ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

人類猿の惑星化計画の軍団 このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2005-08-30

[]SBR5巻、フラワー・オブ・ライフ他

コミックも、買い始めると読み始めると止まらないのです。この、気が多いくせに一つのことをやり始めると一気にやらないと気が済まない癖、本当にやめないとと思うけれど、悪癖もこの年齢になるともう染みついてて直らない(笑)。

 

Steel ball run 5
荒木/飛呂彦??著
集英社 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。

えーと、俺の買ったのにはありましたよ、この変な濁点(笑)ちょっと嬉しい。

完全にスタンドバトルなこの巻の展開ですが、大統領まで出て来て、レースそのものの目的まで似密があることが判明して…どこまで濃密になるのか想像もつきません。が、スタンドバトルに特化して、旧ジョジョ的展開に回帰していくのかと思いきや、次巻では再びレースそのものの息詰まるデッドヒートが繰り広げられる予感…サイコーっす荒木先生。

 そういえば荒木先生、ユニクロのTシャツのデザインをやるとかやらないとか。(正確には審査員)欲しい…マジ欲しいよ…

フラワー・オブ・ライフ 1
よしなが ふみ著
新書館 (2004.5)
通常24時間以内に発送します。

フラワー・オブ・ライフ 2
よしなが/ふみ??著
新書館 (2005.6)
通常24時間以内に発送します。

妻に勧められて読んでみたのですが、面白い!学園コメディとしてもほんわかくすくす笑えて楽しめるのですが、オタク生態学の入門書としてもなかなか(俺は「げんしけん」とか読んでないんで、比較の基準が曖昧なのがなんですが)。そしてそして、真島くんの外道っぷりにもう、抱腹絶倒なのです。絶対こいつ頭イイはずなのに、成績は徹底的に悪い。でも美形。もう、圧倒的存在感で笑わせてくれるのですが、だからといって他のキャラが喰われているわけではないのはスゴイと思う。ちゃあんとベクトル違えつつ、春太郎も三国くんもシゲ先生も武田さんも、しっかり見せ場あり。とりあえず三国くんかわいいよ三国くん。近所にいたら絶対かわいがるなあこんな高校生。

よしながふみさんって、どこかで聞いたお名前だと思ったらアンティークの人なのね。そっちは未読なんですが、少し読みたくなってきました。

マンガ嫌韓流
マンガ嫌韓流
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9. 4
山野 車輪著
晋遊舎 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。

えー、先にはっきり申し上げておきますが、私はいわゆる「嫌韓厨」でもなければナショナリストでもありません。なので、この本を手に取ったのも、単純に話題になっているから。あと、偶然知っておそるおそる読んでみて、結構目からウロコだったコリアンジェノサイダーnayuki(タイトルは物騒ですが、中身は公平に真面目な歴史のお勉強です)以降、このあたりの問題に少し関心があったので。あまりくど書くと、本気で長くて面白くないだけの文章になりますので、割愛。まあ、この辺の問題について知識が深いとは言えなかった俺としては、素直に勉強になりましたよ。まあ、nayukiのおさらいみたいなところもあったけど。ただ、相手が偏っているrと言って避難する自分の方が既に主観に凝り固まっている罠とか、ラストで「真の友好を」とか言いつつ、細部を読むとやっぱり韓国の人が嫌いなんじゃんと思える箇所があるとか、冬ソナ他韓国ドラマが「イメージ操作を行っているのに注意しつつ見るべき(冬ソナ自体は面白い、フォロー入れているあたりはまあ、公平性を保とうという努力は見て取れるけど)」と言いながら、漫画で日本人をかっこよく描いてコリアン関係者を醜く描くのはイメージ操作じゃないのかよ(笑)とか、いささか言行不一致なとこが見受けられるのは鼻につきます。そのへんだと、論破できるところはしながらも、最終的に韓国側も愛すべき存在として描写しているnayukiの方が、「真の友好」を望んでいる感じがして好感が持てる。

ただ、この本全体の感想としては、正論な部分もかなり大きいことを全面的に認めた上で、トータルな人間全体が馬鹿で滅ぶべき種だと思っている俺としては、なにを重箱の隅つつきを、と思わずにいられない。

その後でどんないいことをしようと、戦争は戦争で人殺しは人殺しだ。でもって弱者の中には弱者であることを傘に着て何かに寄生しようとする輩がいるのも、マスコミが都合のいい情報の加工を行っているのも、別に韓国の問題だけのコトじゃあないだろう。特に韓国に関する問題だけを取り出して、あーだこーだ言うのは馬鹿馬鹿しい。いや、これはこの本を馬鹿にしているのではなくて、俺個人のこの周辺の問題に関するスタンスっていうことで。

まあ、それでも、日本が(一部の)韓国の人に不当な要求をされているとは感じずにいられませんがね。俺としては、結局どっちもどっちなんじゃないかと思います。

結局長くなってしまった。

まあ、俺は韓国映画好きだし、キムチ好きだし、どっちにしろ韓国には好きなものいっぱいありますし、やっぱり仲良くしたいなあ。

2005-08-28

[]夏バテてまっす。

仕事も丁度修羅場入ってたし。

なので、読書も更新もまた休止モード。でもって、空いた時間はDVD観たり漫画読んでばっかでした。ふう。

あと、なんか最近財布の紐がゆるくなってて、120Gの外付けHDDやメモリ増設はするは、スキャナは買うは、なんか買い物依存症のごとく散財してます。うむ、やばい。少し気をつけよう。


スーパーサイズ・ミー [DVD]

スーパーサイズ・ミー [DVD]

ぶっちゃけ、体がどうこうなる以前に、精神衛生上よくなさそうな食生活。よく暴れ出さなかったねえ。まあ、マクドナルドを訴えることには、正直あまり賛成できない(そんななる前に自己管理せんかい、というのが本音。アメリカ社会では、肥満の人は自己管理ができない人として厳しく扱われると聞いていたのだが、今はそうではないのか?)のだが、とりあえず明らかに健康に悪い食品が国民食化してるとしたら、企業云々より政府がなんとかすべきだったと思うよ。まあ、国民の健康とか安全なんかどうでも良い(劣化ウラン弾の問題とか聞くと、そうとしか思えん)アメリカって国の本性から考えると、別に特別なことではないのか。とりあえず、ジャンクフードの食い過ぎには注意しましょう。


怪獣ゴルゴ [DVD]

怪獣ゴルゴ [DVD]

えー、日活の「大怪獣ガッパ」の元ネタとして有名なイギリス怪獣映画です。が。ガッパが結構親子の愛情描写や人間ドラマに力点置いていたのに対し、結構そのへんはさらっと流されてます。見所はやっぱり、ロンドン橋にビックベン、圧倒的な迫力で破壊されてくロンドンの街のシーンでしょう。まあ、いかんせん古い作品なので、多少ミニチュアの精度や合成の仕上がりに問題があるものの(落ちてくるがれきの向こうに逃げる市民の姿が透けてたりする(笑))、スケールの大きさと演出でしっかりカバーされてます。それに、やっぱりゴルゴたんかわいいですよ。親子再会のシーンで場面が切り替わるたびに親子の身長差が変わったりするのもまあご愛敬。古き良き時代の王道怪獣映画として、美味しくいただきましたよん。


蒼穹のファフナー Arcadian project 07 [DVD]

蒼穹のファフナー Arcadian project 07 [DVD]

蒼穹のファフナー Arcadian project 08 [DVD]

蒼穹のファフナー Arcadian project 08 [DVD]

えっと、微妙にネタバレます。ご注意を。

このへんからクライマックス、再び悲惨に人が死んでいく鬱展開に突入。だけれども、こういう言い方は嫌な言い方だと自覚ありますが、同じ殺してもやっぱり巧いんだよなあウブカタさんは(苦笑)。どうして死ななければいけなかったのか今ひとつピンと来ない翔子さんの逝き方に比べると、みんなかっこいいし犬死にしない、見せ場つくってくれる。鬱展開再開直前に、かなり幸せな時間の描写に時間を割いているので、余計に悲劇性が盛り上がって、目が離せない感じ。

さあ、いよいよ9巻で最終回ですか。どうなるか、きちんと最後まで見守りたいです。

[]最近読んだコミック

月館の殺人 上  IKKI COMICS

月館の殺人 上
佐々木/倫子 / 綾辻/行人
小学館 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。

綾辻さんの原作であるにもかかわらず、どこをどう読んでも「動物のお医者さん」の中の人の作品です!(笑)いや、大爆笑したんですが。それだけに、なんかどうしてもシリアスな状況でもぷっと吹き出してしまう。下巻が楽しみですが、あと半年待つのかと思うと少し飢餓感。って、もし「上・中・下」構成だったらどうしようとか思うと、マジで夜も眠れませんよ!ともかく、待ちます。

メフィストの漫画
喜国/雅彦??著 / 国樹/由香??著
講談社 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。

大半はメフィスト本誌で読んでいる作品なんですが、それでもこうやってまとめて読むとやっぱり違う味わいがあります。なんか、メフィストの刊行ペースからすると、かなりの長期連載なんだなあ、と実感。それだけに、あにまる探偵団なんて、時々もうお亡くなりのペットも元気な姿で登場してたりするので、なんだか少し泣けてきたり。

えー、ちなみに犯人当てクイズ、みなさんすぐわかりましたよね?(笑)。もう、喜国さんたら…って感じでこれまた大爆笑させていただきました。メフィストの歴史を振り返ったり、新本格作家さんたちの素顔がかいま見えたりできる、貴重な一冊だと思います。

きょうの猫村さん 1
ほし よりこ著
マガジンハウス (2005.7)
この本は現在お取り扱いできません。

妻が欲しがるのでBK1で買ってあげたのですが、面白いので結局自分が先に読んでしまいました(外道)猫村さんギザカワユス。すぐ寝っ転がったりするのはどうかと思いますが(笑)。猫の可愛さとおばさんの気安さを併せ持つ最強の萌えキャラ(そうか?)といえるかも。絵柄はぶっちゃけヘタウマ漫画なんですが、ヘタウマでしか出せないナチュラルな存在感も素敵です。ああ、猫村さんとお友達になりたい…

クロサギ 6
クロサギ 6
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.28
黒丸 / 夏原/武??原案
小学館 (2005.7)
通常2??3日以内に発送します。

最近読み始めて、どっぷりはまったというか、本当に勉強になった漫画。いやあ、深い深い。

詐欺についての情報量もさることながら、主人公クロの「詐欺師だけを喰う詐欺師」という設定、そこに至るまでの彼の人生の軌跡、そしてそんな彼を哀しくも健気に見守る氷柱ちゃんの造形が秀逸。傑作です。

2005-08-16

[]のだめ…?

今日、昼休みにまったりネットサーフィンしてたら、こんなニュースを発見。


巨人・渡辺会長「老人を使うのだめ」 桑田先発に苦言

http://www.asahi.com/sports/update/0816/006.html

老人を使う、のだめ?!

老人って…ミルヒーかっ!?

先日の「のだめ」ドラマ化情報デマ判明ショックのトラウマのせいでしょうか。

思わず読み違え。

いや、だからどうしたと言われるとどうしようもないんですが。

疲れてるのか?俺…

2005-08-15

mayuda2005-08-15

[]円盤獣(でぃすくあにまる)集結

 結局、今日仕事帰りにディスクアニマルの「ニビイロヘビ」「キアカシシ」「アサギワシ」買ってきてしまいました。全8種コンプリートですよ。

 3つを抱えてレジに持って行ったとき、店員に「ご自宅用でしょうか?」と訊ねられたのはエラく恥ずかしかったよ包装のためだろうけど!思わず「いえ、プレゼントです」とか嘘つきそうになりましたマジで。

ちなみに、食玩の方のディスクアニマルを妻に見せたら、キアカシシが気に入ってしまい、一個新しく買ってきてあげました。

蒼穹のファフナー Arcadian project 06 [DVD]

蒼穹のファフナー Arcadian project 06 [DVD]

こっから先は、全部ウブカタ脚本の模様。いやー、本当にテンポいいし、毎回クライマックスみたいな盛り上がりですねえ。交代前の鬱展開はほぼ完璧に払拭されているわけなんですが、それでもキャラの心情をないがしろにしているわけではないのは流石。と言いつつ、交代前の緩慢にしてくどく見える人物描写の積み重ねがあるからこそ、この勢いに乗せたときに流されずに済んでいる気もするので、そう思うと、視聴率や人気にこそつながらなかったけれど、トータルで評価すると前半の脚本家さんも良い仕事したといえるのかも(結果オーライだけど)。

[]「三人目の幽霊」大倉 崇裕

三人目の幽霊
三人目の幽霊
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.16
大倉 崇裕著
東京創元社 (2001.5)
通常2??3日以内に発送します。

えー、この本も結構長いこと積んでいたんですが、先日大倉さんがウルトラマンマックスの脚本を書かれたと聞いて、実際にオンエアを観て、感想を書こうと思ったらこの方の著書を一作も読んでいないことに気づいて、大急ぎで読んだのでした。

面白かったです。ホームズ譚を思わせる奇抜にして魅力的な謎と、複線が綺麗にまとまる解決、そして落語を上手に絡めたプロット。巧いです。が、あんまり牧さんと緑ちゃんには萌えません(笑)どっちも真面目でいいひとなんで、「探偵は性格が悪くないといけない」という偏狭な趣味を持っている俺には、少し物足りないのです…お気に入りの短編は、表題作と「不機嫌なソムリエ」。あとの三編は、本格として少し弱い気がするのと、落語の出てくる率が少ないので(笑)。ちなみに、「ニュース・ネタ」カテゴリで扱おうと思っていたけど旬が過ぎてしまったので、マックスのオンエアの感想、こっちで書いてしまいます。

異文明間の相互理解とか、宇宙の平和とか(笑)、深いテーマを内包しつつ、やはりお子様向けかつ尺が短いので、俺のような嫌な大人にはかなり食い足りない感じでした。つーか30分番組に3回もCM入れるのはやめい。これで脚本書けって言われる方も、ぶっちゃけ気の毒な気が…まあ、ネクサスの赤字を補填するため、スポンサーから広告料がっつりいただくための苦肉の策なんだろうけど、やっぱりお子様をなめている感に満ちてる気がするのは俺だけですかねえ。ちなみに、マックスのアクション自体は今回かなりかっこよかったです。アイスラッガーもどきで一撃斬り捨てるところなんざ、渋い渋い。あと、宇宙人役が神崎士郎さんだったのも懐かしくてかっこよくて良かったっす。あと、エリーちゃんはいつ見てもやっぱりカワイイ。ミズキよりカワイイ。つーかミズキ喋りがおばさんみたいだ。

えーと、すみません、マックスの感想の方が長くなりましたすみません。


ちなみにこの回のストーリーはこちら。

http://hicbc.com/tv/max/contents/story/20050813/yokoku_main.htm

2005-08-14

魔化魍発見?

[]背景と看板また変えました。

 変えたのですよ。前回のは比較的寿命短かったですねえ。絵的には好きなんですが、なんか夏に観てると色合いが暑苦しくて…今回のがそれほど涼しげかと言われると返事に困りますが、まあ色合いとしてはすっきりしたんじゃないかと。あと、最近ディスクアニマルなるものにはまってしまいまして、食玩を店頭で買ってしまったのがそもそもの始まりなんですが、結局それでは我慢できず、本物の玩具に手を伸ばしてしまいました。この勢いでいくと全種コンプリートしちゃうんじゃないでしょうか。駄目な33歳のお手本です。

 で、どうしてもこいつ使って写真撮ってみたかったのです。

 背景は、ウルトラQのゴローちゃんとリョクオオザルを並べて「サル同士」ってところで。

 看板の、セイジガエルとルリオオカミで遊んでいる猫はうちの3女猫季里。もう何度目かの登場っすね。それにしても、最近本当に真面目な特撮コラ・ネタ画像作ってませんねえ。あれこれネタは浮かぶのですが、GR対ハバネロ帝国のような、心から作らずにおられないほど面白くないのです。なので、つい猫ネタや、ちょこちょこ食玩とかソフビ並べたもので誤魔化してしまう…。なんか俺の創作意欲をかき立てるようなネタはどっかに落ちてないもんでしょうか。

 あと、自己紹介&サイト案内の内容が、一部実態に即していなかったのと、管理人近影の写真が飽きたので、ちょこちょこ変更しました。大きな違いはないので、観るほどのもんではないのですが。

[]シャングリラは名曲だと思う

本当にそう思うんですよマジで。サビのとこ聞いてると鳥肌が立ちます。

というわけで、一番「蒼穹のファフナー」観てて一番燃えるのは、オープニングだったり(笑)

ちょこちょこ観て、もうDVD5巻まで見終わりました。ええ、脚本の交代劇の直後まで(笑)

うーん、序盤も面白くないわけじゃないんですけどねえ。いかんせん、話のテンポが悪いのと、展開そのものは悪くないのに、それを裏付けるキャラクターたちの気持ちが十分描かれていないもんだから、なんか感動的であるべきエピソードも冷めた目で見てしまう(翔子の**とか。なんでそんなに一騎くんがいいのー?とか悩んでしまう)。そんなこんななんで、脚本が交代して一番良くなったのは、物語のリズム。実は相変わらず鬱な展開であることには変わりないのに、それでも引き込まれてしまう。この辺はまあ、ストーリーテラー・ウブカタ先生の面目躍如ですなあ。

蒼穹のファフナー Arcadian project 05 [DVD] 蒼穹のファフナー Arcadian project 04 [DVD] 蒼穹のファフナー Arcadian project 02 [DVD] 蒼穹のファフナー Arcadian project 03 [DVD]


そして、もうトップ画像をあんな風にしたことで分かる人には分かるであろう、仮面ライダーヒビキ、DVD1を観て早速はまりました。いやーええわあ。

仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD]

仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD]

なんか、音にこだわりがある作品のようで、カット割りにもなんかリズム感があって不思議。これまでの平成ライダーとはかなり趣が違いますねえ。でもって実験的。でも、太鼓の音とかBGMがやかましくて台詞が聞きとりづらいときがあるのは少し難点かな。しかし、それを補ってあまりある新機軸の魅力。CGで描かれる迫力たっぷりの巨大魔化魍、魔を祓う鬼、火を吐く仮面ライダー(笑)、そしてディスクアニマル!「仮面ライダー」として観ると、どうかと思う箇所は結構いろいろあるんですよ。ですが、以前も書いたことありますが、もはや「仮面ライダー」という名前はブランド名であり、ある特定のくくりのヒーローの名称、という意味を遙かに超越してしまっている。その意味において、俺は石ノ森・ライダーブランドの意欲的新製品として、評価します。ともかく、ウチの地方ではまだブレイドやってて(笑)ヒビキ観られないんで、当面DVD追っかけ真面目にしていきたいと思います。

2005-08-13

[]クドリャフカの記憶

俺はクドリャフカの名前を、「クドリャフカの順番」で知ったのですが。無論、その存在は前から知っていたけれど。

・ http://ubonpage.at.infoseek.co.jp/Kudryavka.html

 凡さん作成のFlash。

こんなのを観ると、人類は宇宙になんて行かなくて良かったんじゃないかと思える。

非現実的で甘えきった、ただの感傷であることはわかっているけれど、それでもクドリャフカの孤独と苦痛と死は紛れもなく真実なわけで。俺にできることは、まだ人を探して虚空をさまよっているであろう彼女の魂の安からんことをと、ただ、安らかにと祈ることだけです。 

[]ケンシロウVSひろしVSアムロ

http://www.hiroiro.com/index.php?eid=1208

つかれたさん経由で。

うはははは良い味出しすぎ。というか、即興でこんなのやれるなんて、長台詞も平気なベテランさんだからだろうけど、本当にセンスいいや。次はキン肉マンVS悟空VS星飛雄馬なんてどうですかー?

2005-08-06

mayuda2005-08-06

[]妻と甥っ子のシュールな会話

うちの甥っ子(弟)と妻のやりとりは面白いです。

甥っ子(弟)は高校生で、国語のテストで梶井基次郎檸檬」が載ってて、「この小説に込められたの主人公の気持ちを説明せよ」ってな感じの問題があったんだそうだ。


甥っ子「どうせ、未来への不安とか、自己の存在感の危うさとか、そんな答えを期待されているんだろうけど、**ちゃん(妻の名前)だったらどう答える?」


「アルカイダになりたい」


 大爆笑。しかもある意味正解。しかし相当に不謹慎ですなあ(笑)

[]雫、さおりん&瑠璃子さんシナリオクリア。

雫(しずく)DVD-ROM版

phantomの次にちびちびプレイしてた「雫」、標記のとおりクリアしました。

瑞穂シナリオはそんなにも心惹かれないので、いったんこの辺で感想など。

んー、電波っていうネタにいまひとつ同調できなかったので、それなりに面白いとは思ったものの、phantomや水月に比べると少し物足りない。しかし、時々バッドエンドに迷い込んだ際に観ることができる、究極の混沌とでも言うべき狂った世界の光景はかなり戦慄的で、鳥肌が立つ。もう、このゲームも10年近く前のものになるようなんですが、その当時にプレイしていたら、やはり感想は違ったかも。エロゲの歴史を変えた作品」だそうですが、たしかに頷けるかも。

さあ、次は何やろうかな。長いこと止めてた月姫再開すっかな。

とりあえず、先日「Fate/hollow ataraxia」予約しちまったので、それまでにはクリアしたいもんです。でもまあ、読書がまた止まってしまうかなあ。「ジーヴスの事件簿」あまり進まず。   

[]DJラオウ

 朝、仕事休みなのになんとなく早起きしちまって、寝ぼけてネットをさまよってたら煙いブログさんで発見したネタ。もう、眠気も吹っ飛び大爆笑。パチスロ北斗の拳」ネタなんですが、おそらくはパチスロ知らない方でも大笑いできるはず。もう、全セリフがツボと言っても過言ではないです。


・DJラオウ    


 それにしても、ラオウの声をやっている人は誰なんだろう…なんか喋りがピエール瀧っぽいん雰囲気で、いい味出してます。サイトの管理人さんが自分でやっているのかもですが、プロはだしの脱力系喋り。サイコー

2005-08-02

[]「のだめカンタービレ」今秋ドラマ化?(→デマでした)

http://nuruwota.blog4.fc2.com/blog-entry-697.html

本日一番嬉しいニュースはコレ。

まだ不確定情報のようですが…でも、どんなキャストになるか不安ではあるなあ。

のだめのズボラさからすると、「ケイゾク」で頭を洗わないヒロインを個性的に演じた(素があれだという噂もある)中谷美紀とか、どうだろう…?うーん美人過ぎてダメかな。もっと天然系が良いかな。ともかく楽しみに待とう…

 つかれたさん経由ですた。

(追記)その後、公式に作者さんの方から否定コメントが出されたようです。がっくりしつつ、まあ、下手にドラマ化して変なのを作られるよりはいいのか、と少し安心もしたり。

[]歯で電波

・俺の歯の中に誰かがいる

 http://planet-d.hp.infoseek.co.jp/cache2ch/2005/0726f.html

なんか、本当にあった怖い話っぽいテイストだが、マジでこういうことはあるらしい。

うーん、四六時中受信しちゃったらウルサイだろうなあ。

[]脳のリミッターの外し方

http://myblast.blogtribe.org/entry-2c601b62108c2c8ccc65178eb3b18783.html

最終防衛ライン2さん経由。

やっぱり、全開になっちゃいかん理由があるからリミッターがいるってこっちゃね。

でもまあ、後の方の「想像に近づく努力」が報われる、イメージトレーニングが立派に効果があるという話は、なんか人類の希望ではあるな。

[]棺桶の中の死体、葬儀中に撃たれる

http://azoz.org/archives/200507281703.php

不幸すぎ…まあ、本人は痛くも痒くもないだろうけど!(あたりまえじゃ)

犯罪者も犯罪組織もいろいろあるだろうけど、死者を敬わないと天下を取れないぞ(おい)

まあ、マフィアものやヤクザ映画でありそうなシチュエイションではあるけれど、実際に遭遇する方は冗談じゃないってことですなやっぱり。

[]バルタン星人スレ(2ch)

http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1122896815/

メフィラス星人に続いてこんなスレが!だがこっちは、バルタンの壮大な侵略の歴史を反映してか、歴代のデータを含め何げに良スレの予感…

誰か、レッドバルタンとかに触れてくれんかな。

2005-08-01

[]上機嫌。

 えー、最近BK1で本を買いまくっておりまして。つーか本を買いまくるという行為そのものは日頃からやってることなんですが、先日何年間分かのたまったBK1ポイントで本を注文して以来すっかり味をしめてしまいまして。とりあえず、発売日を待ってでも買いたいような要チェック本は、はっきりいって俺が住んでいる地域ではまず発売日に本屋に並ばないし、それどころか出版社や作品によっては、そもそも行きつけの書店に入荷すらされなかったりするので、注文した方が速いのです。それでも以前は、発想スケジュールに若干の地域格差があったりして、あんまりスムーズに手にはいるとは言えなかったのですが、最近はそれも改善に向かっているらしく、BK1で24H以内出荷の品は翌日発送作業されてその翌日には手元に届く。これは、かなーり時間と手間の節約になりますよ。

 んで、先日注文した本は、「修道士カドフェル」16、「ジーヴスの事件簿」、西澤保彦さん「腕貫探偵」、「キャプテン・フューチャー全集」8、「クドリャフカの順番」、「エラリー・クイーンの国際事件簿」。

 結構なポイントになったのでほくほく。

 そして、ついでに、ブリーダープログラムの受注履歴をチェックしてみる。

 すると、自分とこのような零細サイトで本を買ってくれる人なんか皆無だろう、もしくは何年かに一回あるかないかだろう、と思っていたら、コミック系を中心にちょこちょこ注文してくだすってる方がいて、ちょっと嬉しい。お買いあげありがとうございます!

 ともかく、この調子でいくと、年内には高めなハードカバーの本1冊くらいは買えるかも。

 嬉しいなあ。

 ちなみに、現在の読書は、購入したてのウッドハウス「ジーヴスの事件簿」。国書刊行会の分とどっちを買おうか悩みましたが、結局より厳選されて1冊で買えば済む方を選んでしまいました(せこい…)。

 なんて気分が良いのに乗って、最近鑑賞のDVD感想。

蒼穹のファフナー

蒼穹のファフナー Arcadian project 01 [DVD]

以前から話題になっていたのは知っていつつ、敢えて観る気も起こらなかったのですが、冲方丁氏の「ストーリー創作塾」で取り上げられていたので、俄然興味がわいたのです。ですが、いろいろ調べてみると、12話あたりまではいまいち盛り上がらず、面白くなるのは冲方氏が脚本を直接手がけるようになる13話以降くらいだそうで…うーん。

たしかに、1話の展開とか、会話の流れまでまるっきりエヴァンゲリオンの第1話そっくりだし(ようするに規模の違いこそあれ、竜宮島って第三新東京市なわけでしょ?<平たく言い過ぎ)、音楽やキャラデザ、作画、設定など、枝葉の部分が良い分、余計に骨格部分の粗が目立つ。でもまあ、ファンの間では黒歴史扱いだそうだけど、そこまでつまんないとも思わなかったので、気合い入れて観ていくことにします。押忍。


★ウルトラマンネクサス7

ウルトラマンネクサス Volume 7 [DVD]

光は姫矢から憐ちゃんへ。いやー、やっぱりこの辺は面白いわ。ジュネッスブルーかっこいいし、憐ちゃんと瑞緒ちゃん、けなげでカワイイし。イラストレイターくんが初めて「プロメテの子」としての苦悩をにじませるのも見所。彼の「すべて覚悟の上か…」は、憐と彼と、ネクサスとしての戦いの意味がぎゅっと圧縮された名セリフ(ただし演技とセット)だと思う。

 やっぱり、憐ちゃんの活躍をもっと観たかったなあ…観れば観るほど打ち切りが悔やまれます。次巻8巻では、ディレクターズ・カット版も収録される模様。ビゾロギさんの再生と更正(笑)描かれると思われるので楽しみです。そして是非とも最終回完全版DVDの発売を!

[]変な名前のクリニック

http://uuseizin.web.infoseek.co.jp/blog/archives/000895.html


 ちなみに、うちの地元には「おえ胃腸科」つーのがあります。同じような趣旨の企画の際には、必ずってーほどよく出てくる(笑)

[]明治時代のアニメフィルム、京都で発見

http://www.asahi.com/culture/update/0731/008.html


 歴史的発見だわっ。動いてるとこを是非観たいが、フィルム古すぎて難しそうだなあ。

[]【実録】ネコ裁判

http://ameblo.jp/tackchan/

大人げない原告…

ですがまあ、うちはこういう馬鹿から愛猫を守るためにも屋内飼いに徹しているワケですが(w

スマイルさんち経由。

[]悪質宇宙人・メフィラス星人(2ch特撮板)

http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1119377209/

上品な侵略方法のはずが、えらい言われようで…「悪質宇宙人」って。

とりあえずサトル君は次第にパシリと化してきてます(笑)

カウンタ