Hatena::ブログ(Diary)

まっつねのアニメとか作画とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-15

たまこまーけっと1話のアバンの作画に関する考察

たまこまーけっとアバンの作画素晴らしかった。

特にカット目と2カットである

これは、田中宏紀の作画を初めて見た時に以来のショックがあった。

ただ素晴らしいというだけではない、エポックであった。



何がエポックだったのか。


1、中割りなしの2コマ原画、「フル2コマ」であった点

2、3DCGでもロトスコープでもない、手描きでしか出来ない動きの発想をしている点

3、三人のキャラクターがそれぞれアイデンティティを持った動きをしている点

4、アニメらしいポーズで作っていく作画(演算系)でなく

  タイムライン的な書き送りであった点

ざっと思いつくだけでこれだけある。


まず、1について。

私はこのアバンの1カット目2カット目を見た時にある種不思議感覚に襲われた。

それは

「こんなに『動いている』アニメ、動きの密度のある作画をいたことがない」

という感覚だ。

私にとってこの密度初体験であった。

ディズニーでもジブリでも磯光雄さんでも松本憲生でも見たことがない。

そういうものだった。


その正体はなにか。コマ送りをしてみた。


既にある知識として、スーパーアニメーター磯光雄発明に「フル3コマ」という手法がある。

この手法について、一般に情報が公開されたのが、

WEBアニメスタイル井上俊之さんのインタビューだ。


井上  その後、多分、時間はそんなに隔てないで、磯君のやった『ピーターパン』を観る事に

   なるんだよ(注27)。それはもう、はっきりと、リミテッドじゃなくなってたね。

   あるキャラクターが怖がって何か蓋のようなものを頭に被るという芝居だったんだけど、

   今まで俺が描いてきたようなやり方では描きえないような動きになっていた。

    どうやって描いているのかと思って、ちょうどその回の作監だった沖浦(啓之)君に訊

   いたんだけど、「なんか全部、原画で描いていたよ」と言うんだ(笑)(注28)。

   それを聞いて、「そんな描き方があったのか!?」と思ったね。と同時に

   「そんなやり方で動きをコントロールできるのか? 本当に描けるのか?」とも思った。

小黒  それについては当時、磯さんに直接伺った事がありますよ。それを磯さんは「自分が発

   明した『フル3コマだ」って言っておられたと記憶しています。『おもひでぽろぽろ

   のドン・ガバチョも、同じ手法じゃないですか。

井上  ああ、そうなんだ。確かに、あれは一種の発明に近い。それ以前にはどんなに巧い人で

   もそういう発想はなかったからね。それに、そもそもフル3コマで描くべき動きを

   イメージしていないから、フル3コマである必要がなかった。頭の中にあるイメージが、

   全原画必要とする動きじゃなかった。遡れば、昔のディズニーにはあると思うんだけ

   ど、それを除けば、そういう複雑な動きを誰もイメージしてなかった。

   それまではみんな、中割りを入れた、ある程度リズムのある動きだった。

http://www.style.fm/as/01_talk/inoue03.shtml

(注:ここでいう「磯君のやった『ピーターパン』」というのは

   世界名作劇場の一つの『ピーターパンの冒険』のことで、ディズニーは無関係です。)

フル3コマとはつまり、「3コマ作画の全ての画を原画が描いてしまう」という手法だ。

インタビュー内で書かれているように、

スタンダード日本アニメの作画というのは、

原画としてキーとなる画を描き、動画でその間を割って中割りを作る、という手順で行われている。

原画マン英語では「Key Animator」であり、動画マンは「inbetween animator」であるというのは

日本語の表記よりもそれを如実に表しているだろう。


コマ数は何コマに一回絵を入れるかという意味だ。

1秒間は24コマであるので、もし1秒間に24枚の絵を入れるのであれば、

それは「1コマ作画」となる。

ディズニーなんかはこの「1コマ作画」であるが、

日本アニメ伝統的に「3コマ作画」つまり、1秒間に8枚絵が入ることを基本として

作られている。

ディズニー日本アニメ比べて「滑らかに」動いているのはこれが主な要因だ。

人によっては、「1コマ作画」のことを「フルアニメーション」という場合もある。

まり、動きの密度をフルに使っているからだ。


まり磯光雄さんの発明である「フル3コマ」というのは、

コマ作画の全ての絵を原画が描くことで、

動きの密度を「フル」に近づけるというものなのだ


インタビューの続きを見ていこう

小黒 ここで、フル3コマという事をもう少し、このインタビューを読んでいる人達にも分かり

  易くしたいんですけれど、3コマの動きを、中割りなしで、全部原画で描くという事

  ですよね。そうやると、中割りのある2コマよりも、1秒当たりの原画の枚数は多くなる。

井上 そうだね。動きの密度という点で言うと、多分、最高のものだろうね。

  コマで中割りなし、というのは、ちょっと動きをコントロールしにくいし

  それで描ける動きは、フル3コマとそんなに差がない。1コマフルという事も原理的には

  考えられるけれども、それは実際には、自分自分原画の中を割るだけの作業に

  なってしまうだろうから意味がないし、そもそもそんなにたくさん描けないし、

  スケジュールもない。だから、3コマおきに、全部画をコントロールすれば、ほぼ、

  描きたい動きの全てが描けるだろうね。

小黒 少なくとも、現状イメージできる最高の方法として、フル3コマがあるわけですね。

井上 うーん、だろうね。それにはまず、頭の中に、描く動きのイメージがないと

  ダメなんだけどね。イメージがないのにやっても、自分自分原画の中を割る作業にしか

  ならないから。そういう意味で、磯君は、原画の発想と言うか、動きの発想の点で、革命

  だったね。もっとも彼に続く人もいないんだけど。

http://www.style.fm/as/01_talk/inoue04.shtml

井上俊之はこのように、「3コマである理由を説明している。

コマ中割りなしは難易度が高い割りに効果が少ない、つまり作業効率が悪い。

またそもそも3コマ原画でさえ、そういう発想を出来る人は少ないのだから

コマなんてトンでもない、

そういう話だ。


しかし、この磯光雄さんのピーターパンの作画が1989年のことであり、

この記事自体が2000年年末のものである

ピーターパンから見れば20年以上の年月が流れており、

これだけ分析的に語れたのがもう10年以上前のことである


そして、今、私の前に現れたのだ。

「フル2コマ」としか表現できない、しか

「フル2コマにふさわしいイメージを持って描かれた作画」がである


f:id:mattune:20130115215501j:image

f:id:mattune:20130115215502j:image

f:id:mattune:20130115215505j:image


一応キャプチャーを置いてみたが、多分これを見たからと言って伝わるものではないと思う。

これは作画に興味ある人は、コマ送りしてほしい。

そうでないと多分伝わらない。


ただ、いえることは、

この1カット目2カット目は基本的に「2コマ作画」(ところどころ3コマもある)

であり、かつ、

とても「中割り」を入れられるような作画ではないということだ。

まり、延々コマ送りをした結論としては、

これは、史上初めての「フル2コマ」なのではないか、ということである

今まで「限界」とされてきたアニメの動きの密度のそのさらに先。

そういうものなのではないか、と。


から、逆にアバンが終わってOPが始まると凄く安心する反面、

全然動いていないような錯覚に陥る。

それは、OPも2コマ作画を基本としてはいるが、従来の「中割りあり」のスタイルであり、

普段から見知った作画だから安心でき、

かつ、上記のインタビューの通り、同じ枚数を使っていても

「動きの密度」は大きく劣っているため、全然動いていないように感じたのだ。


2、について。

「フル2コマであるとした時に疑うべきことがある。

それは「3DCGベースのものではないか」ということと、

ロトスコープではないか」ということだ。


まず、3DCGベースである可能性だが、これはまずない。

それは3DCG的な「立体の正確性」が見られないからだ。

技術的に見ても、3DCGはここまでは進化していないという認識だ。


次にロトスコープ

これは、カメラで取った実写映像の1コマコマを元に作画をするというもの

これについては完全否定は出来ない。

出来ないが、ロトスコープである可能性も限りなく低い。


なぜかといえば、ではその元となる実写の動きを出来る人間が、しかも3人同時でやって

この動きが出来るのか、そういう手間を掛けることが出来るのか、という問題があるのだ。


素人がやってもなかなかこうはならない。

こんな柔らかい動きをカメラのまで出来ない。

まりは、なんらかのトレーニングを積んだ役者ダンサーなどが

この動きをする必要がある。

あるいは、「本物の女子高生盗撮」かだ。

(ちょうど良くこういう仲良し3人組が3人でバトンを持って

 ウキウキステップしている場面に遭遇する可能性も極めて低いが)


しかし、わざわざそんなことするだろうか?

勿論可能性はゼロではない

そういう、見事な演技力と体捌きを持った人間を3人集めれば可能だろう。

だが、それこそ労力と成果が見合うとは思えない。


まり、可能性としては、これは普通の手描きの作画である可能性が一番高いのだ。


3、について

さらに恐ろしいのは、この3人がそれぞれの動きに個性

アイデンティティをもっていることだ。


作画が原画マンベースで語られることが多いのは、

日本アニメにおいては、動きの個性というのは原画マン単位であることが多いからだ。

まりキャラクターごとに動きがあるのではなく、

担当原画マンによって動きが決まる。


といっても、これはディズニーも一緒で、

ただディズニーキャラクターごとに担当原画マンを置いており、

原画マン個性がそのままキャラクター個性となるようになっているのだ。

しかし、ディズニーもまた「ディズニースタイル」が確立されており、

個性が話題にならない。

言ってしまえば、みんなディズニーの動きである


ここらへんの話は、同じくWEBアニメスタイル三原さんのインタビューが参考になる

三原 橋本さんの画は、動きに命があるでしょう。それは常々、井上さんが自分にはない

  ところだみたいな話をしてましたけど。なんでしょうね……橋本さんは、

  ほんと天才だと思うんです。動きに魂があるでしょ。ほんとの意味アニメーターだと

  思いますね。俺にはああいう才能は全然ないので。でも、必ずしも全員が全員、

  ああいう方向で描かなきゃいけないわけでもないですからね。

  逆に言うと、動きに魂はあるけど、無個性とも言えるんですよ

  その、大平さん、田辺さん、磯さん達の画って、むやみに動いてますけど、

  どれもこれもおんなじに動くでしょう。

小黒 ああ、なるほど。キャラクターの芝居ではないんですね。

三原 そうなんですよ。突き抜けたところにある、「動いてる」という生命感みたいなもの

  だと思うんですよね。

  あと、動きについては、最近ベルヴィル』をよく引き合いに出して話すんです。

  あの作品の凄いところは、キャラクターの動きだけでその人物の性格が伝わって、

  台詞なしなのに、どんな話をしているかが分かる事なんですね。これは……凄いですよ。

  天才だと思いますこういうキャラから、こういうシルエットで、こういうふうに動

  く、そういった事が表現できているから台詞を言わなくても、

  パントマイムだけでストーリーが語れるわけです。今までそういう事は、

  比較的やられてこなかったですよね。

  シルヴァン・ショメ仕事が凄いなあと思うところです。

小黒 なるほど。

三原 ディズニー作品なんかの動きも、結局キャラクターシステムから

  描いてる人の個性は出ますけど、わりとどのキャラも、同じように動いているじゃないです

  か。『ベルヴィル』で一番凄いと思ったのはそこでしたね。キャラクターの作り方に、

  そのキャラ個性が反映されている。なおかつ、その動かし方にもその個性が反映させら

  れている。それが最も上手くいっている作品だと思うんですよねえ。

小黒 『ベルヴィル』の動きには、相当感銘を受けたんですね。

三原 ええ。まあ、今話したような事を、誰も彼もがそうしなきゃならないってわけじゃないで

  すよ。日本アニメは、どのキャラも同じように動いている場合が多くて、つまらないん

  じゃないのかと思うんです。リアルドラマを求めてるからそうなると思うんですよ。

  だから、1本の作品の中では、キャラクターの画が、みんな同じですよね。

  『攻殻GHOST IN THE SHELL)』にしても、みんな同じフォルムしてますよね。

  『人狼』もそうですけど。

さて、このアバンはどうだろうか。

3人の動きをはっきりと書き分けている。


例によって、私は記憶力がないので「たまこ」以外のキャラ名前を覚えていないが、

この真ん中の金髪女の子と一番後ろの茶髪女の子では、はっきりと違う動きをしている。


金髪女の子は明らかに運動神経がよく、体の捌き方も上手い。

動きにメリハリがある。

茶髪の娘は明らかに神経繋がってない系の女の子で、転ばないようにするだけで精一杯だろう。


作画オタク目線で見れば

金髪女の子はいかにも作画栄えする滑らかでいてタメツメもありそうな動きをしていて

この先のアクション作画も期待できるような「作画の申し子」という感じ。

それに対して、後ろの茶髪の娘は逆にドンくさい脚の使い方をしていて

「この娘に作画の見所はないな」という感じ。


たった2カット見ただけで、キャラクターの人となりやこの先の展開すら見えてくる。

そういう作画がなされている。

三原さんのインタビューを鑑みれば、これがどれだけ脅威的なことかわかろう。


4について

そして、第4に、これが分析的に描かれた原画ではなく、

またポーズを繋いでいくようなものでもなく、

時間を切り取ったような作画をしているということだ。


まり山下清吾さんいうところの「タイムライン系」作画に見える。

タイムライン系については

http://d.hatena.ne.jp/mattune/searchdiary?word=%A5%BF%A5%A4%A5%E0%A5%E9%A5%A4%A5%F3%B7%CF

を参考)


もっともフル2コマという手法が結果的にタイムライン系の作画になるのかもしれない。

しかし、これまで真にタイムライン系と言えるような作画は

少なく、これが初めての真のタイムライン系作画なのかもな、とも思ったりした。


そういう意味では、逆にそれを表現するために「フル2コマ」という手法

選んだのかもしれない。

松本憲生さんをして「もう3コマでは動いて見えない」というのだから

その先にあるのは「フル2コマ」ということになろう。

松本憲生さんの弟子筋の沓名さんや山下清吾さんは

 あくまで3コマということにこだわっていたが。)





とこんな感じで、思いの丈をぶちまけて見ました。

まあ、作画オタクとしての活動を控えるようになってから大分経つ

「元作画オタク」の私の考察なので、

的外れな部分も多いかもしれません。


ただ、このアバンの1カット目2カット目について、

少なくとも、私の知ってる限りこういう感覚を受ける作画は今までなく、

まさしくエポックものが現れたと強く感じました。

それをここに表明いたします。

。 2013/01/16 00:03 久々に熱い作画考察を見た!と、感動しました。が
はてブの連中は相も変わらず馬鹿が口開けて何か言ってるみたいな腐れ捨てコメントばかり残していて非常に腹ただしいです。
やっぱああいう連中は殺さにゃならん。

mattunemattune 2013/01/16 00:12 >。さん
いやはや、作画を映像なしで言葉で説明するというのは本当に難しいですね。
なので、出来れば実際にコマ送りして見ていただきたいのですけど、作画オタクではない方にそれを強要するのも酷なことでしょうね。

あと、「磯君のやった『ピーターパン』」をディズニーと混同されている感じの方もいるので、注記に加えてみました。

ぽこちんぽこちん 2013/01/16 00:56 2コマの全原画って別に珍しくないとおもうんだけど
俺の勘違いかな?

カミュカミュ 2013/01/16 04:05 私もたまこまーけっとのアバンを見て感心しました。この作画はすごいですよ。
大体、三人が手をつないで歩いているっていうだけでもすごいのに、波動の動きやら
バラバラの歩きやらが複合的に入っているわけですからねぇ。
最後らへんのたまこが商店街を通り越して、引っ張られてよろける芝居も
ちょっとコマおちみたいな面白い動きでそれもいい感じです。
多分、原画は木上益冶さんなんじゃないかと思うのですが。

タマキンタマキン 2013/01/16 06:54 1も2も3も4も全部、たまこの前身であるけいおんですでにやり尽くしたことなんだけど?
まっつねさんけいおん見てたでしょ?

同じ穴だらけの作品でも、俺つばとか戦う司書とかABは絶賛するのに
ハルヒとかけいおんとか化物語とかまどかマギカみたいな
世間で絶賛されてる作品はスルーしちゃうマイナー病な人だから
「世間で不評なたまこを褒めて優越感ポイントゲットだぜ」とか思っちゃうんだろうけど

もし、たまことけいおんの世間の評価が逆だったら
まっつねさん絶対けいおん褒めてるでしょ

鬼畜勇者とか褒めだした時はマジ終わったわ、とか思ったけど
まだこれだけの考察記事が書けるんだからマイナー病を治して
世間の評価が低い作品だけじゃなくて評価高い作品も考察するようになった方が結果的に優越感ポイント稼げると思うよ

mattunemattune 2013/01/16 07:57 >ぽこちん さん
確かに例えば井上俊之さんも似たようなことをやったりもしますが、
彼の原画はそれこそあえて「自分の原画を自分で割っている」ところがあって、
今回のような「フル2コマ」と言えるようなものではなかったと思っています。
比較等のためにも具体例があったら教えていただけると助かります。

>カミュさん
木上さんが原画の可能性は十分あると思っています。
ただ、これまでの木上さんの仕事と比べても異質なものがあるので、その原因が何なのかなとは思いますが。

>タマキンさん
けいおんは全話見てますが、
このアバンのような作画を見つけることはありませんでした。
植野千世子さんの作画や、かつて記事にしたうつのみや理さんを感じさせるような作画は随所に見られ、「作画アニメ」としてのけいおんは素晴らしいと評価しています。
ただ、このアバンのようなものは私の記憶している限りではありませんでした。
もちろん、私の見落としということもあるので、
比較のためにも具体的なカットを教えていただけると助かります。

ちなみに、私は作品としてのたまこまーけっとを褒めているわけではありません。
極論すれば、このアバンの1カット目と2カット目だけの話をしているのです。
この1カット目と2カット目について、もし不評であっても講評している記事等があるのでしたら、教えていただけると助かります。
今はこの2カットについての情報についてどんなものでも欲しい状態です。

ぽこちんぽこちん 2013/01/16 11:07 ん?
つまりポーズ2ポーズじゃなくて純粋に送り描きじゃないと駄目ってこと?
ポーズ2ポーズと送り描きで差が出るとすれば原画の引っ掛かりが出るか出ないかだけど
2コマ均等打ちで綺麗に割られてるとはっきり言うと分かんない
2コマ均等打ちする人がそもそも原画でパキパキ見せるような人じゃないというか
原画か中割りかの区別なんて素人目には無理でしょ
出来るんなら抽出してほしい
というか件のたまこはかなり引っかかってたよ
あれ?

作画的見所が無い奴等に死を作画的見所が無い奴等に死を 2013/01/16 13:26 >nuryouguda
>のんびりした話だからのんびり見てたけど、細部にも見所がある様子で
>
>aetheryte3107
>動きに魂を吹き込む「まーけてぃんぐ戦略」なり。
>
>totes
>1話だからできた、あるいはやったのかと。氷菓の1話の過剰な画面作りの様に。しょっぱなの印象がその後に影響する。
>
>sasahira アニメ, 作画
>ロトスコープの限界はライブアライブの時点ですでに感じてたみたい。3.についてはけいおんでも見られた。
>
>Red-Comet
>だからと言ってそれが面白さに繋がっているかというと疑問符がついちゃう。

はてブから抜粋
こいつら本当に馬鹿でクズでカスでド低脳の下衆野郎共だから本当に死ねっつーか死ねよ。
作画的な興味何一つ持ってないんだろだったら口を開くなつってんだろ腐れ鼻糞人非人共
80ブクマもついて他は全部「あとでよむ」ばかり。読むつもりハナからねえだろこの馬鹿
本当に馬鹿しかいないんだなはてな村ってのは馬鹿がこの糞馬鹿死ね

ディズニーのリッチ作画が〜とか言ってた奴はコメント削除したみたいですね。

タマキンタマキン 2013/01/16 15:45 いちいち全部見返すとキリがないので最初と最後だけ

一期1話アバン、唯が家から出たあとダッシュで登校するシーン
(カットで言うと15〜17.25〜27カット目)

前期OP、16カット目(キーボードを打つ指)18カット目(4人集まって抱き合う)34カット目(4人で階段駆け下りダッシュ)59〜61カット目(4人でダッシュ)

映画けいおん、ラストシーン・一期OP61カット目を彷彿とさせる生足カット長回しから夕日に向かってフル2コマでダッシュする4人
(カット数はめんどいんで数えてません)

もうフル2コマでダッシュが一期から映画まで一貫してるワケっすよ
(もしかしたら京アニの過去作にもフル2コマを有効に使ったカットがあったかもしれない)
たまこの下校シーンは今までの延長線上にあるだけっすよ
言うほどエポックメイキングじゃないんすよ

もちろん「フル2コマで、手描きでしか出来ない発想をして、キャラがアイデンティティを持って、タイムライン的な書き送りをした」って条件を伴って、です



…という訳で、もう一度けいおんとかハルヒとからきすたとかを「メジャーだから」と敬遠してないで見返したほうがいいですよ

カミュカミュ 2013/01/16 20:14 私もまっつねさんが言うことは感じ方は違うかもしれませんが何となくわかります。
1話のアバンを何回も見直してましたから。
私の場合は、うさぎドロップでもあったような子供が大人に引っ張られて歩くとか
非常に難しい動きが表現されてたこと、しかも三人で、自然なポーズと動きで。
クルクルと回すリミテッド的なバトンの動きの面白さはキープしつつ、三人が
次々にカットインするタイミングが絶妙にずらしてあって小気味よいこと。
光の帯をジャンプしていくキャラクターの芝居が細かいことなどですかね。
憶測ですが、多分きっちりしたラフ原画を描いた後、それを土台に細かく一発描きしていく
ようなやり方なのではないかと思っています。
タイプは違いますが絵の感じとしては「空を見上げる少女の瞳にうつる世界」のOPの
中盤の三人の拳法使いのおっさんの動きあたりが近しいものを感じるんですよね。

mattunemattune 2013/01/16 20:28 >ぽこちん さん
ポーズ2ポーズが駄目というわけではなくて、
これを何回もコマ送りした私の結論として
ストレートアヘッドで描かれたものではないか、と。
勿論、おっしゃる通りそこの二つを絵で見て判断するのは厳密には困難ですので
あくまで私の直感です。

>作画的見所が無い奴等に死を さん
おにいちゃんらめぇぇぇぇ

>タマキンさん
すげえ詳しい・・・
さすが現役の作画オタクは違いますね^^
早速けいおんを音なしで視聴してコマ送りしてきます!

>カミュさん
への字の脚のところですよね。
やはり、木上さんの線で追っていくのが本線なのかな・・・

mattunemattune 2013/01/17 07:53 >タマキン さん
けいおん一期の1話見てみたんですが、
これの15カット目〜17カット目ですが、

これ、ポーズトゥポーズじゃないですか!
しかも全然タイムライン系じゃないし!

「けいおんでもやってた」ってこんなののことを言ってたんですか?
だとしたら、全然違います。
1期1話ならまだ9カット目の方が近いです。
というか俺からみてタイムライン系っぽいのはこのカットくらい。
そしてこのカットは3コマですね。


作画は良いけど、やっぱ「けいおん」って・・・

タマキンタマキン 2013/01/17 18:44 一期1話に関しては4の「タイムライン的な書き送り」ではなかったね。ごめんね。

でも1〜3の「2コマで、手描きでしか出来ない発想をして、キャラがアイデンティティを持って」の部分はちゃんとやってたでしょ?
そこをさも「これら全部はたまこが初めてやってエポックメイキングだ」みたいに書いてたのが違和感あったってことなのよ

まさかタイムライン系作画じゃないからけいおんはクソ、とか言い出さないよね?
(ちなみに「タイムライン系」「演算系」とかの言葉って受け手側から見ると判断できないから僕は嫌い。普通に「実写っぽい」「アニメっぽい」って言えばいいのにって思う)

あと、映画けいおんは4の要素もあったから映画もよかったら観てみてね

mattunemattune 2013/01/17 20:59 >タマキンさん
これは私の記事の書き方が悪かったですね。
たまこまーけっとの1カット目、2カット目は、1~4の要素が「同居している」ことが驚異でありエポックだと思ったんですよ。

確かに、それぞれの個々の要素については過去にもありますが、それらの複合技となると、
少なくとも私は見たことはありませんでした。
そういう意味で捉えて頂けると幸いです。

映画版けいおんについては、この作画の調査の一貫として押さえておく必要があるとは思っています。

豚 2013/01/24 20:31 アバン、2カット目なんかはだいたい2コマ中一枚で全原画じゃないと思いますよ。
あとタイムライン系って時間軸が当たられたことによって動きが連続して見える(=3枚以上並べたとき、絵自体は連続していない)ってことなので、ポーズtoポーズの反意語として使うのは誤りだと思います(タイムライン系の反意語として便宜的に作られた演算系って言葉からタイムライン系を定義しちゃうとズレが出ちゃう)。
ものすごく複雑な軌道を原画でコントロールしてしまってるってだけで十分凄いし、動きの密度もすごいので全原画的な感覚を受けるんだと思います。実際にまっつねさんが仰ろうとしてたこととは大差無いと思うのでいいのですが、ちょっと気になったので。

mattunemattune 2013/01/24 22:36 >豚さん
アニメーターのイメージした動きの密度が高すぎるんですよね。
まさに「見えている」という感じがします。

VLVL 2013/02/07 11:34 出遅れ。
2コマか3コマか忘れましたが、WORKING'!!のOP(大畑清隆)は近年でかなり(滑らかに)動いてるなあと思いましたね。
あと京アニと言えば、CLANNADで幻想世界パートがフル・アニメーションでしたよね。ここで言う手法とは関係ないかもしれませんが。

mattunemattune 2013/02/09 09:06 >>VL さん
フルアニメーションとは何か?ということでしょうね。
枚数が多くてヌルヌル動いていればフルアニメーションなのか。

そこらへんはこの記事に引用している井上俊之さんのインタビューの
元記事を全部読むことをオススメします。
トップアニメーターによる一つの解釈がありますので。

通りすがり通りすがり 2013/03/14 18:16 初めまして。アニメやってるものなんですが
申し上げにくいのですが 普通に中割はいってます

mattunemattune 2013/03/14 20:39 >通りすがりさん
どうもはじめまして。
アニメやってるというのは実際に、
このカットに携わった方という事でしょうか?

そうであれば是非色々聞きたいのですが、
1カット目も2カット目も中割ありですか?
2カット目は確かに3人うちの誰かに中割入れて
誰かは入れてないというのをやっているかな、
とは思ったんてすよ。
1カット目については、もし中割を入れているとしたら脅威です。
割るとするとミリ単位になるかと思いますが、
大判でキャラごとに中割をいれる感じでしょうか?
動画マンが優秀であれば、こういう事も可能なのかなあ。
あるいは中割参考がかなりしっかりしている?
中割にしてもどのくらい中が入っているのかも非常に気になります。
中3枚ということもないでしょうし、2コマ中1枚?

そこらへん、是非伺えればと思います。

通りすがり通りすがり 2013/03/14 22:28 あまり詳しくかくと素性ばれるので申し訳ないですが…少しだけ(業界的な一般論的な曖昧な言い方にさせてください。申し訳ないです)
ふたつともあります
割りがミリ単位ていうのはよくあるんで、というか 割が線1/3本ないとかざらにあるから割が短いとかは一般的によくあります
一般的には、こういうカットは、レイアウトでかいたものを拡大して、それを動画でわる。そして張り込む
っていう作業になります。
作品によりますが、キャラうりのばあいは拡大作画になることが多いです

場所によりますが、2コマ中1が基本です

通りすがり通りすがり 2013/03/14 22:30 張り込む際に縮小することを書き損じてましたすみません

レイアウト普通のサイズ>サクカン前に拡大>サクカン>原画>動画>縮小張り込み

っていう流れです

mattunemattune 2013/03/14 23:00 >>通りすがりさん
動画の説明ありがとうございます。

一般的な動画マンに要求するレベルを逸脱しているように感じますが
これってやっぱり中割り参考とか入れてるんですか?
それともこのくらいは京アニなら割れるものなんでしょうか?

こういうのを全原画でなく動画マンに割らせているなら
なるほど、京アニはアニメーターが育つ訳だという、と
感じてしまいますね。

OPとかも同じ2コマ中1?もしかしてこっちは中3くらい入ってたりします?

mattunemattune 2013/03/14 23:16 >>通りすがりさん
あと、宜しければこの冒頭2カットの動きについてどう思ったか
ということも是非お聞きしたいです。

suckBUTAsuckBUTA 2013/03/24 03:02 見苦しいからやめろよ

mattunemattune 2013/03/24 13:03 >>suckBUTA さん
同意、今石は神

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mattune/20130115/1358258102