Hatena::ブログ(Diary)

mayさんの自転車日記

2017-05-27

2017.05.27-28 ACFみちのくラン(米澤街道)

5月最終の土日、恒例のACFみちのくランが開催されました。

今年は米澤街道を走るプラン。

初日は猪苗代から桧原峠旧道を越え小野川温泉

二日目は板谷峠を越え蟹ヶ沢を渡り福島

担ぎや渡渉があるということで、ミニベロでの参加としました。



5月27日(




天気予報では雨は降らないはずでしたが、行きの東北新幹線では、小山付近で大雨となり、ヤキモキ。

郡山磐越西線への乗り換えるころには、小降りになり、猪苗代駅に降り立つと何とか止んでいました。

前回は、雨の中で自転車を組むことを余儀なくされましたが、今回は問題なく自転車を組むことができました。


f:id:may-musashino:20170601134257j:image:w640



予定より少し早い9時半に走り始めました。

まずは五色沼を目指します。

五色沼までは、だらだら登りの道が続きます。

昨年8月末に走ったばかりなので、かっても知っているのでかなり良いペースで走っていきます。

剣ヶ峰のコンビニで昼食を仕入れ、昨年泊まったペンションヴァン ブラン」に立ち寄り、オーナーにご挨拶します。

聞けば、前泊している堀内さんが1時間前に立ち寄ったそうです。

堀内さんは、桧原峠の林道を越えると話していたそうです。

後を追います。


f:id:may-musashino:20170601134258j:image:w640



早稲沢の分岐。

小椋佳が学生時代にこの地に泊まり気に入ったため、この土地に多い「小椋」姓を芸名にしたそうな。

ここを12時に通過。

と、その時「シクラメンのかほり」が響き渡りました。12時を知らせる音楽に使われていました。

「真綿色したシクラメンほどすがしいものはない・・」と口ずさみながら走りました。


f:id:may-musashino:20170601134259j:image:w640



金山で長井川沿いに北上します。

道の先のほうから、たくさんの犬の鳴き声が聞こえてきました。

はたして、たくさんの犬を連れて散歩している集団に遭遇。

犬はおとなしく咬まれずに済みました。


f:id:may-musashino:20170601134300j:image:w640



道は途中から舗装が切れ砂利道となります。良くしまっていて走りやすい道です。

勾配もきつくありません。

米澤街道の鷹の巣一里塚がありました。若松から九里の位置にあるそうです。


f:id:may-musashino:20170601134301j:image:w640



さて、いよいよ林道と旧道への分岐です。

この時、12時半。

桧原峠でランチにする案もありましたが、ここでランチとしました。

おなかがすいては、坂も上れませんから。


f:id:may-musashino:20170601134302j:image:w640



沢には、水芭蕉が咲いていました。

もう少し早く来ていれば、見ごろだったでしょう。


f:id:may-musashino:20170601134303j:image:w640



分岐にあった地図です。

旧米澤街道は、一時は荒れていたそうですが、平成21年の大河ドラマ天地人」が放送された際に整備されたそうです。しかし、8年たっているので、道はどうなっているでしょうか。


f:id:may-musashino:20170601134305j:image:w640



さて、昼食を終えた一行は旧道へと進みます。


f:id:may-musashino:20170601134304j:image:w640



しばらくは緩やかな道。

峠に近づくにつれ勾配はきつくなります。

そうこうするうちに、あっけなく峠に到着。


f:id:may-musashino:20170601134306j:image:w640



峠には対になった境塚が残っていました。

意外と広い峠でした。

ここでランチにしても良かったかもしれません。


f:id:may-musashino:20170601134307j:image:w640



一休みして、米沢へと下っていきます。

福島県側とは違い、かなりきつい坂です。

乗って下る人、押していく人、担いでいく人。

思い思いのスタイルで下っていきます。


f:id:may-musashino:20170601134308j:image:w640



下る途中には、大峠と小峠、たすけ茶屋跡などがありました。


f:id:may-musashino:20170601134309j:image:w640


f:id:may-musashino:20170601134310j:image:w640


f:id:may-musashino:20170601134311j:image:w640



ところどころ、小さな沢があったり、崩れていたりと担ぎを余儀なくされるところも何度もありました。

道もわかりにくいところもありますが、よくよく探せば、すぐに見つかります。


f:id:may-musashino:20170601134312j:image:w640



と、大きく崩れた個所に遭遇。

一瞬途方にくれます。

しかし今回は、なんといっても人数がいるのが強みです。


f:id:may-musashino:20170601134313j:image:w640



バケツリレーならぬ自転車リレーで切り抜けました。

クリアしてから気が付いたのですが、実はしっかりした踏み跡が上へと向かっていました。

迂回路があったようです。


f:id:may-musashino:20170601134314j:image:w640



その後も小さな沢を担いだりして、ようやく林道が見えてきました。

が、その前に最後の難関の丸木橋

恐る恐るわたります。

もっとも、皆靴はびしょぬれなので、沢を渡ったほうが安全だったかもしれません。


f:id:may-musashino:20170601134315j:image:w640



ようやく林道に到着し下ろうとしたその時、中西さんのリムの振れが異常に大きいことに気づきました。

調べたら、スポークが3本ほど外れかけています。

普通のハブでしたら外れることはないのですが、マキシカーのハブはフリー側はひっかけ式。

時々、このようなトラブルがあると聞いていましたが、初めて見ました。

ニップルを締め直し、事なきを得ました。


f:id:may-musashino:20170601134316j:image:w640



舗装路を快適に下っていくと、目の前に見たこともないダムが現れました。

ロックフィル式の綱木川ダムです。


f:id:may-musashino:20170601134317j:image:w640



明るいうちに本日の宿「ししどや」に到着。

もっと明るい女将の歓待を受けます。

いわく「嫁いで31年」「とにかく古くて細長い宿で申し訳ない」・・・聞いてもいないのにいろいろと教えてくれました。


堀内さんはすでに到着していました。綱木ダムには1時ごろ着いていたそうです。

ほぼ同時に、仕事を終え新幹線に飛び乗って、米沢から走ってきた山口さんが到着。

全員集合です。


ビールで乾杯し、のんびりと気持ちの良い風呂に浸かり、宴が始まります。


f:id:may-musashino:20170601134318j:image:w640



皆さんは、遅くまで談笑していたそうですが、私は前日3時間ほどしか寝ていなかったので(4時起床でした)、早々に夢の中へ・・・ 

せっかく、宿の向かいの酒屋でおいしそうな日本酒を買ってきたのに、あぁ、もったいない。




5月28日(




翌朝は、6時過ぎに起き、朝風呂ののち、温泉街を散歩しました。

古い温泉街、趣があります。


温泉ラジウム玉子、気になります。(実は朝食に出ました)


f:id:may-musashino:20170601134319j:image:w640



ここも小野小町伝説があり、この温泉を見つけたのが小野小町とか。


f:id:may-musashino:20170601134320j:image:w640



公衆浴場は200円。


f:id:may-musashino:20170601134321j:image:w640



温泉で塩を作っていた塩田の跡だそうです。いわゆる「山の塩」ですね。


f:id:may-musashino:20170601134322j:image:w640



さて、朝ごはんを食べ、記念撮影して、8時半に出発しました。

女将はというと、この日はたんぼアートの田植えの日とかで、いそいそと出かけていきました。


米沢で昼食を調達し、山形新幹線沿いに走ります。

途中の踏切では、目の前を新幹線が通っていきました。


f:id:may-musashino:20170601134323j:image:w640



今日は、蟹ヶ沢の渡渉があります。

雪解け水で水が多い場合は渡れない可能性があります。

とにかく、行ってみての勝負。

もし渡れないときは、板谷駅まで200mほど上り返し、電車に乗るしかない。

その電車が、1時半の次が6時。どう考えても1時半には間に合わないので、6時だねぇ。

その時は駅前で宴会だねぇ、と話しながら走っていきます。

私のザックには、昨晩買った4合瓶が、そのために(たまたま?)入っています。


f:id:may-musashino:20170601134324j:image:w640



この付近は、まだ藤の花が見ごろでした。


f:id:may-musashino:20170601134325j:image:w640



舗装も切れますが、それでも、走りやすい地道を進みます。

旧街道だったこともあり、その名残をあちらこちらで見かけることができます。


f:id:may-musashino:20170601134326j:image:w640



笠松鉱泉に到着。ここは、一度は泊まってみたい雰囲気を醸し出しています。

水場があり、水を補給することができました。


f:id:may-musashino:20170601134327j:image:w640



橋架け替え工事中につき通行止めの看板がありました。


f:id:may-musashino:20170601134328j:image:w640



果たして、橋の工事中のところに出ました。

ただし、問題なく歩いて行けそうです。

栗原さん・中西さんによれば、3年前に来た時から状況が変わっていないとか。


f:id:may-musashino:20170601134329j:image:w640



その後は、10〜12度程度の勾配を必死に上っていきます。

12時少し前にピークに到着。

開放的で明るいところです。

一息つき、先を急ぎます。


f:id:may-musashino:20170601134330j:image:w640



少し下ると、姥湯温泉との分岐があります。

案内地図が、道を毛糸を使って示されていました。

良いアイデアです。


f:id:may-musashino:20170601135345j:image:w640



さらに下ると、板谷峠の看板がありました。

ここが峠?


f:id:may-musashino:20170601135355j:image:w640



板谷駅からさらに下り、蟹ヶ沢に到着しました。

心配だった水の量はさほどでもありません。

膝下ぐらいだろうと、靴を脱ぎます。


f:id:may-musashino:20170601135346j:image:w640



果たして、膝下まででした。

荒川さんは、地下足袋持参。地下足袋は大正解ですね。

私は、裸足でしたが、川の石が丸かったので痛くはありませんでした。


f:id:may-musashino:20170601135347j:image:w640



川を渡り切り、河原で小一時間ほど昼食としました。

それから、さらに米澤街道を進みます。


f:id:may-musashino:20170601135349j:image:w640



最初のうちは、道も荒れていて、急坂でしたので、押していきます。

しかし、まもなく簡易舗装が現れます。


f:id:may-musashino:20170601135350j:image:w640



と、その時、1台のMTBが下ってきました。

怪しいニッカポッカ集団に出くわして、びっくりしていました。

福島市役所のサイクリングクラブの方で、市のご当地キャラクターももりんが書かれたジャージを見せてくれました。

少し歓談し、川を渡ってみると言って下っていきました。


このあたりから道は緩やかになり、乗って行けるようになりました。


f:id:may-musashino:20170601135351j:image:w640



旧道の石畳へとつながる道です。

誰も行こうとは言いませんでした。


f:id:may-musashino:20170601135352j:image:w640



お不動様で、一休み。


f:id:may-musashino:20170601135353j:image:w640



神社でも一休み。

300段あるというので、やはり、だれも上ろうとしませんでした。


f:id:may-musashino:20170601135354j:image:w640



李平宿跡にある開村370年の看板です。

昭和60年に建てられたもののようです。

1613年に村が作られ、その後1918年まで存続していたそうです。


f:id:may-musashino:20170601140702j:image:w640



しばらく行くと、開けたところに出ます。

ずっと林の中でしたので、気持ち良い!


f:id:may-musashino:20170601135356j:image:w640



と間もなく、今日最後のピークに到着です。

ここから、標高差600mほどを一気に下ります。

しっかりしたダート道なので、ミニベロでもノーブレーキで下っていくことができました。


f:id:may-musashino:20170601134331j:image:w640



庭坂富山付近からの福島市街の眺めです。

この先からいよいよ、町中を走らなければなりません。


f:id:may-musashino:20170601134332j:image:w640



なるべく裏道を縫いながら、福島駅に到着。

予定より少し早い、3時半でした。

何人かは4時20分の新幹線に乗るべく、自転車を袋に詰めます。


安いチケットを取った我々二人は、8時前まで暇です。

観光案内所で、おすすめを聞いたところ、東口の円盤餃子とのこと。

聞けば、17時開店。

今やっている店を教えてもらい、17時の新幹線を取っていた二人と、30分勝負の乾杯!


f:id:may-musashino:20170601134333j:image:w640



二人を見送り、東口に移動し、おすすめの円盤餃子をいただきました。


f:id:may-musashino:20170601135357j:image:w640


f:id:may-musashino:20170601140703j:image:w640



毎度ながら、プランナーのお二人には、驚かされます。

本当に良い道を知っています。

来年のコースが今から楽しみです。


プランナーが作ったコースです。参考までにリンクを張らせていただきます。

「初日」

「二日目」


ページビュー
291670