Hatena::ブログ(Diary)

macroscope

2018-02-15

高校学習指導要領案 大気水圏科学について (2) 地理関係の概観

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】

- 1 -

文部科学省2018年2月14日に発表した学習指導要領から、地学と地理の部分を抜き出して見ている([別記事]参照)。

「地理総合」と「地理探究」の科目の内容の項目名をひろってみると、次のようになる。(ここにあげたよりも細かいレベルの項目は、題目を示さずに文で示されているので、うまくひろえなかった。)

地理総合

地理探究

  • A 現代世界の系統地理的考察
    • (1) 自然環境
    • (2) 資源,産業
    • (3) 交通・通信,観光
    • (4) 人口,都市・村落
    • (5) 生活文化,民族・宗教
  • B 現代世界の地誌的考察
    • (1) 現代世界の地域区分
    • (2) 現代世界の諸地域
  • C 現代世界におけるこれからの日本の国土
    • (1) 持続可能な国土像の探究

- 2 -

大気・水圏に関連するキーワードをさがしてみる。

地理探究」のほうは、「2. 内容」のうちの「A-(1) 自然環境」の中に「気候」が出てくる。ただし「地形,気候,生態系などに関わる諸事象」という まとまり としてであり、文脈からみて「自然環境」を論じることとこの まとまり を論じることとはほとんど同じこととしてとらえられているようだ。「気候」のなかみはこれ以上具体的になっていない。

また、これ以外にも大気・水圏がかかわる題材はありそうなのだが、明確には出てこない。「水文」どころか「水」ということばさえ出てこない。

ただし「地球環境問題」や「地球的問題」は何度も出てくる。それは(つぎにのべる「地理総合」の場合と同様に)地球温暖化問題を含むと想定されているだろう。

地理総合」のほうは、「2. 内容」には大気・水圏のキーワードがまったく出てこない。「3. 内容の取扱い」のほうの「(2)-ウ-(ア)」に「気候」と「風水害」が出てくる。これは「内容」の「C-(1) 自然環境と防災」への補足で、次のような文だ。

日本は変化に富んだ地形や気候をもち,様々な自然災害が多発することから,早くから自然災害への対応に努めてきたことなどを,具体例を通して取り扱うこと。その際,地形図ハザードマップなどの 主題図の読図など,日常生活と結び付いた地理的技能を身に付けると ともに,防災意識を高めるよう工夫すること。 「我が国をはじめ世界で見られる自然災害」及び「生徒の生活圏で見られる自然災害」については,それぞれ地震災害や津波災害,風水害,火山災害などの中から,適切な事例を取り上げること。

また、「B-(2) 地球的課題と国際協力」の「地球的課題」は、「地球環境問題,資源・エネルギー問題,人口・ 食料問題及び居住・都市問題など」と言いかえられている。この「地球環境問題」はおそらく地球温暖化問題を含むと想定されているだろう。(地球温暖化問題以外に何を含むと想定されているかはよくわからない。)

「B-(1) 生活文化の多様性と国際理解」では「人々の生活文化が地理的環境から影響を受けたり,影響を与えたりして多様性をもつことや, 地理的環境の変化によって変容すること」をとりあげている。補足(3の(2)-イ-(ア))に「地理的環境には自然環境だけでなく,歴史的背景や人々の産業の営みなどの社会環境も含まれる」とあるが、自然環境も含まれることは確かである。そして、この自然環境はおそらく気候・水文を含むだろう。

このほかにも気候・水文などがかかわるところはありそうだ。しかし明示されていない。

高校学習指導要領案 大気水圏科学について (1) 地学関係の概観

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】

- 1 -

文部科学省2018年2月14日に発表した学習指導要領から、地学と地理の部分を抜き出して見ている([別記事]参照)。

「地学基礎」と「地学」の科目の内容の項目名をひろってみると、次のようになる。

地学基礎

  • (1) 地球のすがた
    • (ア) 惑星としての地球
      • ○ア 地球の形と大きさ
      • ○イ 地球内部の層構造
    • (イ) 活動する地球
      • ○ア プレートの運動
      • ○イ 火山活動と地震
    • (ウ) 大気と海洋
      • ○ア 地球の熱収支
      • ○イ 大気と海水の運動
  • (2) 変動する地球
    • (ア) 地球の変遷
    • (イ) 地球の環境

地学

  • (1) 地球の概観
    • (ア) 地球の形状
      • ○ア 地球の形と重力
      • ○イ 地球の磁気
    • (イ) 地球の内部
      • ○ア 地球の内部構造
      • ○イ 地球内部の状態と物質
  • (2) 地球の活動と歴史
    • (ア) 地球の活動
    • (イ) 地球の歴史
      • ○ア 地表の変化
      • ○イ 地層の観察
      • ○ウ 地球環境の変遷
      • ○エ 日本列島の成り立ち
  • (3) 地球の大気と海洋
    • (ア) 大気の構造と運動
      • ○ア 大気の構造
      • ○イ 大気の運動と気象
    • (イ) 海洋と海水の運動
      • ○ア 海洋の構造
      • ○イ 海水の運動
  • (4) 宇宙の構造
    • (ア) 太陽系
      • ○ア 地球の自転と公転
      • ○イ 太陽系天体とその運動
      • ○ウ 太陽の活動
    • (イ) 恒星銀河系
      • ○ア 恒星の性質と進化
      • ○イ 銀河系の構造
    • (ウ) 銀河と宇宙
      • ○ア 様々な銀河
      • ○イ 膨張する宇宙

- 2 -

いずれも現行の指導要領にもある科目だから、現行の指導要領とくらべてどこが変わったかを論じたほうがよいのかもしれない。しかし、わたしは現行の指導要領が頭にはいっていないので、それを調べて比較するよりもさきに、今度の案を見て思ったことを書きとめておくことにする。

科学と社会とのかかわりが重視される時代になったが、「地学基礎」と「地学」の内容は、純粋な自然科学と思われるところが多い。地学と人間社会とのかかわりとしては、まず災害環境問題などがあげられるが、「地学基礎」のほうでは、それは「(2)-(イ) 地球の環境」の部分に集中している。「地学」のほうでは、どの項目も、題目を見ても「内容」の記述を見ても自然科学的なもので、「内容の取扱い」のほうのあちこちに「なになに災害にも触れること」という注意書きがあるだけだ(その注意書きはいささかくどく感じられるほど現われるが)。

別に「科学と人間生活」という科目があるが、それと「地学」などの分化した科目との両方をとれる学校は少ないと思う。

- 3 -

大気・水圏を扱うところは、「地学基礎」では「(1)-(ウ) 大気と海洋」と「2-(イ) 地球の環境」(全部ではないが)、「地学」では「(3) 地球の大気と海洋」だ。

内容を見ていくと、大気物理(=気象)と海洋物理のことがらはかなりしっかり扱われている。ただしそのうち「地学基礎」で扱う内容はグローバルな気候システムの話題に集中しており、そのほかの気象学の話題は、天気予報を理解するための基礎知識やローカルな気候も含めて、「地学」のほうに行っている。

大気・水圏をシステムとしてとらえるときには、物理的気候システムと生物地球化学サイクルの両面をあわせて考えるべきだと思うのだが、生物地球化学サイクルにかかわる大気化学、海洋化学、海洋生態学などの観点はあまりみられない。わたしはこれは残念だとも思うが、化学や生物学の知識を前提とできない条件で生物地球化学サイクルを扱うのはむずかしいとも思う。(物理をならっていない生徒に物理的気候システムを扱う場合にはいくらかの物理の知識も教えるしかないのだが、たとえば「エネルギー収支」を「熱収支」で近似してしまうなど、悪く言えばごまかして進めることになりそうだ。)

- 4 -

「地学基礎」の「(2)-(イ)-○ア 地球環境の科学」の扱いに関する補足(3の(2)-イ)では、「地球温暖化オゾン層破壊,エルニーニョ現象」が並列に例示されている。地球温暖化は基本的に人間活動起源の現象であり、エルニーニョ現象は(地球温暖化によって変調されるかもしれないが)基本的に自然変動なので、わたしは、単純に並列するのではなく、自然の環境変動と人間活動起源の環境変動があることを明示して議論を組み立ててほしいと思った。

地球温暖化については、「(1)-(ウ)-○ア 地球の熱収支」で地球の放射熱収支のつりあいを扱い、それに対する補足(3の(2)-ア)で「温室効果」も扱うことが明示されており、「(1)-(ウ)-○イ 大気と海水の運動」に対する補足(3の(2)-ア)で「海洋の層構造と深層に及ぶ循環にも触れること」とされているので、全球平均的な意味での地球温暖化のしくみを理解するうえでの材料はそろっていると思う。逆にいうと、地球温暖化を理解することを重視すれば、「大気と海洋」の題材はこのように選ぶべきだと思う。ただし、地球温暖化が人間社会に対して問題となるのは、ローカルな気候や海水準の変化を通じてだ。それに関する議論を大筋でも理解するには「地学基礎」で扱われる内容だけではたりず、「地学」で扱われる内容を必要とする。全体の時間がかぎられているうちでは、これはしかたないかと思う。

オゾン層破壊については、大気化学の予備知識を用意することはむずかしいが、成層圏があることや、そこで大気が(その成分であるオゾンの働きによって)太陽放射のうちの紫外線を吸収し、そのエネルギーが「熱に変わる」ことは、「(1)-(ウ)-○ア 地球の熱収支」のうちの「大気の構造の特徴」のところでふれておくことができ、オゾン層破壊の問題を扱うか扱わないかにかかわらず、ふれておいたほうがよいと思う。

エルニーニョ現象のしくみを理解するための予備知識を用意することはむずかしい。「地学基礎」の「(1)-(ウ)-○イ 大気と海水の運動」で扱う大気と海洋の循環は、「大循環」と言われる規模のものに限られ、赤道付近の大規模波動などを紹介する時間はないだろう。「地学」の「(3)-(イ)-○イ」で「海水の運動と循環及び海洋と大気の相互作用」を扱って、やっと理解に近づくことになるだろう。「地学基礎」履修者向けにできることは、予備として「地学」の教材を用意して、疑問を持った生徒に提供する、というところまでだろうか。

シンポジウム「衛星観測ビッグデータとスパコンで観る地球」(2018-03-01 東京・上野)

2018年3月1日(木)、東京・上野の国立科学博物館で、「衛星観測ビッグデータとスパコンで観る地球」というシンポジウムがあります。文部科学省事業の研究課題「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」によるものです。

詳しくは http://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/event/sympo2018/ をごらんください。

(わたしはこの行事にはかかわっておりません。)

高校学習指導要領案 (地理) の中の領土問題ほか政治がらみのこと

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】

【この記事には、地理学に関連する分野の学者としての見解と、ひとりの国民としての意見とがまざってしまっている。学習指導要領案に関するわたしの意見のうち、直接に政治的な問題をあまり含まない学術的な議論は、これとは別の記事にするつもりである。】

- 1 -

文部科学省2018年2月14日に発表した学習指導要領から、地学と地理の部分を抜き出して見ている([別記事]参照)。

地理のところを見ていたら、わたし個人としては賛成できない主張があった。しかしそれは、学習指導要領という文書が日本という国家がその機能として出しているものであることと、いまの行政府のもつ原則からは、なりがちなものだと思う。

- 2 -

まずとりあげたいのは、領土問題のあつかいだ。基本的に同じ注意書きが、「地理総合」「地理探究」の両方の科目にある。

「地理探究」では、「内容」を述べた「2」のうちの「2-A-(5)-(ア)」に「領土問題の現状や要因...について理解すること」という記述がある。(このかぎりでは何もまずいことはないとわたしは思う。)

そして、「内容の取扱い」を述べた「3」のうちの「3-(2)-ア-(オ)」という小項目は、「2-A-(5)」に対する補足を述べたものである([わたしの抜き書き]では上記の内容の小項目の直後に移した)。その小項目の第2段落は、「『領土問題の現状や要因,解決に向けた取組』については」で始まっていて、「日本の領土問題にも触れること」という語句がある。ところがその段落は「領土問題は存在しないことも扱うこと。」で終わっている、という、一見矛盾するような文になっている。日本政府の領土に関する公式見解を知って解釈すれば、執筆者は「領土問題は存在しない」をその前にある「尖閣諸島については」で限定したつもりだったのだろう。もし、それを認め、さらに政府の公式見解の立場に立ったとすると、今度は、尖閣諸島の件を「領土問題の現状や要因」の小項目のうちで扱うべきなのか、扱うべきではないのか、という疑問が生じる。この文書は、まだ原案であり、意見公募を受けてから改訂されることが見こまれている。この部分はいずれにしても改訂が必要だろう。

わたしの理解では、「領土問題がある」とは、おおまかに言って、どの土地がどの国の領土であるかについての主張が複数の国などの主体のあいだでくいちがうことだが、そのような事態では、「領土問題」ということばの意味も主体間でいくらかくいちがうのはあたりまえのことだ。地理教育の現場で、そのように教えてよいのならば、それに加えて「尖閣諸島について、日本政府の公式見解による領土問題はない」と教えてもかまわないと思う。

しかし、授業の場、教科書をつくる場、試験問題をつくる場などに対して、領土問題については必ず日本政府の公式見解にしたがって記述し、それ以外の記述は教えてはいけない(あるいはまちがいとして教えよ)というような規制がかかるような事態になっては、いけないと、わたしは思う。わたしは、地理学の教育がそのような事態になるとしたら、それは学問としての地理学をゆがめることにもなると思う。(ただし、この部分で意見が一致しない人とも教科の内容の議論は続けたい。)

悪い事態をふせぐためには、意見公募の機会も利用したほうがよいと思うのだが、どのような意見の述べかたをしたらよいか、よくわからない。自分の意見を明確にするべきか、行政府の機関が受け入れやすそうな妥協案を出すべきか、という問題もある。

- 3 -

「地理総合」のほうでは、「領土問題」ということばが、「2. 内容」には直接出てこないで、「3. 内容の取扱い」にだけ出てくる。

「内容」の「2-A-(1)-ア-(ア)」に「日本の位置と領域」というキーワードがある。これに対する補足として「3-(2)-ア」の中に次のように書かれているのだ。

「日本の位置と領域」については,世界的視野から日本の位置を捉えるとともに,日本の領域をめぐる問題にも触れること。また,我が国海洋国家としての特色と海洋の果たす役割を取り上げるとともに,竹島北方領土が我が国の固有の領土であることなど,我が国の領域をめぐる問題も取り上げるようにすること。その際,尖閣諸島については我が国の固有の領土であり,領土問題は存在しないことも扱うこと。

問題点は「地理探究」の場合(この記事の2節)と同様だと思う。そして今度は、笑えるところはない。

- 4 -

しかし、指導要領の地理のところ全体が、国の公式見解にこだわる論調にそまっているわけではない。

「地理探究」の最後の文は次のようなものだ。

...「我が国が抱える地理的な諸課題」に関しては,それぞれの課題が相互に関連し合うとともに,それらの現状や要因の分析,解決の方向性については,複数の立場や意見があることに留意すること。

これが含まれている箇所は「3-(2)-ウ」で、内容の「2-C」に対する補足だ。1節で論じた領土問題についての補足とは横ならびであり、それを制約するものではない。ただし、「3-(2)-ウ」のはじめに、「2-C」について「この科目のまとめとして位置付けること」と言っている。「複数の立場や意見があることに留意すること」を基調として受け取ることが可能かもしれない。そうなるとよいと、わたしは思う。

「地理総合」では、最後ではないのだが、「3-(2)-イ-(ア)」に「それらの現状や要因の分析,解決の方向性については,複数の立場や意見があることに留意すること。」とある。これは「2-B-(2) 地球的課題と国際協力」に対する補足であり(わたしの抜き書きではそこに移した)、「それら」は「地球的課題」をさしている。現状の文案では、この補足が領土問題にも適用されると考えるのは無理だと思うが、そういう位置づけに変えられるとよいと思う。

- 5 -

「地球的課題と国際協力」などの題材をとりあげることに関しては、地理学者や教員のうちにも熱心な人はいることはいるけれども、国としてつくる指導要領だから強調された面もあると思う。官僚政治家のうちに、領土問題について自国の立場を強調する人びとと、国際協力と複数の立場に留意することを強調する人びとの両方がいて、それぞれが圧力をかけているのだと思う。

- 6 -

科目の目標のところにも、気にかかる語があった。「地理総合」「地理探究」それぞれの科目の目標のところにも出てくるのだが、両者を含む教科「地理歴史」の「第1款 目標」から「(3)」を抜きだしておく。

(3) 地理や歴史に関わる諸事象について,よりよい社会の実現を視野に課題を主体的に解決しようとする態度を養うとともに,多面的・多角的な考察や深い理解を通して涵養される日本国民としての自覚,我が国の国土や歴史に対する愛情,他国や他国の文化を尊重することの大切さについての自覚などを深める。

わたしが問題にしたいのは、「愛情を深める」ことを公教育の目標にしてよいのか、ということだ。わたしの公教育観では、いけないと思う。(「国民としての自覚」のほうは、外国人住民の立場を考えたときの大きな不満は残るのだが、日本国憲法でいう「国民」としての自覚ならば、あってもよいと思う。) 今のわたしには、これ以上、考えを展開できないので、ここまでにしておく。

高校学習指導要領の案が発表され、パブリックコメント募集中

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】

- 1 -

2018年2月14日、文部科学省から、高校の学習指導要領の案が発表された。3月15日まで、意見公募(パブリックコメント)中である。

- 2 -

文部科学省が2018年2月14日に次の発表をした。

そこから政府のパブリックコメントの意見公募のページへのリンクがある。

その「関連情報」の「意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案」のうちに、次のPDF文書ファイルがある。

このファイルをダウンロードした。 ファイル名は s18500095803.pdf、 表紙や奥付のようなものはなく、これ自体には著作者・発行主体・作成日付などの情報はない。最初のページに「高等学校学習指導要領(案)」という表題がある。

- 3 -

理科(という教科)については、科目構成には変更がない。

わたしは、内容を検討するために、理科のうちの「地学基礎」と「地学」の科目の部分を読みはじめた。文書の階層構造のうちでは次のような位置にある。

  • 第2章 各学科に共通する各教科
    • 第5節 理科
      • 第2款 各科目
        • 第8 地学基礎
        • 第9 地学

ところが、材料のならべかたが、内容をつかむのに不便にできていることに気づいた。それぞれの科目の「3 内容の取扱い」のうちの「(2)」として、「内容の範囲や程度については,次の事項に配慮するものとする。」と書かれている。それに続く記述は、実質的に「2 内容」のうちの小項目に対する補足なのだ。その対応づけが、日本語で、箇条書きにふられた記号をつかって「アの(イ)の○ウ[この表現については後述]については...」などのような形で示されている。HTMLのhrefリンクにしたら参照がしやすいだろうと思って、抜き書きをHTMLファイルにしてみたのだが、リンクにするよりもむしろ、「内容の取り扱い」の「(2)」の各小項目を、対応する「内容」の小項目の直後に書きこんでしまったほうがよさそうだ。ただし、区別が必要なので、HTMLの「<small>」と「<em>」のタグでかこむことによって、多くのブラウザ小さめの文字の斜体で表示されるようにした。

また、小項目の箇条書きの印として、かたかな を まる(○)でかこんだものが使われているところがある。この文字は、わたしのパソコン環境 (MS Windows 7)で編集しようとすると文字化けするので、まる のあとに かたかな がくる「○ア」のような形に変えた。

ついでながら、「地学」の本文中に、「できよう」という文字列が3回見られたが、「できるよう」の書きまちがいと思われるので、そのように修正した。

自分の作業用の抜き書きだが、このように修正したものを、仮にわたしの個人ウェブサイト[ここ]に置いておく。このURLはこれから変更するかもしれない。その場合はこのブログ記事からのリンクも変更する予定である。

- 4 -

地理歴史」の教科については、「地理総合」と「歴史総合」という科目ができて必修とされるという大きな変化がある。

わたしは地理の教育内容についても検討したいので、「地理総合」と「地理探究」の科目についても、同様に抜き書きして、「内容の取り扱い」のうち内容の項目別の記述を内容の各項目への補足の形にならべかえたものを、[ここ]に置いた。

全体にわたって内容を検討する時間はとれそうもないが、部分的にでも読んで気づいたことは、このブログに別記事として書こうと思っている。