Hatena::ブログ(Diary)

matsu-blog

2018-02-18

2018京都マラソンの沿道盛り上げ隊

01:16

松原です。

 卒論発表会が終わって,めずらしく出勤しない日曜日がやってきました。後期の成績付けなど仕事はあいかわらずですが,緊張感は,少し和らいでいます。本日2/18は,京都マラソンで,彩京前線!が沿道盛り上げ隊として,演舞をするので,初めて応援に行きました。毎年,京都市長から顧問宛の感謝状を受け取っていたのですが,現地で見るのは初めてです。ランナーから見えるように,撮影者はしゃがむように,とか,動画を撮影するな,とか,なかなかうるさいルールがあります。優先度は,ランナー>盛り上げ隊&ランナーの応援者>盛り上げ隊の見学者,というわけで,最底辺の扱いを受けました。

 演舞が主役のイベントとは異なって,あまり気分のよいものではありませんでしたが,学生達の応援にはなったかな,と思います。

http://www.kyoto-marathon.com/cheering/roadside.php

f:id:matsu-blog:20180218111817j:image:w360:left

f:id:matsu-blog:20180218112154j:image:w360:left

2018-02-12

地球環境の殿堂,学生ポスターセッション

00:17

松原です。

 今年の地球環境の殿堂(2/10)では,学生ポスターセッションが開催されました。僕自身は,他の仕事に追われて参加できなかったのですが,美山木匠塾のメンバーが,ポスターセッションに参加して,大盛況だったとの報告を受けました。最近は,LINEグループで,情報を共有できるので,参加していなくても,かなりの情報がはいってきます。

f:id:matsu-blog:20180213001705j:image:w360:left

2018-02-11

修士研究発表会,卒業研究発表会,親バカ

00:10

松原です。

 2/6は修士研究発表会・博士後期課程年度末報告会,2/9は卒業研究発表会でした。これで,ひとまず,今年度の研究活動の区切りとなります。以前は,論文が書けたら,あとは,各自が頑張って発表したらいいんだ,というスタンスで放任していたのですが,近年は,できるだけ準備,練習等を時間をかけるようにしています。僕自身は,スライド作成のスキルは極めて低いのでろくな指導ができないように思われますが,聞く側としてのキャリアは長いので,見にくいスライド,聞きづらい発表,わかりにくい発表を避ける助言は手慣れたものです。原稿は作成するべきだが,棒読みはするな,とか,あくまでも講演をするのだから,聴衆の顔をみて話そう,とか,文章を書くと聴衆は読み始めるので,単語・箇条書き程度にとどめるべき等々,いろいろと助言をします。その甲斐あって,直前の2−3日で劇的に向上しました。今年は,ほとんど親バカ状態で,「うちの学生達の発表は特別によかったね」と思って喜んでいます。この時間を無駄と思う人には,信じられないほどの時間をあてていましたが,これでよいのだ,と思っています。

f:id:matsu-blog:20180212000645j:image:w360:left

2018-02-04

修論,卒論を提出しました。

21:10

松原です。

 しばらく,更新できていませんでしたが,1/31に修士論文,2/2に卒業論文の提出を,無事に終えました。年末から,更新の時間も惜しんで,研究指導に没頭していました,というのは,やや不正確ですが,それなりに頑張ってきたのは事実です。更新を怠っていた一番の原因は,写真をあまり撮影していなかったことかと思います。

 2/6が修士の発表会,2/9が卒論の発表会で,本日も,発表練習をしました。先輩も応援に来てくれて,とてもうれしい一日でした。

f:id:matsu-blog:20180203182453j:image:w360:left

2017-12-17

京都議定書20周年

23:13

松原です。

 12月10日には,環境にかかわるいろいろなイベントがありました。地球環境京都会議は,京都議定書20周年を記念して,京都市が開催した会議ですが,僕は第3分科会「環境と調和した持続可能な都市文明の構築」へのパネラーを務めさせていただきました。研究室のみなさんの研究内容は,ほとんどがこの分科会の主旨に合致するので,どんな内容を発信すべきかを,研究室のメンバーと一緒に考えて登壇できたので,とてもよい機会だったと思います。

 京都環境フェスティバルが,同時に別会場で開催されていたので,メンバーの一部は,そちらの支援に回っていました。同一行動がとれなかったのは残念ですが,研究室が総力をあげて,地球環境の改善に貢献したと言えます。日頃の研究活動と,社会との接点を実感するよい機会になったと思います。

 この前日は,人間−生活環境系シンポジウム(信州大学,山岸明弘大会長)に参加していました。

地球環境京都会議

http://secretariat.ne.jp/kyoto20/

京都環境フェスティバル

http://kankyofes.kyoto/

f:id:matsu-blog:20171217230226j:image:w360:left