Hatena::ブログ(Diary)

matsu-blog

2019-01-02

はてなブログに引っ越ししました

23:53

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 新年早々ではありますが,転居のお知らせです。「はてなダイアリー」終了が近づいて来たので,とりあえず,「はてなブログ」に引っ越しをしました。今回は,無料版なので,広告がたくさん出てきます。そもそもはてなダイアリー」を選んだのは,無料でも広告がないのが魅力だったからなのですが,「はてなブログ」はそうはいかないようです。今後,さらに引っ越しをするかも知れませんが,とりあえずのご挨拶とします。


https://matsu-blog.hatenablog.com/

f:id:matsu-blog:20181226141754j:image:w360:left

2018-12-20

3回生のゼミ

00:29

松原です。

 後期のゼミは,月曜日と木曜日の午前で,月曜日は全員出席しますが,先週から,木曜日は,M1と3回生以外は自由参加としています。修論卒論の追い込み時期だからです。本日は,卒論のテーマにつながる3回生問題意識について議論しました。

 また,本日は今年最後の研究科教員会議と忘年会もありました。会場は,in the Greenで,京都コンサートホールの玄関前を通過して行くのですが,写真のようなライトアップをしていました。

 

f:id:matsu-blog:20181220211912j:image:w360:left

f:id:matsu-blog:20181220211959j:image:w360:left

2018-12-16

グランフロントの見学

00:42

松原です。

 卒論修論は日に日に緊迫度を増していますが,本日は,環境設計運営委員会見学会があり,聴竹居とグランフロントに行きました。聴竹居は,写真はアップできません。グランフロントの屋上にはヘリポートがあり,自然換気の2種類である,風力換気と重力換気を起こすデザインがなされています。南館のタワーAが風力換気,北館のタワーBが重力換気で,それぞれが,ファサードにも反映しています。「図説 建築環境」では,亡くなった甲谷先生が執筆された部分(p.126)に解説があります。

 

f:id:matsu-blog:20181216160339j:image:w360:left

f:id:matsu-blog:20181216144739j:image:w360:left

f:id:matsu-blog:20181216131253j:image:w360:left

2018-12-08

第42回人間ー生活環境系シンポジウム(大阪)

00:49

松原です。

 本日から,表記のシンポジウム学会大会)が摂南大学で開催されています。宮本征一先生が大会長です。僕自身は,会長を拝命して初めてのシンポジウム学会大会)なので,基本的に開会から閉会まで参加して,学会の運営に気配りをしています。本日は,研究室からは,大神君,淡路谷君のポスター発表がありました。また特別講演として,田村照子先生の「衣の快適性研究に携わって ー異分野交流はアイデアの宝庫ー」がありました。人間生活環境系学会は,学際的学会であり,異分野交流ができることが最大の魅力ですので,そのことを,第1回人間ー熱環境系シンポジウム当時からの思い出と合わせて語っていただきました。現会長としても,学会活動を活性化していく上で,たいへんに勇気つけられる講演内容でした。懇親会の会長挨拶でも,異分野交流を活発にして,来年も是非来たくなる,そんな会にしましょう,と言いました。来年度は,標鏡萓検釧路高専)が大会長をされ,久しぶりの北海道大会です。

 

f:id:matsu-blog:20181208094138j:image:w360:left

f:id:matsu-blog:20181208181006j:image:w360:left

2018-12-01

第二回 京都府立大学・国立華僑大学 国際交流協定記念シンポジウム

00:03

松原です。

 先月の更新は鈍いまま12月に入りました。本日,表記のシンポジウムを歴彩館小ホールにて開催しました。昨年は,第1回で厦門で大場先生,福井先生と僕が講演をしましたが,今年は,この3名は裏方に回って,宗田先生,鈴木先生,松田先生に登壇していただきました。華僑大学からは,董靚先生(ランドスケープ),鄭志先生(建築学),尹培如先生(建築設計) が登壇されました。

 この間の行事としては,11/6 建築学近畿支部若手研究発表会,11/10龍馬よさこい,11/16 建築学環境工学委員会,環境心理生理運営委員会,11/25京大NFといったところかと思います。いくつかの研究課題で,それぞれ検討する時間が必要だったのだと思います。

f:id:matsu-blog:20181201142003j:image:w360:left