不屈の星のハートビート

益田修射手座の漢検二級血液型は調べてないから不明
2003101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
20090102030405060708091012
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
201201020304050608
201301
20140304

2006-08-06 読書感想文の書き方

【 夏期講習特別ふろく 読書感想文の書き方 】


1 はじめに


 夏休みや冬休みになると、たいてい「読書感想文」が宿題で出されます。でも、何をどう書いて良いか分からないという生徒が多いのです。塾の生徒でも、毎年夏休みの終わり頃になると「先生、読書感想文どう書いたらいいんですか?」といって持ってくる生徒が何人もいます。

 どうやら、学校では宿題は出すけど、その書き方までは教えてくれないらしい。ぼく自身も、読書感想文の書き方を学校で習った記憶はない。国語の授業といっても、授業で文章の書き方を教わった覚えはない。

 そこで、ここでは読書感想文の書き方のひとつの方法を示します。

 これが「唯一の方法」だとも、「最善の方法」だとも思わないけれど、「簡単な方法」ではあるとは思います。

 小説を書くときの基本となる方法を、読書感想文に応用してみました。他のどんな文章でも使える方法なので、知っておいて損はないと思います。また、こんなせこいのじゃなくて、もっとちゃんとした文章の技術を知りたい人は、益田まで相談しにきてください。


2 読書感想文に本の感想なんて書いてちゃダメ


 読書感想文を書けと言われて、まず思いつく駄目なパターンは「おもしろかった」「感動した」と読んだ感想を書いただけの作文です。

「読書感想文なんだから、本を読んだ感想を書けばいいんじゃないの?」と思った人は、ぼくからしたら読書感想文が何であるか、まったく理解していないということになります。

 結論から言うと、

 読書感想文とは、「本を読んで、自分の生活を反省する作文である」

 ということになります。

 まず、登場人物の体験と自分の生活を比べる、そして、「自分にはこんなことはできない」「自分にはこんなところはないか」と反省して、最後に、「これからは自分もこうしよう」と前向きになる。

 これが基本です。

 つまり、読書感想文とは本の内容や感想を書く作文ではなく、自分の生活や体験を書く作文であるということです。

 

 例えば、読んだ本の登場人物が「自然をとても大事にする人」だったとしましょう。

 あなたはそこで、自分をふり返るのです。「自分は環境のことを考えているか?」「ゴミの分別や水道の無駄づかいなどに気をつけているか?」そして、登場人物と自分を比べながら 自分はどういう人間なのか、自分の身の回りにどんなことがあったかを書いて、「これからは自然を大切にしたい」と書くのです。

 あるいは、本の登場人物が「友情は大事だ」と言ったとしましょう。

 そこで自分自身をふり返ります。「自分には大事な友人がいるか?」 「友人を裏切ったことはないか?」

また逆に「友人に助けられたことはないか?」「ケンカした友人と仲直りするにはどうしたらいいか?」

 など、読んだ本を通して、自分の生活や体験、そして自分の気持ちをふり返って下さい。

 

 なんとなく書けそうな気がしてきませんか?

 読んだ本のことを書けと言われても「おもしろかった」「感動した」くらいしか書けなくても、自分のことなら少しは書けるような気がするでしょう。本を読んで、自分の生活や体験を反省し、今後の希望を書く、それが読書感想文の書き方です。

 なぜそう言い切れるかというと、少なくとも学校の求める読書感想文とはこういうものだからです。それは、コンクールで賞を取っている作品を眺めてみればわかります。ほとんどこんな作品ばかりですから。


3 下書きメモを作ろう

 文章を書くときは、まずメモを作ります。いきなり原稿用紙に書き出してはいけません。

 あらかじめ、どんなことを書くかというメモを作って、だいたいの内容が決まってからはじめて原稿用紙に向かいます。

 小説では「プロット」とか「箱書き」とかいうのですが、全体の構成を考えたメモを作ります。

 何を書くのか (必ず入れる言葉、体験した出来事、など思いついたことはメモに書く)

 字数配分 (この内容で何行というおおまかな配分を決めておかないと、全体の字数に合わせる)

 とりあえず全体のプランを立てるために必要なのはこの二つくらいです。


 次に、_燭鮟颪のか について、を書くために考えるべきことを具体的に述べていきます。


 メモ作り

・文章を書くための材料を集めます。

  読んで印象に残った場面、ポイントになりそうな場面をいくつか選びます。(いくつあってもよい)

・材料をふくらませていきます … 各場面ごとに次の 銑い里海箸鬟痢璽箸暴颪い討います。


 ^象に残った場面の登場人物の行動や体験

「 廚紡个垢觴分の考え

「◆廚らわかる自分の性格、生活、考え方

「」の具体例、成功例、失敗例(実際にあったことでなくても良い)

 これらのメモを組み合わせて、読書感想文を書くわけです。

 場面はいくつあってもかまいませんが、テーマはひとつにしぼるべきです。たとえば「友情」というテーマで書こうと思ったら、友情に関係のない場面は捨てて、テーマにあった場面だけを書くようにします。

 このメモを元にして、全体の構成を決めます。


例として、原稿用紙三枚(60行)の読書感想文を書くとしてハコ書きを書いてみます。


1. はじめ … この本はこんな本だと、簡単に説明                   5行

2.  ^象に残った場面の登場人物の行動や体験                 15行

「 廚紡个垢觴分の考え                                  5行

「◆廚らわかる自分の性格、生活、考え方                     10行

「」の具体例、成功例、失敗例(実際にあったことでなくても良い)        15行

3. まとめ … これからは自分はこうありたい                      5行


これで55行です。

ひとつのネタで15行はちょっと長くて、書くのがつらいかも知れないので、そんなときは、


1. はじめ … この本はこんな本だと、簡単に説明                  5行

2.  ^象に残った場面の登場人物の行動や体験                 10行

「 廚紡个垢觴分の考え                                  5行

「◆廚らわかる自分の性格、生活、考え方                      5行

3.  ^象に残った場面の登場人物の行動や体験                 10行

「 廚紡个垢觴分の考え                                 5行

「◆廚らわかる自分の性格、生活、考え方                      5行

「」の具体例、成功例、失敗例(実際にあったことでなくても良い)       10行

4. まとめ … これからは自分はこうありたい                     5行


と、場面をふたつ持ってきて調整すれば、60行くらいはすぐにいってしまいます。


 この段階で、書き始めるための準備は整っています。

 あとは実際に書き出してみて、細かいところを直して清書したら完成です。


 もっと具体的な方法を、また時間があったら続き書きます。

 やってみてわからないことがあったら、質問してください。

松純松純 2006/08/19 23:30 へーへー。
ありがとーございます。
参考にするねー

リサリサ 2006/08/27 17:20 スゴイですね!!!
私は読書感想文は苦手ですが、この方法で頑張ってみますo(^-^)o

tphtph 2006/08/27 19:51 ありがとう

miimii 2006/08/29 15:49 なんかこんなにまとめててもらえると、やれる気がしてきた雕Fヵラ頑張ってみるゎあ

masu2masu2 2006/08/31 08:03 実際書いてみて、「この内容をどうまとめたらいいの?」「どうやって結論にもってけばいいの?」とか疑問でてきたら、また相談してくださいねー。
( ・д・)(・д・ )ネー

サスケサスケ 2008/08/17 16:18 すごくわかりやすいです!作文苦手な僕でも書ける気がしてきました。

masu2masu2 2008/08/17 22:45 おう、ぜひ書いてみてください!

WordWord 2008/08/18 00:25 はー、税作文終わったー。講座がとても分かり易かったことに感謝してます。
マヌケなことに間違えて原稿用紙一枚分多く書いてしまったので、そこから削る
作業が大変でした^^;
ある程度文が出来上がってくると、書き足すことより
要らない部分を抜いていくことのほうが面倒になるんですね。

…で、まだ読書感想文が残ってる、と。
やはりカフカとかの本が書きやすいんでしょうけど、本を読むのが遅い僕が今から
読み始めるとなるとかなり時間が… そもそも読む気力が(略
できるものなら夏休みに入る前に読んだ本で済ましたいのですけど、具体例は
挙げられないんですが、どうもその本は学校向けの作文に不適切というか…
勿論ラノベではないですけど。分類上は。
その本の内容は「捻くれた青春モノ」ですから、書く分には楽そうなんですよね。

本の名前も挙げないで何言ってんだコイツは、とお思いになられるかもしれませんが、
やっぱり普通の本でいくのが無難なのでしょうか。前述のやや際どい本で書くとなると、
それなりの点数は覚悟しないとダメですか? 無理な質問をして済みません。

masu2masu2 2008/08/18 01:02
先生がとくに指定していないのであれば、どんな本でも大丈夫な気がしますけどね。
だって、学校の先生はいちいち生徒の選んだ本をチェックしてる時間なんてないし、そもそもたいして本なんか読んでないでしょう。
つーか、自分の受け持った生徒の選んだ本を全部チェックして、そのあらすじ部分だけでも作るの手伝って、感想文の内容の方向性を決めてって、そこまでやってる先生見たことないですよ。おれはやってるけど。


読書感想文に読むのは、テーマのはっきりしている本がいいです。
内容をひとことでいい表せてしまえるような本がいい
「戦争でつらかった」「障害者の人ががんばった」「病気で苦しんだ」とか
テーマがはっきりしていれば、それに関係した自分の体験を書けばよいとわかりやすい。
だから、鏡の国のアリスとかチョコレート工場の秘密とかは読書感想文には向いていません。
だって本の説明するのにもひと苦労じゃないですか。
(言っておきますが、文学的には素晴らしい作品なのですけどね)

今年、うちの塾の生徒が読んでいて、この本はいいなと思ったのは
「ドッグシェルター」
「口で歩く」
「いしぶみ」
「十二番目の天使」
「青空のむこう」
とかでしょうか

あと、ぼくが一番おすすめしてるのは、
「電池が切れるまで」という病院の子供が書いた詩を集めた本です。
内容的にもすばらしいし、テーマもはっきりしている。
そして、短い。
どうしようもなかったら2ページだけ読めばいい。
それを「私が一番感動したのはこの詩だ……」と書けばいいのだから。

WordWord 2008/08/18 11:47 病院の子の詩集ですか。それもいいですね。

?? 2008/08/29 01:32 これを参考にがんばってみます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/masu2/20060806
TOTAL TODAY YESTERDAY