やむやむの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-30

[ENdoSnipe]Webダッシュボード デモサイト公開

久々の更新ですが、こんなサイトを公開しました。

http://demo.endosnipe.smg.co.jp/WebDashBoard/html/systems.html

FireFox 3.6、Safari 5.0、Chrome 7.0以降でぜひ、ご覧ください。

IEは7、8で見られますが、かなり遅いです。

改善しつつ、年内には正式リリースを行う予定です。

ENdoSnipeについては、製品サイトをご覧ください。

2010-04-27

[Java]コーディング規約を公開しました。

社内で作成、利用しているJavaコーディング規約が公開されました。


Javaコーディング規約


私もコーディングの注意点について、いくつかアイデアを出しています。


Javaコーディング規約もいろいろありますが、

Java 5.0以降に合わせて改版しているものは、少ないと思います。


Eclipse用のフォーマッタも公開しているので、

合わせてご利用ください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mayamasaki/20100427

2009-05-07

[]Borland,約7500万ドルでMicro Focusに身売り 23:01


Borland,約7500万ドルでMicro Focusに身売り(ITpro)

米Borland、7,500万ドルでMicro Forcusに売却へ(マイコミジャーナル)


OracleによるSunの買収をスルーしてしまった身であれですが、

いよいよBorlandという名前が無くなるかと思うと、寂しさを感じてしまいました。


学生時代は「C++ Builder」を使っていましたし、

入社当時、JBuilderの「OpenTools」というAPIを使って、

いろいろツールを開発したりしてたのも、懐かしい思い出です。

(Eclipseを使い始めたのも自分なので、

社内的にはJBuilderに引導を渡す格好になってしまいましたが...)


とはいえ、開発ツールベンダとしては、

CodeGearに分社化&売却されてましたから、

既に遠い存在だったわけです。

最近は、StarTeamとかSilkPerformerとかで、

お客様が使っているところを、

お目にする事が多かったですね。


IT業界の再編に拍車がかかってますが、

日本国内のユーザサポートを簡単に切り捨てないよう、

お願いしたいところです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mayamasaki/20090507

2009-04-15

[]80:20の法則(part 1) 22:11

ENdoSnipeの設定が簡単になりましたで取り上げているように、

ENdoSnipeのVer. 4.0からは、メソッドの実装内容を見て、

BCIの対象とするかどうかを判断します。


getterやsetter、あるいは単純に他のメソッドを呼び出すだけのようなものは、

そもそも性能問題が発生する事がないので、計測不要と考えたというわけです。


実際には、単純なメソッドを何度も呼び出す事で、

性能問題が発生する事はあり得ますが、

この場合は呼び出し元のメソッドの処理時間の増大として検出されるでしょう。


この機能をつけた理由は先に挙げたブログを読んで頂くとして、

実際にどれぐらい効果的かを検証しました。


以前は以下のように設定していました。


############################################################

# Settings for S2JSF Example

############################################################

examples.jsf.action.impl..*Impl,JavelinConverter

examples.jsf.logic.impl..*Impl,JavelinConverter

examples.jsf.dao..*,JavelinConverter


Action、Logic、Daoの各層の主要なメソッドを対象にしていますね。

簡単なサンプルプログラム程度であれば、

試行錯誤してこのような設定を決めれば良いのですが、

急場の大規模プロジェクトではそのような時間もないので、

改善が必要だったわけです。


では、新機能を用いた新しい設定は以下の通りです。


############################################################

# Settings for S2JSF Example

############################################################

examples.jsf..*,JavelinConverter


examples.jsfパッケージ配下に含まれる全クラスの、

全メソッドを性能測定の対象に指定しています。


では、これで動作比較をやってみようと思います。

観点としては、


  1. 対象クラス・メソッド数の変化
  2. クラス図・シーケンス図の変化
  3. オーバヘッドの変化

を取り上げたいと思います。

それでは、続きをお楽しみに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mayamasaki/20090415

2009-04-13

[]パッケージ開発につきものの悩み 21:42

ENdoSnipeはVer. 4.0のリリースを5月末に控えているのですが、

最近の悩みは素敵な追加機能際限なく、思いついてしまう事です。


今回、思いついてしまったのはこれら。


    1. カラム名指定検出/診断機能
    2. 線形検索検出機能
    3. 擬似カバレッジ算出機能

1は前々回、前回と書いてきた、

カラム名指定でResultSetから値を取得している処理を検出する機能です。

特定のJDBCドライバをお使いの人であれば、役に立つと思います。


2はArrayListVectorの線形検索を検出する機能です。ソースコードレビューなんかしなくても、

機能を動作させるだけで、PerformanceDoctorが、

「線形検索を実行しています。」と言ってくれるので、

この機能も非常に便利なはず。


で、3。

ENdoSnipeを適用した状態で、

システムのどれくらいの機能を実行したかの目安になります。

メソッドレベルでの実行有無までしか見ないので、

条件分岐などはカバーできず、あくまで「擬似」レベルではありますが。


これは品質保証部などをやっている人には堪らないんじゃないかと。

かく言う私も、システム診断を請け負った時に、

診断の網羅率を報告できるので、これは欲しい。


なんて事を、

リリース2ヶ月前に思いついてしまうのだから、

自分でも嫌になります。

でも、思いついたら作らずにはいられない!

もとい、作ってもらわずにはいられない!


・・・作るのは私じゃなくてメンバなのです。

なので、メンバには非常に申し訳ないですが、

Ver. 4.0で実現することになりました。



ユーザの皆さんは、実現された機能を見て、

メンバの頑張りにも思いを巡らせて頂けると幸いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mayamasaki/20090413