自由と生存のメーデー10(2010年5月)

2010-04-28

各政党に申し入れ

政党 御中

「自由と生存のメーデー2010」実行委員会

連絡先 フリーター全般労働組合

新宿区西新宿4−16−13 MKビル2階

電話/FAX 03−3373−0180

参加要請

皆様方におかれましては、日頃より、すべての人々の自由と生存の維持・向上のため、ご尽力いただいていると思いますが、いかがでしょう。

2008年の金融危機以来、正規、非正規を問わず労働者は、理不尽にも首切りにあい寒空の中、路頭に迷わされています。経営者による違法で卑怯な首切りは、いまだに乱発されています。破たんした金融機関は、優遇され多額の税金が投入されました。一方で時の政府は、大量失業者に対し腕をこまねき、無為無策をさらけだしてきたのです。そして生活困窮者は、「自己責任」などという暴言で揶揄され、没落の一途をたどるという悪政がまかり通ってきたのです。

私たちは、日々様々な業種に関わり、貧乏な生活をおくっていますが、この世界で一人たりとも居なくてもよい者などいないと、考えています。私たちは、病気を持つ者、障害を持つ者、失業者、あるいは生きるのに不器用で弁がたたない者であっても、孤立し野たれ死ぬことを、絶対に許しません。そんな私たちですが、世襲にあぐらをかく者たち、富める者たちのみを優遇する不公平で卑怯な政治に対しては、断固として、もの申す所存です。

さて私たち、「自由と生存のメーデー2010実行委員会」は、今年のメーデーのテーマを「逆襲の棄民 パンドラの箱が開く」に決定し、5月2日、3日、4日と連続イベントを開催します(詳しくは同封したビラを読んでください)。

私たちは、選挙によって選ばれ、高い理念と決意に基づき政治を行っているであろう皆様方に、本メーデーイベントへの参加を強く求めます。また悪政に加担し人々に多大な苦しみを与えてきたという自覚のある方も振り返りの場としていただくことで、私たちの行動と理念に共感し、共に活動していただきたいと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mayday2010/20100428/1272434603