指そうと思う。腱鞘炎に気を付けよう。

f:id:masterp:20151207141839p:image