Hatena::ブログ(Diary)

まっつねのアニメとか作画とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-10-13

TARITARIのもっとも素朴な見方


俺にとっての、だけど


それは


合唱部=PAワークス


である



では、声楽部は何か。


基本はもちろん、プロダクションIGである



だが、IGとPAをつなぐ間に実は、

つの別の「合唱部」がある。



それがTARITARIでもグロスとして参加している

「ビィートレイン」と「M.S.C」



現在PAワークスの社長堀川さんがIGから独立して真下監督と作ったビィートレイン

TARITARIのキャラデザ関口可奈味さんが設立メンバーの一人のMSC


彼ら二人にとっての教頭は誰だったのだろうか。

関口さんにとっての教頭は間違いなく黄瀬さん、だろうな。


参考

http://www.pa-works.jp/runner/stance/sekiguchi/sekiguchi-index02.htm


堀川:2スタでは、黄瀬さんってどう云うことを教えてくれるの?

関口:黄瀬さんですか(笑)?えーっと・・・

堀川:俺の背中を見て学べと。

関口:いや、チョロッとたまに一言、重い一言を。

堀川:重い一言を。

堀川さんにとっては石川さん?それとも押井さん?



そんなだから教頭は一人だけキャラデザがIG調で声は田中敦子

終盤は萌えキャラ化しちゃうわけですよねw


IGと関係薄い、橋本監督教頭を「未来から来たロボット兵器」とさらっと言っちゃうわけだけど。

もう名前も、高倉素子とかにしときゃいいのにw

教頭百合というよりはもうレズビアンじゃんって感じも、

「つまりは草薙素子でしょ?」って感じが出てていいね


関係ないけど、きっと出崎さんだったら、

教頭もっとフォーカスを当てていただろうなぁ。


お蝶夫人を愛した出崎さんは、

エースをねらえファイナルステージお蝶夫人の続編という気持ちで

「華星夜曲」で羽生菀子を描き、

それでも飽き足らず、「おにいさまへ・・・」の一ノ宮蕗子で一つの完成を見る。


だが、出崎さんの中ではその先があったはずだ。

今は閉鎖中の出崎ファンクラブにあったコラムでも、

その後、家やテニスというシガラミから開放されたお蝶夫人を描いていた。

そのとき弁護士という設定だった。

そういう意味では、一ノ宮蕗子が教頭になっていてもいいかもしれない。

出崎さんならそう考える。


「おにいさまへ・・・アフター」とも言うべきを夢想せずにはいられない。



TARITARIも、最終話は非常に良い部分があった。

でも、このアニメ、全体的に良い部分をカットちゃうんだよなぁ

なんでもっと白祭をたっぷり見せてくれなかったんだろう、とかね。



あと、これで終わりなのは残念。


俺の中で、この物語ラスボスは「坂井 まひる」以外にありえない。


つまり、


坂井まひるが復活する「大運動会」展開こそがこのアニメもっともふさわしい!

完璧音楽超人坂井まひるを復活させた宇宙音楽生物との「大音楽会!!!!!




という二期を期待してます

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証