Hatena::ブログ(Diary)

まっつねのアニメとか作画とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-16

赤い庭と死んだ女の子たち


なんで、かつて新しいアニメ批評集団の中の人

『「赤い庭」の「失敗」』

と言ったのだろうか。

レッドガーデンはまったくもって失敗ではないと、

俺は思っている。


ただ、レッドガーデンも観方が非常に難しい。

ゴンゾオサレ論でも書いたが、

オサレすぎる。

歌ことだけじゃない。

作品全体が、あらゆる要素がだ。

(その点、確かに「紅」は良い感じに俗っぽい要素が混ざってるのが良いとも言える。)


演出的な見所がこれだけある作品にも関わらず、

いや、違うな演出的に高濃度なだけに、

観ているのが辛くなる瞬間がある。


「あまりに演出が秀逸すぎて観るのが辛くなるアニメ

高畑勲の「母をたずねて三千里」にちなんで、

「三千里現象」と言っている、俺が勝手


近年の作品で三千里現象を感じたのは、

レッドガーデンとファンタジックチルドレンくらいだ。

ある種の演出家の高まり・昂ぶりがそれを呼び起こす。


そんなわけで、俺はレッドガーデンを人を薦める時、

あるいは自分で一気に見る時は

「デッドガールズ」から入る事にしている。

松尾監督

アフレコでは声優コントロールしすぎてしまう(=監督自身の芝居を押しつけてしまう)から、

プレスコ声優の独自の演技を引き出して、作品に持ち込みたい

というようなことを言っていた。


ならば、我々視聴者だって、コントロールから離れたっていいんだ。

時間の流れは一定である必要はない。

レッドガーデン2話のカットバックのように、

あるいは井荻麟が言うように、

時間は前にのみ進むとは限らない。

レッドガーデンが本当に好きな人には批判されるかもしれないけど、

そういう観方もありじゃない?

みたいなね。


るろ剣追憶編から入ってみたり、

ウテナ劇場版から入ってみたり、そういうのも良いと思うんだ。

蛇のアシ

レッドガールズってヤギー氏が嫌いそうなアニメだよね。

Connection: close