matakimika@d.hatena RSSフィード



ログ検索 詳細 一覧
カレンダー
 | 

2006/02/22

なかの ZERO | 060503

「二次元エンド」とはなにか

|  「二次元エンド」とはなにかを含むブックマーク

なにげなくウガニク氏関連の情報など検索して過ごしていたのだが(←この過ごし方も大概だが)、その過程で「二次元エンド」という用語をみつけておもしろかった。用例に味わいあるんだよな。なんの説明もなくふつうに通用してるかんじが。ジャーゴンかくあるべしというか。

931 :日出づる処の名無し :2005/05/27(金) 07:25:16 ID:pXYz1Ejo(2)

ついでに>594等エロのEND話題に関して、エロ現場から。

「二次元ドリームノベル」っていうどれを読んでも
「戦うヒロインがヤラれる」話なエロラノベを毎月何冊も出してるという、
いらない元気満々なヲタ系エロ小説レーベルがあるんだが
「最後にヒロインが逆転、正義が勝つ!」
というENDのほうが多い。
本編で数百ページ延々ギシギシアンアンやられまくったあげく、
最後の数P、ひどい時は最後の1ページで大逆転して勝つという
ご都合主義のひどさにはスレ住人の間で
「二次元エンド」という言葉が生まれるほどw
これは、「結末は、ヒロインが勝って安心させて欲しい」
「ヒロインがやられっぱなしで悲惨な境遇のまま終わるのは後味が悪くて
気持ちよく抜けない」というエロ小説読者の要望にあわせたものだそうな。
「最後に逆転されると萎え。最後までやられっぱなしでいて欲しい」
という逆の要望の読者も多く、ENDの傾向は二分。
比率的にはたぶんヒロイン勝利、「二次元エンド」のほうが多いです。

ヲタエロ現場のひとつの現状はこんな感じ。
あと 594 さん含めてその下の流れで言われてたエロアニメに関する傾向も
だいたいその通りだと思うよ。

デウス・エクス・マキーナの一種か。制作側の都合というよりは読者の気分に要請されている、というふうに理解されている点が興味深い。エロラノベの世界に編み出された新しい機械仕掛けの神!その名は二次元エンド!みたいな。

 | 
このページの先頭へ↑ この日記のはてなブックマーク数