「松岡 みゆき」のブログ

2018-08-04 各町内会盆踊り(新常盤・図師・下小山田・根岸・矢部・常盤)

各町内会盆踊り(新常盤・図師・下小山田・根岸・矢部・常盤)

8月に入り、夏真っ盛りの中、今日は6つの盆踊りに参加しました。




まずは常盤町のかしの木広場で開催された、新常盤町内会の納涼祭です。

ここは毎年、若い夫婦や子連れが多く、会場内は可愛い子供たちで溢れていました。

焼き鳥やかき氷などの出店も大盛況です。

f:id:matsuokamiyuki:20180804160541j:image:w260

f:id:matsuokamiyuki:20180804162410j:image:w460




続いて、下小山田の小山田会館で開催された下小山田町内会の盆踊りです。

ここは会場が広く、近所の方が大勢集まり、大変な賑わいでした。

f:id:matsuokamiyuki:20180804163842j:image:w460




次は図師町の熊野神社です。

会場に着いた時には、神社の参道は出店と大勢の人で溢れていました。

地元の方たちが、焼き鳥やフランクフルトなどの出店を出し、この酷暑の中で汗だくでしたが、それでも笑顔を絶やさず対応する姿はとても素敵でした。

可愛い浴衣を着た子供も、店の前できちんと並び、大盛況でした。

f:id:matsuokamiyuki:20180804181207j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180804181334j:image:w260




参道を上った先の櫓では、素敵な浴衣を着た皆様が踊っていました。

私、松岡みゆきも一緒に踊りました。

f:id:matsuokamiyuki:20180804185024j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180804190826j:image:w460




熊野神社を後にし、続いては淡島神社で開催されている根岸町内会の盆踊りです。

ここでも近所の方が大勢集まり、出店も大盛況でした。

神社前の櫓の上や周囲では、素敵な浴衣を着た女性陣が輪を作って踊っていました。

f:id:matsuokamiyuki:20180804194608j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180804200019j:image:w460




夜になっても暑さが残っていますが、祭りの熱気も冷める事を知りません。

続いては、箭幹神社の矢部町内会の盆踊りです。

ここは相模原市に近い事もあって、毎年、初詣や夏祭りには町田市民だけでなく、相模原市民も大勢訪れます。

この日もたくさんの人で賑わい、出店も大盛況、そして櫓では皆さん楽しそうに盆踊りを踊られていました。

f:id:matsuokamiyuki:20180804203515j:image:w460




最後は日枝神社で行われた常盤町内会の盆踊りです。

着いた時には21時を過ぎていましたが、まだまだ大勢の方で溢れ、

最後の盆踊りにふさわしく、夜遅くまで盛り上がりました。

f:id:matsuokamiyuki:20180804212301j:image:w260




日本の夏、色鮮やかな浴衣姿の男女、粋な音頭、情緒的な提灯の光、懐かしい屋台の味、人々の笑い声・・・どれも日本の古き良き光景です。

このような祭りが市内各所で行われ、家族で一緒に参加できるというのはとても幸せな事です。

準備をして下さった役員の皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。



町田市議会議員 松岡みゆきホームページ

http://www.matuoka-m.com/

2018-07-29 各町内会盆踊り(忠生中央・忠生四丁目・木曽中央)

各町内会盆踊り(忠生中央・忠生四丁目・木曽中央)

昨日28日は台風の為、各町内会の盆踊り大会が中止となり、本日に順延となりました。

そして台風一過、晴天に恵まれた中、忠生中央町内会・忠生四丁目町内会・木曽中央町内会の3つの盆踊りに参加しました。




まずは私、松岡みゆきも所属している忠生中央町内会の盆踊りです。

f:id:matsuokamiyuki:20180729182709j:image:w260

(写真:松岡みゆき)




役員の皆様が、酷暑の中、フランクフルト、焼き鳥、焼きそば、とうもろこし等を焼いてくれています。どの出店も子供たちで大盛況です。

f:id:matsuokamiyuki:20180729181704j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180729181720j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180729182423j:image:w460




町内会広場の中央に設置された櫓では、素敵な浴衣を着た女性たちが盆踊りを踊り、また男性陣が一生懸命太鼓を叩いて、今日の盆踊りを盛り上げていました。

f:id:matsuokamiyuki:20180729182553j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180729193712j:image:w460




続いて、忠生四丁目町内会です。

前日の雨天の影響で盆踊りは中止となり、今年は模擬店のみとなりました。

しかし、会場に着いた時には、すでに焼き鳥やフランクフルトの出店で賑わっており、特にわたがしやくじ引きの出店の前は、たくさんの子供たちで列を作っていました。

f:id:matsuokamiyuki:20180729175908j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180729180003j:image:w460




実は、昨日の雨天で順延になった為、本日は町内会の皆さんが協力してハンドマイクで宣伝するなど、

知恵を出し合い、皆にお祭りに来て頂くよう努力されていました。

その甲斐あってか、近所の方々が大勢集まり、大盛況でした。

f:id:matsuokamiyuki:20180729173715j:image:w460




今宵最後は、木曽観音で開催された木曽中央町内会の盆踊りです。

まだまだ暑さが残る中でしたが、櫓では色とりどりの浴衣を着た女性が大勢踊っていて、皆さん、とても綺麗でした。

f:id:matsuokamiyuki:20180729184816j:image:w460




各町内会の役員の皆様、暑い中、本当にお疲れ様でした。

どの盆踊り大会も素晴らしかったです。ありがとうございました。




町田市議会議員 松岡みゆきホームページ

http://www.matuoka-m.com/

2018-07-21 盆踊り大会(上宿)

盆踊り大会(上宿)

毎年恒例の盆踊りの季節がやって参りました。



f:id:matsuokamiyuki:20180721194756j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180721194750j:image:w260

こちらは上宿ふれあい公園で開催された上宿町内会の盆踊り大会です。

色とりどりの美しい浴衣を着た皆さんが、櫓の上や周りで踊っています。

夏休みに入った子供たちの姿も見えます。



今日はとても暑い1日でしたが、盆踊りの熱気はそれを上回ります。

とても素晴らしい盆踊り大会でした。



町田市議会議員 松岡みゆきホームページ

http://www.matuoka-m.com/

2018-07-05 7月3日〜7月5日建設常任委員会行政視察(第3日目:愛知県豊田市)

7月3日〜7月5日建設常任委員会行政視察(第3日目:愛知県豊田市)

行政視察3日目は愛知県豊田市です。

豊田市は愛知県の北部に位置し、面積は918.32平方キロメートル、人口は423,916人の中核市です。

面積は愛知県内では最大、人口も名古屋市に次いで2位のとても大きな都市で、言うまでもなく、トヨタ自動車が本社を置く企業城下町としても有名です。



豊田市は、国から「環境モデル都市」として選定されており、民生・森林・産業・交通・都心を繋ぐ、環境モデル都市アクションプランを策定しています。

具体的には低炭素社会への転換を進め、温室効果ガス排出の大幅な削減など、低炭素社会への実現に向けて高い目標を掲げ、先駆的な取り組みにチャレンジしています。

例えば、二酸化炭素削減については、以下のような目標を設定しています(いずれも1990年比)

 ・長期目標(2050年):必達50%削減、チャレンジ70%削減

 ・中期目標(2030年):必達30%削減、チャレンジ50%削減



f:id:matsuokamiyuki:20180705115421j:image:w460

(写真:松岡みゆき

f:id:matsuokamiyuki:20180705111400j:image:w460

f:id:matsuokamiyuki:20180705105041j:image:w300

さて、市内にある「とよたエコフルタウン」に行って参りました。

ここは次世代の環境技術を集約し、低炭素社会の実現に向けた取組みを紹介する全国初の施設です。

豊田市では「ミライのフツーを目指そう」とテーマに、無理なく、無駄なく、快適に続けられる低炭素社会の実現に向け、環境先進都市として、市民・地域・企業が力を合わせて様々な取り組みを展開しています。

施設内には以下のようなものがありました。

 ・スマートハウス

 ・燃料電池自動車

 ・地産地消レストラン

 ・都市の食料生産「植物工場」

 ・地元の木材を使ったスマートハウス

 ・パーソナリーモビリティ体験乗車

 ・水素ステーション

 ・スマートモビリティパーク

 ・パビリオン内「発見の森」



ここでは、低炭素交通システム、水素ステーション、発見の森について簡単な特徴を説明させて頂きます。

 1低炭素交通システム

  乗りたい時にちょこっと乗れる貸与型小型自動車「ワンマイル

  モビリティ」で、駅からお店へ、職場から訪問先など簡単に

  移動でき、利用登録もスマホから簡単にできます。

  代金は必要な分だけ乗り、その分だけ支払うシステムです。

  公共交通からのアクセスも良く、目的地近くのステーションで

  乗り捨てるワンウェイ利用も可能。

  省スペース・省エネルギーで、地域環境にも貢献しています。

  施設内には、一人乗りが100台、二人乗りが3台、

  ステーションは市内に約50ヶ所設置されています。



 2とよたエコフルタウン水素ステーション

  ・東邦ガス岩谷産業が共同で運営を行っています。

  ・国内最大級の水素圧縮能力を持ち、大容量・直充填が可能な

   ドイツ-Linde製の大流量圧縮機を採用する事で、

   FCバスにも水素を充填できます。

  ・とよたエコフルタウン内の設備の為、他の次世代の環境技術と

   共に見学する事が可能となっています。



 3自然と生物に学ぶものづくり「発見の森」

  ・研究開発の進む本分野から、いくつかの具体例を取り上げ

   紹介しています。ここには次世代の環境ビジネスや

   ライフスタイルの提案に繋がる多くのヒントがあります。



まさに近未来を見たという感じがしました。

大変勉強になりました。



豊田市公式ホームページ

http://www.city.toyota.aichi.jp/



とよたエコフルタウン

https://toyota-ecofultown.com/



町田市議会議員 松岡みゆきホームページ

http://www.matuoka-m.com/

2018-07-04 7月3日〜7月5日建設常任委員会行政視察(第2日目:兵庫県姫路市)

7月3日〜7月5日建設常任委員会行政視察(第2日目:兵庫県姫路市)

行政視察2日目は兵庫県姫路市です。

姫路市では姫路駅北駅前広場整備事業について学んでまいりました。

f:id:matsuokamiyuki:20180704131615j:image:w460



新幹線で姫路市へ来ますと、まず姫路駅北駅前広場から美しい姫路城が目の前に見えます。平成の大修理を終えた姫路城です。

f:id:matsuokamiyuki:20180704144741j:image:w260

姫路城は別名、白鷺城とも呼ばれ、日本100名城に選定され、世界遺産にも登録されています。多くの観光客で賑わい、外国人も年々増えているそうです。

駅前広場はバリアフリーになり、高齢者や車椅子利用者などに優しい広場になっています。



姫路駅周辺整備は、土地区画整理事業、関連道路事業、連続立体交差事業の3つの事業を総合的に展開して、JR姫路駅を中心として新たなまちづくりを計画しました。


特長として、トランジットモール化された駅前空間整備はみごとで、バスとタクシーのみの通行となり、1日の交通量が1万1千台あったのが5千台に減り、駅前広場付近で交通混雑が解消されたとのことです。

f:id:matsuokamiyuki:20180704144708j:image:w460


コンセプトは、「城を望み、時を感じ人が交流するおもてなし広場」で、人を中心として生まれ変わったそうです。


ここに至るまでは、新しい駅前をつくるという目標に向かい、丁寧に時間をかけて市民と行政と専門家の創造的連携の努力があったということです。


我が町田市の中心であり表玄関である小田急町田駅前は、まだまだ未開発と言わざるを得ません。

バスセンターのロータリーは混雑していますし、タクシーの待機場も数台しかなく市民の交通の利便性が損なわれています。


姫路市視察を参考に、是非とも町田市にも取り入れ駅前開発を進めていかなければなりません。



姫路市ホームページ

http://www.city.himeji.lg.jp/



町田市議会議員 松岡みゆきホームページ

http://www.matuoka-m.com/

ページビュー
302681