Hatena::ブログ(Diary)

まっつねのアニメとか作画とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-02-08

レールガン世界



ずっと「事件」が起きるのを待っている世界なんだと思う。

エピゼロさんは

http://d.hatena.ne.jp/episode_zero/20100207


後者ナベシンが入ったらすぐさまジャッジメントが駆けつけて来るだろう


と言っているが、俺は逆だと思っている。

レールガン世界はむしろナベシンを待っている。

巨大化したナベシン学園都市破壊するのを待っている。

あるいは晴れののちブタが降ってくるのを待っている。


そのために美琴は成長せず、サテンはいつまでもレベル0で、

黒子と美琴の仲も進展しないのだ。


イベント直前の状態で待機させられているキャラクター

大きな事件が起きれば、「動きだす」人間をよくぞここまで揃えた。


もうコーラボトルは良く振ってある。

大量のメントスもぶち込んだ。


でも栓は開けない。

そんな寸止め感こそ、レールガンの魅力なのかな、と最近思う。

アニメ様の「アニメの魅力はムラムラ」から続く、


アニメの魅力=寸止め感」


その究極こそ、レールガンなのかもしれない。

俺は気持ちよく出しちゃう方が好きだけどねw

もっとも

レールガン世界というのは所詮は「禁書」の前座にすぎないという

物語的な要請があるわけで。


レールガン世界が待っている「事件」は「とある魔術の禁書目録」であることは

明白なんだし、そこには深い意味なんてなーーーーんもないんだろうな。

そして「禁書」という「ふた」がある限りは

レールガンは発射されないし、

暴発もしない。

じわじわと磁力を貯めてビリビリしてるだけ。


前座を楽しむ美学というのも乙なものであることは認める。

でもレールガンキャラは優秀な前座に過ぎないんだよなぁ


しかも肝心の禁書はアレだし・・・

もういっそのことスピンアウトしちゃおうぜ〜〜〜

もちろん監督は出崎で!

海賊キャプテンルイコの物語をよ!