ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

黒板五郎の徒然草

ページビュー
721793

2018-06-26

【ウバイド】インペリアル・アイズ無料メール 終わりの始まり【NK関連】

14:09

【ウバイド】インペリアル・アイズ無料メール 終わりの始まり【NK関連】

過去の配信分のインペリアル・アイズ無料メールを転載する。

過去の転載分は、以下から参照できる。

 【索引】インペリアル・アイズ無料メール

・文字の修飾(色付け、文字サイズ変更など)、用語等へのリンク付けは私の趣味である(笑)。

・私の補足説明を、緑文字で文中に挿入している場合あり。

・過去の「インペリアル・アイズ無料メール」の転載であるため、この転載の時点では書かれているURLの先のページ(公開期間限定の動画等)は公開終了してアクセス不可の可能性あり。

受信日 2017/04/22

〜〜〜以下、転載〜〜〜

終わりの始まり【NK関連】

------------------------------------------------------------------

今後の配信がご不要の場合は、下記より解除をお願いいたします

(解除URL)

------------------------------------------------------------------


こんにちは。

リアルインサイト 中森です。

今日は落合先生からの情報を

シェアしたいと思います。

結論から先に申し上げますと、

半島の緊張状態の落とし所が

どこにあるのか、

ということです。

核心的な洞察や細かい動きは、

来月号のインペリアル・アイズで

お届けいたしますが、

無料版メルマガでは

大筋だけ先にシェアします。

さて、落とし所というからには、

今の緊張状態は八百長である

ということが前提になります。

それでは、芝居の演者は誰か。

主役クラスは、

金正恩、トランプ、プーチン習近平

といったところでしょうか。

プーチンが芝居を動かす役割を持ち、

金正恩とトランプが脚本どおりに動き

習近平はオブザーバーのような役割

とお伺いしております。

補足)2018/6/26現在、金正恩さんの動き(米朝首脳会談、中朝首脳会談、これからが出番のプーチン大統領ウラジオストックで9/10〜11に開催される東方経済フォーラムに、金正恩さんを呼ぶ? ロシアから朝鮮半島への天然ガスパイプライン建設等))を見れば、2017/4/19のこの無料メール配信時点での上に書かれている落合莞爾さんからの情報は、全て当たっていると思う。

脚本を書いている人物イランにいる

○◯○と考えられますが、

名前を公開するとお互いの身が危なく

なりますので控えておきます。

ただ、来月号のインペリアル・アイズでは、

ヒントだけでもお届けいたしますので、

会員の皆様は楽しみにお待ちくださいませ。

落合莞爾塾の塾生はご存知のとおりです)

何はともあれ、

落合先生が洞察する落とし所は何か。

それは、一国二制度です。

表向きは韓国も国家として存在し続ける

かもしれませんが、

実質としては、

半島の政治は北朝鮮が持ち、

韓国と呼ばれている地域は、

租界のような位置付けになる

という意味で、

一国二制度」です。

補足)朝鮮半島が昔に戻るイメージか。王朝があったのは北部。南部部落民が散在する地域であり、元々、統治などされていなかった。敢えて統治していたと言うのであれば、任那の日本府だった?

つまり、半島の強制統一には至らず、

「悲惨な大量殺戮」は発生しないで

あろうということが、

現時点での落合先生の洞察になります。

ただ、「有事」の可能性がなくなった

わけではないので警戒は必要です。

一国二制度」になってしまうと、

確実に路頭に迷う組織があります。

それは、軍です。

少なくとも、実質的に統治能力を

失ってしまうであろう南側では、

将校となってしまった職業軍人が、

存在意義を失ってしまいます。

存在意義という意味では、

北の将校達も同じ境遇に置かれる

可能性があります。

南北両軍による軍事クーデター

ないとしても、

彼らを「適切」に扱わなければ、

半島内の混乱は避けられません。

あなたは「適切」な処置について、

どうお考えになりますか?

ヒントをあげるとすれば、

大東亜戦争における

長州陸軍に対する処置」

ではないかと私は考えています。

お分りになった方の中には、

心情的に受け入れがたい方も

いらっしゃるかもしれませんが、

世の中の真実を洞察するには

必要なことだと私は思っています。

さて、今日の情報のシェアは

ここまでにしておこうと思いますが、

一点だけ忘れていました。

このメルマガの件名についてです。

一国二制度」の終わりの始まりは

どこにあるのか。

南側の経済破綻からではないかと

お伺いしております。

南側の国家財政が崩壊するように

主役クラスの誰かが動いています。

それでは、また。

これからの時代を生き抜くために。

そして、日本の國體を護るために。


リアルインサイト 中森護

≪≪≪≪最後に、お願いがあります≫≫≫≫

これからお届けするメールが「迷惑メール」に入ってしまうと、

大切な情報をご覧頂くことが出来なくなってしまいます。

これからお送りする動画を見逃さないためにも、是非メールの

振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、

最近のメーラーセキュリティ対策が強すぎるため、

今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。

1〜2分で済む簡単な作業ですので、是非流れにそって設定

をお願いいたします。

http://m-wake.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[発行元] 株式会社リアルインサイト

[住所] 〒104-0061東京都中央区銀座6丁目16番12号 丸高ビル3F

[責任者] 鳥内浩一

[メール] info@imperialeyes.com

[配信解除]

配信解除は、本メール最下部のURLより行って頂けます。

ですが、ここでお伝えする動画は期間限定の公開となっていますので、

期間が終了した時点で、全てのコンテンツを閉鎖することとなります。

ご縁ある限り、あなたの生活を守り、ご家族を守り、日本を守るため

他では決して知りえない「真実の情報」をお届けしていきます。

このご縁が、あなたの人生を変えるきっかけとなることを期待して。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信解除URL(ワンクリック解除ですのでご注意下さい)

(解除URL)

メールアドレス変更はこちらから。

https://bite-ex.com/chg/2007/316/

〜〜〜以上、転載〜〜〜