Hatena::ブログ(Diary)

macroscope

2017-12-12

気象データ活用アイディアコンテスト(学生の参加を募集、2018-01-19 東京)

気象庁と気象ビジネス推進コンソーシアム (http://www.wxbc.jp) は、2018年1月19日(金)に東京で「お天気データで未来を描くアイデアコンテスト」を開きます。学生の参加を募集しています。しめきりは2017年12月20日です。詳しくは http://www.jma.go.jp/jma/press/1711/28a/20171128_ideacontestpr.htmlhttps://www.wxbc.jp/idea_contest_recruitment/ をごらんください。

2017-11-01

全球降水計画(GPM)シンポジウム(2017-11-29 東京・秋葉原)

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】

2017年11月29日(水) 午後、東京 秋葉原で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)主催の 全球降水計画GPMシンポジウム「宇宙から見る雨 -- これまでの20年、これからの20年」があります。

シンポジウム紹介のウェブサイト (日本語 http://gpm2017.com/ja/ 、英語 http://gpm2017.com/en/ )ができました。

[参加受付フォーム]もあります。

ウェブサイトができる前にメーリングリストにお知らせがあった内容を部分的にのせておきます。

■全球降水計画(GPM)シンポジウム

「宇宙から見る雨 〜これまでの20年、これからの20年〜」

日時:2017年11月29日(水) 13:00〜17:00(予定)

場所:富士ソフトアキバプラザ ホール(JR秋葉原駅すぐ)http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/map.html

概要:

熱帯降雨観測衛星(TRMM)と全球降水計画(GPM)による宇宙からの降水観測で得られた成果は、長期間降水データの蓄積による科学的な知見の増大だけでなく、数値天気予報での現業利用や、各国の衛星搭載マイクロ波放射計の観測データを合成した全球降水マップの開発、およびそれを利用した洪水予警報などの水資源管理分野における利用といった、衛星降水観測による社会的な貢献にまで拡がりつつある。

本シンポジウムでは、衛星リモートセンシングによる降水や水循環観測の意義と社会に対する貢献を一般にアピールすると共に、将来の世界の降水観測の展望を示す。

2017-10-28

真鍋淑郎博士講演会 (2017-10-31 東京・虎ノ門)

2017年10月31日(火)、東京・虎ノ門で、真鍋淑郎博士(プリンストン大学)の講演「地球温暖化と海洋」と、山形俊男博士との対談があります。主催は笹川平和財団 海洋政策研究所です。詳しくは https://www.spf.org/opri-j/news/article_24273.html をごらんください。

2017-10-15

気象学史研究会 (日本気象学会 気象学史研究連絡会 主催, 2017-11-01, 札幌)

日本気象学会 気象学史研究連絡会の主催で、第2回の気象学史研究会を、札幌で開きます。気象学会の大会にあわせてその会場で開くものですが、研究会の出席だけならば大会参加登録は必要ありません。

(ここから、日本気象学会秋季大会プログラム中にも含まれている案内の紹介です。)

日時2017年11月1日(水)17:30-19:30 (日本気象学会 秋季大会 第3日)

場所:北海道大学 学術交流会館 第1会議室 (日本気象学会大会 C会場)

テーマ:「北海道初期の気象観測」

内容:わが国最初の気象官署は1872年(明治5年)に開拓使により函館に設立されたものとされています.また国内初の開港場であった函館ではそれ以前の幕末期にも来日した外国人による気象観測が行われています.このように特徴的な北海道の初期の気象観測について,財部氏からは御雇米国人による米国の観測法導入と明治期気象事業への発展過程について,財城氏からは幕末期ロシア人による観測データの発掘とそれを利用した気候復元についてご紹介いただきます.

本会合は気象学史研究に関心を持つ,より多くの方の間の情報・意見交換をうながすため,学会員以外の方にも広く参加を呼びかけて開催いたします.

プログラム

  • 「明治初期北海道における気象観測:御雇米国人の活動を中心に」
    • 財部香枝 [たからべ かえ](中部大学)
  • 「19 世紀の在箱館ロシア領事館における気象観測記録」
    • 財城真寿美 [ざいき ますみ](成蹊大学)・三上岳彦(帝京大学)

連絡先:山本 哲 [やまもと あきら](気象研究所)

メールでのお問い合わせは気象学史研究連絡会ウェブサイトの問い合わせフォームをご利用ください.https://sites.google.com/site/meteorolhistoryjp/

2017-09-03

気候変動シンポジウム「気候変動によるリスク -- 私たちはどう立ち向かうか」(2017-09-13 東京・紀尾井町)

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】

2017年9月13日(水)、東京 千代田区紀尾井町の千代田放送会館で、環境省、外務省、国連広報センター主催の気候変動シンポジウム「気候変動によるリスク -- 私たちはどう立ち向かうか」があります。詳しくは http://www.env.go.jp/press/104462.html をごらんください。