ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

晴耕雨読 RSSフィード Twitter

2013-12-25

iPhoneをソフバンから格安SIMカードに乗換。月980円、これは助かる。

| iPhoneをソフバンから格安SIMカードに乗換。月980円、これは助かる。を含むブックマーク iPhoneをソフバンから格安SIMカードに乗換。月980円、これは助かる。のブックマークコメント

SIMフリーiPhoneと格安SIMが実は安い

とうとうソフトバンクから格安SIMカードに乗り換えたのでご報告。


過去のエントリー海外旅行者だけでなく国内利用でも実は安い!日本のアップルストアでSIMフリーiPhoneを販売で書いた通り、実は国内使用だけでもアップルストアで販売されるSIMフリーiPhoneと格安SIMを組み合わせた方がランニングコストが安くなります。


端末を2年使っても安くなるし、2年以上使えばどんどん安くなりますし、さらに海外旅行に行ったときに現地のSIMカードが使えてとっても便利です。


格安SIMカードの比較

では格安SIMはどこのサービスがいいのか。選択のポイントは以下の通りです。

  • 通信量は1日単位ではなく1ヶ月単位がいい
  • サービスオプションは不要、Nano SIMは必要
  • 広域WiFiが使えるか
  • 通信スピード制限ではなく通信量制限を選ぶ
  • 通話機能は不要

通信量は1日単位ではなく1ヶ月単位がいい

キャリアのLTEの通信は月7GBに制限されていますが、格安SIMの場合

  • 1日30MB
  • 1ヶ月500MBや1GB

などのようにより少ないデータ通信量で制限されています。ある日はいっぱい通信したり、ある日は終日家にいて自宅のWiFiを使ったりすることを考えると、1日単位ではなく1ヶ月単位を選ぶのが正解。


サービスオプションは不要、Nano SIMは必要

iPhoneで使うことを考えるとNano SIMが洗濯できる必要があります。今Micro SIMを使っていても将来Nano SIMに移行されるでしょうから、SIMアダプターを使ってNano SIMを使うのがよいのではないでしょうか。アマゾンで100円くらいですし。

あとSMSなどは日本で使わないので、不要なものはどんどん外しましょう。



広域WiFiが使えるか

できれば広域WiFiが一緒に利用できると便利です。もし使えると3G/LTE通信のデータ通信量を節約することができます。


通信スピード制限ではなく通信量制限を選ぶ

格安SIMはドコモの回線を使っているものがほとんどです。一部通信スピードを制限しているものがありますが、できるだけ通信スピード制限しているものではなく、通信量制限しているものを選びましょう。100Kbpsとか200KbpsとかではLINEやFaceTimeでの通話かかなりむずかしいので、ドコモのLTE回線で下り112.5Mbps、上り37.5Mbpsが使えるものがいいです。

あと容量制限に到達したときには通信スピード制限がかかりますが、100Kbpsではなく200Kbpsのものだとさらによいと思います。


通話機能は不要

電話はばっさり切り捨てます。そもそも最近通話機能使っていますか?私の場合ほとんどLINEやFaceTimeです。

通話機能が必要ならば格安SIMの価格メリットがほとんどなくなってしまいますので、大手キャリアからの乗り換えは十分に検討した方が良さそうです。

逆に通話機能を切り捨てられるとかなり安くなります。普段はLINEやFaceTimeで大丈夫ですし、着信は050PlusやSMARTaklを使えばばっちりです。


条件を比較した結果選んだ格安SIM

条件を比較した結果、残った格安SIMは以下の3つです。

サービス月額料金通信量回線速度WiFi利用評価
OCNモバイルONE1,260円1GB112.5Mbpsサービスなし1GBを複数のSIMで使いたいならこれいいかも
でもWiFiサービスなし
BIGLOBE LTE・3G980円1GB
(2GBは1,580円)
112.5MbpsWi2利用可能最高評価
唯一の欠点は複数SIMを持つとスタンダードプランで高い
BIC SIM945円500MB
(2GBは1,596円
112.5MbpsWi2利用可能これもいいかも
でもBIGLOBEのほうが少しだけ安い

という感じです。月額料金の他に初期費用が3,000円程度かかる点もお忘れなく。

またOCNモバイルONEはアマゾンや楽天でも購入できるようです。BIC SIMはビックカメラの店頭でも購入できますし、BIGLOBEはイオンで購入できます。


NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE ナノSIMパッケージ T0003818
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 229


月1GBでどの程度通信ができるか

これはb-mobileが公開している「1GBってどれくらい使えるの?」が参考になります。以下は同ホームページからの引用です。

f:id:matsu3939:20131225095540p:image


正直、1GBでも動画さえWiFi環境で見れば大丈夫という感じです。


格安SIMカードに欠点はあるのか

やはり通話機能がIP電話ということで音声品質が我慢できない人は難しいかなと思います。逆にいうと欠点はこれくらい。あとは自宅でWiFiを使っていて、カフェで広域WiFiをちゃんと使えば、データ通信量は問題になりません。

でも動画だけはWiFi環境で見るようにしましょう。


結論

私はBIGLOBEの格安SIMカードを選びました。エントリープランの月1GBで980円/月です。現時点でこちらが一番バランスがいいかなと。

エントリープランですが2GB使いそうな人は、ライトSプランで2GBで1,580円/月にしてもいいかと思います。