日々、広告。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-08

マーケティングis.jpに「次世代IMC戦略活用の方程式」セミナーレポートを寄稿しました

去る7月1日に参加した宣伝会議主催の「次世代IMC戦略活用の方程式」セミナー(という名の「脱広告 超PR」の出版記念講演)のレポートを、マーケティングis.jpに寄稿しました。(マーケティングis.jpはお世話になっているsmashmedia河野さんが立ち上げたハブメディアで、たまたま私塾mixbeatのSNSにレポートをアップしたら、採用されて掲載されただけです。)

「次世代IMC戦略活用の方程式」セミナー :マーケティングis.jp


ちなみに、マーケティングis.jpの概要はコチラ。

マーケティングis.jpは「マーケティングマーケティング」を目的として、2009年1月7日に立ち上げたハブメディアハブメディアについての解説はこちら。http://hubmedia.jp/)です。マーケティングを仕事にされてる方だけでなく、すべてのマーケティングに興味のある方にとって役立つ情報を集めて掲載しています。

このサイトについて :マーケティングis.jp


詳しいレポートはサイトに掲載されているものを見てほしいのですが、ちょこっと感想だけ。

  • 「情報クリエイティブ」の考え方は参考になる。
    • 「広告を受け入れてもらいやすい空気」を作るという考え方。タカヒロさんとかさとなおさんも、1年前に言ってた。伝えたいことをきちんと伝えるには、大切なステップだと思う。

  • 情報の連鎖(反響マネジメント)は、メディアリレーションの強いインテグレートだからできることだろうなと思った。
    • これは、インテグレートの強みなので、それはそれでいいけど、「構造化」ではないと思った。汎用性はないのでは?

  • なんでもかんでも、PRできるもんじゃないし、しちゃいけないと思った。
    • 広告は、企業がお金を払ってメッセージを伝えるものだからともかく、PRでは「企業が伝えたい情報」という視点ではなく、「ひと(ユーザー)にとって有益な情報」じゃないといけないのでは?と思った。たとえば、キシリトールに虫歯予防効果があることを知れるのはうれしいけど、逆チョコは自分にとって何がいいのかよく分からない。勝手にブームを作ることが目的じゃないと思った。

  • 「イケイケドンドン、俺最強!」感が強かった。
    • なんというか、すごく上から目線な感じがしてしまった。あと、目的達成のためなら、ちょっとアンモラルなことでもやってしまう(藤田さんははっきり「ブロガーインセンティブ払う」と言ってた)部分が、個人的にはあんまり好きになれなかった。

ブーム・空気の作り方には興味があるので、おもしろかったし、参考になった。けど、すごいパワーを持っているし、結果も出してるし、いいのかもしれないけど、なんとなく「自分たちが伝えたいことを伝える」というか、ユーザーを見下している感じがしてしまって、ちょっと残念でした。

広告代理店も同じ問題を抱えていると思うので、自戒の念も込めて。

2009-05-24

「餃子の王将」オフをしたよ。

去る5月20日(水)、「餃子の王将オフ会水道橋店」を開催しました!

発端となったのは、5月14日(水)の「とくダネ!」でやってた王将特集。それをリアルタイムで見ていたカイさんとpinkmac(いまはninpumac)と「王将いきてーーーーーー!!」とtwitterで盛り上がって、最初のポストから10分ぐらいでオフ会開催が決まりましたwww

(こういうとき、twitterのリアルタイム性の面白さを強く感じますね)

【告知】餃子の王将オフ【5/20】 -カイ士伝


開催2日前?とかの告知だったにもかかわらず、当日は20人くらい?の方々が集まってしまい(予定数オーバー)、「どんだけ王将好きなんだみんな…!」って感じでしたが、いや、美味しかったです。餃子

f:id:matilda_net:20090520195454j:image   f:id:matilda_net:20090520202211j:image


集まった中にはもちろん知り合いは何人かいたのですが(むしろ、想定外に元インターン先の社長が来ていてテンパったくらい)、初めましてな方の方が多くて、ひっさびさに「オフ会や〜〜!!」って感じでした。

でも、不思議と繋がりがあったり、共鳴する部分あったり、やっぱりオフ会って面白いなぁと再感。


あと、今回のオフはtwitterが発端で始まったんだけど、やっぱりブログとかメッセとか、一昔前だったら掲示板とかでオフ会が立ち上がるスピードよりも断然速かったし、広がりも大きかった。

ひとりのなんとなしの発言を受けて、数分のうちに賛同するヒトがリプライして、対面しているときと同じくらいのスピードでサクサク会話が進んで、決まっていく。告知したら、ものすごいスピードでひとが集まってくる。

まあ、今回は幹事のカイさんのスピード感(もともと行動に移すのが速い方なので)であったり、集まったひとでtwitter閲覧時間が平均より長いタイプ(常時クライアントとかでTLを追っているタイプ)が多かったりと、他の要素の影響も大きいんだけど、それにしてもtwitterコミュニケーションのスピードが速いと思ったのです。(まあ、質の話は置いといて)


なにはともあれ、王将★初体験、おいしかった&楽しかった!!ということですw

カイさん、幹事ありがとうです!pinkmacさん、無事お会いできてよかったです!

参加されたみなさま、ありがとうございました!!!!


参加された方のエントリー>>>

「餃子の王将オフ」開催しました -カイ士伝

38w2d - 臨月でも自重しないニンプマック、王将へ行く

王将餃子オフに言ってきました -これからゆっくり考L

「餃子の王将」食べ放題・飲み放題2,500円は、餃子2人前が精一杯 -本質思考道場

2009-05-18

Public/image.METHOD クリエイティブ・カンファレンスに行ってきた。

Public/image主催のクリエイティブ・カンファレンスに行ってきました。

yugopが富野由悠季巨匠と対談すると聞いて、脊髄反射的に申し込んで行ってきたのですが、チケット代4,000円って高くないかと当日寒くてちょっと外に出たくなくなったときに思った(火暴)でも、そのチケット代を無駄にしたくない一心でえいやっと家を出れたので、まあ結果的には良かったです。はい。


途中から行ったので、SESSION3-5までしか見ていていないのですが、十分満腹になりました。

いろいろと面白かったんだけど、とくに印象的だったのは、ふたつの言葉。



■辻川幸一郎 × 伊藤直樹のセッションで、LOAD画面のまとめサイトPRETTYLOADEDを見たときの、辻川氏の発言

 「これって、何を目的に作られたんですかね?」


辻川氏はテレビとかスクリーンで映す前提の映像を作るプロの方で、ご自身でも「webはほとんど見ない」とおっしゃってたけど、そんなwebから遠いひとだからこそ出た素朴な疑問。そして、webの本質的な良さをついているなぁと思った。


これに対する伊藤氏の答えは覚えてないけど(たぶん、あんまり納得しなかったからだと思う)、私個人は「愛と善意と認められたい欲求」が目的・・・というか、そのまとめサイトを作っちゃったきっかけなんじゃないかと思ってる。

別にこのサイトに限った話ではなくて、2ちゃんのまとめサイトとかYouTubeのおもしろ動画サイトとかそいうった「再構築」系のものも、ニコニコ動画とかpixivみたいなUGCサイトも、プーペガールとかmixiとかtwitterみたいなコミュニティサービスも、ぜんぶ同じようなモチベーションでまわってるんじゃないかなぁ。

なんというか、「人間はコミュニケーションせざるを得ない動物」であるが故というか。

webはそういう欲求を満たすハードルをものすごく低くしてくれていて、webに親しんでいるひとはその良さを知ってしまっているから、作らずには・コミュニケーションせずにはいられなくなっちゃっているのでは?というのが私の意見。


まあ、自分がそうなだけなんですけどwww

でも、そうじゃなければ、こんなにmixiもアメブロも、ニコニコ動画も大きくならなかったんじゃないかなぁ。



■中村勇吾 × 富野由悠季のセッションでの、富野氏の金言。

 「物語性のあるものでないと、コミュニティは寄り添わない」


たしか、ストーリーの大切さみたいなものについて話しているときの言葉だったかと。

ズガーンって感じでした、ズガーンって。

(やっぱり、年輪を重ねたプロフェッショナルの言葉って、どうにもあらがえない重みがあるなぁ・・・)


ちなみに、日本列島に住んでいるひとびとにとっての「物語性」の根源は神道と天皇制、そしてアミニズムにあるらしい。

そして、物語の享受のされかたは、時代の必然性によって変わるとか。(アトムが戦後復興期の象徴的なヒーローだったように)

もしかしたら、富野さんの意図とか違ってしまうかもしれないんだけど、芸術であろうがエンタメであろうがビジネスであろうが、やっぱりその時代に求められている・フィットしているものでないと、受け入れられないし、続かないってことなんだと思う。

ゴッホが生きているときには1枚しか絵が売れなかったけど、今あれだけ評価されているのも「時代」の問題であって。


ただ、その「時代」の流れが決まったときに、何も考えずに右向け右をするのではなく、「本当に右で良いのか?」「本当は違う流れがあるのでは?」と新しい気づきを投げかけられるひとがプロなんだと思う。富野さんも言ってたけど。

芸術家も、アニメーターも、マーケターも経営者も同じ。



まったくまとまり切っていませんが、ほかにも面白いことはあったのですが、自分の中でいちばん言いたかったことは言えたので終わり。

2008-07-13

「広告系総会(夏)」に参加してきた

去る11日金曜日、雨上がりの品川の夜空のした開催された「広告系総会(夏)」に参加してきた。

タカヒロさん、広告会議さん、カワムラさん主宰の広告系イベント第2回。

諸般の事情で最後30分程度の参加となってしまったため、お世話になっているかたにご挨拶するのが精一杯で、「あたらしい出会い」や「深い話」が出来なかったのが非常に残念だった。しかし、150人もの「広告好き」が一斉に集まる場に自分が存在し、熱気を共有できただけでも刺激になったので良かったと思う。

…と思いきや、ちゃんと思い返せばトライバルメディアハウス池田さんにいきなり「ファンです!」と迫ったり、マイネット上原さんにiPhoneいじらせてもらって「やっぱりiPhone nanoの方がウケるんじゃないですかね?」と偉そうに話したり、なんかいろいろしていたっぽいw 二次会行って朝まで飲んだし。うん、十分参加してるwww

幹事の皆様、参加された皆様、ご挨拶させていただいた皆様、そして最後まで飲んでいた皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました!




拙ブログを開設したひとつのきっかけとなった「幻の新年会」から半年もたったのかと思うと、すこし感慨深い気分になったり、時の流れの速さに驚くと同時に、なんだか複雑な気分になったりする。


個人的な話になるが、4月から自分を取り巻く環境が大きく変化した。新しい環境には、それなりの希望と「やったるZE!」という野望をもって飛び込んだ。1月の新年会やその後のスピンオフ会では、その意気込みを鼻息荒く話していたと思う。

しかし、実際はどうであろう。何も成し遂げていないし、そもそも野望のスタートラインにすら立てていない。理想と現実のギャップの大きさに、また周りの雰囲気に流されて、デモチベーションすらしている。なんだ、この体たらくは。

まあ、自分が踏みとどまっている理由は分かっているし、なんとかできる部分はなんとかしようと思って動き出してはいるんだけど、それでもやっぱり足りないなぁ…と思う。

今回の広告系総会(夏)のようなイベントに行くと、大人数だし、有名だったり優秀だったりするひとがそれなりの人数いるわけだから、ちょっとした上昇気流みたいなものを疑似体験することができる。しかし、なんとなくその場に「居る」だけで自分も上昇気流に乗っていると思ったら、それは大きな間違いだ。

私個人は、この「広告系」イベントは「動き出すきっかけを掴み、実際に動き出すための会」だと思っている。決して「馴れ合い」の場ではない。たしかに自分が勤めている企業など近場に同じ志を持つ仲間がいないひとにとっては「仲間探し」の場所になるだろうし、それは間違っていないと思う。実際に私も多くの仲間と出会い、刺激をもらっている。でも、問題はそこからで、ただ業界を憂いて理想を語るだけの仲間だったら、居ない方が良いと思う。1月の参加者で、どれだけのひとが、何か新しいアクションを起こしただろう。自分で起こさない(起こせない)にしろ、新しいアクションを生み出すきっかけを作るなり助けを作るなり、ちょっとした行動でも構わない。自信を持って「俺はこんなアクションを起こして、こんな結果を出した」といえるひとは、どのくらい居るのだろうか。

とまあ偉そうに書いているが、そもそもの私がそんなにアクションを起こしていないわけで、正直このエントリは自戒の念を込めて書いている。周りに引きずられてデモチするなんて、どんだけ意志が弱いんだと。お前あれだけ偉そうに理想語ったんだから、責任持ってやれよと。



いまふと思ったのだが、この広告系イベント、なんだかビットバレーの事例との相似点が多い気がする。

そう考えると、巨大化は避けるべきなのかもしれない。結局はパレートの法則に則って居るんだろうけど。

次回1月の総会では、さまざまなアクションの結果や種の話ができるよう、自己研鑽していきたいものです。

2008-06-22

「アンチ・スイーツナイト!」は意外とスイーツ…だった!?

去る19日、ギーク女子限定イベント「アンチ・スイーツナイト!」を開催しました!

場所は新大久保から怪しいホテル街を抜けまして、職安通り沿いにあります「オムニ食堂 本店」。なぜなら「アンチ・スイーツ=辛いモノ」というコンセプト(※決して「スイーツ(笑)を僻んで揶揄してのものではない)のイベントだから。サムギョプサルが非常に美味しかった。


企画当初、「ギーク女子だけで飲み会やろー!」と主催側で盛り上がったモノノ、正直「…ひと、集まるかなぁ」「そもそもギーク女子ってそんなにいるのか!?」と若干不安でした。でも、蓋を開けてビックリ、なんと総勢9名(しかも一人は関西在住)の賑やかな夜に!


しかし、やはり「女子だけ」の空気は違いますね。話している内容はネット周りのことなので、所謂「ふつう」の女子の飲み会の会話(たとえばコイバナだったりコスメ・ネイルの話だったり)とはかけ離れていて「ギーク」っぽいのですが、それでもやっぱり女子は女子で、空気がスイーツなんです。

今回の参加者がみな美人(※私除く)で、「ギーク寄りな、ふつうのおにゃのこ」だからだったかもしれませんが、たとえ話題が「twitterオフに行ったときに〜」とか「いちるさんが〜」とか「私はC♯なんです」「いや、腐女子というのはですね」とか、ふつうの女子同士の会話からは想像できないようなものではあっても、トーンとか話題の移り変わりとかは、やっぱり「女子」なんです。


男だらけのIT、ブログ系イベントで紅一点ガツガツとディスカッションするのも好きですが、やはり可愛くてキレイな女子のふわふわした雰囲気の中で好きなことをわやわや話すのも楽しいです。

ということで、またギーク女子限定イベントをやろうと思うので、今回ご参加のみなさまも、今回参加されていないみなさまも、懲りずに是非いらしてくださいませ!


「アンチ・スイーツナイト!」ご参加のみなさま、ありがとうございました!

そして何より、幹事のトミモトさん、お疲れ様&ありがとうございました!(私、まったく役立たずでスミマセンでした…次回は頑張ります…)


以下、参加者リストです。