matakimika@d.hatena RSSフィード



ログ検索 詳細 一覧
カレンダー
 | 

2004/03/07

晴海国際貿易センター@94/12/29撮影

十年前の冬コミ

|  十年前の冬コミを含むブックマーク

写真を発掘していたら 94 年の冬コミの写真をみつけたので、あまりのなつかしさにインチキパノラマを作成して遊んだ。

f:id:matakimika:20050523174041:image:small

This is one of the biggest convention for OTAKU people. It was called the COMIC MARKET, or also called COMIKE. Tremendous amount of people attended the convention, to dealt the DOUJINSHI. The convention was opened from 10:00 at morning till 16:00.

Since 1981 to 1995, the COMIKE convention was held 25 times at place called HARUMI, means "the sunny ocean". Because of expansion of its scale, and regulation toward that, the convention must had move its location. According to the situation, the COMIC MARKET 49 was the last convention held at HARUMI on Dec, 30th, 1995. Now, the convention was took place the ARIAKE BIG SIGHT as its location.

Remarkably, the another convention only for OTAKU was held at HARUMI. It was called "Good bye HARUMI!! COMIKET special 2" on March, 17th, 1996. The convention was limited for invited and registered guests only.

It was the last COMIKE held at HARUMI. Ever since, the HARUMI convention center was closed. Now, the garvage disposal facility replaces there.

This photograph was taken at 15:00 on December, 29th, 1994.

94 年の冬コミは 12/29-30 の二日間開催(はじめて三日間開催となったのはその次の夏 C48、95/08/18-20 だったような)。で、この写真を撮影したのは一日目。俗に「女の子の日」と呼ばれており、女性向けサークルの出展が多い日なので男オタは一日目けっこう暇なんすな(二日目は「男の子の日」)。だからのらりくらり会場ぶらついて写真とか撮ってるひまがある。店番交代して遅い昼飯を食い終わって適当に散策したりして、せっかくだから写真でも撮るかと思って、上京する途中のキオスクで買った「写るんです」でパチパチやった。なんとなーくパノラマちっくなやつ。あと案内板とか「最後尾はこちら」のボードとか便所とかゴミ箱とか道端に落ちてるゴミとか立ち入り禁止のロープとか行列から伸びてる影とか撮ったような。むかしっから写真といえばそんなのばかりだおれ。考えてみたら十年前といまとなにも変わってない。二十年前からそうなのかもしれない。

まあそれはそれとして、一日目だから女子がいっぱい写っててけっこう和やかな雰囲気ですらありそうなかんじ。服装とかどうなんだろうな十年前だからけっこう古臭いのか?おれオタだからよくわかんねえけどあんまり変わってないようにも見える。これが二日目だったら目を血走らせた男子ばかり大量高密度に写ってて殺伐度 MAX なところだったあぶない。二日目の風景だったら確実に十年前と全然服装変わってませんよとかだったらおもしろいけどさすがにそれはないかなあ、または当時よりタチが悪くなってるとか。どのみち冬だから T シャツに塩浮かせた歴戦の勇士は見られないので残念。

というか 94 年のジャンル分布てまだまだ鎧伝サムライトルーパーとか聖闘士星矢とか平気な顔して生存してるのでなつかしいかんじですな。むしろキャプテン翼とか 94 年までジャンルとして残ってたのかーと再発見してみたりすると改めて情念の力というものはすごい。でもトルーパーと星矢はあるのに天空戦記シュラトは(ジャンルとしては)見当たらないな。94 年までは生き延びられなんだか…。

関連リンク。

でも全般的に、インターネットにはやっぱりまだまだインターネット以前の情報が圧倒的に少ないんだよなあと今回昔のコミケの情報を検索してて改めて実感した。たった十年前のことなのにすげえ少ない。「ふだん暮らしててふと知りたくなったようなこと(つまり比較的新しいこと)については、インターネットを探せば大抵みつかる」という浅い実感は「インターネットにはないものは、インターネット以外にもない」というような勘違いというか早とちりというか、まあ実際そう思ってるわけじゃあないにせよなんとなくまあべつにそれでも困るわけじゃないというような、己に惰性を許可してしまう状態をつくりがちだけども、やっぱりそういうことじゃなくて、まだまだここにある情報というものは、質以前に量が全然足りないのだ。

Google がおれに一発で満足できるだけのリザルトを表示しなかったのってひさしぶりだ。

 | 
このページの先頭へ↑ この日記のはてなブックマーク数