Hatena::ブログ(Diary)

まっつねのアニメとか作画とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-11

ラブライブの疑問の分析に挑戦してやろうじゃん!

発端は

アルファベータさんの


なんでみんなラブライブ!ってデタラメアニメ見てるの? 脳がスポンジなの?

http://d.hatena.ne.jp/alphabate/20130210


からです。


nishi_51さんの「琴浦さん批判(http://togetter.com/li/452235)」に続いて、

また面白いのが出てきましたね。

今期のアニメは近年稀にみるパワー作品が多いので、

皆、内に秘めたアニメ魂が爆発しているのでしょう。


また上記の記事に関して

n_euler666さんが

「てめー、真摯じゃねーぞ!」

とばかりに


まおゆう真摯さを求める人がラブライブ真摯でないという話

http://d.hatena.ne.jp/n_euler666/20130210/1360502713


こんな記事を書いていますが、

から見れば、彼も同じアナの狢ですね。


だって彼は過去の記事で

ラブライブ!リアルじゃないところに凄さがある」

(http://d.hatena.ne.jp/n_euler666/20130127/1359251220)

で、はっきりと

ラブライブリアルじゃない」と言ってますからね。

そういう意味では、

ラブライブリアルさを真っ向から否定してるという意味

アルファベータさんと何も変わりません。



いいですか?リアルとは自分で切り開くものなのです。

「おじさんわかんないな〜」と言って他者に答えを求めるものでも、

「どうせリアルじゃないんだから、本当はPVだ、とかそういう言い訳考えようぜ」

と言って現実逃避するものでもありません。


では、アルファさんの記事を利用してラブライブ分析していきましょう。



宛名なしで届くCD

これについてですが、この問題自体は大したことありません。

アルファさんが記事内で言うとおり

「真姫がポストに入れたの」です。

練習している神社にまでくる真姫ですから、そのまま尾行すれば家の特定は容易です。

別に違和感はありません。


この

「2話でμ’sの発案者、高坂穂乃果の熱意に当てられて、

μ’s宛にピアノや歌が得意な西木野真姫自分の作った曲を入れたCD送ってくる」シーンについての

真の注目すべき点は別にあるのです。


(つか、この説明文、キャラフルネームがちゃんと書かれていて、アルファさんのラブライブ愛が伝わってくるw)


それは、

直前のシーンから時間の流れです。

f:id:mattune:20130211162913j:image

直前シーンはこのカットの通り夕方。

ここで、心変わりした真姫が曲を作るわけですが、

上記の通り真姫には「穂乃果尾行」という任務があります


つまり、真姫は穂乃果ら三人の練習を最後まで見て、

穂乃果の家に尾行し、

その後で、作曲および仮歌の録音を行ったということです。


しかも、早朝でないと、ポストに誰にも見られることなく入れるのは難しいでしょう。


つまり、真姫は夕方から早朝までのほんのわずかな時間

作曲および仮歌の録音」という作業を完遂するという驚異な仕事をやってのけたのです。

まさに

「真姫が一晩でやってくれました」状態。


そう、実はシーンとシーンの間、まさに行間とも言える部分で

真姫の天才」を表現していたのです。

そりゃあ

f:id:mattune:20130211085445j:image

f:id:mattune:20130211085458j:image

「屋上の入り口の上」という中二病爆発の聖地で、

一人浸っちゃうわけですよね。

きっと彼女

私ってやっぱり、天才」とか思ってその自己愛を満たしていることでしょう。



●講堂と空き教室の使用方法が謎

さてこれについては、ちょっとアルファさんの見落としというか

あえて隙を作ったのかなという疑惑があります

まずはこれを見てください。

f:id:mattune:20130211082028j:image

そう、1話の新規部活動申請書です。


これのハンコ欄、講堂の利用申請書と同じ様式なんですよ。

f:id:mattune:20130211160656j:image

ほら。


つまり、これがこの学園の「申請書」のテンプレートなんですよ。

そして穂乃果たちは、この講堂利用申請書について

「これ、部活動の申請書と同じ感じだから、きっと生徒会に提出だろう」

とか思い、生徒会室へ出向いた、と、こういうわけです。


スカートは最低でもひざ下でなければ履きませんよ


これについては、私程度では論理的ば弁解は不能でした。


「海未ちゃんが気が動転してしまっていることを表現している」

といえばそれまでですが、

「女という非論理的な生き物の醜いヒステリー

を論証に使うのは、紳士としてちょっと気兼ねいたしますので、

ここは

「このシーンはおかしい」という立場をとっておきましょう。


●許可なしで外部の人を新入生歓迎会に呼ぼうとする

 盗撮を咎めない風潮、持ち込みOK、屋上で無線LANが繋がるPC


実はこれは細部の表現だけの問題ではありません。

つまり、この世界における「スクールアイドル」というもの自体が

一体何者であるかという、世界観の根源に関わる問題なのです。


上記の表現からも分かるように、

スクールアイドル」というものは、それぞれの学園の中にのみ影響力をもつものではなく、

外部、もっと言えば日本全国レベルで注目されることを前提とした活動であるようだ、

ということです。


例えば、1話のUTX高校の描写を見ても、

「高校外の人間にも宣伝するためのモニター

f:id:mattune:20130211170726j:image

がありますし、

この世界においては「スクールアイドルを外部に宣伝すること」は自然なことのようです。


それは、いまだ設定的に不明な部分も多い

スクールアイドルシステム」についても

f:id:mattune:20130211085409j:image

同様の外部性という性質をもっていると言って良いでしょう。


また、この世界において、ノートパソコンが非常に普及しているということでもある。

おそらく、現実世界よりもその部分で発達しており、

全てのノートパソコンWIMAX的なものが標準装備されているのでしょう。

そうすると「屋上」で見ていることにも技術的な理由で、

屋上の方がWIMAX電波状況が良い」ということだろう。


そういう世界観ならば、会社の「経営者である人間がどう考えるか。

スクールアイドルを利用しよう」、こう考えるものでしょう。

現にUTX高校はそれで成功している。


一方で音ノ木坂学院は「名門」の看板にかまけて、そういう経営努力を怠ってたわけです。

そういう意味では、ここに来てスクールアイドルが出てきて

経営者である理事長がこれを使えると考えるのは、当然。


しかも、1話しか語られない設定なので忘れやすいが、この理事長ことり母親

ぶっちゃけた話、

この盗撮映像は「理事長自作自演である可能性が高いのではないかと、

私は分析している。

理事長が講堂に事前に複数台のカメラを設置し、映像撮影していたと。

ブルジョワの考えそうなこと。

作品中には未だ出てこないことりの父親も恐らく相当の地位のある人でしょう。

そしてことり性格からいって、父親に溺愛されてるでしょう。


ことり母「ことりアイドル活動としてライブやるらしいわよ」

ことり父「なんだと!絶対に見に行く!」

ことり母「会社は?」

ことり父「ぐぬぬ・・・。どんな手段でも構わん、ビデオをとってきてくれ!」


こんなやり取りがあったとしても、何も不思議はない。


まあ、ことりの父親についてはやや妄想も入るが、

盗撮犯人としては、理事長こと・ことり母親が非常に怪しいことに間違いはない。


でも、実はもう一人容疑者がいます

それは

生徒会長自身です。


その根拠は今度は状況証拠ではなく、映像にある。

f:id:mattune:20130211175011j:image

このカット

副会長が「誰かが撮ってたんやなぁ」と言った後に、

僅かに瞳を生徒会長に向ける。


これは、「やったのは生徒会長だよ」ということのサインの演出のように見える。

生徒会長は2話で一人で仕事をしている傍ら

スクールアイドルシステム」に音ノ木坂学園を確認しているかのようなシーンもあり

f:id:mattune:20130211175312j:image

f:id:mattune:20130211175337j:image

f:id:mattune:20130211175341j:image

可能性は高いと見える。


●様々な視点からアニメを見ること

様々な視点からアニメを見ることで、新たな発見がある。

ラブライブのような「高圧縮」なアニメ特にそうだ。


偏ったモノの見方では、真に映像を「解凍」することは出来ない。


リアルとは、様々な視点から物事を見ることで、

自ら切り開いていくものなのだ

匿名匿名 2013/02/12 07:29 いつも興味深く記事を読ませて頂いております。
4話のコンテの記事などは大変勉強になりました。

n_euler666さんの記事については、論旨は「作品のリアルさ」についてではなく、あくまで「作品への真摯さ」、「こんな記事を書いて何がしたかったのか」についてのはずです。

また件の揚げ足取りのような記事に対して憶測の域で自論を展開して「分析だ」「リアルだ」「映像の解凍だ」というのは個人的に上手い返し方ではないな、と感じました。
少なくともこの記事の範囲では、アルファベータさんと同じアナの狢だとさえ私には思えてしまいました。

まぁ内輪でのプロレス感が結構しますけども。

mattunemattune 2013/02/12 07:52 >>匿名さん
「真摯さ」とは人それぞれです。
私の考える「真摯さ」とは、映像を繰り返し見て、
その内容について様々な可能性の仮説を立て、
それを検証・分析することです。

その意味においては、ある種アルファベータさんのやり方に近いところはあるでしょう。
彼との違いはアプローチの違いで、
他の記事のコメント欄でも書きましたが、つまりは
「空想科学読本」と「すごい科学で守ります」の違いです。
私は長谷川裕一でありたいと、それが真摯ということだ、と考えています。

一読者一読者 2013/02/19 22:46 発端になったalphabate氏の記事と、n_euler666氏の記事を読んでみました。

alphabate氏の記事はわざわざ取り上げるに値しないものだと思いますが、
n_euler666氏は、alphabate氏の「ふざけた態度」や姿勢の一貫しない無節操さを真面目にたしなめている。というより「残念である」「遺憾に思う」と直言している。
その点においては、n_euler666氏の記事は一応スジの通った真っ当なものだと私は思います。
なので、
n_euler666氏がラブライブを「リアルじゃない」と書いていることを理由に、alphabate氏と「同じ穴の狢」だというのは非常に失礼なことだと思います。
問題のすり替えか、意図的な曲解に近い。
議論のマナーとして、論理的にも倫理的にも正しくありません。
(「匿名」氏のコメントが言いたいのもそういうことでしょう。)
n_euler666氏の記事への発言に関しては、何らかの形で反省の意を示すべきではないでしょうか。
そうしないと、この記事はあなたのブログの汚点となって残るかもしれません。

付け加えるならば、
n_euler666氏の記事に比べて、あなたの書いたこの記事は醜い。
ラブライブ分析の内容自体はともかくとして、
他人の頭を踏みつけて自分の優越を誇ろうとするような卑しさばかり目立ちます。
そのように感じた読者が一人でもいるということは記憶して置いて下さい。

さらに付け加えれば、
「リアルとは、様々な視点から物事を見ることで、自ら切り開いていくものなのだ。」
「「真摯さ」とは人それぞれです。」
これらの文言は、ただのごまかしですね。空疎なスピーチです。
「リアル」や「真摯さ」について本当に徹底して考えたことのない人がこういう言い方をするものです。
本当に論理的なアニメ論を書きたいのならば、まずはこういうごまかし文句の使用をやめることです。それが文章の書き方を見直す第一歩になります。

ちなみに私は、このブログにはもう何年も前から頻繁に目を通させてもらっていますし、その考察には教えられることも多い。
あなたが、御自身の不名誉になるような粗悪な記事を濫造されることを私は望んでいません。それゆえ、このような形で忠告申し上げました。
長文失礼。

mattunemattune 2013/02/21 08:23 >一読者 さん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

もしこの記事を読んで不快な想いをさせたのなら申し訳ないです。

「他人の頭を踏みつけて自分の優越を誇ろうとするような卑しさばかり目立ちます」という分析に関して、まったくその通りです。

この間のustでもう種明かししましたので、良いと思いますが、
この記事はn_euler666さんから「プロレスやろうぜ!」といわれて書いた
相手を殴りつけるためのプロレス記事です。

勿論、中身に関しては私が感じていることしか書いていないので、全て多かれ少なかれ本気ですけどね。

普段の私の記事のほとんどは脳内実験の過程とか途中経過の記録しかないので、そういう意味では普段の記事と違いますが、
これが私の素なんでしょう。
私にとって価値があるものは、善悪や正しさや論理性・一貫性などではなく、その感情のストレートな発露です。
「ごまかしがない」とはあくまで「私の感情に対してごまかしがない」のです。
そういう意味では論理的なアニメ論を目指しているわけではなくて、その点も申し訳なく想います。

なので、私が「空疎で考えの浅い人間」というあなたの分析もまったくその通りで、目下努力中という感じです。

これからも思慮深い人から見たら粗悪な記事を濫造していくかと思いますが、未熟な人間の悪戦苦闘の一端と思い、見守ってくださいませ。

一読者一読者 2013/02/21 21:28 お返事ありがとうございます。

n_euler666氏の過去の記事を読んだところ、以前からお二人はお知り合いというか、
多少の軽口なら失礼に当たらない(?)ご関係のようですね(違ったらすみません)。
この記事も、協議のうえで書かれたということなのでしたら、
そういう事情を知らずに、こちらの方が失礼なコメントをしてしまったと反省しています。
部外者が勝手に早とちりして乱入したとだけお考えください。
言葉が過ぎたことをお詫びします。
ラブライブ4話5話の分析のような良記事をまた拝読したいと思っております。
それでは。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close